FX力を鍛える有名人コラム

ビットコイン円は500万円台へ ドルは失速[井口喜雄]

トレイダーズ証券の井口喜雄による【Dealer’sEYE】をお届けします。

ビットコイン円は一時500万円台へ ドルは失速

米テスラ社のビットコインへの投資という報道を背景にビットコイン円は一時500万円を超えて急騰しました。ビットコインは1日で約10%上昇という驚異的な値動きをみせているほか、アルトコインも軒並み10%以上急騰しており、仮想通貨全体が押し上げられています。

一方でドルは失速です。ワクチントレード(ワクチン接種が進む国が買われる)からドル円は上昇トレンドを形成していましたが、仮想通貨に資金が流れるなか、反対にドルが売られる展開となりました。また、溜まっていたドルショートのポジションが一巡したことや、105円割れでロスカットを誘発したことも下げ足を速め、104円のミドル迄売られています。

本日のイベント

本日の注目のイベントとしては米消費者物価指数(22:30)とパウエルFRB議長発言(28:00)が上げられます。米消費者物価指数はバイデン米大統領が掲げる1.9兆ドル規模の大型経済対策案が物価上昇圧力をかける可能性があるため、注目度が高まってきました。米消費者物価指数が予想を上回ってくると米金利上昇からFRBの対応にも変化が出てくると思われます。

また、早朝に予定されているパウエルFRB議長発言ではアフターコロナが意識されるなか、テーパリング(金融緩和縮小)について言及があるかどうかです。おそらくは前回のFOMCを踏襲する形で「テーパリングは時期尚早」との発言に終始すると考えられ、サプライズの可能性は低いと考えます。

ドルは一旦様子見、豪ドル、ポンドはもう一段高も

ワクチンが意識されるマーケットでドル円がこのままダウンサイドに沈み続けることはないように思いますが、昨日は105円を割り込み、大きめの陰線が出ているので一旦様子を見ます。一方、豪ドルは堅調地合いが維持されており、上値余地を無視できない状況です。豪ドル円には割高感もありますが、上昇を続けている株がリスクオンのモメンタムを作っており、大きく下落するシナリオは描きにくいです。

また、ポンドドルも強固なレジスタンスだった1.375ドルを上抜けており、テクニカル的には上値が軽そうに見えます。英国ではワクチン接種も進んでおり、これまでのところ欧州で最も成功している国であることもポンドにとっては追い風です。豪ドルと同様にポンドにも高値警戒感がありますが、押し目での買い意欲は強いと考えます。

【期間限定】井口の相場見通しレポートプレゼント!!

【期間限定】井口の相場見通しレポートプレゼント!!

2021年2月14日(日)までに「みんなのFX」口座開設をされた方限定で、為替ディーラー井口による「2021年為替相場見通しレポート」をプレゼント!

主要6通貨について、それぞれの注目ポイントと、相場動向予測を書き下ろしたものです。


レポートプレゼントに関する詳細はこちら★

【ご注意】
※記載の内容は投資判断の参考となる情報の提供を唯一の目的としたもので、投資勧誘を目的としたものではございません。
※投資に関する最終判断は、お客様ご自身の判断でなさるようお願い致します。
※掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性、完全性を保証するものではございません。
※当サービスに基づいて被ったいかなる損害についても、トレイダーズ証券及び情報提供元、関連会社は一切の責任を負いかねます。
※いかなる目的を問わず本情報の複製、転送及び販売を固く禁じます。

↓↓ 【FX攻略.com限定】新規口座開設(無料)&1lot取引で月刊FX攻略.com3か月分もらえる!! ↓↓

ABOUT ME
井口喜雄
井口喜雄
いぐち・よしお。トレイダーズ証券市場部ディーリング課。認定テクニカルアナリスト。1998年より金融機関に従事し、主に貴金属や石油製品のコモディティ市場を中心としたカバーディーリング業務に携わる。2009年からみんなのFXに在籍し、「米ドル/円」や欧州主要通貨を主戦場にディーリング業務を行う。ファンダメンタルズから見た為替分析に精通している他、テクニカルを利用した短期予測にも定評がある。最近では、みんなのFXの無料オンラインセミナーにも登場し分かりやすい講義内容が好評を得ている。さらにTwitterでは、プロディーラーが相場についてリアルな意見を発信しているので要チェック。 ・トレイダーズ証券の詳細はこちらトレイダーズ証券公式サイト
トレイダーズ証券 みんなのFX
あわせて読みたい