スキャトレふうたのテクニカル道場

  • 詳細へ
    スキャトレふうたのテクニカル道場|第5回【エントリーを考える】②時間軸ごとの動き
    2021年1月16日
    スキャトレふうたのテクニカル道場|第5回【エントリーを考える】②時間軸ごとの動き
    複数の時間軸を見て相場全体を把握する  チャートの時間軸は主に月足、週足、日足、時間足、分足とさまざまな種類があります。「特定の時間軸しか見ない」という方も中にはいると思いますが、私は複数の時間軸を見ることがトレードをする上でとても重要だと思います。仕事で考えると、少しでも全体を把握した方が良い仕事につながる可能性が高くなりますよね? 相場も同じで、なるべく複数の時間軸を見ることで相場全体の状況をしっかりと把握することができます。今回は複数の時間軸を見ることの大切さについてお話ししたいと思います。  初心者が「複数の時間軸を見る」と聞いてもよく分からないと思いますが、専業トレーダーの私からすると初心者のときから多くの時間軸を見て相場と向き合う方が相場分析を早くできるようになり、トレード上達への近道になると思います。最初は相場全体を把握するために、週足、日足、4時間足、1時間足、15分足、5分足、1分足を見ながら勉強することを勧めます。「こんなに時間軸を見ても分からないよ」と感じると思いますが、最初は分からなくて当然です。しかし、見ていかなければ分かるようにもなりません。まずは1週間、1…
  • 詳細へ
    相場での分析テクニックを極めてトレードで勝つ!!スキャトレふうたのテクニカル道場|第4回 【エントリ―を考える】①リスクリワードについて
    2020年12月4日
    スキャトレふうたのテクニカル道場|第4回 【エントリ―を考える】①リスクリワードについて
    事前に損益の比率を考えることが重要!  チャートやインジケーターの検証ができるようになったら今度はエントリーと決済について考えましょう。まずは、「どこでエントリーしたらいいのか?」「どこで決済したらいいのか?」を考えなければなりません。中には「なぜエントリーや決済について考えなければいけないのか?」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、値ごろ感や自分の思い込みだけでエントリーや決済をしていて勝ち続けられるほど相場は甘くありません。  トレード初心者に多いのが、勝率100%を目指そうとしてしまうことです。全ての方がそうとは限りませんが、トレードで100%勝ち続けることはほぼ不可能だと思います。基本的には勝率60~70%を目指すイメージがいいかなと思います。  そこで、エントリーをする前には「リスクリワード」を考えるようにしましょう。リスクリワードとは「損益の比率」のことです。利益確定時の幅と損切り時の幅になります。簡単に説明すると、エントリーしたポイントからどれくらいの利益が見込めるのか、どれくらいの損失が出る可能性があるのかを考えます。いざエントリーしても利益が出しづらければ意味がな…
  • 詳細へ
    スキャトレふうたのテクニカル道場|第3回 FXトレードの上達が早くなる検証方法
    2020年11月9日
    スキャトレふうたのテクニカル道場|第3回 FXトレードの上達が早くなる検証方法
    大きく成長するにはチャートの検証が必要  FXを始めるにあたり、いきなり「チャートを見てください」といわれても、最初はピンとこないですよね! 初心者のころは、チャートを見ても何をしたらいいのかが分からないものです。もちろん、ただ漠然とチャートを見ているだけでは上達しないですし、トレーダーとして成長できません。トレーダーとして大きく成長するには、相場の検証作業が必要になります。  そこで今回は、トレードで大切な「チャートの検証方法」について私のやり方を簡単にお伝えしようと思います。 インジケーターは個別表示の方がすっきりして見やすい  私は最初、ボリンジャーバンドや移動平均線を1枚のチャートに表示していたのですが、線がごちゃごちゃになって分かりづらかったので、チャートにボリンジャーバンドだけを表示するようにしました(チャート①)。そして、別のチャートに移動平均線だけを表示するやり方でチャートを見ることにしたのです。  ボリンジャーバンドと移動平均線を別々に表示することによって見やすさが改善する上、インジケーターそれぞれの特徴もしっかりと把握できます。また、移動平均線の数値や通貨ペアごとの…
  • 詳細へ
    スキャトレふうたのテクニカル道場|第2回 テクニカルはトレードの強力な武器になる!?
    2020年10月9日
    スキャトレふうたのテクニカル道場|第2回 テクニカルはトレードの強力な武器になる!?
    テクニカル分析は職人の道具と同じ  皆さんこんにちは、スキャトレふうたです。今回はテクニカル分析がなぜ必要なのかをお伝えしたいと思います。  私はテクニカル分析について「職人の道具」みたいなイメージで考えています。職人は「便利な物」や「効率が上がる物」を利用して素晴らしい作品を作っています。トレードにおいてもそれは同じで、便利な物や効率が上がる物を利用してエントリーや決済をしていくことが大切です。  では、トレードにおける便利な物や効率が上がる物とは何なのか? 私の場合は「ボリンジャーバンド」や「移動平均線」「オシレーター系指標」などが便利な物で、効率が上がる物が「平均足」や「自作のカスタムインジケーター」などです。  初めてチャートを立ち上げると、ローソク足のみの表示だったりしますよね? それだけではどこでエントリーすれば良いのか分かりません(チャート①)。そこで、便利な物と効率が上がる物を利用してエントリーや決済をするわけです。これらを使いこなせるようになると、トレードがはかどります!  とはいえ、チャートにボリンジャーバンドや移動平均線を入れても最初は何が何だかさっぱり分かりませ…
  • 詳細へ
    スキャトレふうたのテクニカル道場|第1回 トレードをこれから始める方へ!
    2020年8月26日
    スキャトレふうたのテクニカル道場|第1回 トレードをこれから始める方へ!
    トレードは勉強が大切  皆さん、こんにちは。スキャトレふうたです。今号より、新しく連載を始めさせていただきます。よろしくお願いいたします。第1回ということで、まずは簡単に自己紹介をしたいと思います。  私は株の専業トレーダーとして投資を始めたのですが、あるときに大きな損失を出して株で生活するのは精神的に無理と判断し、相場から退場。その後、勤めていた会社の同僚から勧められたのをきっかけにFXをスタートしました。FXは月曜日の朝から土曜日の朝方まで市場が開いているので、サラリーマンでもトレードする時間は豊富にあります。  FXを始めてからは、仕事以外の時間を勉強時間に充てていました。ただ、基礎の勉強は株をトレードしていたときにかなりやっていたので、勉強といっても本を読んで復習する程度で、その他の時間はほとんどチャートを見ていました。  最初はデモトレードでエントリーと決済をひたすら練習しました。株の専業をやっていたこともあり、2か月で約300万円の利益が出せたので本格的にトレードを開始しました。その後も順調に利益を出していたのですが、調子に乗ってしまい連敗街道まっしぐらに。スランプに陥った…