FX力を鍛える有名人コラム

FOMC内部を推測!米利上げはあるのか!?[井口喜雄]

トレイダーズ証券の井口喜雄による【Dealer’sEYE】をお届けします。

FOMCメンバーによる発言に一喜一憂する展開が続いております。

アトランタ、サンフランシスコ、シカゴ、フィラデルフィア、セントルイスと複数の米地区連銀総裁から、金融政策に関するタカ派発言をきっかけに米ドル/円で113円台に定着したかと思えば、昨夜、イエレン議長は、米経済の回復を脅かす要素に対して警戒感を示し、タカ派的だった連銀総裁の見解に異を唱える形となりました。東京市場でもドル安地合いは継続して現在は112.50円付近で推移しています。

ここ数日のFOMCメンバーによる発言にはかなり違和感があります。今まで比較的ハト派寄りな発言を繰り返してきた各連銀総裁が一転タカ派的な発言へシフト変更しており、前回の発言は一体何だったのかと言いたくなるほどです。

このいきなりタカ派への方向転換には、イエレン議長が世界経済に慎重な見方を示し、金利見通しを引き下げるハト派発言の調整と考えています。FOMCメンバーがハト派一色になり、6月の米利上げが否定されるのを回避する意味合いがあったように思います。

また、セントルイス連銀総裁のブラートを除き、あからさまな方針転換でタカ派発言をした4連銀の総裁には今年の投票権はなく、過度な反応は禁物かもしれません。このように整理した結果やはり、FOMC内部ではハト派が大勢で、米利上げペースに関しては緩やかにしていきたいとのシナリオがあるのではないかと推測しており、引き続き米ドル/円は弱気バイアスをもって臨む方針です。

では、週末にかけて米ドル/円は売り地合いかといえば、そうとも言い切れません。

利上げに慎重姿勢を示したことは株価には好影響を与えるため、リスクオンの展開が下値を支える可能性があります。

また、週末にかけてADP、新規失業保険申請、雇用統計、ISMと米重要指標が控えるなか、直近の堅調な指標結果を鑑みると、今回も米経済の力強さを確認するのではとの思惑もあります。上昇余地の見極めをつけてから再び売り場を探すのが得策かもしれません。

テクニカル面では5日移動平均線と25日移動平均線がゴールデンクロスを形成するかに見えましたが失敗、引続きこのレンジ相場の出口は見えてきません。レンジ内で次のテーマを探る時間帯が続きます。

<長期展望>

米ドル/円は、中国を始めとした世界的な先行きの不透明感からリスクオフ地合いが簡単に払拭されるとは考え難く、円高に振れやすい地合いが続くと見ています。また、米利上げペースの鈍化、日銀金融緩和への限界などネガティブな材料は多く、長期的なターゲットとして100円付近までの下値を想定しています。

【ご注意】

※記載の内容は投資判断の参考となる情報の提供を唯一の目的としたもので、投資勧誘を目的としたものではございません。
※投資に関する最終判断は、お客様ご自身の判断でなさるようお願い致します。
※掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性、完全性を保証するものではございません。
※当サービスに基づいて被ったいかなる損害についても、トレイダーズ証券及び情報提供元、関連会社は一切の責任を負いかねます。
※いかなる目的を問わず本情報の複製、転送及び販売を固く禁じます。

 

ABOUT ME
FX攻略.com編集部
FX攻略.com編集部
日本で唯一の月刊FX情報誌『月刊FX攻略.com』を2008年から10年以上発行してきた編集部です。
トレイダーズ証券 みんなのFX
月額980円で一人前の投資家を目指す〜マネーアップ〜
マネーアップのお知らせ

「マネーアップ」とは、日本で唯一の月刊FX情報誌「FX攻略.com」による“FX学び放題”なサービス。投資系ECメディア「GogoJungle」で展開しています。

有名トレーダー達のトレード手法、トレードロジックなどの記事や動画コンテンツの数々、及び発売日前の月刊誌『FX攻略.com』のほぼすべての記事が先読みできるなど、様々なコンテンツが月額980円で読み放題、見放題に。

初心者から一人前のFX投資家になるために必要な知識を“最短”かつ“お得”に学べます。

マネーアップ収録FX・投資動画イメージ

まずは200以上あるFX・投資動画のラインナップをご確認ください!

初月0円キャンペーンについて >>収録コンテンツを今すぐ見る >>

あわせて読みたい