FX力を鍛える有名人コラム

期限の迫るブレグジット。合意は如何に[井口喜雄]

トレイダーズ証券の井口喜雄による【Dealer’sEYE】をお届けします。

ふんわりしたリスクオンは継続

モデルナ社のワクチン開発期待から米長期金利上昇→ドル円が急騰といった場面もありましたが、ワクチンの開発期待だけでは、市場の楽観は続かないようです。とはいえ、世界的な株価は堅調さを維持しています。根底にいずれできるワクチンへの楽観論があるほか、たとえ早期のワクチン開発ができない場合でもFRBが異次元の金融緩和策を維持するのであればリスクは取っていけると考えているようです。

ノーポジではいつまでたっても利益がでないのでリスクアセットが下がってくれば下支えする参加者が多いのでしょう。短期的に冷え込むことはあっても、このふんわりしたリスクオンが続くとなれば、ドルは売られやすいのかもしれません。

ドル円は戻り売り

リスク許容度に対するドルと円の反応がまちまちなのでドル円のトレードは悩ましいですが、日足レベルでチャートを見ると右肩下がりダウントレンドは継続しており、戻りを売っていく戦略になります。ただ、ダウントレンドの中、局地的なショートカバーが毎回強烈なだけにストップはタイトに入れて逃げたいと考えます。

ドル円日足チャート

期限の迫るブレグジット 合意は如何に

期限迫るブレグジットは大詰めを迎えています。離脱期限は12月31日ですが、バルニエEU首席交渉官は11月中旬が本当の意味での合意期限となると語っています。そう考えると全く時間がないのですが、あしもとでポンドが上値を切り上げていることからマーケットは年内までに合意して英国はEUを離脱すると楽観しているようです。

もちろん「合意なき離脱」の可能性がゼロではありませんが、最悪でも暫定合意は取り付けるだろうと多くの参加者が考えているのでしょう。また、バイデン政権がブレグジットに反対していることも「合意のなき離脱」への可能性を軽減しています。

一方で英経済はあまりよくありません。英中銀は失業率が今年末までに6%に上昇し、来年第2四半期に8%付近に達するとの見通しを示しています。また、英国ではコロナ第2波による感染再拡大を受け、新規感染者が増え、死者は累計で5万人を超えています。2度目のロックダウン懸念は依然として高い状況です。ブレグジット一色ですが、これが悪材料に反応して大きく下がる場面があれば、ポンドを買い下がっていくのも戦略としてイメージしています。

【ご注意】
※記載の内容は投資判断の参考となる情報の提供を唯一の目的としたもので、投資勧誘を目的としたものではございません。
※投資に関する最終判断は、お客様ご自身の判断でなさるようお願い致します。
※掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性、完全性を保証するものではございません。
※当サービスに基づいて被ったいかなる損害についても、トレイダーズ証券及び情報提供元、関連会社は一切の責任を負いかねます。
※いかなる目的を問わず本情報の複製、転送及び販売を固く禁じます。

↓↓ 【FX攻略.com限定】新規口座開設(無料)&1lot取引で月刊FX攻略.com3か月分もらえる!! ↓↓

ABOUT ME
FX攻略.com編集部
FX攻略.com編集部
日本で唯一の月刊FX情報誌『月刊FX攻略.com』を2008年から10年以上発行してきた編集部です。
トレイダーズ証券 みんなのFX
月額980円で一人前の投資家を目指す〜マネーアップ〜
マネーアップのお知らせ

「マネーアップ」とは、日本で唯一の月刊FX情報誌「FX攻略.com」による“FX学び放題”なサービス。投資系ECメディア「GogoJungle」で展開しています。

有名トレーダー達のトレード手法、トレードロジックなどの記事や動画コンテンツの数々、及び発売日前の月刊誌『FX攻略.com』のほぼすべての記事が先読みできるなど、様々なコンテンツが月額980円で読み放題、見放題に。

初心者から一人前のFX投資家になるために必要な知識を“最短”かつ“お得”に学べます。

マネーアップ収録FX・投資動画イメージ

まずは200以上あるFX・投資動画のラインナップをご確認ください!

初月0円キャンペーンについて >>収録コンテンツを今すぐ見る >>

あわせて読みたい