FX力を鍛える有名人コラム

先週は全勝で+180pips勝ち!将来的には南アランドをやりたい話も[木里ゆう]

先週は月曜と火曜がノーエントリーだったので、トータルで3回のトレードとなりました。

先週のFXトレード報告

【このトレードのルール】

  • ユーロ円は利食いが+120pips、損切りが−80pips
  • ポンド円は利食いが+110pips、損切りが−100pips
  • ドル円は利食いが+80pips、損切りが−70pips
  • 上記の値幅設定の逆指値IFO注文を、その日の東京時間の高値と安値の両方に、17時に仕掛ける
  • 逆指値なので、高値到達で新規買い、安値到達で新規売り
  • 買いか売りかのどちらかが発動したら、もう一方は取消
  • 0時を回ってヒットしなければ、両方のIFO注文を取消
  • ポジションは利食いか損切りになるまで放置(※米ドル/円のみ、ポジションが翌日の16時59分になっても決済されていない場合、その時点で成行強制決済)
  • 金曜日は新規エントリーしない
  • ユーロ/円とポンド/円は、毎週金曜日の16:59にすべての保有ポジションを成行決済する
※ トレードルールは随時更新されています。最新のトレードルールは一番新しい記事にてご確認ください。

5月8日(月)

3通貨ペアとも窓空きスタートだったので、エントリーを見送り。

ユーロ円のチャートはこんな感じでした。

5月9日(火)

16時台がアゲアゲでエントリーできず。

5月10日(水)

ユーロ円を売り。

5月11日(木)

ドル円とポンド円を売り。

ポンド円は早々に利確♪

5月12日(金)

ドル円を+46pipsで成行利食い。

ユーロ円も+24pipsで成行利食い。

1週間のトータルで+180pipsでした。

【このトレードに向いたFX会社】

SBI FXトレード

全通貨ペアで極限まで下げられたスプレッドがなによりの売りです。スマホアプリも使いやすいので、パソコンが苦手な人にもオススメ。

ヒロセ通商 LION FX

私がメインで使ってるFX会社の一つです。

NZドル円の売りスワップが上昇もここは静観

先週、DMMFXのNZドル円の支払いスワップが34円から39円に増えてしまいました。でも、ヒロセ通商の受け取りスワップとの差がまだ21円あるので、このまま放置します。また支払いスワップが減るかもしれませんし。

それと、将来的に南アランド円での両建ても視野に入れています。ただ、私にとって全く未知の通貨ペアなので、少しずつリサーチをしていきます。

そうそう、ランドはこんなトロピカルな紙幣なんです。綺麗です。

★スワップさや取りFX(異業者間両建て)のやり方は「東京時間高安は堅調。スワップさや取りFXも再開しました」で説明しています。

【両建てスワップさや取りで使っているFX会社】

ヒロセ通商 LION FX

NZドル/円の買いポジション用の口座。

DMM.com証券 DMMFX

NZドル/円の売りポジション用の口座。

おまけ

最近はカフェごはんにハマってます。ローストビーフ丼の美味しいお店を見つけられてラッキー。

ABOUT ME
FX攻略.com編集部
FX攻略.com編集部
日本で唯一の月刊FX情報誌『月刊FX攻略.com』を2008年から10年以上発行してきた編集部です。
トレイダーズ証券 みんなのFX
あなたに最適なFX会社・取引口座を見つけよう!!
【FX会社比較】10年以上FX専門誌を発行してきたFX攻略.com編集部が調査しました

「これからFXを始めよう」と思ったとき、意外と悩んでしまうのがFX会社、取引口座選びではないでしょうか? でも大丈夫。ご安心ください。先輩トレーダー達も最初は初心者。みんなが同じ悩みを通ってきているんです。

10年以上にわたってFX月刊誌を出版してきた老舗FXメディア「FX攻略.com」編集部が、FX用語を知らない人でもわかるようにFX会社、取引口座のポイントを解説しました!

取り上げているFX会社は、金融商品取引業の登録をしている国内FX業者です。口座開設は基本的に無料ですので、まずは気になったところで2〜3つ口座開設してみて、実際に比べてみてはいかがでしょうか

\FX会社によって違うところをチェック/

スプレッドFX取引における取引コスト。狭いほうが望ましい。
約定力狙った価格で注文が通りやすいかどうか。
スワップポイント高水準かどうか。高金利通貨の取り扱いの数。
取引単位少額取引ができるかどうか。運用資金が少ないなら要チェック。
取引ツール提供されるPC・スマホ取引ツールの使いやすさ。MT4ができるかどうか。オリジナルの分析ツールの有無。
シストレ・自動売買裁量取引とは別に自動売買のサービスがあるかどうか。
サポート体制サポート内容や対応可能時間の違いをチェック。
教育コンテンツ配信されるマーケット情報や投資家向けコンテンツの有無。
キャンペーン新規口座開設時や口座利用者向け各種キャンペーンの内容。

FX会社を比較・検討
したい方はこちら >>
FX会社を一社ごとに
見たい方はこちら >>

あわせて読みたい