テクニカル分析手法

  • 詳細へ
    2018年6月20日
    エリア手法の極意・実践編|第7回 エントリーの前後にすべきこと[FXプランナー]
    前号までで、エリア手法の定義や考え方、使い方を理解することができたと思います。後はリスクを限定したトレードを繰り返すことになりますが、エントリーするにあたり押さえておかなければならないポイントがあるようです。今回はFXプランナーさんから、エリア手法を成功に導く秘訣を伝授してもらいます。 ※この記事は、FX攻略.com2018年2月号の記事を転載・再編集したものです 【エリア手法の極意・実践編[FXプランナー]】 ・第1回 チャートの中から優位性の高い場所を見つける方法 ・第2回 ローソク足からチャートを徹底的に分析する ・第3回 ローソク足からチャートを徹底的に分析する〜エリア手法解説〜 ・第4回 許容範囲の考え方と決め方 ・第5回 設定した許容範囲をエリア手法で使う方法 ・第6回 エリアの値幅を許容範囲まで絞り込む考え方 【テクニカル分析の極意[FXプランナー]】 ・第1回 買い手と売り手の心理をつかめ! ・第2回 大きな流れで目線をつかめ! ・第3回 独自のエントリー基準を定めよ ・第4回 分からないと判断できる力を持つ ・第5回 目標到達した後にするべきこと エントリーするために…
  • 詳細へ
    2018年6月19日
    元為替ブローカーから学ぶFXの売買プランの作り方|第11回 三波動の考え方を取り入れたドル円相場分析④[浅野敏郎]
    浅野敏郎さんが、自身の経験と知識に裏打ちされた売買手法や相場観構築のノウハウを余すところなく教えてくれる本企画。今回も引き続き、直近と今後のドル円相場を読み解いてもらい、その上で最適な売買プランを提示していただきます。 ※この記事は、FX攻略.com2018年3月号の記事を転載・再編集したものです 【元為替ブローカーから学ぶFXの売買プランの作り方[浅野敏郎]】 ・第1回 イントロダクション ・第2回 潜在的な相場の方向 ・第3回 トレンド相場でフォローすべきタイミング ・第4回 チャートの未来空間を活かそう! ・第5回 値幅の半値ラインに着目したチャート分析法 ・第6回 これまでのまとめ ・第7回 直近のドル円相場展望 ・第8回 三波動の考え方を取り入れたドル円相場分析① ・第9回 三波動の考え方を取り入れたドル円相場分析② ・第10回 三波動の考え方を取り入れたドル円相場分析③ 当面は高値①を越えるかに注目 昨年17年の年末号では、9月以降の上昇K−①は、J以降最大かつ最長の上昇だったことを重視して、目先の相場観を上昇と定め、111円台を押し目買いゾーンとしました。11月最終週で、…
  • 詳細へ
    2018年6月17日
    フォーメーション分析を理解する その2|リバーサルフォーメーションとは[マックス岩本]
    前号では、数あるフォーメーション分析の中でも、比較的に発生頻度の高いトライアングルフォーメーションについて学びました。それに続き、今回はトレンド反転型のリバーサルフォーメーション、および市場参加者の心理を読み解く極意をまとめてもらいます。 ※この記事は、FX攻略.com2017年6月号の記事を転載・再編集したものです 【フォーメーション分析を理解する[マックス岩本]】 ・その1|トライアングルフォーメーション(三角保ち合い)とは 【関連記事】 ・トレンドラインを理解する その1|トレンドラインとは?[マックス岩本] ・移動平均線を理解する その1|パラメーターの種類について[マックス岩本] ・【スローストキャスティクス】押し目買い/戻り売りの簡単デイトレード手法[マックス岩本] ヘッドアンドショルダーズトップ 相場の継続的なトレンド(上昇or下落)を形成後の値動きには、大きく二つのパターンがあります。一つは、そのトレンドが反転するケース、もう一つはそのままトレンドが継続するケースです。前者は、天井や大底局面などのトレンドの終盤に現れるのに対して、後者はトレンド中盤の保ち合い局面に現れま…
  • 詳細へ
    2018年6月16日
    ケルトナーチャネル&RSI、平均足、MACD、DMI|外為オンライン 佐藤正和の+α実戦FXチャート術
