ファンダメンタルズ分析手法

  • 詳細へ
    2017年12月23日
    FXトレーダーのための「大人の経済」基礎講座|第6回 米国経済指標の攻略法〜ソフトデータで先を読む〜[雨夜恒一郎]
    ファンダメンタルズ(分析)を体系的に学ぶことができる当企画。今回はいよいよ実践編として、ソフトデータを駆使した米国経済指標の攻略法について教えていただきます。ファンダメンタルズ分析に必要不可欠な知識ですので、要点を外さずにしっかりと押さえておきましょう。 ※この記事は、FX攻略.com2017年11月号の記事を転載・再編集したものです 【関連記事】 FXトレーダーのための「大人の経済」基礎講座|第1回 ファンダメンタルズのきほん[雨夜恒一郎] FXトレーダーのための「大人の経済」基礎講座|第2回 金利のきほん~前編[雨夜恒一郎] FXトレーダーのための「大人の経済」基礎講座|第3回 金利のきほん~後編[雨夜恒一郎] FXトレーダーのための「大人の経済」基礎講座|第4回 金利動向から為替相場を読む[雨夜恒一郎] FXトレーダーのための「大人の経済」基礎講座|第5回 伝統的金融政策と非伝統的金融政策[雨夜恒一郎] まずは経済指標を正確に理解すること 今回は内容を掘り下げ、実践で役立つ米国経済指標の攻略法について述べていきたいと思います。少々小難しい理屈が出てきますが、辛抱して最後までお読み…
  • 詳細へ
    2017年12月15日
    FOMCの結果をふまえた年末年始の相場の見通し[山中康司]
    主要な金融イベントが終わったことでだいぶ年末年始に向けての見通しも立てやすくなってきました。FOMCの前に、上院補欠選で共和党敗北、弱めのコアCPIと続きFOMCでは前回と同じく2018年の利上げ見通しが3回であったことから、材料出尽くしも手伝ってドル安円高となりました。 FOMCメンバーの入れ替えで注意すべき点 来年は議長を含めFOMCメンバーの大幅な入れ替わりがありますが、まず注意すべき点はFOMCメンバーはブレないという点です。これまでもエコノミストの意見が変わるたびに市場参加者はタカ派寄り、ハト派寄りにブレてきました。今回も直前には来年は4回だとの思惑もあったことからドル安を加速した面があります。経済状況の変化が無い限りFOMCメンバーが3回と言っていることを無理に変える必要は無いのです。金融政策につてはこれ以上でもこれ以下でもありません。 政治面で次のテーマは? また税制改革法案に目途がついてきたことで、政治面で次のテーマとなるのは不均衡是正ではないかと考えています。トランプ大統領のアジア歴訪において日米首脳会談やその前の財界人との会合で具体的に対日赤字という言葉も出てきまし…
  • 詳細へ
    2017年11月17日
    FXトレーダーのための「大人の経済」基礎講座|第5回 伝統的金融政策と非伝統的金融政策[雨夜恒一郎]
    ファンダメンタルズ(分析)を体系的に学ぶことができる当企画。今回のテーマは、中央銀行の「伝統的金融政策と非伝統的金融政策」です。先進国の代表である日本のケースを中心に解説してもらいます。 ※この記事は、FX攻略.com2017年10月号の記事を転載・再編集したものです 【関連記事】 FXトレーダーのための「大人の経済」基礎講座|第1回 ファンダメンタルズのきほん[雨夜恒一郎] FXトレーダーのための「大人の経済」基礎講座|第2回 金利のきほん~前編[雨夜恒一郎] FXトレーダーのための「大人の経済」基礎講座|第3回 金利のきほん~後編[雨夜恒一郎] FXトレーダーのための「大人の経済」基礎講座|第4回 金利動向から為替相場を読む[雨夜恒一郎] 金融政策の歴史と背景を理解しよう 今回の大人の経済基礎講座は、中央銀行の「非伝統的金融政策」についてです。2017年後半の最大の注目ポイントは米国がいつどれだけ利上げするかという点ですが、それと同じかそれ以上に重要なのは、米国がいつどうやって非伝統的政策からの脱却を図るのかということです。 これを機会に、非伝統的金融政策とは何か、中央銀行はどのよ…
  • 詳細へ
    2017年11月12日
    月足トレードで生きてます|第4回 政策金利とドル円の関係[ゆったり為替]
