眞壁憲治郎のFX長者列伝 第2回

眞壁憲治郎のFX長者列伝 第2回

当企画は、投資家の眞壁憲治郎さんが募ったトレーダーの皆さんにFXで「わらしべ長者」を目指していただこうというもの。「労働者から資本家へ」をテーマに掲げ、参加者が知識と技量をしっかりと身につけながら、わずかな資金からでも大きく勝てるようになっていくことを目標としています。

参加者の3人は課題にどう取り組んだのか?

眞壁 この企画は参加者に課題を出し、「トレードを熟達させるためのプロセス」をたどる形式となります。前回はエントリータイミングを三つに限定し、枚数は確証の度合いで決めるという課題を出しました。また、付随して「投資ノート」の作成も義務としました。誰しも投資関連の本などは読まれていると思いますが、やはり書き写したりまとめ直したりして、完全に理解した上で実践できなくては読んだ意味がありません。

 今回は第2回ということで、早速前回の課題を発表していただきます。松永さん、黒岩さん、仲岡さんの順でお願いします(プロフィール紹介は前号を参照)。運用成績を表示した上で、手法を解説してください。

【前回の記事はこちら】

眞壁憲治郎のFX長者列伝 第1回

成績と手法

松永 まず、損益はプラス2万4000円でした。ただ、含み損が8000円あります。決めた手法は支持線か抵抗線の反発で1枚、ブレイクしたら損切りします。ボリンジャーバンドで±2σまで来たら2枚逆張りすることにしました。

黒岩 僕の成績はプラス2万円で終えています。米連邦準備制度理事会(FRB)の利下げ実施でドル円をショートしましたが、米中貿易摩擦がぶり返したことで利益になりました。手法は中央銀行の動向で1枚、テクニカルでは移動平均線のクロスで1枚とフィボナッチリトレースメントの61.8%で2枚持つことにしました。

仲岡 自分は短期売買で改めてローソク足を使うことにしました。損益は5000円だけプラスになりましたが、手法はいくつか試してみたものの、損切りも多いので、まだ定まっていません。

採点

眞壁 前提として、確証の乏しいところでエントリーしてしまうと、絶好のチャンスが巡ってきたときにポジションを増やせません。あるいは「確証があっても的中率は8割程度」と割り切っておくことも大事です。1回や2回のトレードで資金の大半を失う可能性は避けて、勝ち負けを通してじっくり積み上げていきましょう。

松永 そうですよね。絶対に勝てる手法なんてないですよね。

眞壁 いわゆる聖杯、初心者にとって最初の迷路ですね。どの分野でもいえますが、あれもこれもと目移りしたところで勝てるようにはなりません。一流は一点特化型です。そのために手法も三つに絞っていただきました。

仲岡 イチローみたいですね!

眞壁 イチロー選手は私たちの世代では存在そのものが目標ですね。仲岡さんに関しては、ローソク足だけを見てエントリーするのは難点です。そもそも相場の動きは現象ではなく、マネーによる仕業です。表面的なところで法則を見つける前に値動きの原理を理解しているかどうかが問題です。

投資家レベル

仲岡 原理ですか。

眞壁 これこそ、前回にお話しした投資家レベルの5に値しますが、相場の原理は資本の流れであり、「需給」です。各国の景気や国債の金利よりも、売買している人の心理が影響します。あとはロスカットの流れですね。相場では誰かが大損しているわけですが、その瞬間には値動きに勢いが生まれます。

黒岩 単純に買われれば上がり、売られれば下がる、ということですよね。

眞壁 そうです。そして買われていたものはいずれ売られ、売られていたものは買い戻されます。これが相場の原理であり、理解した上で次の展開を予測できるかが肝心です。ということで、第1回の課題をブラッシュアップするものとしてを提示します(下画像参照)。

第2回の課題

松永 何を考えると良いのか、何となく分かってきました!

