FX力を鍛える有名人コラム

インヴァスト証券ディーラーのFXコラム ディーラーは見た!ディーラーの仕事内容を紹介[間瀬健介]

インヴァスト証券ディーラーのFXコラム ディーラーは見た!ディーラーの仕事内容を紹介[間瀬健介]

 これまで2回にわたり、FX取引におけるルールの重要性や考え方に触れてきました。今回は趣向を変え、投資家の多くが知らない、かつ謎に満ちている(?)「ディーラーの仕事」を紹介いたします。

カバー取引とは

 投資家の関心が高いのは「ディーラーは、どのようにして利益を生みだしているのか」という点でしょう。今回は主な2点を挙げます。

 一つ目は「カバー取引」です。例えば、ドル円を新規で買う投資家の取引を、ディーラー視点で見てみましょう。投資家がドル円の買い注文を行うとき、ディーラーは「ドル円の買いポジションを、投資家に売る取引」を行います。その取引の結果、ディーラーには取引価格が一致する投資家と逆のポジションが発生することになります。ディーラーの売りポジションは、投資家と同様に為替リスクにさらされます。そのリスクを解消する取引が「カバー取引」です。

 この例の場合、ディーラーはインターバンク市場からドル円を買うことで、先ほどの売りポジションを相殺します(図参照)。その際、売りポジションの取引価格を下回る買値でカバー取引を行うと、ディーリング収益が生じます。

カバー取引とマリーのイメージ

 また、投資家の取引後にディーラーが抱えるポジションを分割して、それぞれ異なるアルゴリズムの判断によりカバー取引を行うことで収益機会を分散し、収益の拡大を目指すこともディーリング手法の一つです。

投資家の注文を「結婚」させるマリー

 二つ目は「マリー」です。英語ではmarry、「結婚」や「結合」という意味ですね。投資家の買い注文が約定後、カバー取引をせずに他の投資家の売り注文が約定したとします。この場合、ディーラーは最初の取引により発生した自らの売りポジションと、新たに発生した自らの買いポジションを相殺できます。つまりカバー取引をせずとも、投資家の取引同士をマリーさせることで、ディーラーは自身のポジションを解消できるのです(図参照)。その際、マリーする売買注文の取引価格差が、ディーリング収益となります。

ディーラーは眠らない!?

 ディーラーの仕事で最も大切なのは、投資家に安定した取引環境を提供することです。外国為替はほぼ24時間取引され、時に混乱に陥ります。その中でも、実勢に則した適正なレートを配信し、投資家の信頼を得ることがディーラーには求められます。そのために、24時間相場に向き合い続ける。それがディーラーの仕事です。

※この記事は、FX攻略.com2020年2月号の記事を転載・再編集したものです。本文で書かれている相場情報は現在の相場とは異なりますのでご注意ください。

↓↓ インヴァスト証券の魅力と口座開設方法【無料】をチェック ↓↓

インヴァスト証券「トライオートFX」

ABOUT ME
FX攻略.com編集部
FX攻略.com編集部
日本で唯一の月刊FX情報誌『月刊FX攻略.com』を2008年から10年以上発行してきた編集部です。
トレイダーズ証券 みんなのFX
月額980円で一人前の投資家を目指す〜マネーアップ〜
マネーアップのお知らせ

「マネーアップ」とは、日本で唯一の月刊FX情報誌「FX攻略.com」による“FX学び放題”なサービス。投資系ECメディア「GogoJungle」で展開しています。

有名トレーダー達のトレード手法、トレードロジックなどの記事や動画コンテンツの数々、及び発売日前の月刊誌『FX攻略.com』のほぼすべての記事が先読みできるなど、様々なコンテンツが月額980円で読み放題、見放題に。

初心者から一人前のFX投資家になるために必要な知識を“最短”かつ“お得”に学べます。

マネーアップ収録FX・投資動画イメージ

まずは200以上あるFX・投資動画のラインナップをご確認ください!

初月0円キャンペーンについて >>収録コンテンツを今すぐ見る >>

あわせて読みたい