    前回では、FXの長期トレードにおける経済指標との付き合い方を学びました。今回はそれをさらに掘り下げ、ゆったり為替さんが重視している日米政策金利とドル円の関係性について、データ分析の結果を基に考察してもらいます。 ニュース5分に、チャート5分。トレード時間は計10分。 「月足トレードで生きてます」第4回目、さっそくご覧ください! ※この記事は、FX攻略.com2017年8月号の記事を転載・再編集したものです 【関連記事】 月足トレードで生きてます|第1回 私が月足を選んだ理由[ゆったり為替] 月足トレードで生きてます|第2回 月足トレードを好む理由[ゆったり為替] 月足トレードで生きてます|第3回 経済指標との付き合い方[ゆったり為替] 日米政策金利とドル円の関係 前回、長期チャート分析には経済指標分析が比較的重要だとご案内しました。そこで、重要な経済指標を分析して、為替レートとの関係を調査してみましょう。 FXをする上で、最も重要な経済指標は何でしょうか。これは、トレードする人によって異なるでしょう。しかし、経済を語る上で重要な経済指標として、政策金利を挙げることに異論はないと思います…
  • 詳細へ
    2017年11月5日
    FXトレーダーのための「大人の経済」基礎講座|第4回 金利動向から為替相場を読む[雨夜恒一郎]
    ファンダメンタルズ(分析)を体系的に学ぶことができる当企画。前回までで「金利のきほん」について理解を深めることができたと思います。今回からはその応用編として、金利動向が為替相場に与える影響や、金利動向から為替相場を読む方法を解説していただきます。 ※この記事は、FX攻略.com2017年9月号の記事を転載・再編集したものです 【関連記事】 FXトレーダーのための「大人の経済」基礎講座|第1回 ファンダメンタルズのきほん[雨夜恒一郎] FXトレーダーのための「大人の経済」基礎講座|第2回 金利のきほん~前編[雨夜恒一郎] FXトレーダーのための「大人の経済」基礎講座|第3回 金利のきほん~後編[雨夜恒一郎] 投資家に好かれるのは金利が高い通貨 前回まで金利の基本について述べてきましたが、本稿ではいよいよ応用編、金利動向が為替相場に及ぼす影響や、金利動向から為替相場を読み解く方法について述べていきたいと思います。 金利とはその通貨から得られる収益ですから、金利が上昇しそうな通貨は買われやすく、金利が低下しそうな通貨は売られやすいといえます。連載2回目「金利のきほん~前編」では、金利はむやみ…
  • 詳細へ
    2017年11月3日
    FXトレーダーのための「大人の経済」基礎講座|第3回 金利のきほん~後編[雨夜恒一郎]
    ファンダメンタルズ(分析)を体系的に学ぶことができる当企画。前回に引き続き、今回も「金利のきほん」について、雨夜恒一郎さんに分かりやすく解説してもらいます。為替相場と密接な関係にある金利について、分かっているつもりになっているトレーダーも多いはず。ここでしっかりと学習し、確かな知識を身に付けておきましょう。 ※この記事は、FX攻略.com2017年8月号の記事を転載・再編集したものです 【関連記事】 FXトレーダーのための「大人の経済」基礎講座|第1回 ファンダメンタルズのきほん[雨夜恒一郎] FXトレーダーのための「大人の経済」基礎講座|第2回 金利のきほん~前編[雨夜恒一郎] 市場金利と政策金利 前回述べた金利とは、景気やインフレ率といった経済状況、信用リスク、需給要因などによって決まる金利でした。市場で決まる金利ということで、これを「市場金利」といいます。 これに対して、中央銀行が金融政策として決める金利のことを「政策金利」と呼びます。中央銀行は基本的に景気を抑制したいときに利上げ(金融引き締め)を行い、景気を刺激したいときに利下げ(金融緩和)を行います。「景気」を「物価上昇」(…
  • 詳細へ
    2017年11月2日
    FXプロフェッショナルトレーダー【億トレの流儀】収益1億円超!イベントトレードで着実に運用する男にインタビュー[プロップトレーダー 川田裕介]
    月刊FX攻略.com 2017年9月号〜11月号で、「イベントトレード」について執筆していただいた川田裕介さん。今回は装いを新たに、編集部が川田裕介さんをインタビューする形式をとり、プロップトレーダーとして活躍するその生態に迫りました。 【関連記事】 イベントトレード最前線|第1回 最も効率的に利益を出せるイベントトレード[川田裕介] イベントトレード最前線|第2回 どんなイベントやタイミングを狙うか?[川田裕介] イベントトレード最前線|第3回 イベントトレードで稼ぐ重要ポイント[川田裕介] ※この記事は、FX攻略.com2017年12月号の記事を転載・再編集したものです プロップトレーダーという職業 編集部 プロップトレーダーという職業について、日本では一般的ではありません。詳しく教えてもらえますか。 川田 英語の「Proprietary Trading」に由来する言葉で、顧客から資金を集めて運用するファンドや機関投資家などと違って、自己資金の運用だけを行う会社に属しているトレーダーのことを指します。オーナーの資金を運用して、出した利益に対して報酬をもらうんです。ファンドのように外…
