FX力を鍛える有名人コラム

  • 詳細へ
    2018年10月15日
    ディーラーによる今週のドル円「急落!世界同時株安!ドル円は一時111円台へ突入!」[国府勇太]
    こんにちは。国府勇太です。 さっそく先週のドル円の動きを振り返っていきましょう。 見るのは日足です。 先週の一言「急落!ドル円は112円割れ!」 先週を一言で表すと「急落!ドル円は112円割れ!」です。 10月8日(月)に113.734円でスタートしたドル円。 週明けからしっかりとした陰線で一時112円台をつけました。 その後も3営業日連続で下落。 特に10日のNY時間から大きく下落し、その後11日にはとうとう112円を割りました。 その後、112円ラインをしっかり割るのかの攻防が繰り広げられ112.185円で週末クローズ。 大きく下げた一週間でした。 要因は世界同時株安による影響です。 10日(水)のNY時間に米国株がいきなり急落、その後日本株を含む世界同時株安に発展し、リスクオフ(回避)の動きが広がりました。 ※初心者向け解説/一般的には、「リスクオフ(回避)→ドル円下落(円高)」の流れです。 週明けにも警戒が必要です。 ↓↓ 公式サイトで今すぐYJFX!の魅力と口座開設方法【無料】をチェック ↓↓ ドル円、今週の見通し この急落で長期的な見通しはどうなったのでしょうか? SMA(…
  • 詳細へ
    2018年10月15日
    金利上昇下での株安は成長痛!押し目買いスタンス継続[雨夜恒一郎]
    FX攻略.com ズバリ!今週の為替相場動向 2018年10月15日号 先週のドル円相場 先週のドル円相場は、株安を受けたリスク回避型の円買いが支配的となり、113円台後半から111.83円まで下落した。NYダウは水曜日に831ドル安、木曜日に545ドル安となり、週の下げ幅も1100ドルを超えた。イタリアの財政懸念という新規材料もあったが、投資家心理を冷え込ませたのは何といっても急激な米国債利回りの上昇だった。前回の当コラムでは、「米国金利上昇と株高は共存できる」として、ドル強気スタンス継続を唱えたが、残念ながらそう甘くはなかった。 為替市場は円の独歩高となるか? 先週の株価急落を受けて、市場では早くも強気相場終焉との見方も浮上してきた。果たして株式市場は弱気局面に突入し、為替市場では円の独歩高となっていくのであろうか。 筆者はそうは思わない。米国景気は絶好調で、インフレリスクもなく、経済は非常にバランスのとれた状態にある。FRBの利上げペースは今後もごく緩やかとなる公算が大きく、その着地点は中立金利とされる3%前後とみられている。米国10年債利回りは、先週の株安を受けて上昇一服となり…
  • 詳細へ
    2018年10月11日
    SGFX〜2丁目系トレーダーもってぃーのスーパーがっちりFX初心者講座|第3回 負けないための思考を身につける
    【SGFX〜2丁目系トレーダーもってぃーのスーパーがっちりFX初心者講座】 ・第1回 上達への近道は!? ・第2回 テクニカルでまず覚えること FXは24時間チャンスがある!? FXは月曜~金曜の5日間で24時間相場が動いているから、「たくさんチャンスがあるんじゃないか」と特に初心者の方は思うかもしれないけど、もしそうだとしたら危険よ!! 資金を入れてやる気になっていると、常に稼げるチャンスだと思い込んでしまう傾向にあるんじゃないかしら。 私の場合、FXを始めたての1~2年くらいは1日中「稼ぐぞー!」って考えていて、ずっとチャートを見ている日も多かったし、ちょっと大きく動くだけで「ここだ!」ってエントリーしまくってる日が大半だったわ。当時は特に手法を覚えているわけでもなく、ただボリンジャーバンドと移動平均線とMACDを適当に表示しといて、スキャルピングするのにハマってたの。で、勝ててたかって? 全く勝てなかったわよ(笑) ただ単に、センスがないのかな~とか思う日もあったわ。でもね、そもそもやってること、考えてることが大きな間違いだったの。まず、伝えておきたいのは、「FXは24時間チャン…
  • 詳細へ
    2018年10月10日
    米ファンダメンタルは盤石!ドル円は底堅い展開を予想[井口喜雄]
