FX力を鍛える有名人コラム

  • 詳細へ
    2019年2月20日
    ドル円の上昇トレンドは本物か!?[井口喜雄]
    トレイダーズ証券の井口喜雄による【Dealer’sEYE】をお届けします。 日銀に金融緩和策があるのか 昨日、日銀の黒田総裁は「必要となれば緩和検討」と発言をしました。日銀にこれ以上の金融緩和策があるとは思えませんが、海外勢を中心に円が売られる展開です。おそらく発言の効果はないと知りつつも短期勢にとっては格好の円売り材料として利用してきたのだと思います。 しかし、これから日米通商協議が行われるわけですが、米財務省は日銀の金融緩和策が円安誘導していると警告しています。そうしたなか、昨日の緩和発言がアメリカ側を刺激し今回の日米通商協議で、為替条項が導入される可能性が高まったかもしれません。 FOMC議事録で方向性を示せるか 現在、ドル円は日銀の追加緩和発言や、米中貿易協議の楽観的なモメンタムから上昇していますが、ここから先は少し警戒が必要となります。なぜなら米中通商協議は合意に向けてマーケットは楽観的な見方が多いようなのでその反動から、セルザファクト的な動きがあるかもしれません。また、今夜28:00のFOMC議事録では1月29日・30日開催分が公表されますが、年内の利上げ停止や、バランスシ…
  • 詳細へ
    2019年2月18日
    ディーラーによる今週のドル円「111円タッチ!注目の米中の通商協議はハッピーエンドを迎えるか!」[国府勇太]
    こんにちは。国府勇太です。 さっそく先週のドル円の動きを振り返っていきましょう。 見るのは日足です 先週の一言「堅調!111円タッチ!」 先週を一言で表すと「堅調!111円タッチ!」です。 2月11日(月)に109.765円でスタートしたドル円。 週明けからしっかり上昇し、終値で110円を超えました。 12日(水)にはさらに上昇し111円にタッチも13日(木)には反落。 14日(金)はほぼ動かずで110.436円で週末クローズしました。 1週間を通して堅調でした。 ずっと超えられなかった110円をあっさり超えて、一度も割れることなく1週間を乗り切りました。 主な要因は、「アメリカと中国の通商協議の見通しが明るいこと」(つまり、米中の貿易戦争の事態打開が見られるかもしれない)が挙げられます。 ↓↓ 公式サイトで今すぐYJFX!の魅力と口座開設方法【無料】をチェック ↓↓ ドル円、今週の見通し 単純移動平均線(SMA)をプロットしてみましょう。 パラメータ(設定値)は25、75、105です。 SMAが3本向きが揃っている時は明確なトレンドを表すのですが、今回はバラバラです。 2月からの上昇…
  • 詳細へ
    2019年2月18日
    米国を覆う二つの懸念が後退[雨夜恒一郎]
    FX攻略.com ズバリ!今週の為替相場動向 2019年2月18日号 先週のドル円相場 先週のドル円相場は、米中貿易協議の進展期待を背景に堅調な動き。米1月の消費者物価指数が予想を上回ったことをきっかけに111円を突破し、一時111.13円まで上昇した。米1月の小売売上高が予想を下回ったことを受けて利食い売りが出たものの、110円台前半では下げ渋り、110円台半ばで週の取引を終えた。 米中問題、最悪のシナリオは回避か 14日・15日に北京で行われた米中閣僚級協議は、技術移転強制や補助金など構造問題では溝が残ったものの、中国による米国製品の輸入拡大など市場開放分野では前進し、トランプ大統領は「中国との協議は多くの点で合意に近づいた」、習近平国家主席は「重要で段階的な進展がまたあった」と評価した。 中国側は体制を揺るがしかねない構造問題での譲歩には慎重とみられるが、米側も何とか協議をまとめてトランプ大統領の手柄としたい。中国に対して抜本的な構造改革を求めない代わりに貿易面での大幅な譲歩を引き出し、ウィンウィンとする可能性がある。両国は今週ワシントンに会談場所を移し、同じメンバーで協議を続け…
  • 詳細へ
    2019年2月14日
    TradingView(トレーディングビュー)を始めよう|第5回 起承転結のヒント表示機「ピボット高値・安値」[佐々木徹]
