価格ベースのFXテクニカル分析|ピボットとは?[月光為替]

今回はピボットについてお話ししていきたいと思います。

ピボットとは?

ピボットはかなり古いテクニカルインジケータで、元々は取引所で働くディーラーが考案したものです。前日の高値、安値、終値を用いて計算されます。基本的な使われ方としては、サポートやレジスタンスとして使われます。

さて、何はともあれまずは数式を見ていきたいと思います。

ピボット = (前日の高値 + 前日の安値 + 前日の終値) / 3
レジスタンスR1 = ピボット×2 – 前日安値
レジスタンスR2 = (ピボット – S1) + R1
レジスタンスR3 = (ピボット – S2) + R2
サポートS1 = ピボット×2 – 前日高値
サポートS2 = ピボット – (R1 – S1)
サポートS3 = ピボット – (R2 – S2)

さて、この数字から読み取れるものは何でしょうか?

まずピボットですが、こちらは前日の3本の値段の平均値です。これはある意味移動平均的な考え方です。つまり、前日の相場参加者のおおよそのポジションの平均値と考えられます(勿論実際は違いますが)。

移動平均と同じく、ピボットより上か下か、どこに価格が位置しているかで、前日からポジションをホールドしている人たちの心理的な状況を推察することが可能でしょう。

さらにレジスタンスやサポートを見ていきましょう。これは、いわばバンドのようなものと計算式から見て取れます。計算式自体にはバンドの幅が前日の高値安値の幅とピボットに関係しているということ以外あまり意味はなく、昔の人がある意味データマイニング的に計算式を作ったのではないでしょうか(少なくとも数式からの演繹的考察は困難です)。

フォワードインジケータとしての役割

しかし、実は重要な点が一点あります。むしろ計算式より重要な点はこちらです。

それは、このインジケータは「万人が使えるフォワードインジケータ」であることです。

フォワードインジケータとは、目標値を決めることができる、つまりあらかじめ注目すべき点を決めることができるという点が、普通のバックインジケータとは異なります。

フォワードインジケータで代表的なものは、サポートレジスタンスライン、フィボナッチライン、そしてピボットと、多くはありません。ですので、そこを「注目するテクニカル投資家が必然的に多くなる」ことが一番の重要なポイントです。

この「人が注目しやすい」という行動学的な背景によって、ピボットやフィボナッチ、サポートレジスタンスラインのようなフォワードインジケーター周りでは売買が活発となり、そこに非効率的な瞬間が多く現れます。

ですので、そのような瞬間が訪れそうな大まかな位置を把握しておくためのインジケータとして使うのが王道であると、私は考えます。

では、次回はこのシリーズのラスト、エリオット波動論について、お話ししていきたいと思います。

月光為替の売買ルール

現役ヘッジファンドトレーダーの日々の売買ルールを分かりやすく解説!

現役ヘッジファンドトレーダーの人気メルマガをレポート化!

月光為替とデューカスコピー・ジャパンとのタイアップキャンペーン!
今なら新規口座開設&1回の取引完了で月光為替書き下ろしレポートが手に入ります。
キャンペーンの詳細とレポート内容は下のバナーをクリックしてご確認ください!

デューカスコピー・ジャパン × 月光為替 新規口座開設スペシャルレポートタイアップキャンペーン 

【月光為替さんの関連記事】
月光為替の連載記事一覧はこちら
人工知能(AI)と為替(FX)|ヘッジファンドの最先端情報[月光為替]
月光為替とは何者なのか?FX攻略.com編集部が直接本人に聞いてみました

月光為替の写真

月光為替(げっこうかわせ)

現役ヘッジファンドトレーダー。FXで毎月200~300pips、金額ベースでは1~2億円を安定的に稼ぎだした経歴を持つ。現在は日本株運用がメインで、引き続き個人資産でもFX取引を継続中。会社に内緒で、月光為替の名で活動、厳しい言葉のなかに相場の真実が見え隠れする個人投資家の味方。