佐藤正和

  • 詳細へ
    外為オンライン・佐藤正和の実戦取引術|3大通貨の未来を予測するテクノ&ファンダ分析【今月のテーマ|いよいよ米大統領選!基本トレンドの復習と年末年始に向けた戦略】
    2021年1月13日
    外為オンライン・佐藤正和の実戦取引術|3大通貨の未来を予測するテクノ&ファンダ分析【今月のテーマ|いよいよ米大統領選!基本トレンドの復習と年末年始に向けた戦略】
    11月3日に投票が行われる米国大統領選挙。為替相場にとっても重大な転換点になります。そこで、今回は米国大統領選前の各通貨ペアの基本トレンドを復習して、大統領選に備えましょう。現状の為替市場は「ドル安、ユーロ高、豪ドル高。ドル円に関してはゆるやかな円高」が基本トレンド。そのトレンドが大統領選で加速・転換するかどうかを注視しましょう。 ドル円は現状「ゆるやかな円高」トレンド。大統領選後の三つのシナリオを意識する  11月3日の米国大統領選は民主党バイデン候補が有利といわれる中、トランプ大統領の巻き返しも期待され、いよいよ結果が判明します。接戦状態では「トランプ氏が敗北を認めず、米国が内乱状態になる」といった非常事態も考えられます。その場合は新型コロナウイルスに続く第2の「ブラックスワン」となり、急激なドル安円高や株価の大暴落も考えられます。  為替をはじめ、金融市場に多大な影響を与える米国大統領選前は保有ポジションを減らし、1週間程度、値動きを観察したうえでトレンドの出た方向に順張りで乗るのが賢明でしょう。  トランプ大統領再選なら前回の当選に続き、ご祝儀相場的な短期のドル高、株高が続く可…
  • 詳細へ
    【佐藤正和氏特別インタビュー】波乱含みの2021年相場を勝ち抜く秘訣をまとめた新著が登場!答えは「正しいチャート理解と三種の神器のコンビネーション」
    2020年12月26日
    【佐藤正和氏特別インタビュー】波乱含みの2021年相場を勝ち抜く秘訣をまとめた新著が登場!答えは「正しいチャート理解と三種の神器のコンビネーション」
    単なる勘ではなく根拠を持って分析 編集部 佐藤正和さんの最新の著書、『これだけ!FXチャート分析 三種の神器』について、いろいろ伺いたいと思います。まず、この本のテーマの一つである、「チャートを正しく理解する」とは、どういった意味でしょうか? 佐藤正和(以下、佐藤) チャートを読めなければ、勘で取引するしかないわけですよね。でも、実際にセミナーでたくさんの投資家と話をしていると、勘でやってる方は儲かっていないんですよ。チャートを正しく理解した方が明らかに有利なんです。ファンダメンタルズ分析だけを意識している方もいますが、最近では「リスク回避の円買い」のような相場の定説が通じない場面もあり、これまでと潮流が変わりつつあると感じています。  そこで重要なのが「チャートを正しく理解すること」です。例えば、ローソク足だけを見ると「上がっている、下がっている」しか分からないですよね。そこに、テクニカル指標による分析を落とし込むことで、初めて理論づけて考えられるわけです。ただし、テクニカル指標は多ければ良いわけではありません。これについて詳しくは、テクニカル分析の「三種の神器」で解説しています。 …
  • 詳細へ
    外為オンライン・佐藤正和の実戦取引術|3大通貨の未来を予測するテクノ&ファンダ分析【今月のテーマ|過去の4年サイクルから1か月先に迫った米国大統領選を読む!】
    2020年11月29日
    外為オンライン・佐藤正和の実戦取引術|3大通貨の未来を予測するテクノ&ファンダ分析【今月のテーマ|過去の4年サイクルから1か月先に迫った米国大統領選を読む!】