  • 詳細へ
    2017年10月31日
    FXトレーダーのための「大人の経済」基礎講座|第2回 金利のきほん~前編[雨夜恒一郎]
    ファンダメンタルズ(分析)を体系的に学習できる当企画。前回は、ファンダメンタルズのきほんについて学びました。第2回となる今回のテーマは、「金利のきほん」です。為替相場と密接な関係にある金利について、分かっているつもりになっているトレーダーも多いのではないでしょうか。雨夜恒一郎さんに分かりやすく解説してもらいますので、ここでしっかりと知識を身につけておきましょう。 ※この記事は、FX攻略.com2017年7月号の記事を転載・再編集したものです 【関連記事】 FXトレーダーのための「大人の経済」基礎講座|第1回 ファンダメンタルズのきほん[雨夜恒一郎] そもそも金利とは? ファンダメンタルズ基礎講座第2回、今回のお題は「金利のきほん」です。今年(2017年)の為替市場の最大の関心事は、トランプ政権のもとで米国の金利はどう動くのか、ということに尽きるでしょう。金利と為替相場は切っても切れないほど密接なつながりがあり、為替相場を読むにはまず金利動向を読むことから始まるといっても過言はありません。  そこで本稿では、FXの初心者の方向けに「そもそも金利って何?」「金利はどうやって決まるの?」「金…
  • 詳細へ
    2017年10月31日
    週刊FXシナリオ|週明けは調整から(10/31 6:09)[阪谷直人]
    週明けは調整から(10/31 6:09) 週明け昨日は調整の日でした。 NYダウは、前日比85ドル超安の23348。 NASDAQ指数も、前日比2ポイント超安の6698。 米10年債利回りは、前日比0.05%低下の2.36%へ。 ドル円も、113.83から113.02へ下落。 ポイントは3つあります。 1.米法人税率に関するブルームバーグの報道 先ずは ブルームバーグが、米下院で法人税率を2022年までの5年間に段階的に毎年3%づつ引き下げ20%まで下げる案が検討されていると報じた事。まだ確定ではないものの、これが実現すると今まで織り込んで来た景気への効果が大分薄れてしまいます。 ただその後サンダース報道官は、トランプ大統領は米法人税率の段階的引き下げを検討していないと、その報道を否定したものの相場は戻りませんでした。 2.超長期債に関するブルームバーグの報道 2つめは、やはりブルームバーグが、ムニューシン財務長官が政府は超長期債に対する大きな需要はないとみていると発言したと報じた事。 3.FRB議長の後任人事 3つに、FRB議長の後任人事に関して、トランプ大統領が他の候補よりもハト派…
  • 詳細へ
    2017年10月29日
    FXトレーダーのための「大人の経済」基礎講座|第1回 ファンダメンタルズのきほん[雨夜恒一郎]
    今回よりファンダメンタルズ(分析)を体系的に学習できる、雨夜恒一郎さんの新連載がスタートします。ファンダメンタルズは、相場の大局的な方向性を読み取る上で欠かすことのできない分析方法だけに、テクニカル重視のFXトレーダーにとっても役立つこと必至。これまでファンダメンタルズを敬遠していた方や疎かにしていた方は、この連載を機に一から学んでおきましょう。 ※この記事は、FX攻略.com2017年6月号の記事を転載・再編集したものです ファンダメンタルズ(分析)とは何か? これまでもファンダメンタルズ分析の意義や重要性についてたびたび述べてきましたが、このたび機会を得て、ファンダメンタルズの初歩を体系的に学ぶという連載をさせていただくこととなりました。ファンダメンタルズの話はチンプンカンプンの方、ファンダメンタルズを勉強したいがどこから始めたら良いか分からない方は少なくないと思います。 そこで、第1回の本稿では概論ということで、ファンダメンタルズ(分析)とは何か、なぜ重要なのか、そしてどういう経路を通じて為替相場に影響を与えるのか、について分かりやすく述べていきたいと思います。  ファンダメンタ…
1 2 3 4 10