ドル円はレンジ内でうまく立ち回れるか[井口喜雄]

トレイダーズ証券の井口喜雄による【Dealer’sEYE】をお届けします。

ヘビー級のリスク要因が散見

香港を巡り米中対立が冷え込むなか、ポンぺオ米国務長官は中国企業のByteDanceが運営するSNSのTikTokの利用を米国内で禁止する措置をとると述べ、新たな米中対立の火蓋となっています。TikTokは若者に絶大な人気を誇っており、米国内にも5000万人近いユーザーがいるとされており、米中関係への影響は軽微ではないでしょう。

また、米国の新型コロナウイルス感染者は引き続き米南部の州を中心に拡大しており、昨日7日には感染者が300万人を突破し、死者も13万人を超えています。さらには残り4カ月を切った米大統領選挙もトランプ大統領の再選に黄色信号がともっており、ヘビー級のリスク要因が散見しているマーケットです。

ドル円はレンジ内でうまく立ち回れるか

リスクオフのマーケットではありますが、NYダウを始め米主要3指数は大きく崩れてはいません。FRBの大規模金融緩和を背景に下落局面では押し目意欲は高く、底堅いとも言えます。為替は株価の顔色を窺いながらのトレードとなるだけにリスクオンとリスクオフの綱引きが続く限り、方向感が定まりにくい状況です。

ドル円も今週に入り、107円ミドルを中心に動きが止まっており、レンジ内で次のテーマを探る時間帯になっています。FRBの大規模な金融緩和を背景に中期的にドル円の下落余地は残されているとは思いますが、短期的には106.80円~108.20円のレンジでうまく立ち回っていくのが得策です。短期のポジションであればこのレンジで何度か売買できそうな気がしていますが、上下どちらも抜けた方向は速いので、損切りやドテンの準備は必要でしょう。

欧州通貨はヘッドライン相場を覚悟しながら

ユーロやポンドといった欧州通貨はヘッドライン相場を覚悟しながらになります。現在、英国はEU離脱に関しては自由貿易協定(FTA)を年内に成立させることを目指して集中協議を行っており、今回の交渉にて落としどころを見つけられるかが焦点です。また、EUも新型コロナウイルス復興基金をまとめられるかがポイントで、EU加盟27カ国の全会一致での承認を目指して、本日8日に復興基金の協議が行われる予定です。ユーロ、ポンドはコメント1つで流れが変わるヘッドライン相場なので偏った相場観は持たず、中立スタンスで臨みたいと思います。

【ご注意】
※記載の内容は投資判断の参考となる情報の提供を唯一の目的としたもので、投資勧誘を目的としたものではございません。
※投資に関する最終判断は、お客様ご自身の判断でなさるようお願い致します。
※掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性、完全性を保証するものではございません。
※当サービスに基づいて被ったいかなる損害についても、トレイダーズ証券及び情報提供元、関連会社は一切の責任を負いかねます。
※いかなる目的を問わず本情報の複製、転送及び販売を固く禁じます。

↓↓ 【FX攻略.com限定】新規口座開設(無料)&1lot取引で月刊FX攻略.com3か月分もらえる!! ↓↓

【関連記事】
トレイダーズ証券 [みんなのFX]※当サイト限定の特典あり
川崎ドルえもんさんと同じ取引ができる!みんなのシストレ[トレイダーズ証券]
現役為替ディーラーが、話題のアノ人と語り尽くす Trader’s対談[トレイダーズ証券みんなのFX 井口喜雄]

井口喜雄の写真

井口喜雄(いぐち・よしお)

トレイダーズ証券市場部ディーリング課。認定テクニカルアナリスト。1998年より金融機関に従事し、主に貴金属や石油製品のコモディティ市場を中心としたカバーディーリング業務に携わる。2009年からみんなのFXに在籍し、「米ドル/円」や欧州主要通貨を主戦場にディーリング業務を行う。ファンダメンタルズから見た為替分析に精通している他、テクニカルを利用した短期予測にも定評がある。最近では、みんなのFXの無料オンラインセミナーにも登場し分かりやすい講義内容が好評を得ている。さらにTwitterでは、プロディーラーが相場についてリアルな意見を発信しているので要チェック。

公式サイト:トレイダーズ証券

Twitter:https://twitter.com/yoshi_igu

YouTube:みんなのFX|トレイダーズ証券