ユーロ圏財務相会合に向けて[松崎美子]

今週、金曜日にユーロ圏財務相会合が開催されます。今までにも何度もこの会合は開催されてきましたが、今回は今までとはまったく違った重みをもつ会合となりますので、ご注意ください。

ギリシャ支援延長を左右する4月30日

ギリシャへの金融支援は、本来であれば、昨年12月末で終了するはずでした。しかし、今年1月に前倒しでギリシャ総選挙が実施されることになったため、急遽2カ月延長し、今年2月末まで期日が延びたのです。その後、今年1月に実施された総選挙で急進左派連合(SYRIZA党)政権が誕生し、2月20日に開催されたユーロ圏財務相会合では、支援期限について協議が再開されました。

ギその会合で、ギリシャ新政権が年金改革などを含む構造改革案を提出し、EU/ECB/IMFからなるトロイカの監視を受け入れ、財政均衡に向けた努力をすることと交換条件に、2月末の期日を4カ月延長し、6月末までとすることが決定されています。

ただし、この「4カ月延長」には条件があり、4月30日までにギリシャ政府が提出した改革案内容について、ユーロ圏財務相会合で合意し、その合意した改革案を法案としてギリシャ議会で可決する必要があるのです。

4月末まであと10日を切った今も、ギリシャはのらりくらりと改革案の内容修正をしたりして、時間稼ぎをしているところです。もしかしたら、ギリシャはこうして時間ギリギリになり、EU側が譲歩してくるのを待つという作戦に出てきたのかもしれません。しかし、24日のユーロ圏財務相会合で合意出来なかった場合は、支援金が支払わませんので、ギリシャ財政は行き詰まり、債務不履行(デフォルト)となる恐れが高まってきたのです。

ギリシャ政府の決断

4月20日午後になり、ギリシャの大統領とツィプラス政権は、「地方政府が市中銀行に預け入れている手元資金を、中央銀行に移管させる政令」を出しました。先週からずっと明日にもギリシャ政府の手元資金が枯渇してしまうと噂されていましたが、とうとう本当になったようです。この措置により、地方政府からは合計で20億ユーロ規模の資金が中央銀行へ強制移管されると伝えらえています。しかし、ここまできてしまうと、市場が恐れているデフォルト(債務不履行)まで残された時間はありません。

デフォルトとGrexitは違う

ここで混乱してはいけない点は、「デフォルトすること=Grexit」ではないことです。デフォルトといっても、国際通貨基金(IMF)からの融資の返済ができない場合のデフォルトと、自国の公務員給与や年金支払いができないこととは、意味合いが大きく異なるからです。ですので、24日の会合で改革案内容に合意が取りつけられなければ、ギリシャ政府は、国内の支払いを優先するのか、IMFへの支払いを済ませるのか、選択しなければなりません。

国内を優先し、IMFへの返済を見送った場合は、4週間のグレイス・ピリオドという猶予期間が設定されています。ただし、デフォルトと認定されれば、欧州中銀(ECB)がギリシャの銀行に供給している緊急流動性支援(ELA)を打ち切ることになるでしょう。その理由は、返済能力があるという条件に基づいてELAは実施されているため、デフォルトしたギリシャ国債を大量に保有しているギリシャの銀行は返済能力がないと見なされると考えられるため、ELAは打ち切りとなり、銀行破たんが相次ぐ可能性が出てきます。

もし、IMFを優先し、国内の公務員給与や年金支払いをしなかった場合は、国民はいっせいに銀行口座から預金引き出しに走り、パニック状態に陥る危険性が考えられます。最悪の場合は、キプロスで実施されたように、預金引き出しの制限を含む資本規制が敷かれたり、国境閉鎖ということにもなりかねません。

ただし、どちらの場合もデフォルトにはなるかもしれませんが、それが即刻ギリシャのユーロ圏離脱(Grexit)に繋がることにはなりませn。もし、デフォルトが決定した場合、ツィプラス首相は、『EUが譲らない構造改革や緊縮財政策を受け入れてでも、ユーロ圏に残留したいか?』を問う国民投票を実施する可能性も残っています。

ここからのユーロ

24日のユーロ圏財務相会合までに、ギリシャ政府とEUサイドとの駆け引きがどうなるのかわかりませんが、期限が迫っているだけ、ユーロにネガティブなセンチメントが高まることを予想しています。今後、なにか突破口が見つからなければ、ユーロは先週抜けそうで抜けなかった1.05をもう一度試しにいく可能性も出てきます。ただし、20日の政府政令が出ても、ユーロは30ポイントしか下げていません。そして、欧州各国やアメリカの株価もお構いなしに上昇しています。

ユーロドル日足チャート

ないとは思いますが、もし、24日にユーロ圏財務相会合で、4月末の「合意期限」をさらに延長するような譲歩案を出した場合には、週末をはさんだ翌週月曜日には、窓明けでユーロが急騰していないとも限りません。

いずれにしても、今回のユーロの上のターゲットは、1.1050~1.1100においています。

松崎美子の写真

松崎美子(まつざき・よしこ)

スイス銀行東京支店でトレーダー人生をスタート。1988年渡英、1989年よりバークレイズ銀行ロンドン本店Dealing Roomに就職。1991年に出産。1997年に同じくロンドン・シティにある米メリルリンチ投資銀行に転職。その後2000年に退職。現在はFX取引に加え、日本の個人投資家向けにブログやセミナー、YouTubeを通じて欧州直送の情報を発信。著書に『松崎美子のロンドンFX』『ずっと稼げるロンドンFX』(共に自由国民社)。2018年より「ファンダメンタルズ・カレッジ」を運営。DMMで「FXの流儀」のオンラインサロンも始めた。

公式サイト:ロンドンFX

Twitter:https://twitter.com/LondonFX_N20

スクール:ファンダメンタルズ・カレッジ

オンラインサロン:FXの流儀 ~ファンダ・テクニカルを語ろう~

YouTube:FXの流儀

FX力を鍛える有名人コラム | 松崎美子の最新記事
眞壁憲治郎のFX長者列伝<第二章> 第6回
専業FXトレーダーの私が参考にしている情報源[岡ちゃんマン]
止まらないコロナバブル[井口喜雄]
川崎ドルえもん流 時間統計論|第4回 月足予測4月編[川崎ドルえもん]
金融リテラシーが身につく YEN蔵の投資大学(アカデミア)|第4回[YEN蔵]
“需給の鬼”こと井上哲男の相場の潮流〜プロの市場分析ノウハウと注目銘柄が分かる!|第2回
FXの選択型自動売買で考えること[中里エリカ]
株価上昇は本物か、それともコロナバブルか[雨夜恒一郎]
ユーちぇるのトレードフィットネスジム|第1回 損切りを置くから負ける
インヴァスト証券ディーラーのFXコラム ディーラーは見た!ディーラーの仕事内容を紹介[間瀬健介]
外為オンライン・佐藤正和の実戦取引術|3大通貨の未来を予測するテクノ&ファンダ分析【今月のテーマ|値動き反転をドンピシャ当てる「MACD」の取引精度を上げる方法】
淳一のスキャルピング教室|第9回 スキャルピングスタイルの構築と手法①[淳一FX]
商品相場から見る新型コロナウイルス[佐藤りゅうじ]
EA開発のスペシャリストが分かりやすく丁寧に解説!ゼロからはじめる自動売買講座|第11回 EAは長期目線で運用しよう[FX貴族]
これからの外国為替場の行方 第121回(FX攻略.com2020年5月号)[田嶋智太郎]