    トレイダーズ証券の井口喜雄による【Dealer’sEYE】をお届けします。 ドル円は米中貿易摩に収束が見られないほか、昨夜トランプ大統領が「FRBがやっていることは好きではない」と発言したことからリスクオフの展開となり、112.87円まで下落しました。また、11月6日に米議会の中間選挙を控えてトランプ節が加速する可能性もあります。さらにはイタリアの来年度予算案の行方、英国のブレグジット交渉など波乱材料は多く、週末に向けてニュースヘッドラインには警戒が必要になります。 米ファンダメンタルは盤石!ドル円は底堅い展開を予想 11月6日に米議会の中間選挙を控えており、下院では民主党優勢の報道が多くなってきました。こうなるとトランプ大統領が選挙に向けて保護主義的な発言を加速する可能性は否定できず、その都度リスクオフにさらされるかもしれません。また、来週にも米財務省が議会に提出する為替政策報告書で中国が為替操作国と認定される可能性もあり、米中貿易戦争のほか、米中通貨安戦争も勃発すればこちらもドル円にとってネガティブな材料となります。 とはいえ、安全通貨のドルと円は同じ方向に動くため、方向感は出にく…
  • 詳細へ
    2018年10月8日
    ディーラーによる今週のドル円「とうとう114円!勢いは続くのか?」[国府勇太]
    こんにちは。国府勇太です。 さっそく先週のドル円の動きを振り返っていきましょう。 見るのは日足です。 先週の一言「とうとう114円超える!が、週後半でも元通り」 先週を一言で表すと「とうとう114円超える!が、週後半でも元通り」です。 10月1日(月)に113.707円でスタートしたドル円。 先々週高値圏でクローズしたところから週明けは更に上昇。 さっそく114円をタッチしました。 その後2日(火)には小反落。 しかし、翌3日(水)のNY時間にはしっかり上昇し、一時114.50円を超えました。 この上昇の要因は、パウエルFRB議長の発言です。 講演でパウエル氏は「米経済は極めてポジティブ」「まだ中立的な金利水準には遠い」と発言し、それによりドル買いが活発化しました。 その後、4日(木)には、114円ちょうど近辺まで大きく反落。 続く5日(金)にも続落し結局114円割れの113.715円で週末クローズしました。 ちなみに、5日(金)には月に一度のビックイベント雇用統計がありました。 結果は以下です。 NFP 結果:13.4万人(予想:18.5万人) 失業率 結果:3.7%(予想:3.8%…
  • 詳細へ
    2018年10月8日
    米国金利上昇と株高は共存できるか?[雨夜恒一郎]
    FX攻略.com ズバリ!今週の為替相場動向 2018年10月8日号 先週のドル円相場 先週のドル円相場は、一時114.55円と昨年11月以来の高値を更新。米ISM非製造業景況指数やADP雇用報告といった経済指標が市場予想を上回ったことや、パウエルFRB議長が「中立金利水準を超えて利上げを進める可能性がある」との考えを示したことから、米国債利回りが急上昇し、ドル円も114円台へ押し上げられた。しかし週後半は、急激な金利上昇を嫌気して米国株式市場が下落に転じると、ドル円も113円半ばまで押し戻された。 発表された各指標を整理 先週金曜日に発表された米国9月の雇用統計では、失業率が3.7%と48年ぶりの水準へ低下。非農業部門雇用者数はハリケーンの影響で+13.4万人と予想(+18万人)を下回ったものの、過去2か月分が合計8.7万人上方修正された。一方、平均時給の伸び率は前年比+2.8%と前回の+2.9%から小幅減速した。完全雇用と緩やかな賃金上昇が共存する、非常に都合の良い状況が続いていることを裏付ける結果であり、FRBが現在進めている緩やかな利上げスタンスと整合的だ。今年12月と来年3月…
  • 詳細へ
    2018年10月3日
    ギリシャショックの再来?イタリア財政不安の影響は[井口喜雄]
    トレイダーズ証券の井口喜雄による【Dealer’sEYE】をお届けします。 イタリア財政不安のほか、米中貿易問題などリスク要因が混在するマーケットもドル円はわりと底堅い展開が続いています。要因としては、NYダウが史上最高値を更新したほか、テクニカル面でもドル円は年初来高値の113.39円をブレイクして上値が軽くなったことがあげられます。週末には米雇用統計を控え好調な米ファンダメンタルを裏付ける形となるか注目です。一方でユーロはイタリア財政不安がどこまで拡大していくか展望していきたいと思います。 米雇用統計で米経済の好調を再確認か 週末金曜日には米雇用統計が予定されており、現時点でのコンセンサスはこのようになっています。 失業率:3.8% 雇用者数変化:18.5万人 平均時給前月比:0.3% 平均時給前年比:2.8% 失業率以外は前月(前年)より伸び率が低下する予測ではありますが、よほどネガティブな数字が出ない限りはFRBによる利上げ継続方針が変わることはありません。パウエル議長が昨夜の講演で米景気について「見通しは非常に良好」と述べたように米国の高金利、好調な経済を素直に好感するマーケ…
