FXに活かす経済指標|小売売上高とは?[月光為替]

小売売上高とは?

では、今回は小売売上高について、お話ししていきたいと思います。

まぁ、名前の通り想像がつきやすく、親しみやすい指標ではありますが、これは小売業、および飲食店の売上を販売する側から見る、代表的な経済指標です。

何を見るための指標かというと、主に個人消費の動向をみるために使われます。

国ごとに調査対象企業や、調査対象比率に違いがあり、例えば米国ですと、対象企業は4900社以上、業種別では、自動車関連が21%、食品・飲料が13%といったように占め、原油価格の影響を大きく受けるガソリン関連は約8%となっています。

これも、過去に扱ったPPIやCPIのように、季節・価格要因が大きく関係する、食品・エネルギー関連を除いたコア指数でみることが重要になります。

米国・欧州・英国などの小売売上高指数に比べ、日本の指数はかなり注目度が小さいです。そのような国別の違いも配慮しておくようにしてください。

小売売上高との向き合い方

では、どのようにこの指標と向き合っていけばよいのでしょうか。

基本的な原則は、例えば小売売上高が上昇すれば、その国の企業業績の上昇と、実体経済の良化を連想させ、GDP上昇を連想させます。

ですので、こちらも国力の上昇の示唆ということで、通貨に対しては、ポジティブ、つまり通貨高の影響を及ぼします。

実践では、こちらも「FXに活かす経済指標|鉱工業生産とは?」で解説した鉱工業生産と同じく、相場の流れにもよりますが、あまり相場は動きません。

短期的には結構反応はするのですが、これを起点に相場の方向性がしっかりと決まる、というような類ではないので、ほとんどノイズと考えて良いレベルの指標と言えるでしょう。

ただ、トレードにおいて、時折重要になる局面というのが存在します。それは、米小売売上高がサプライズの結果をもたらした時です。

注目は米国の小売売上高 

米国の小売売上高は、やはり他国と比べると、一際重要な意味を持ちます。
現在は中国が消費大国というイメージですが、それでもなお世界第一位のGDPを誇る米国の経済力、消費力は絶大です。

ですので、世界の景気が良くなって皆が安心しているときや、逆に世界の景気が悪くなって辛い思いをしている時に、米国の小売売上高がそれと反する結果を出すと、今後の思惑からポジション様相が変わっていく、ということもあり得ます。

ただ、中々このようなサプライズは起こりにくいのもこの経済指標の特徴です。実際にトレードする際は、まぁ見ておくけれども、そこまで神経を張りつめてみるような指標でもないと思っておいて頂ければと思います。

では、次回は所謂実生活における(マーケットではない)経済指標の王様である、GDPについて話して行きたいと思います。

現役ヘッジファンドトレーダーの日々の売買ルールを分かりやすく解説!

現役ヘッジファンドトレーダーの人気メルマガをレポート化!

月光為替とデューカスコピー・ジャパンとのタイアップキャンペーン!
今なら新規口座開設&1回の取引完了で月光為替書き下ろしレポートが手に入ります。
キャンペーンの詳細とレポート内容は下のバナーをクリックしてご確認ください!

デューカスコピー・ジャパン × 月光為替 新規口座開設スペシャルレポートタイアップキャンペーン 

月光為替の写真

月光為替(げっこうかわせ)

現役ヘッジファンドトレーダー。FXで毎月200~300pips、金額ベースでは1~2億円を安定的に稼ぎだした経歴を持つ。現在は日本株運用がメインで、引き続き個人資産でもFX取引を継続中。会社に内緒で、月光為替の名で活動、厳しい言葉のなかに相場の真実が見え隠れする個人投資家の味方。

公式サイト:FXブログ 月光為替の勝利のFX

twitter:https://twitter.com/gekkokawase

FX力を鍛える有名人コラム | ファンダメンタルズ分析手法 | 月光為替の最新記事
FXトレーダーのための「大人の経済」基礎講座|第5回 伝統的金融政策と非伝統的金融政策[雨夜恒一郎]
価格ベースのFXテクニカル分析|ピボットとは?[月光為替]
一目均衡表入門|第5回 転換線と基準線[監修:細田哲生(三世一目山人)]
ドル膠着状態も欧州通貨に妙味あり[井口喜雄]
システムトレードで資産運用!season2|第5回 ループ系シストレにおける通貨ペアの選び方[ゆきママ]
トラッキングトレード入門|第15回 ボリンジャーバンドでトレンドの継続を見極める[斉藤学]
コイントストレード&両建てスワップさやとりの二本立て[木里ゆう]
達人が教えるバイナリーオプション入門講座|第2回 デモでバイナリーを練習[矢澤明美(ボリ平)]
米国税制改革問題もノイズ 基調ドル高に変わりなし[雨夜恒一郎]
ディーラーによる今週のドル円「盛り上がる日経平均!デカップリングってなに?」[国府勇太]
トラッキングトレード入門|第14回 トラッキングトレードで、ユーロの上昇を狙ってみよう[斉藤学]
月足トレードで生きてます|第4回 政策金利とドル円の関係[ゆったり為替]
私のトレンド看破術[不動修太郎]
為替のプロが見た中国最新事情[水上紀行]
トラッキングトレード入門|第13回 複数の指標を組み合わせたマナブ式テクニカル分析[斉藤学]