    トレンドの加速であれ、トレンド転換であれ、これまでの値幅を超える大きな値動きが生まれた瞬間こそ、FX一番の稼ぎ時です。移動平均線を中央に、一定期間の平均的な最大値幅を上下に示した「ケルトナーチャネル」は、そんな強い値動きを察知するのに最適なトレンド系指標です。ボリンジャーバンド以上に分かりやすく、使いやすい点が魅力といえます。 ※この記事は、FX攻略.com2016年9月号の記事を転載・再編集したものです 【外為オンライン 佐藤正和の+α実戦FXチャート術】 ・平均足、各種移動平均線 ・ローソク足と酒田罫線 ・200日移動平均線+一目均衡表+MACD ・移動平均線+RSI etc. トレンド系&オシレーター系の組み合わせ ・平均足+移動平均線、ボリンジャーバンド、RSI ・ピボット+移動平均線、RSI、平均足、MACD ・ボリンジャーバンド+MACD、RCI、平均足、RSI ・フィボナッチ・リトレースメント&エクスパンション チャネルからの“はみ出し”で強い値動き=トレンド加速や転換を察知できる 今回は、それほど知名度は高くないですが、順張りトレンドフォローに適したテクニカル指標として…
  • 詳細へ
    2018年6月15日
    GogoJungleプレゼンツ!今週のMT4インジケーター・電子書籍人気商品ランキング[2018/6/15情報]
    「投資家の英知をすべての人に。」というスローガンのもと、FXシステムトレード、インジケーター、電子書籍などの商品販売や、著名トレーダー・アナリストと投資家が交流を深める投資サロンなどを行なっている投資情報総合サイト、GogoJungle。 この記事では、そんなGogoJungleの中で販売されているMT4インジケーター・電子書籍の「人気商品ランキング(※)」をお届けします。数多も販売されている商品の中で今週最も売上の高かった商品とは? 早速見てみましょう! もしこれからMT4を学ぼうと思っている方は下の関連記事がおすすめ。MT4をゼロから学べますよ。 【関連記事】 ・PDFマニュアル応募者全員プレゼント!MT4初心者を対象にしたMT4デビューキャンペーン ・MT4総力特集|知識ゼロから始めるメタトレーダー4(Meta Trader4)の使い方入門 ・MT4でチャート分析ができる主な国内FX会社8選 ・GogoJungleプレゼンツ!FXシステムトレード(EA)人気商品ランキング ※ MT4インジケーターランキングは、FXカテゴリーの中から抽出しています 【1位】Trend Beam ト…
  • 詳細へ
    2018年6月14日
    エリア手法の極意・実践編|第6回 エリアの値幅を許容範囲まで絞り込む考え方[FXプランナー]
    前号では、エリアの値幅が許容範囲よりも大きい場合に引きつけてエントリーしていく方法を学びました。今回はそれとは異なる考え方で、より簡単なエントリーを可能とする「エリアを自分の許容範囲まで絞り込む方法」についてレクチャーしてもらいます。 ※この記事は、FX攻略.com2018年1月号の記事を転載・再編集したものです 【エリア手法の極意・実践編[FXプランナー]】 ・第1回 チャートの中から優位性の高い場所を見つける方法 ・第2回 ローソク足からチャートを徹底的に分析する ・第3回 ローソク足からチャートを徹底的に分析する〜エリア手法解説〜 ・第4回 許容範囲の考え方と決め方 ・第5回 設定した許容範囲をエリア手法で使う方法 【テクニカル分析の極意[FXプランナー]】 ・第1回 買い手と売り手の心理をつかめ! ・第2回 大きな流れで目線をつかめ! ・第3回 独自のエントリー基準を定めよ ・第4回 分からないと判断できる力を持つ ・第5回 目標到達した後にするべきこと 長期足から短期足に絞り込んでいく 前号で、許容範囲よりもエリアの値幅が大きい場合はロスカットラインを基準として「許容範囲まで…
  • 詳細へ
    2018年6月13日
    元為替ブローカーから学ぶFXの売買プランの作り方|第10回 三波動の考え方を取り入れたドル円相場分析③[浅野敏郎]
    浅野敏郎さんが、自身の経験と知識に裏打ちされた売買手法や相場観構築のノウハウを余すところなく教えてくれる本企画。今回も引き続き、直近と今後のドル円相場を読み解いてもらい、その上で最適な売買プランを提示していただきます。 ※この記事は、FX攻略.com2018年2月号の記事を転載・再編集したものです 【元為替ブローカーから学ぶFXの売買プランの作り方[浅野敏郎]】 ・第1回 イントロダクション ・第2回 潜在的な相場の方向 ・第3回 トレンド相場でフォローすべきタイミング ・第4回 チャートの未来空間を活かそう! ・第5回 値幅の半値ラインに着目したチャート分析法 ・第6回 これまでのまとめ ・第7回 直近のドル円相場展望 ・第8回 三波動の考え方を取り入れたドル円相場分析① ・第9回 三波動の考え方を取り入れたドル円相場分析② 高値⑥を更新したのでトレンドラインを修正 前回記事「元為替ブローカーから学ぶFXの売買プランの作り方|第9回 三波動の考え方を取り入れたドル円相場分析②[浅野敏郎]」より 先月号の段階で、ドル円相場の焦点は「⑥の高値を越えるかどうか?」ということでした。結果的に…
