トレイダーズ証券

  • 詳細へ
    2019年7月17日
    ドル円はダウンサイドをテストか[井口喜雄]
    トレイダーズ証券の井口喜雄による【Dealer’sEYE】をお届けします。 FRBの利下げスタンスは変わらず 昨日発表された米小売売上高が良好だったことからドル円は108円台を回復しています。しかし、今月に入り米雇用統計、米消費者物価指数、米小売売上高とアメリカの重要経済指標はことごとく良い結果を残していますが、FRBの利下げ路線は何も変わっていません。本日正午時点でCMEのフェドウォッチを見ても7月FOMCは100%の利下げを織り込み、9月も70%以上の利下げを織り込んでおり、好調な米経済もFRBにとってはどこ吹く風です。FRBの言う「予防的利下げ」に個人的な違和感がありますが、すでに利下げが既定路線となっていることから7月末のFOMCまではこの材料を追いかけていくしかなさそうです。 ドル円はダウンサイドをテストか バブル覚悟でもFRBが予防的利下げを行うのであれば、やはりドル円はFOMCまでダウンサイドを何度かテストすることになりそうです。また、各国が通貨安戦争に踏み切る中、金融緩和のカードが日本にないことも引き続き円高リスクです。7月16日の高値108.30円付近や、上抜けても7…
  • 詳細へ
    2019年7月10日
    パウエルFRB議長の議会証言は如何に[井口喜雄]
    トレイダーズ証券の井口喜雄による【Dealer’sEYE】をお届けします。 パウエルFRB議長の議会証言待ち 今夜は半期に一度行われるパウエルFRB議長の議会証言です。注目はパウエルFRB議長の利下げスタンスを確認することになりますが、先のG20で米中貿易懸念が後退したほか、先週の米雇用統計も文句なしの数字となり、FRBは本当に利下げをする必要があるのかという声が聞こえてきます。 現在の利下げ確率をCMEのフェドウォッチで確認すると7月のFOMCでは利下げを100%織り込み、その次の9月FOMCでも利下げ確率は約60%を織り込んでおり、引き続きマーケットの利下げ期待が高いことが見受けられます。 このような期待値からパウエルFRB議長が、マーケットを刺激するようなサプライズを起こすとは考えにくく、7月FOMCで利下げをしないといった展開にはならないでしょう。しかし、この先の連続利下げについてはさすがに少し修正してくるかもしれませんので過度の期待は禁物です。また、議会証言は今夜23:00の予定ですが、数時間前に議会証言の原稿が発表されるため、証言前に大きな値動きになる可能性は高いのでヘッド…
  • 詳細へ
    2019年7月3日
    リスクオンの後はリスクオフ[井口喜雄]
    トレイダーズ証券の井口喜雄による【Dealer’sEYE】をお届けします。 消去法的にも円が選好されやすい地合いか 「緊急事態のため、ペンス米副大統領が予定をキャンセルして急遽ホワイトハウスに戻る」という報道からアメリカを狙ったテロの可能性が指摘され、マーケットはリスクオフの展開です。さらには、トランプ大統領がFRB理事にウォーラー氏とシェルトン氏を指名する意向を示し、両名ともハト派であるとのニュースも重なり、ドル円は一時107.50円付近まで下落しています。 米中首脳会談を好感して週初から進んだリスクオンがあっけなく帳消しになった形です。 また、ECB総裁人事はドラギ総裁の後任にIMFのラガルト専務理事が指名されました。タカ派で知られていた最有力候補のバイトマン氏が選ばれなかったことでユーロにもダウンサイドの圧力がかかってきました。こうなると消去法的にも円が選好されやすい地合いとなります。 リスクオンの後はリスクオフ 欧米豪をはじめ各国が利下げに舵を切るなか、日銀は次の一手が見えていない現状ではどうしても円が買われやすくなります。また、トランプ相場の特徴としてリスクオンの後はリスクオ…
  • 詳細へ
    2019年6月26日
    米中合意に疑心暗鬼!どうなるG20[井口喜雄]