    2020年11月3日に迫った第46代米国大統領選挙。2008年のリーマンショック、2012年のアベノミクス始動、2016年のトランプ相場など、選挙後には急激なトレンド転換や加速が起こりやすくなっています。今回は新型コロナウイルスのワクチン開発成功も視野に入り、バイデン氏当選なら米中の緊張緩和期待で「株高、円安、ドル安、ユーロ高」のバブルが起こる可能性もあります。 ボリンジャーバンドの収縮から見ても大統領選後は乱高下が濃厚なドル円  11月3日の米国大統領選まで1か月半を切り、トランプ大統領に振り回された為替相場は転機を迎えつつあります。振り返るまでもなく、2020年は新型コロナウイルス感染症の蔓延と、それにともなう記録的な経済の落ち込みに世界中が苦しんだ年として歴史の教科書に載るのは間違いないでしょう。  米国の2020年4-6月の国内総生産(GDP)は前期比・年率換算で「-32.9%」という、四半期ベースの公表を開始した1947年以降で最も急激な落ち込みになりました。米国GDPの7割を占める個人消費の落ち込みが34.6%(年率換算)も減少した影響が大きく、コロナによる相手国の景気悪化…
  • 詳細へ
    外為オンライン・佐藤正和の実戦取引術|3大通貨の未来を予測するテクノ&ファンダ分析【今月のテーマ|年末に向け上昇が多発、今年も!?秋の為替相場のアノマリー】
    2020年10月29日
    外為オンライン・佐藤正和の実戦取引術|3大通貨の未来を予測するテクノ&ファンダ分析【今月のテーマ|年末に向け上昇が多発、今年も!?秋の為替相場のアノマリー】
    新型コロナウイルスの感染拡大は終息するのか、米国大統領に就任するのは誰か、などイベント満載の秋相場がやってきました。例年、年末に向けた為替相場では、9月以降、上昇トレンドが加速する展開が多くなっています。ここ10年近い秋相場の展開を各通貨ペアの過去の値動きをもとに検証。今年のFX取引に役立てましょう。 常識外の「リスクオフの円安」は続くのか?ドル円の歴代秋相場は上昇トレンドが多い!   前回の連載では、106円台~110円台でレンジ相場の続くドル円を「上がったら売って、下がったら買う」逆張り戦略について解説しました。確かにドル円は非常に狭い値幅で上下動しているので、その戦略は有効です。しかし、コロナショック以降、従来のドル円の「常識」が大きく変わりつつあるのも事実です。  日本が世界一の対外債権国だということもあり、従来、ドル円は金融不安や政治危機などリスクが台頭すると売られ、世界経済が順風満帆なときは買われる傾向が非常に強く、「リスクオフ(危機回避)=円高、リスクオン=円安」という図式がかなりの確率で当てはまりました。  しかし、2~3月に為替市場を襲ったコロナショックでは当初、金融…
  • 詳細へ
    外為オンライン・佐藤正和の実戦取引術【今月のテーマ|歴史的な横ばい膠着相場。レンジ相場の逆張り戦略で攻める】
    2020年9月27日
    外為オンライン・佐藤正和の実戦取引術|3大通貨の未来を予測するテクノ&ファンダ分析【今月のテーマ|歴史的な横ばい膠着相場。レンジ相場の逆張り戦略で攻める】
    新型コロナウイルス蔓延で激変する世界を尻目に、為替相場はベタ凪状態が続いています。こういうときは、上がったら売り、下がったら買いのレンジ相場の逆張り戦略が有効といえます。きわめて狭い範囲で推移する各通貨ペアの上限・下限を見ていきましょう。急落中の新興国通貨の底値買いが有効かどうかも検証します。 ドル円は日足20日線から月足60か月線までが密集する異常な膠着相場で推移  2020年11月の米大統領選に向けてトランプ氏には「強い逆風」が吹き荒れています。6月初旬の世論調査では、激戦区のミシガン州でのバイデン氏の支持率は55%と、トランプ氏の39%を大きく上回り、他の激戦区でも同様の結果が出ているようです。 「因果応報」とでも言うのでしょうか。新型コロナウイルスに始まって、人種差別に対する抗議デモやボルトン前大統領補佐官の暴露本など、トランプ氏にとっては悪材料が続いています。  まだ先の話だと思っていた米大統領選までは4か月を切ってきました。当初、「楽勝」と見られていたトランプ氏の再選も、最近のマスコミの論調は「苦戦」という言葉に変わっています。ひょっとしたら「バイデン大統領誕生」もあるかも…
