月足トレードで生きてます

  • 詳細へ
    2018年8月11日
    月足トレードで生きてます|第14回 長期トレードで日々利食いする方法[ゆったり為替]
    長期目的でポジションを保有していると、利食いしたいけれども決済するとスワップポイントがもらえなくなってしまう…といったジレンマに苛まれることもあるかと思います。長期トレードで利食いしたいときはどうするのがベストなのか。ゆったり為替さんから、実際に採用しているというリピート系注文を使ったトレード手法を教えてもらいます。 ※この記事は、FX攻略.com2018年6月号の記事を転載・再編集したものです 【月足トレードで生きてます[ゆったり為替]】 ・第1回 私が月足を選んだ理由 ・第2回 月足トレードを好む理由 ・第3回 経済指標との付き合い方 ・第4回 政策金利とドル円の関係 ・第5回 豪ドル円・NZドル円のスワップポイントと月足トレード ・第6回 消費者物価指数(CPI)上昇率と為替レートの関係 ・第7回 米雇用統計とドル円の関係 ・第8回 長期トレードでのポジションの取り方 ・第9回 平均購入単価の引き下げ方 ・第10回 長期トレードの資金管理について ・第11回 損失を心配せずにスワップポイントを狙う考え方 ・第12回 自己資金ゼロで老後資金を作る ・第13回 為替相場が歴史的円高に…
  • 詳細へ
    2018年5月23日
    月足トレードで生きてます|第13回 為替相場が歴史的円高になるのはいつか[ゆったり為替]
    長期トレードでは、スワップポイントのプラスが含み損に食いつぶされることがないよう、できるだけ円高で買うことが大切ですが、円高でポジションを作れるチャンスはどれくらいあるのでしょうか? 今回は主要通貨ペアの長期チャートを振り返りつつ、「いつ歴史的円高になるのか?」を考察していただきます。 ※この記事は、FX攻略.com2018年5月号の記事を転載・再編集したものです 【月足トレードで生きてます[ゆったり為替]】 ・第1回 私が月足を選んだ理由 ・第2回 月足トレードを好む理由 ・第3回 経済指標との付き合い方 ・第4回 政策金利とドル円の関係 ・第5回 豪ドル円・NZドル円のスワップポイントと月足トレード ・第6回 消費者物価指数(CPI)上昇率と為替レートの関係 ・第7回 米雇用統計とドル円の関係 ・第8回 長期トレードでのポジションの取り方 ・第9回 平均購入単価の引き下げ方 ・第10回 長期トレードの資金管理について ・第11回 損失を心配せずにスワップポイントを狙う考え方 ・第12回 自己資金ゼロで老後資金を作る 円高のときに買って為替差益も確保する 長期的な視点でポジションを継…
  • 詳細へ
    2018年4月28日
    月足トレードで生きてます|第12回 自己資金ゼロで老後資金を作る[ゆったり為替]
    今回解説していただくのは、自己資金ゼロで老後資金を捻出する方法です。銀行の預金金利は依然として低く、年金制度の先行きも不透明なこの時代において、やがて訪れる老後のための資金確保は重要な課題となります。老後の資金面に対して不安を抱いている方は、ぜひ参考にしてください。 ※この記事は、FX攻略.com2018年4月号の記事を転載・再編集したものです 【月足トレードで生きてます[ゆったり為替]】 ・第1回 私が月足を選んだ理由 ・第2回 月足トレードを好む理由 ・第3回 経済指標との付き合い方 ・第4回 政策金利とドル円の関係 ・第5回 豪ドル円・NZドル円のスワップポイントと月足トレード ・第6回 消費者物価指数(CPI)上昇率と為替レートの関係 ・第7回 米雇用統計とドル円の関係 ・第8回 長期トレードでのポジションの取り方 ・第9回 平均購入単価の引き下げ方 ・第10回 長期トレードの資金管理について ・第11回 損失を心配せずにスワップポイントを狙う考え方 老後資金は大丈夫? 月足の長期トレードをする場合、短期的な利益も狙いますが、どちらかといえば数年後以降に大きな利益になることを期…
  • 詳細へ
    2018年4月1日
    月足トレードで生きてます|第11回 損失を心配せずにスワップポイントを狙う考え方[ゆったり為替]