    読者からの問い合わせも増加し、人気の向上ぶりがうかがえるトレーディングビュー。この企画では国内の第一人者、佐々木徹さんに、その使い方をレクチャーしていただいています。今回は、トレンドラインを引くためのお助けツールについて、図解してもらいます。 ※この記事は、FX攻略.com2016年12月号の記事を転載・再編集したものです ※トレーディングビューは、頻繁に仕様やデザインが更新されるため、ここで紹介する内容とは異なる場合もございます。あらかじめご了承ください 【TradingView(トレーディングビュー)を始めよう】 ・第1回 3つのココがすごい! ・第2回 「比較」機能の使い方 ・第3回 ラインの引き方とアラートのつけ方 ・第4回 演算チャート機能 【関連記事】 ・TradingView TIPS|第1回 トレーディングビューとはそもそもどんなツールなの?[佐々木徹] 始まりと終わりはどこにある? あなたがチャートを見る目的は何でしょう? ほとんどの場合、グラフィカルな規則性を見つけ、そこから将来の値動きを捉え、利益につなげるためではないでしょうか?  では、チャートから肝心の規則性…
  • 詳細へ
    2019年2月13日
    ドル高エンジンを加速させられるか[井口喜雄]
    トレイダーズ証券の井口喜雄による【Dealer’sEYE】をお届けします。 ドル円は111.27円付近が視野に入るか 米中通商協議の進展や、米政府機関再閉鎖の回避期待から日経平均が大幅上昇するなどリスクオンの展開からクロス円は堅調な値動きとなっています。ドル円も110円台にしっかり乗せており、次のターゲットとして200日移動平均線の差し掛かる111.27円付近が視野にはいります。ただし、110円後半(執筆時110.70円)からロングでついていくには心理的な抵抗があります。押し目を待つか、110円台でしっかり根固めできるかどうか少し様子を見ていきたいところです。一方下値は、心理的な節目となる110.00円になりますが、ここを再度割り込むようだとドル高シナリオは厳しくなるため、テクニカル的にこのサポートは踏ん張りどころといえるでしょう。 米消費者物価指数が鍵になるか このドル高エンジンが加速できるか、失速するかは今夜13日(水)の米消費者物価指数が鍵を握っているかもしれません。先に発表された米雇用統計で米ファンダメンタルは強いことが再確認されましたが、年内の利上げ確率はいまだに0回となって…
  • 詳細へ
    2019年2月11日
    ディーラーによる今週のドル円「110円タッチも、煮え切らないドル円」[国府勇太]
    こんにちは。国府勇太です。 さっそく先週のドル円の動きを振り返っていきましょう。 見るのは日足です 先週の一言「110円タッチしたものの、抜けきれず」 先週を一言で表すと「110円タッチしたものの、抜けきれず」です。 2月4日(月)に109.50円でスタートしたドル円。 先週末の雇用統計からの上昇にはずみをつけ、この日110円台にのせました。 ただ、小反発してこの日の終値は109.898円でした。 その後も何度か110円にのせる場面があったものの、日足の終値ベースではすべて109円台です。 110円台の滞留時間が短く、いまいち煮え切らない動きに終始しました。 主な理由は、1月30日(日本時間31日午前4時)のFOMCです。 ここで「利上げを一時見送り」することを表明したことを受け、それが足かせとなり上昇が限定的となってしまっています。 一般的に、利上げとドル円の関係は以下です(必ずしもそうなるわけではありません)。 ・利上げ=ドル円上昇(ドル買い) ・利下げ(または利上げ見送り)=ドル円下落(ドル売り) 結局、一週間パッとしない値動きが続き、109.765円と109円台で週末クローズし…
  • 詳細へ
    2019年2月11日
    米中協議が今週ヤマ場へ!苦しいのは中国[雨夜恒一郎]
    FX攻略.com ズバリ!今週の為替相場動向 2019年2月11日号 先週のドル円相場 先週のドル円相場は、110円の大台に乗せる場面もあったものの、滞空時間は短く、おおむね109円台後半での一進一退が続いた。トランプ大統領が一般教書演説で壁の建設に意欲を示したことが政府機関閉鎖長期化を連想させたほか、米中貿易協議が難航していると報じられたことが上値の圧迫材料となった。 米中協議から目が離せない ホワイトハウスは8日、閣僚級の米中貿易協議を14・15日に北京で開くと発表した。協議の責任者である米通商代表部(USTR)のライトハイザー代表やムニューシン財務長官らが訪中する。これに先立ち、11日からUSTRのゲリッシュ次席代表や財務省、農務省、商務省、エネルギー省などの幹部らが訪中し、次官級の協議を開く。今週も米中協議から目が離せない局面が続くことになる。 米国は協議期限を3月1日と定めており、両国に残された時間は半月あまりとなった。3月1日までに合意できなければ、米国は2千億ドル分の中国製品に対する25%の制裁関税を発動する。トランプ大統領は習近平国家主席との首脳会談で合意したい考えだが…
