【特別寄稿】AIの基礎と応用可能性|第2回 クラスタリングとニューラルネットワーク[月光為替]

人工知能・AIに対して過度の想像をしていませんか?

FX攻略.com公式サイトでコラムを連載していた月光為替さん(現役ファンドマネージャー兼AI研究者)による特別寄稿を読んで、AIの基本やFXへの応用方法について学んでみましょう!

※この記事は、FX攻略.com2017年12月号の記事を転載・再編集したものです

【【特別寄稿】AIの基礎と応用可能性[月光為替] 全3回】
第1回 イントロダクションと決定木
第2回 クラスタリングとニューラルネットワーク
第3回 ディープラーニング、集団学習、強化学習

クラスタリングとは

データのみから導き出せる特徴によって、データを分類する手法をクラスタリングと呼びます。データがどの程度同質であるかの類似度であったり、データを合成したものとの相関性であったり、平均値からの乖離であったり、さまざまな複雑な計算からデータを特徴づけることが、コンピュータの処理能力向上によって可能になりました。こうした特徴づけの利点は、人間の手が加わっていないことにあります。

どういうことかというと、例えばトヨタと日産は、人間であれば同じ自動車関連株として分類します。ですが、もしかすると機械は、トヨタとファーストリテイリング(ユニクロ)こそが同じように分類されるべきだと結論づけるかもしれません。

このように、人間が分類しないことによって、先入観から解き放たれた、新たな分類を行うことが可能になるかもしれないのです。そして、その機械から得られた新たな分類に対し人間が解釈を与えることで、より事象に対する理解が深まる可能性があります。具体的な手法としては、例えばk-means法などが有名です。

クラスタリングの応用例

従来の業種分類や規模分類といったものではなく、株価の値動きのデータやその他さまざまなデータを用いてクラスタリングを行うことによって、異なったより優位な分類ができるかもしれません。

その新たな分類に対して、例えば為替感応度であったり、投資家属性であったり、新たな解釈を加えてあげることによって、よりポートフォリオのリスク管理が柔軟にできるかもしれませんし、例えばペアトレードを行う運用者であれば、新たなペア発掘に役立つ可能性があります。 

ニューラルネットワークとは

人間の脳の中の神経細胞であるニューロンが、多数の他の神経細胞から信号を受け取り、意思決定を行っている構造を機械で模倣しようとして作り上げたアルゴリズムが、このニューラルネットワークです。重回帰分析では、説明変数に重みをつけ、その足し合わせで得た出力が目的変数に近くなるように最小二乗法などを用いて重みを最適化していきました。ですが、ここで重要な点として、重回帰分析で表現できるということは、目的変数と説明変数の間には線形な関係がないといけないということになります。線形とは、一次の足し合わせのみで表せるということです。

例えば、y=x+z+rというように表せるとき、目的変数であるyは、説明変数x、z、rとの間に線形な関係があるといえます。ですが、全ての事象がこのように線形に表せるわけではありません。当然、y=x^2のように、非線形な関係がある事象も存在します。

ニューラルネットワークでは、このような説明変数全てに重みをつけて足し合わせるノードをたくさん用意することによって、より複雑な関係を表現することが可能になっています。技術的には活性化関数だったり、バックプロパゲーションだったりが存在するのですが、今回はその詳細には立ち入りません。

重要なことは、ニューラルネットワークでは、より非線形かつ複雑な関係性を表現できるようになったということです。これによって、より正確に目的変数と説明変数間の関係性を表現できるかもしれません。

ニューラルネットワークの応用例

従来線形モデルで表現されてきたところをニューラルネットワークに置き換えることにより、より複雑な関係をモデル化することができるので、それによる予測能力の向上が見られるかもしれません。例えばクォンツ運用で広く使われてきたファクターモデルへの応用が考えられます。

他には、企業の格付け評価であったり、倒産確率であったりなどにも応用可能であると考えられます。

※この記事は、FX攻略.com2017年12月号の記事を転載・再編集したものです

【【特別寄稿】AIの基礎と応用可能性[月光為替] 全3回】
第1回 イントロダクションと決定木
第2回 クラスタリングとニューラルネットワーク
第3回 ディープラーニング、集団学習、強化学習

【関連記事】
人工知能(AI)と為替(FX)|ヘッジファンドの最先端情報[月光為替]
人工知能(AI)と為替(FX)|AI搭載型自動売買[Halu]
マネックス証券のトレードカルテFXは、AIで投資家を技術指導![FX攻略.com]
正しく学べばFXでは最低限稼げる普通のプレイヤーになれる![月光為替]
月光為替とは何者なのか?FX攻略.com編集部が直接本人に聞いてみました

月光為替の写真

月光為替(げっこうかわせ)

現役ヘッジファンドトレーダー。FXで毎月200~300pips、金額ベースでは1~2億円を安定的に稼ぎだした経歴を持つ。現在は日本株運用がメインで、引き続き個人資産でもFX取引を継続中。会社に内緒で、月光為替の名で活動、厳しい言葉のなかに相場の真実が見え隠れする個人投資家の味方。

公式サイト:FXブログ 月光為替の勝利のFX

twitter:https://twitter.com/gekkokawase

FX力を鍛える有名人コラム | 人工知能・AI | 月光為替の最新記事
悪い金利上昇ならドル上昇余地も限定的[雨夜恒一郎]
ディーラーによる今週のドル円「金利上昇で楽観ムード?とうとう111円タッチ!」[国府勇太]
【速報】FXトレードニュース|2018年5月14日〜5月20日[FX攻略.com]
移動平均線+RSI etc. トレンド系&オシレーター系の組み合わせ|外為オンライン 佐藤正和の+α実戦チャート術
ケッティーのFXテクニカル虎の巻|第8回 逆張り手法アラカルト
移動平均線を理解する その4|複数本分析[マックス岩本]
現役為替ディーラーが何でも答えます!「みんなのQ&A」第8回 新人ディーラーはどうやって一人前になるの?[井口喜雄]
為替相場が急騰、急落する理由[遠藤寿保]
元為替ブローカーから学ぶFXの売買プランの作り方|第6回 これまでのまとめ[浅野敏郎]
移動平均線を理解する その3|グランビルの法則[マックス岩本]
テクニカル分析の極意・実践編|第1回 チャートの中から優位性の高い場所を見つける方法[FXプランナー]
ドル高エンジン再開!?ドル円は次のステージへ行けるのか[井口喜雄]
200日移動平均線+一目均衡表+MACD|外為オンライン 佐藤正和の+α実戦チャート術
ローソク足と酒田罫線|外為オンライン 佐藤正和の+α実戦チャート術
平均足にトレンドがない週は当然負けまくる[木里ゆう]