FX力を鍛える有名人コラム

感謝祭ウィークはポジション巻き戻しのリスクに注意[雨夜恒一郎]

先週の「米ドル/円」相場は再び大きなうねりを見せた。

本邦第3四半期GDPが予想外のマイナス成長となり、安倍首相が消費増税の先送りと衆院解散を決めたことを受けて、一時118.98円と2007年8月以来の高値を示現した。

しかし、金曜日には、麻生財務相が「円安のテンポが速すぎる」と懸念を表明したことを受けて、117.36円まで急反落した。

安倍首相も常々いっているように、円安にはメリットとデメリットがある。日本経済全体にとってみれば、円安のほうがメリットは大きいと頭ではわかっていても、中小企業や消費者の立場から見れば、円安による輸入物価の上昇はデメリット以外の何ものでもない。

また、心理的な節目である120円を超えてしまうと、円安放置に対する批判が一段とエスカレートすることは確実だ。少なくとも12月14日の衆院選挙までは120円を一気に突破してしまわないよう、口先介入がたびたび行われる可能性が高い。

日銀がハロウィーン緩和に踏み切った10月31日以来、「米ドル/円」は10円近く上昇し、RSIが一時85に達するなど、テクニカルにも買われ過ぎ状態となっている。

一方で、ドル高の推進力である米国金利の上昇はこのところ足踏み状態だ。「米ドル/円」と足並みをそろえて上昇してきた日経平均がここにきて伸び悩んでいるのも気になる。

しかも、今週木曜日には米国感謝祭を控えており、それを過ぎると市場参加者は三々五々クリスマス休暇に入っていく。休暇シーズンを前に、投機筋が急激に積み上がった円売りポジションの手仕舞い・利益確定に動く可能性も小さくない。

中長期的に見れば、日米の金融政策の格差拡大を受けたドル高・円安の流れはまだ続いていく可能性が高いが、短期的にはそろそろ中規模の調整が入ってもおかしくない時間帯だ。

今週は利益確定を優先させ、新規のドル買いに関しては慎重スタンスで臨みたい。

ABOUT ME
FX攻略.com編集部
FX攻略.com編集部
日本で唯一の月刊FX情報誌『月刊FX攻略.com』を2008年から10年以上発行してきた編集部です。
トレイダーズ証券 みんなのFX
あなたに最適なFX会社・取引口座を見つけよう!!
【FX会社比較】10年以上FX専門誌を発行してきたFX攻略.com編集部が調査しました

「これからFXを始めよう」と思ったとき、意外と悩んでしまうのがFX会社、取引口座選びではないでしょうか? でも大丈夫。ご安心ください。先輩トレーダー達も最初は初心者。みんなが同じ悩みを通ってきているんです。

10年以上にわたってFX月刊誌を出版してきた老舗FXメディア「FX攻略.com」編集部が、FX用語を知らない人でもわかるようにFX会社、取引口座のポイントを解説しました!

取り上げているFX会社は、金融商品取引業の登録をしている国内FX業者です。口座開設は基本的に無料ですので、まずは気になったところで2〜3つ口座開設してみて、実際に比べてみてはいかがでしょうか

\FX会社によって違うところをチェック/

スプレッドFX取引における取引コスト。狭いほうが望ましい。
約定力狙った価格で注文が通りやすいかどうか。
スワップポイント高水準かどうか。高金利通貨の取り扱いの数。
取引単位少額取引ができるかどうか。運用資金が少ないなら要チェック。
取引ツール提供されるPC・スマホ取引ツールの使いやすさ。MT4ができるかどうか。オリジナルの分析ツールの有無。
シストレ・自動売買裁量取引とは別に自動売買のサービスがあるかどうか。
サポート体制サポート内容や対応可能時間の違いをチェック。
教育コンテンツ配信されるマーケット情報や投資家向けコンテンツの有無。
キャンペーン新規口座開設時や口座利用者向け各種キャンペーンの内容。

FX会社を比較・検討
したい方はこちら >>
FX会社を一社ごとに
見たい方はこちら >>

あわせて読みたい