  • 詳細へ
    外為オンライン・佐藤正和の実戦取引術|3大通貨の未来を予測するテクノ&ファンダ分析【今月のテーマ|混迷のコロナ相場を読むのに最適!「ライン分析」で大局観を養う手法】
    2020年8月31日
    外為オンライン・佐藤正和の実戦取引術|3大通貨の未来を予測するテクノ&ファンダ分析【今月のテーマ|混迷のコロナ相場を読むのに最適!「ライン分析」で大局観を養う手法】
    ライン分析は高値同士を結んだレジスタンスライン、安値同士を結んだサポートライン、過去の安値や高値が集まるレートに水平線などを引く、かなり「アナログ」な分析法です。引き方も人それぞれになる可能性がありますが、自分なりに値動きの行方を囲い込むことで、未来を展望したり、相場観、大局観を持ったりできます。今回は、ライン分析でコロナ相場を展望する手法をご覧に入れましょう。 ライン分析で見るドル円トレンドレス相場の今後の想定レンジとは?   世界的に見ると感染者数、死者数ともにいまだ激増中の新型コロナウイルスですが、欧米や中国、そして日本でも経済活動再開の動きが広がっています。感染第二波のリスクもありますが、今後はコロナが世界経済にどれだけのインパクトをもたらし続けるのかに一喜一憂する展開になりそうです。  5月発表の4月米国雇用統計の失業率は14.7%、非農業部門雇用者数は2050万人の減少と、最悪の予想を若干、上回りました。しかし、ミネアポリス連銀のカシュカリ総裁は「残念ながら雇用面の最悪期はこれからだ」と述べ、「現在、職に就いていない人の割合は実際には23~24%前後だ」と発言。  一方、失…
  • 詳細へ
    外為オンライン・佐藤正和の実戦取引術【今月のテーマ|長期金利や中央銀行の金融政策が為替レートに与える影響】
    2020年7月31日
    外為オンライン・佐藤正和の実戦取引術|3大通貨の未来を予測するテクノ&ファンダ分析【今月のテーマ|長期金利や中央銀行の金融政策が為替レートに与える影響】
    今回は為替レートに多大な影響を与える「金利」について考えます。金利には長期と短期があり、10年国債の金利が長期金利の代表、中央銀行が決める政策金利が短期金利の指標になります。金利と為替レートには連動性があるので具体的なチャートで検証しましょう。各国中央銀行の今後の金融政策やテクニカル分析を基に、3大通貨&英ポンドの年末までの目標レートを探ります。 ※この記事は、FX攻略.com2017年12月号の記事を転載・再編集したものです。本文で書かれている相場情報は現在の相場とは異なりますのでご注意ください。 ドル円相場は長期金利の代表指標・米国10年国債と密接に連動している 2017年の年末に向けて、為替市場では、 ●米連邦準備制度理事会(FRB)が12月の米連邦公開市場委員会(FOMC)で政策金利を1.5%まで引き上げるか? ●欧州中央銀行(ECB)が量的金融緩和の段階的縮小(テーパリング)に踏み切るか? ●来年4月に任期満了が迫る黒田日銀総裁は世界的な金融引き締めトレンドに逆らって、今後も量的緩和策を続けるか? ●「今後、数か月以内に利上げが必要」という方針のイングランド銀行(BOE)は1…
  • 詳細へ
    外為オンライン・佐藤正和の実戦取引術|3大通貨の未来を予測するテクノ&ファンダ分析【今月のテーマ|「ボリンジャーバンド」で見るコロナショックの衝撃と為替変動率】
    2020年7月30日
    外為オンライン・佐藤正和の実戦取引術|3大通貨の未来を予測するテクノ&ファンダ分析【今月のテーマ|「ボリンジャーバンド」で見るコロナショックの衝撃と為替変動率】