  • 詳細へ
    2018年6月12日
    フォーメーション分析を理解する その1|トライアングルフォーメーション(三角保ち合い)とは[マックス岩本]
    初歩的な分析手法であるトレンドラインを理解したところで、次に学んでもらいたいのがチャートのパターン(形)から売買のタイミングを読み取るフォーメーション分析です。そんなフォーメーション分析の基礎から実践的な活用法までを、今号から数回にわたりマックス岩本さんにレクチャーしてもらいます。 ※この記事は、FX攻略.com2017年5月号の記事を転載・再編集したものです 【関連記事】 ・トレンドラインを理解する その1|トレンドラインとは?[マックス岩本] ・移動平均線を理解する その1|パラメーターの種類について[マックス岩本] ・【スローストキャスティクス】押し目買い/戻り売りの簡単デイトレード手法[マックス岩本] 市場参加者の心理が読み取れるチャートパターン 前号まで3回にわたりトレンドライン分析を取り上げてきましたが、今号からはフォーメーション分析を取り上げ、基礎から応用、実践的な活用方法を解説していきたいと思います。 では初めに、フォーメーション分析と聞いてどんなチャートパターンをイメージしますでしょうか。三角保ち合いや三尊天井、ダブルトップ(ボトム)はあまりにも有名ですが、それ以外に…
  • 詳細へ
    2018年6月11日
    フィボナッチ・リトレースメント&エクスパンション|外為オンライン 佐藤正和の+α実戦FXチャート術
    「一寸先は闇」のFX取引では、今後の目標レートが少しでも分かると安心して取引できます。相場展望や売買戦略を立てる上でも、値動きの節目となりそうなレートが分かれば大助かり。今回はそんな未来予想に使える「フィボナッチ・リトレースメント」を取り上げます。“神のみぞ知る”値動きを、あたかも“神”のように、ある程度まで俯瞰できるので、長期投資から短期売買まで幅広く活用できます。 ※この記事は、FX攻略.com2016年8月号の記事を転載・再編集したものです 【外為オンライン 佐藤正和の+α実戦FXチャート術】 ・平均足、各種移動平均線 ・ローソク足と酒田罫線 ・200日移動平均線+一目均衡表+MACD ・移動平均線+RSI etc. トレンド系&オシレーター系の組み合わせ ・平均足+移動平均線、ボリンジャーバンド、RSI ・ピボット+移動平均線、RSI、平均足、MACD ・ボリンジャーバンド+MACD、RCI、平均足、RSI 黄金比率で2点間の値動きの戻りを予想。相場展望や売買戦略の立案に使える 「為替レートが今後どこまで上がるか、下がるか」、ある程度まで分かれば、FX投資を有利に進めることがで…
  • 詳細へ
    2018年6月10日
    トレンドラインを理解する その3|トレンドラインとチャネルラインの実践的活用方法[マックス岩本]
    マックス岩本さんに「トレンドライン」の基本から応用までを体系的にまとめてもらう当企画。今回はトレンドライン分析の総集編として、トレンドラインとチャネルラインのより実践的な活用方法を教えていただきましょう。 ※この記事は、FX攻略.com2017年4月号の記事を転載・再編集したものです 【トレンドラインを理解する[マックス岩本]】 ・その1|トレンドラインとは? ・その2|エントリーや決済の判断方法 【関連記事】 ・移動平均線を理解する その1|パラメーターの種類について[マックス岩本] ・【スローストキャスティクス】押し目買い/戻り売りの簡単デイトレード手法[マックス岩本] トレンド転換局面とエントリーポイント 前回は、トレンドライン分析を使ったエントリータイミングの見極め方と、トレンドの継続性を図る上で欠かすことのできないチャネルラインの活用方法についてお伝えしました。 トレンドライン分析を取り上げて3回目となる今回は総集編として、具体的なチャート事例を対象に、より実践的な活用方法について解説していきたいと思います。 それでは、はじめにおさらいです。図1(「米ドル/円」15分足)をご…
1 2 3 4 17