    トレイダーズ証券の井口喜雄による【Dealer’sEYE】をお届けします。 加熱したマーケットに冷や水 昨晩はパウエルFRB総裁、ブラード・セントルイス連銀総裁両名の発言がドル円の下落に歯止めをかけたほか、利下げに備えるマーケットにメッセージを発信しました。まず、ブラード連銀総裁は「7月に50bp(0.5%)の利下げを実施する状況にない」と発言し、FRBからすると過度な利下げに備えているマーケットに冷や水をかけました。ブラード連銀総裁がFOMCの投票権を有する委員であることに加え、先日のFOMCで利下げを主張するハト派の急先鋒であったため、マーケットはドル買いで大きな反応を示しました。続いて発言したパウエルFRB議長も「不確実性が緩和を必要とするか注意深く見ているが、短期的な指標に過剰反応しない」と述べ、過度な利下げ見通しをけん制しました。両者の発言を受けて米主要3指数はそろって下落しており、利下げを背景にしたドル売りは一旦停止しています。また、本日は受け渡しベースでいうと四半期末で月末となるため、ドル需要や、リバランスなどのフローから一時的なドル高には警戒が必要です。 米中合意に疑心…
  • 詳細へ
    2019年6月19日
    FOMC3つのシナリオ[井口喜雄]
    トレイダーズ証券の井口喜雄による【Dealer’sEYE】をお届けします。 FOMC待ちのマーケット 今夜のFOMCを控えてドル円は神経質な展開が続いています。昨日トランプ大統領がツイッターで習近平国家主席と電話協議し、来週のG20において会談すると表明するとドル円は一時108.67円まで上昇する場面もありましたが、すぐに上値は抑えられています。やはりまずは今夜のFOMCを確認しないことには動けないといったところでしょう。 FOMC3つのシナリオ 今回のFOMCですが、大きく分けて3つのシナリオが考えられます。 まず、多くの参加者が予想しているのが、米中貿易戦争などの不透明要素を背景に今回利下げを協議して来月7月31日のFOMCで利下げを実施するというシナリオです。ややドルが売られそうなシナリオではありますがこれが一番マーケットにやさしい選択肢になります。また、ドル上昇のシナリオとしてはこれまで通り、利下げに関しては「忍耐強い様子見」のスタンスを変えずに、マーケットが急速に織り込んだ利下げ期待に冷や水をかける展開です。一方ドル下落シナリオは、今回のFOMCで利下げに踏み切ることです。ど…
  • 詳細へ
    2019年6月12日
    カウンター覚悟の下値攻め[井口喜雄]
    トレイダーズ証券の井口喜雄による【Dealer’sEYE】をお届けします。 膠着状態を抜け出せるか ドル円は108.50を中心に方向感が出せていません。長期化必至の米中貿易戦争や、FRBによる米利下げ観測はドル円にとってネガティブ要因ですが、米利下げ観測からの株価上昇がポジティブ要因となり強弱材料の綱引きから膠着が続いています。また、トランプ相場も健在でツイート1つで相場の流れが変わるため、怖くてポジションを大きく傾けられないことも膠着要因としてはあるでしょう。イベントでは今夜21:30に予定されている米消費者物価指数は注視しています。FRBが米利下げスタンスを鮮明にするなか、インフレの最重要指標の結果次第で利下げが加速するか、後退するかに注目です。 カウンター覚悟で下値攻め 不透明要因が多くドル円はどちらかに偏ったポジションは危険ですが、トランプ大統領の場当たり的なツイートを見ているとやはりリスクオフに警戒しなくてはなりません。足元のツイートでも「今月末のG20で米中首脳会談が実現しなければ全輸入品に関税を課す第4弾を直ちに実施する」と語っています。しかし、米中首脳会談は現段階で何も…
  • 詳細へ
    2019年6月5日
    ドル売り祭りとなるのか[井口喜雄]
    トレイダーズ証券の井口喜雄による【Dealer’sEYE】をお届けします。 FRBは金融緩和に舵取り マーケットはFRBが金融緩和に舵を取ったと判断したようです。一昨日ブラード・セントルイス連銀総裁が「近く利下げが適切になる可能性がある」と発言したほか、昨日はパウエルFRB議長も「貿易戦争が及ぼす影響を注視している」「景気拡大の維持のため適切に行動する」と発言するなど利下げ期待が一気に高まりました。パウエル議長は明言こそしていないものの、年内の利下げ確率は約97%まで拡大しており、FRBがマーケットに利下げを織り込ませにきたのは間違いなさそうです。 週末にかけて神経質な展開 FRBの金融緩和もインパクトがありますが、米国を中心とした貿易問題も引き続き予断を許しません。本日はメキシコのエブラルド外相とポンペオ米国務長官が協議する予定です。昨日メキシコのオブラドール大統領が「明日の協議は重要だが、私は楽観視している」「10日の関税発動前に米国と合意するだろう」と発言しており、メキシコへの関税発動前に米国との合意に持ち込めるかが焦点になります。関連ニュースのヘッドラインには振らされることにな…