  • 詳細へ
    2019年2月7日
    TradingView(トレーディングビュー)を始めよう|第4回 演算チャート機能[佐々木徹]
    誰でも簡単に使えるチャート分析ツールを搭載したオンラインサービスのトレーディングビュー。その実用的な使い方を佐々木徹さんに紹介いただいている当企画。今回は演算チャート機能について解説してもらいます。 ※この記事は、FX攻略.com2016年11月号の記事を転載・再編集したものです ※トレーディングビューは、頻繁に仕様やデザインが更新されるため、ここで紹介する内容とは異なる場合もございます。あらかじめご了承ください。 【TradingView(トレーディングビュー)を始めよう】 ・第1回 3つのココがすごい! ・第2回 「比較」機能の使い方 ・第3回 ラインの引き方とアラートのつけ方 【関連記事】 ・TradingView TIPS|第1回 トレーディングビューとはそもそもどんなツールなの?[佐々木徹] 1−1=3以上になる演算チャート FXをはじめとするマーケットで目にすることが多いのは、その瞬間に取引されている「スポット価格」がほとんどです。一方でプロのトレーダーは、演算で異なる銘柄同士を比較して、スポットとは別の動きを追うことがあります。 そこで当記事では、トレーディングビューの演…
  • 詳細へ
    2019年2月6日
    パウエルFRB議長の講演で方向感を出せるか[井口喜雄]
    トレイダーズ証券の井口喜雄による【Dealer’sEYE】をお届けします。 トランプ大統領の一般教書演説はサプライズなし 先ほど行われたトランプ大統領の一般教書演説は、北朝鮮との会談の日程発表など新しい材料がありましたが、全体的にはこれまで通りトランプ大統領の強気スタンスが維持された格好となりました。 トランプ大統領の発言を一部抜粋すると、 「中国は何年にもわたり、米国を狙って知的財産を盗んでいる」 「議会に不法移民を終わらせるように促す」 「メキシコ国境の壁は作る」 といったようにやや強気トーンが目立つ内容となっています。講演前に融和姿勢を見せるのではとの思惑もあったため、ドル売りで反応した形です。しかし、サプライズはなく、値動きは限定的でドル円は109.80円付近で方向感をなくしています。 パウエルFRB議長の講演で方向感を出せるか トランプ大統領の一般教書演説では想定内の内容だったこともあり、ドル円はレンジ内で次のテーマを探る時間帯が続きます。そうしたなか、明日2月7日(木)の9:00に予定されているパウエルFRB議長の講演に注目が集まります。 前回のFOMCでパウエルFRB議長…
  • 詳細へ
    2019年2月4日
    ディーラーによる今週のドル円「FOMCの意外な結果!マーケットへの影響は?」[国府勇太]
    こんにちは。国府勇太です。 さっそく先週のドル円の動きを振り返っていきましょう。 見るのは日足です 先週の一言「FOMCサプライズ!ただ動かない」 先週を一言で表すと「FOMCサプライズ!ただ動かない」です。 1月28日(月)に109.527円でスタートしたドル円。 110円の壁が重い展開が続くなか、この日は小幅に下落。 とくに注目は30日(日本時間31日午前4時)のFOMCです。 この日、FRBは「利上げを一時見送り」することを表明しました。 2018年に4回行って、2019年には2回と、順調なペース想定していた利上げですが、ここに来て暗雲が立ち込めました。 無理に利上げをすることで経済に悪影響が出ることを避けるためです。 さらに、保有資産の縮小について、そのペースを落とすことも検討していると表明しました。 いわゆるかなりタカ派(経済引き締めに慎重な立場)な発表に市場関係者は驚きました。 どちらも一般的にはドルが安くなる材料です。 そして、発表を受け、ドル円は一時下落(ドル安)しました。 発表時の1時間足はこちらです。 その後も下落が続き、31日(木)のNY時間には先週の最安値108…
1 2 3 4 152