FX力を鍛える有名人コラム

それは突然やってくる[中里エリカ]

〜していたら、〜していれば

ポジションを持って損失を出したときにいいたくなるのが、「〜していたら」「〜していれば」という言葉だ。何回トライしてもテクニカルなポイントがうまく破れず油断していたら、そのポイントにあった大口のオーダーが一斉に引いて、誰かがそのポイントをつけにいき、そのためにストップロスがストップロスを呼んで相場がどんどん下落してしまう。あるいは何だか分からないけれど、相場が動いており、買っても売っても負けてしまう。悔しいのでここらへんだと思うポイントで思い切って倍返しにして、結果的に往復ビンタを食らってしまう。

また、インターバンク時代にこんな経験もあった。突発的な事件がロイター端末に出てきて、相場が異常に動き出したことがある。夏休みシーズンで休暇の人が多く、マーケットは静かだったのでポジションを持ったままディーラーたちはランチタイムに出かけた。そうしたら雨が降ってきたのでランチタイムを大幅にオーバーしてしまい、戻ったときにはもうマーケットが手の施しようがないほど動いていた。そしてプライスも出てくるたびに全然違うプライスが出てきて、何が正しいのか分からない。

そういうときのマーケットは、売値と買値の差が数円単位で開くことさえある。誰が正しいプライスを出しているか分からない。買値が出てきたと思ったら消え、売値が出てきたと思ったらとんでもなく高いということもインターバンクではあり得るし、当然売値しかなくて買値がないということもある。

どんなにマーケットが静かでも気を抜いてはいけない

スプレッドが固定だから、いつも狭いスプレッドだから、といったところで何の意味もない。そもそも、カバー先銀行でさえそのときのプライスが分からないほどマーケットが大きく動くケースもあり、約定しにくくなるのも至極当然のこと。いつ何が起きても大丈夫なように、特に席を外す際にはポジションに気をつける、普段からロスカットオーダーを入れておくなど、どんなにマーケットが静かでも絶対に気を抜いてはいけない。

相場が大きく動いているときには損失も大きく出やすい。無理しないで相場を客観的に見るようにして、必ずどこで決済するか、どこでロスカットするかを常に考えながら取引する必要がある。たとえどんなに負けても、「〜していたら」「〜していれば」などと言い訳している場合ではない。相場はいつも動いているのだから。

※この記事は、FX攻略.com2017年12月号の記事を転載・再編集したものです

ABOUT ME
FX攻略.com編集部
FX攻略.com編集部
日本で唯一の月刊FX情報誌『月刊FX攻略.com』を2008年から10年以上発行してきた編集部です。
トレイダーズ証券 みんなのFX
月額980円で一人前の投資家を目指す〜マネーアップ〜
マネーアップのお知らせ

「マネーアップ」とは、日本で唯一の月刊FX情報誌「FX攻略.com」による“FX学び放題”なサービス。投資系ECメディア「GogoJungle」で展開しています。

有名トレーダー達のトレード手法、トレードロジックなどの記事や動画コンテンツの数々、及び発売日前の月刊誌『FX攻略.com』のほぼすべての記事が先読みできるなど、様々なコンテンツが月額980円で読み放題、見放題に。

初心者から一人前のFX投資家になるために必要な知識を“最短”かつ“お得”に学べます。

マネーアップ収録FX・投資動画イメージ

まずは200以上あるFX・投資動画のラインナップをご確認ください!

初月0円キャンペーンについて >>収録コンテンツを今すぐ見る >>

あわせて読みたい