  • 詳細へ
    2018年10月2日
    TradingView(トレーディングビュー)を始めよう|第1回 3つのココがすごい![佐々木徹]
    チャート分析に、トレーディングビュー(TradingView)を使用するプロトレーダーが増加しています。急成長を遂げる同サービスには、どんな魅力があるのでしょうか? ここでは国内の第一人者とも呼べる佐々木徹さんに、基本的な情報をまとめてもらいます。 ※この記事は、FX攻略.com2016年8月号の記事を転載・再編集したものです 【関連記事】 ・TradingView TIPS|第1回 トレーディングビューとはそもそもどんなツールなの?[佐々木徹] トレーダーの要望を叶える無料チャート 「インストールの手間が要らず、最新インジケーターが一発で使え、外出先ではスマホで設定を引き継ぐことができる無料チャートはありますか?」 2014年の夏も終わりかけたころに、受講生から受け取った質問です。当時(今でも?)の主流はMT4で、ビルドが変わるたびに使っていたインジケーターが表示されなくなるバグが頻発するなど、不満を持っていたユーザーも多かったころ。 時を同じくして突如現れた「トレーディングビュー」は、英語圏を中心に口コミでユーザー数が増えてきたころで、誰でもブラウザさえあれば使える便利さを、ブログ…
  • 詳細へ
    2018年10月1日
    ディーラーによる今週のドル円「いよいよ113円到達!まだまだ伸びるのか?」[国府勇太]
    こんにちは。国府勇太です。 さっそく先週のドル円の動きを振り返っていきましょう。 見るのは日足です。 先週の一言「グングン上昇!大台113円超えへ!」 先週を一言で表すと「グングン上昇!大台113円超えへ!」です。 24日(月)に112.507円でスタートしたドル円。 先々週の上昇の勢いを引き継ぎ、今週も堅調でした。 25日(火)には113円目前まで上昇。 その後、26日(水)には113円を超える場面もあるも反落。 しかし、27日(木)にしっかり113円を超える陽線をつけると、週末28日(金)には113.69円まで上昇し、高値圏のまま週末クローズしました。 今のドル円、すごく勢いがありますね。 いわゆる「アゲアゲ」という状態です。 主な要因は、「アメリカと中国の貿易摩擦への警戒感が後退したこと」です。 これにより、安心感が広がってドルが買われています。 さらに先週は日本株もすごかったですね。 一時24,286円をつけ、取引時間としては26年ぶりの高値をつけました(終値は今年1月以来の8ヶ月ぶり) ドル円上昇もこの日本株好調の背景にあります。 一般的にドル円と日本株の関係は以下です。 ①…
  • 詳細へ
    2018年10月1日
    ドット・プロット・チャートが上方シフト!ドル円も新たな上昇局面入りか[雨夜恒一郎]
    FX攻略.com ズバリ!今週の為替相場動向 2018年10月1日号 先週のドル円相場 先週のドル円相場は、112円台半ばから113.71円まで上昇し、年初来高値を更新した。FOMCの利上げを受けて一旦材料出尽くしのドル売りが出たものの、下げ幅は限定的。米国の好調なファンダメンタルズを素直に好感したドル買いや、リスク選好ムードを背景とした円売りが支配的となった。 ドット・プロット・チャートは予想を上回る結果に 先週の当コラムでは、過去の経験則をもとに、FOMCで織り込み済みの利上げが実現すればドルは下落に転じると予想したが、そうはならなかった。 FOMCの利上げと声明(ロイター)は予想通りだったが、ドット・プロット・チャートは筆者の予想を少し上回るものだった。 図1は前回6月、図2は今回のドット・プロット・チャートだが、両者を比べてみると、ドットが微妙に上方にシフトしていることがわかる。2018年末の水準は2.25-2.50%のドットが7個から12個に増加し、12月にも利上げがある可能性が一段と高まった。2019年末の水準は、6月時点では3.0%前後にドット8個が集中していたが、今回は…
1 2 3 4 146