価格ベースのFXテクニカル分析|RSIとは?[月光為替]

それでは今回は、RSIを扱っていきたいと思います。

RSIとは?

RSIは、相対力指数(Relative Strength Index)と呼ばれ、前回のストキャスティックス同様、終値の変化から、相場の「買われすぎ」「売られすぎ」を判断する指標です。

当然ながら、その妥当性は数式をつぶさにみてみることでしか判断できません。ということで、早速その数式を見てみましょう。

RSI = 100 – 100/(1+RS)

RS = (n期間における前日終値より当日終値が上回った分の値幅の平均)/
          (n期間における前日終値より当日終値が下回った分の値幅の平均)

こちらは前回のストキャスティックスに比べ、ある程度目視では、つまり生チャートでは判断できないような要素を込められた数式になっていそうです。

RSIの使い方

とりあえず、使い方としては「75%を超えれば買われすぎ」「25%を下回れば売られすぎ」といったように、逆張り指標としてよく用いられます。

さて、この数式を見ていくと、これはある期間における値上がり幅と値下がり幅の相対値を算出していることに他なりません。

例えば、標準的な動きとして、強い上昇トレンドの時は、明らかに上昇する時の値幅と、下降する時の値幅では、上昇する時の値幅の方が大きく、強い下降トレンドの時はその逆になります。

つまり、強い上昇トレンドの時は、RSIは買われすぎに基本的になり、強い下降トレンドの時は売られすぎになるというわけです。

そして、もみもみし始めると、RSIは標準的な値になり始めます。

トレードで使える余地はほとんどない

さて、こちらもはっきり言ってしまえば、トレードにおいて使える余地などほとんどありません。

別に害になるわけではありませんが、トレンドは基本的に、まっすぐ伸びた後、もみもみして、またその後続くか、転換するか、になります。

つまり、どんな場合でも、RSIでみれば、買われすぎや売られすぎに張り付いた後、また水準を下げ、そして転換すれば逆に行き、トレンドが続けばまた張り付きに行きます。

そして、その動きは生チャートで十分に理解できる情報量であり、新たな示唆を示してくれるものではありません。

相場に向かい始めて最初の頃は、チャートの見方すらよく分かりません。そういう時に、現在の相場つきをより分かりやすく教えてくれる補助ツールとしての使い道はありますが、ある程度経験を積んでくれば、ほとんど無用の長物といっていいでしょう。

さて、では次回は、個人的にはよく用いていた、ボリンジャーバンドについて、お話ししていきます。その後、ピボット、エリオットと進んで、テクニカル分析編は終了とさせていただきます。

月光為替の売買ルール

現役ヘッジファンドトレーダーの日々の売買ルールを分かりやすく解説!

現役ヘッジファンドトレーダーの人気メルマガをレポート化!

月光為替とデューカスコピー・ジャパンとのタイアップキャンペーン!
今なら新規口座開設&1回の取引完了で月光為替書き下ろしレポートが手に入ります。
キャンペーンの詳細とレポート内容は下のバナーをクリックしてご確認ください!

デューカスコピー・ジャパン × 月光為替 新規口座開設スペシャルレポートタイアップキャンペーン 

【月光為替さんの関連記事】
月光為替の連載記事一覧はこちら
人工知能(AI)と為替(FX)|ヘッジファンドの最先端情報[月光為替]
月光為替とは何者なのか?FX攻略.com編集部が直接本人に聞いてみました

月光為替の写真

月光為替(げっこうかわせ)

現役ヘッジファンドトレーダー。FXで毎月200~300pips、金額ベースでは1~2億円を安定的に稼ぎだした経歴を持つ。現在は日本株運用がメインで、引き続き個人資産でもFX取引を継続中。会社に内緒で、月光為替の名で活動、厳しい言葉のなかに相場の真実が見え隠れする個人投資家の味方。

公式サイト:FXブログ 月光為替の勝利のFX

twitter:https://twitter.com/gekkokawase