  • 詳細へ
    2019年5月29日
    リスクオフの再燃!?当面は円買いの好機か[井口喜雄]
    トレイダーズ証券の井口喜雄による【Dealer’sEYE】をお届けします。 リスクオフの再燃 今週はこれといったイベントこそありませんが、米中貿易摩擦やイタリア財政問題、ブレグジットなど不透明要素が多く神経質な展開です。米中貿易は中国が「レアアースの対米輸出を制限することを真剣に検討している」と中国国営紙が伝えるなど米中貿易摩擦激化懸念が再燃しています。 イタリア財政問題は「欧州委員会がイタリアに30億ユーロの制裁金を科す可能性がある」とのことでイタリアは猛反発しています。この問題は毎度毎度で相変わらずな気もしますが、欧州議会選挙で反EUやポピュリスト政党が議席を伸ばすなか、イタリアとEUの対立が深まると最悪EUの結束が疑われるような展開もあり材料として無視できなくなってきました。 ブレグジットもメイ首相の辞任で次期首相が決まるまでは政局になるうえ、ブレグジット党が第一党へ躍進したことで「合意なき離脱」の可能性が高まっているのは間違いないでしょう。さらには南アフリカもラマポーザ政権の閣僚人事とエスコムを巡る問題を背景にランドが売られています。トルコやメキシコといった新興国もファンダメン…
  • 詳細へ
    2019年5月22日
    リスクオンの次はリスクオフ[井口喜雄]
    トレイダーズ証券の井口喜雄による【Dealer’sEYE】をお届けします。 リスクオンの次はリスクオフ!? 米中貿易問題は引き続き先が見えませんが、市場参加者もこの材料にたいぶ慣れてきたようです。過度な警戒は解消されており、昨日も中国の通信機器大手ファーウェイに対する規制について、トランプ政権は一時的に制裁の緩和を発表したことでドル円は110円ミドルまで回復しています。 このように米中貿易関連の報道に日々振らされておりますが、根本的な問題解決には向かっていないだけに、この上昇局面はリスクオフの巻き戻しだと考えることができます。もちもんショートポジションが踏まれて上昇する展開も十分あるシナリオですが、このままドル円が上がり続けるようなことはないように思えます。また、現在マーケットは「リスクオン」となっていますが、米中の報道合戦でこれまでの状況を整理すると次の相場は「リスクオフ」方向になる可能性が高そうです。 テクニカル面でも下落トレンドが始まった4月24日高値112.40円から5月13日の安値109.02円の半値戻しとなる110.70円。また、昨日きれいに上値を抑えた21日移動平均線の差…
  • 詳細へ
    2019年5月15日
    トランプ劇場はどこまで続くのか[井口喜雄]
    トレイダーズ証券の井口喜雄による【Dealer’sEYE】をお届けします。 トランプ劇場はどこまで続くのか トランプ相場に振らされる日々です。「中国が約束を破った」として対中関税第4弾の発動を表明したかと思えば、「中国との協議は成功する」などなど発言は毎日のように二転三転しており、マーケットは混乱しています。昨夜もFRB(米連邦準備理事会)の金融政策に対して「利下げ」を要求するなどもうやりたい放題です。計算なのか、ただの場当たり的な行動なのかはもはやわかりませんが、現在トランプ大統領のツイート一つでマーケットが変わる相場です。 下値攻め第2ラウンドはあるのか 昨日はトランプ大統領の楽観的な発言を背景にNYダウがなんとか持ち直し過度なリスクオフは一時的に解消しました。 しかし、実際に米中協議に関しては何ら進展していません。トランプ大統領の根拠のない楽観発言を除けば合意への道筋はどこにもなく、米中1歩も引き下がらない構えであることから、ドル円の下値攻め第2ラウンドはいつ再開となってもおかしくはないでしょう。 さらに、短距離ミサイルの発射を再開した北朝鮮や、米国との軍事緊張が高まっているイラ…
1 2 3 4 12