番外編【実例】FOMC声明文を読み解く[月光為替]

さて、今回は番外編で、12月15日に発表された、FOMCの声明文について扱っていきたいと思います。

まず、結果としては大方の予想通り利上げ。そして、過度に警戒することも、過度に緩めることもなく、前回までのスタンスを崩さず、緩やかな利上げ方針を崩しませんでした。 

声明としては、無難な内容で、現在までの金利上昇やドル高の悪影響に対してしっかりと触れられていればネガティブサプライズとなったのかもしれませんが、特に触れず、利上げ決定&ドットチャートも少し上側に移動し、2017年3回利上げを見込まれたところで、安心感につながりドル高へと進んだのかもしれません。

個人的には今までの上昇の中に、どのような割合でトランプ相場からの金利上昇についていったポジションと、FOMCに向けてのポジションが混ざっていたのか分かりませんでした。セルザファクトになるのかどうかも曖昧でしたので、発表前のポジションはとりませんでした。

さて、それでは今後注目されていく経済指標を占う、声明文を少し詳しく解説していきたいと思います。

では、11月から変化した箇所に絞って、見ていきましょう。 

雇用増加は堅調で、失業率は低下した(unemployment rate has declined)
 
インフレ率は年初以降に上昇したが(Inflation has increased since earlier this year)、エネルギー価格とエネルギー以外の輸入価 格の下落を部分的に反映して、委員会の長期的な目標である2%を下回り続けた(Inflation has increased somewhat since earlier this year but is still below the Committee's 2 percent longer-run objective,)
 
将来のインフレを示す市場ベースの指標は顕著に上昇したが低いままで(Market-based measures of inflation compensation have moved up considerably but still are low)、サーベイに基づいた長期的なインフレ期待の指標はここ数ヵ月あまり変化しなかった
 
労働市場とインフレの実績・先行き予想を踏まえ、FOMCはFF金利誘導目標を0.5-0.75%に引き上げる(In view of realized and expected labor market conditions and inflation, the Committee decided to raise the target range for the federal funds rate to 1/2 to 3/4 percent.)

以上が、ざっと11月の声明文から変化した部分です。

これをみるとお分かりの通り、引き続き雇用統計・失業率、インフレ率に注目していることが分かります。

ただ、これはもうずっと注目されている部分であり、特に今回から重要視していくようなものでもないでしょう。

なので、今回のFOMC声明文では、「特に何も変化がない」ということを読み取るのが一番のポイントになります。

どういうことかというと、次のFOMCまで、トリッキーな指標で変にマーケットが動くことはなく、比較的メジャーな指標中心に、素直な動きになっていくと考えられるということです。

むしろ、17年の序盤は、1/20のトランプ大統領就任(奇しくも、私の誕生日です笑)、3月のG20などが焦点になってくるのではと思います。(G20の前に3月のFOMCがありますが)

ですので、当面経済指標は素直に追いつつも、まだまだ相場の主役であろうトランプ大統領関連のニュースフローと、金利関連のニュースフローを意識して、中長期のトレードはポジション管理していく局面が続きそうです。

私は引き続き、デイトレでドルロング目線で、戦っていきたいと思います。

※編集部より
年末年始休暇により、次回のコラムは2017年1月12日公開になります。

現役ヘッジファンドトレーダーの日々の売買ルールを分かりやすく解説!

現役ヘッジファンドトレーダーの人気メルマガをレポート化!

月光為替とデューカスコピー・ジャパンとのタイアップキャンペーン!
今なら新規口座開設&1回の取引完了で月光為替書き下ろしレポートが手に入ります。
キャンペーンの詳細とレポート内容は下のバナーをクリックしてご確認ください!

デューカスコピー・ジャパン × 月光為替 新規口座開設スペシャルレポートタイアップキャンペーン 

月光為替の写真

月光為替(げっこうかわせ)

現役ヘッジファンドトレーダー。FXで毎月200~300pips、金額ベースでは1~2億円を安定的に稼ぎだした経歴を持つ。現在は日本株運用がメインで、引き続き個人資産でもFX取引を継続中。会社に内緒で、月光為替の名で活動、厳しい言葉のなかに相場の真実が見え隠れする個人投資家の味方。

公式サイト:FXブログ 月光為替の勝利のFX

twitter:https://twitter.com/gekkokawase

FX力を鍛える有名人コラム | ファンダメンタルズ分析手法 | 月光為替の最新記事
FXトレーダーのための「大人の経済」基礎講座|第5回 伝統的金融政策と非伝統的金融政策[雨夜恒一郎]
価格ベースのFXテクニカル分析|ピボットとは?[月光為替]
一目均衡表入門|第5回 転換線と基準線[監修:細田哲生(三世一目山人)]
ドル膠着状態も欧州通貨に妙味あり[井口喜雄]
システムトレードで資産運用!season2|第5回 ループ系シストレにおける通貨ペアの選び方[ゆきママ]
トラッキングトレード入門|第15回 ボリンジャーバンドでトレンドの継続を見極める[斉藤学]
コイントストレード&両建てスワップさやとりの二本立て[木里ゆう]
達人が教えるバイナリーオプション入門講座|第2回 デモでバイナリーを練習[矢澤明美(ボリ平)]
米国税制改革問題もノイズ 基調ドル高に変わりなし[雨夜恒一郎]
ディーラーによる今週のドル円「盛り上がる日経平均!デカップリングってなに?」[国府勇太]
トラッキングトレード入門|第14回 トラッキングトレードで、ユーロの上昇を狙ってみよう[斉藤学]
月足トレードで生きてます|第4回 政策金利とドル円の関係[ゆったり為替]
私のトレンド看破術[不動修太郎]
為替のプロが見た中国最新事情[水上紀行]
トラッキングトレード入門|第13回 複数の指標を組み合わせたマナブ式テクニカル分析[斉藤学]