仲岡 需給の流れですね。

眞壁 これを押さえれば確証8割の手法になるはずです。この課題で手法は完成とし、次回から「運用計画」を組みます。なお、九州からお越しの黒岩さんは今回で終了、今後はメールで送って来てくださいね。

黒岩 ありがとうございました!

総括

眞壁 学びには本学と末学があります。本学とは人格や道徳であり、物事においては本質と原理です。末学とは表面的な知識や技術をいいます。本質を理解せずに小手先にとらわれることを本末転倒というわけですね。

 相場においては、値動きから法則を見いだそうとすると、その手法が有効かどうかの前に、世の中でどんでん返しが起きたときに全てを失います。リーマンショックやアベノミクスで破産した人はたくさんいました。やはり市場で何が起きているかは理解しておく必要があります。こうした相場の原理を理解することで勝率を上げることができ、100円の利益でも1万回達成すれば100万円になるように、時間をかければ大きな資産を目指すことも可能です。いかにして実現性のある計画に落とし込むか。運用スキームに関しては次回にお話しします。

 なお、当記事の中でお話ししなかった内容をツイッターおよびメールマガジンで補足解説しています。現時点(2019年9月)では「テクニカル分析の実用性」「ファンダメンタルズの勘所」「相場の需要と供給」となっています。本質的な話をしているので、ご参考にしていただければ幸いです。

※この記事は、FX攻略.com2019年11月号の記事を転載・再編集したものです。本文で書かれている相場情報は現在の相場とは異なりますのでご注意ください。

眞壁憲治郎の写真

眞壁憲治郎(まかべ・けんじろう)

大学卒業後、商社に勤めながら為替・株・不動産投資を始める。趣味は読書と映画、現在はポーカーの海外トーナメント上位入賞を目指している。なにごとも計画と実行ありき。マイナーな戦国武将の末裔として現代を生きる。

Twitter:https://twitter.com/mkb1618

メルマガ:投資家の金融マガジン

電子書籍『投資におけるスキーム論』:
上巻「なにを学び、なにを考え、どう計画して、いかに遂行するか」
下巻「どう鍛え、どう実践し、そして成し遂げるか」

FX力を鍛える有名人コラム | 眞壁憲治郎 | 眞壁憲治郎のFX長者列伝の最新記事
川崎ドルえもん流 時間統計論|第5回 月足予測5月編[川崎ドルえもん]
EA開発のスペシャリストが分かりやすく丁寧に解説!ゼロからはじめる自動売買講座|第13回 裁量トレードvs自動売買(比較)[FX貴族]
ドル円はレンジ内でうまく立ち回れるか[井口喜雄]
私にとって勝ちやすいFX相場・勝ちにくいFX相場[サトウカズオ]
私がFXの師匠になるならば[マサにゃん]
私が毎朝行うこと[岡ちゃんマン]
私の得意な時間帯〜魚の多く居る場所に釣り糸を垂れる方式でやっています〜[香澄ケイト]
私のFXトレードのルーティーン[不動修太郎]
現役為替ディーラーが、話題のアノ人と語り尽くす Trader’s対談|ゲスト 山中康司 前編[トレイダーズ証券みんなのFX 井口喜雄]
新たな米中対立に注意[雨夜恒一郎]
EA開発のスペシャリストが分かりやすく丁寧に解説!ゼロからはじめる自動売買講座|第12回 EAは長期目線で運用しよう[FX貴族]
ユーちぇるのトレードフィットネスジム|第2回 チャートを見る理由とは?
淳一FXのスキャルピング教室|第11回 チャンスタイムと注意すべき時間帯
金融リテラシーが身につく YEN蔵の投資大学(アカデミア)第5回[YEN蔵]
外為オンライン・佐藤正和の実戦取引術|3大通貨の未来を予測するテクノ&ファンダ分析【今月のテーマ|ドル円と200日線の攻防、豪ドル円のトリプルボトム完成】