    短期トレードでは、一度失敗しても次のチャンスがすぐに訪れますが、長期トレードだとそうはいきません。したがって長期トレードにおいては、いかに失敗を回避できるかが重要なポイントになります。そこで今回は、失敗を回避するのに効果的な方法をいくつか教えてもらいます。  ※この記事は、FX攻略.com2018年3月号の記事を転載・再編集したものです 【月足トレードで生きてます[ゆったり為替]】 ・第1回 私が月足を選んだ理由 ・第2回 月足トレードを好む理由 ・第3回 経済指標との付き合い方 ・第4回 政策金利とドル円の関係 ・第5回 豪ドル円・NZドル円のスワップポイントと月足トレード ・第6回 消費者物価指数(CPI)上昇率と為替レートの関係 ・第7回 米雇用統計とドル円の関係 ・第8回 長期トレードでのポジションの取り方 ・第9回 平均購入単価の引き下げ方 ・第10回 長期トレードの資金管理について 長期トレードは決済すると収入が途絶える トレードの基本は、「安く買って高く売る」です。それは長期トレードでも同じです。安値で買い、何年もかけてスワップポイントをもらいます。そして、円安になったと…
  • 詳細へ
    2018年3月20日
    月足トレードで生きてます|第10回 長期トレードの資金管理について[ゆったり為替]
    これまでの連載で、長期トレードのメリットや経済指標を交えた分析方法、そして具体的な取引タイミングなどを解説していただきましたが、いずれも「資金管理」という土台があってこそ成り立つ内容になっています。今回はFXにおいて何よりも大切な、この資金管理について考察してもらいます。 ※この記事は、FX攻略.com2018年2月号の記事を転載・再編集したものです 【月足トレードで生きてます 連載記事】 ・第1回 私が月足を選んだ理由[ゆったり為替] ・第2回 月足トレードを好む理由[ゆったり為替] ・第3回 経済指標との付き合い方[ゆったり為替] ・第4回 政策金利とドル円の関係[ゆったり為替] ・第5回 豪ドル円・NZドル円のスワップポイントと月足トレード[ゆったり為替] ・第6回 消費者物価指数(CPI)上昇率と為替レートの関係[ゆったり為替] ・第7回 米雇用統計とドル円の関係[ゆったり為替] ・第8回 長期トレードでのポジションの取り方[ゆったり為替] ・第9回 平均購入単価の引き下げ方[ゆったり為替] 資金管理が大切な理由 今まで数多くの内容をご案内してきましたが、資金管理が圧倒的に最も…
  • 詳細へ
    2018年2月28日
    月足トレードで生きてます|第9回 平均購入単価の引き下げ方[ゆったり為替]
    前回で紹介した、長期トレードで買いポジションを取る方法は非常に有効な戦術となりますが、ポジションの平均購入レートが少し高くなってしまうという難点があります。そこで今回は、その問題を解消する「平均購入レートを引き下げる二つの方法」を教わります。 ※この記事は、FX攻略.com2018年1月号の記事を転載・再編集したものです 【月足トレードで生きてます 連載記事】 ・第1回 私が月足を選んだ理由[ゆったり為替] ・第2回 月足トレードを好む理由[ゆったり為替] ・第3回 経済指標との付き合い方[ゆったり為替] ・第4回 政策金利とドル円の関係[ゆったり為替] ・第5回 豪ドル円・NZドル円のスワップポイントと月足トレード[ゆったり為替] ・第6回 消費者物価指数(CPI)上昇率と為替レートの関係[ゆったり為替] ・第7回 米雇用統計とドル円の関係[ゆったり為替] ・第8回 長期トレードでのポジションの取り方[ゆったり為替] 超円高になったら? 前回(第八回)において、長期トレードでの買いポジションの取り方をご案内しました。最安値で一気に買えれば最高ですが、とても難しいです。そこで、円高にな…
  • 詳細へ
    2018年1月10日
    月足トレードで生きてます|第8回 長期トレードでのポジションの取り方[ゆったり為替]
    前回まで4回にわたって経済指標と長期チャートの関係性を確認しました。今回は長期トレードを実践するにあたり、「いつ、どのように取引を開始(エントリー)すべきか」、そして「いつ、どのように取引を終了(決済)すべきか」、具体的なポジションの取り方について考察していただきます。 ※この記事は、FX攻略.com2017年12月号の記事を転載・再編集したものです 【月足トレードで生きてます 連載記事】 ・第1回 私が月足を選んだ理由[ゆったり為替] ・第2回 月足トレードを好む理由[ゆったり為替] ・第3回 経済指標との付き合い方[ゆったり為替] ・第4回 政策金利とドル円の関係[ゆったり為替] ・第5回 豪ドル円・NZドル円のスワップポイントと月足トレード[ゆったり為替] ・第6回 消費者物価指数(CPI)上昇率と為替レートの関係[ゆったり為替] ・第7回 米雇用統計とドル円の関係[ゆったり為替] 取引開始時期は「大雑把」でOK 月足の長期トレードは、デイトレードなどの短期トレードと明らかに異なります。というのも、取引開始タイミングは「大雑把」でOKだからです。また、デイトレードの場合、ローソク…