    欧米の感染者・死者はピークアウトしそうになっているものの、新型コロナウイルスの蔓延がいまだ世界経済と金融市場を席巻しています。変動率マックスの相場分析に役立つ指標といえば「ボリンジャーバンド」。95%以上の確率でその中に値動きが収まるといわれる±2σバンドなどを使って、「驚き」といえるドル円横ばい相場など、コロナショック下の為替市場の現在を分析してみましょう。 ドル円の短期乱高下相場を制するのはボリンジャーバンドのバンドウォーク  新型コロナウイルスの世界的な感染拡大はとどまるところを知らず、感染者400万人、死者30万人越えは確実の情勢です。  米国が世界一の感染地になったことで、金融市場で注目されるようになったのが、米労働省が毎週木曜日に発表する「週間新規失業保険申請件数」です。申請した失業者の数は3月中旬から4週間で2200万人に達し、過去10年で創出した雇用がたった1か月で消失してしまうという凄まじい状況になっています。2月時点では3.5%と過去最低水準だった失業率が20%超に跳ね上がるという最悪のシナリオが現実になりそうです。  4月中旬に国際通貨基金(IMF)が発表した世界…
  • 詳細へ
    外為オンライン・佐藤正和の実戦取引術【今月のテーマ|ドル円と200日線の攻防、豪ドル円のトリプルボトム完成】
    2020年7月2日
    外為オンライン・佐藤正和の実戦取引術|3大通貨の未来を予測するテクノ&ファンダ分析【今月のテーマ|ドル円と200日線の攻防、豪ドル円のトリプルボトム完成】
    今回からはこれまで紹介した数々のテクニカル指標にファンダメンタルズ的な視点も交えながら、ドル円・ユーロ円・豪ドル円という3大人気通貨の未来を実際に占っていきたいと思います。原稿執筆から発売まで約1か月半のタイムラグがありますが、上昇・下落・横ばいのシナリオ別に「テクノ&ファンダ分析」で相場の未来を読み解く方法を紹介していきます。 ※この記事は、FX攻略.com2017年9月号の記事を転載・再編集したものです。本文で書かれている相場情報は現在の相場とは異なりますのでご注意ください。 200日移動平均線で見たドル円相場は米国長期金利との連動性に注目する 今月号からは「3大通貨の未来を予測するテクノ&ファンダ分析」と題し、テクニカル分析の視点にファンダメンタルズを加味した未来予想の方法をご紹介していきたいと思います。 取り上げるのは、ドル円・ユーロ円・豪ドル円の3大通貨。外為オンラインでも常に取引高の上位を占める人気通貨で、私もホームページ上で毎週、レンジ幅の予想を更新しています。そんな3大通貨ペアに発生したテクニカル指標のシグナルを基に、背景にあるファンダメンタルズの変化を読み解きながら、…
  • 詳細へ
    外為オンライン・佐藤正和の実戦取引術|3大通貨の未来を予測するテクノ&ファンダ分析【今月のテーマ|新型コロナのパニック相場を「一目均衡表」で俯瞰する方法】
    2020年6月30日
    外為オンライン・佐藤正和の実戦取引術|3大通貨の未来を予測するテクノ&ファンダ分析【今月のテーマ|新型コロナのパニック相場を「一目均衡表」で俯瞰する方法】
    新型コロナウイルスによるパニック相場で恐怖と不安のどん底に陥らないためには、大局観や俯瞰力が必要です。冷静沈着な相場展望を立てるうえで力強い味方になるのが「一目均衡表」。相場は価格だけでなく時間にも強く支配されることを視覚的に表現した斬新なテクニカル指標です。今回は一目均衡表を使って、コロナショックに揺れる為替市場を冷静な目で見つめ直しましょう。 乱高下するドル円相場と過去の節目。ドル円は鉄板下値100円を割り込むか!?  新型コロナウイルスの蔓延は「パンデミック(大流行)」となり、米国をはじめ世界中の金融市場をパニックに陥れています。本誌が発売される4月後半以降の状況を見通すのは不可能ですが、世界同時株安はすでに2008年のリーマン・ショックを越える動きといえます。  金融市場の中でも特に株式市場の下げがきつく、株式の損を利益が出ている金(ゴールド)や米国債の売却で埋めるという流れも発生。あらゆる金融商品が暴落し、なにがなんでも「キャッシュ(ドル現金)」を確保する動きが出ています。そのため3月第2~3週には異例のドル高円安が進んでいますが、ドル円月足チャートの雲の下限で止まっています…