  • 詳細へ
    2017年12月27日
    月足トレードで生きてます|第7回 米雇用統計とドル円の関係[ゆったり為替]
    経済指標と月足チャートの関連を考える4回目のテーマは、米雇用統計とドル円についてです。米雇用統計といえば、FXを含む世界中の投資家から注目を集める重要指標ですが、それと長期為替レートにはどのような関連性があるのでしょうか。ゆったり為替さんに解説していただきます。 ※この記事は、FX攻略.com2017年11月号の記事を転載・再編集したものです 【月足トレードで生きてます 連載記事】 第1回 私が月足を選んだ理由[ゆったり為替] 第2回 月足トレードを好む理由[ゆったり為替] 第3回 経済指標との付き合い方[ゆったり為替] 第4回 政策金利とドル円の関係[ゆったり為替] 第5回 豪ドル円・NZドル円のスワップポイントと月足トレード[ゆったり為替] 第6回 消費者物価指数(CPI)上昇率と為替レートの関係[ゆったり為替] 米雇用統計の数字の推移 今回は米雇用統計とドル円について考察しましょう。米雇用統計発表は毎月あります。発表直後のドル円の値動きを見ますと、数字が予想よりも良ければ円安、悪ければ円高の傾向があるように見えます。ということは、月足のような長期的視野で見ても、同じ傾向があるので…
  • 詳細へ
    2017年12月10日
    月足トレードで生きてます|第6回 消費者物価指数(CPI)上昇率と為替レートの関係[ゆったり為替]
    ゆったり為替さんによる経済指標と長期為替レートの考察も、「政策金利とドル円の関係」「豪ドル円・NZドル円のスワップポイントと月足トレード」に続いて、これで3回目となります。今回は消費者物価指数(CPI)上昇率と為替レートの関係について、深く掘り下げていただきます。  ※この記事は、FX攻略.com2017年10月号の記事を転載・再編集したものです 【月足トレードで生きてます 連載記事】 第1回 私が月足を選んだ理由[ゆったり為替] 第2回 月足トレードを好む理由[ゆったり為替] 第3回 経済指標との付き合い方[ゆったり為替] 第4回 政策金利とドル円の関係[ゆったり為替] 第5回 豪ドル円・NZドル円のスワップポイントと月足トレード[ゆったり為替] モノやサービス価格を表した指数がCPI 具体的な経済指標と長期の為替レートを考察する第3回です。今回は、消費者物価指数(CPI)上昇率と為替レートの関係を考察しましょう。 消費者物価指数とは、モノやサービスの価格を総合的に表現した指数です。私たちの身の回りには無数のモノやサービスがありますが、その価格はどのように変化しているでしょうか。感覚…
  • 詳細へ
    2017年11月22日
    月足トレードで生きてます|第5回 豪ドル円・NZドル円のスワップポイントと月足トレード[ゆったり為替]
    前回に続き、月足トレードを実践する際に「経済指標分析がいかに効果的であるか」ということを、ゆったり為替さんに分かりやすく解説してもらいます。今回取り上げるのは、豪ドル円とNZドル円のスワップポイントです。 ニュース5分に、チャート5分。トレード時間は計10分。 「月足トレードで生きてます」第5回目、さっそくご覧ください!  ※この記事は、FX攻略.com2017年9月号の記事を転載・再編集したものです 【関連記事】 月足トレードで生きてます|第1回 私が月足を選んだ理由[ゆったり為替] 月足トレードで生きてます|第2回 月足トレードを好む理由[ゆったり為替] 月足トレードで生きてます|第3回 経済指標との付き合い方[ゆったり為替] 月足トレードで生きてます|第4回 政策金利とドル円の関係[ゆったり為替] スワップ派は現在も機能しているかどうか 豪ドル円、NZドル円と聞いて思いつくことは何でしょうか? いくつかあるでしょうが、「買いの側のスワップポイントが大きい」という特徴を挙げられるでしょう。 2008年のリーマンショック後、各国の短期金利は大きく下がってしまいました。そのため、「円を…