FX力を鍛える有名人コラム

  • 詳細へ
    2019年7月8日
    米利下げは25bpが濃厚!材料出尽くしの先取りが始まるか[雨夜恒一郎]
    FX攻略.com ズバリ!今週の為替相場動向 2019年7月8日号 先週のドル円相場は 先週のドル円相場は、米中貿易戦争の「一時休戦」を好感して週初に108円ミドルまで上昇。その後、欧米の債券利回りの低下を背景に相対的な円高が進んだことから107.53円まで下押ししたが、金曜日に発表された米国6月の雇用統計が強い結果となったことから、108.64円まで上昇し、およそ半月ぶりの高値をつけた。先週の当コラムでは、FRBの大幅利下げ観測の後退や米中貿易摩擦の緩和を背景にドルがしばし堅調に推移すると予想したが、おおむねそのような展開となった。 大幅利下げの確率は低下 米国雇用統計では、非農業部門雇用者数が+22.4万人と予想の+16万人を大幅に上回った。前回5月には+7.2万人と下振れしたが、過去12か月の平均では+19.3万人と巡航速度そのもので、米国の労働市場は完全雇用の下でも依然健全なペースで雇用を生み出し続けていることがわかる。この結果を受けて米国長短金利は上昇し、今月のFOMCで50bpの利下げが行われる確率は30%から5%未満まで低下した。 大幅利下げの期待は大きく後退 出所:CM…
  • 詳細へ
    2019年7月3日
    リスクオンの後はリスクオフ[井口喜雄]
    トレイダーズ証券の井口喜雄による【Dealer’sEYE】をお届けします。 消去法的にも円が選好されやすい地合いか 「緊急事態のため、ペンス米副大統領が予定をキャンセルして急遽ホワイトハウスに戻る」という報道からアメリカを狙ったテロの可能性が指摘され、マーケットはリスクオフの展開です。さらには、トランプ大統領がFRB理事にウォーラー氏とシェルトン氏を指名する意向を示し、両名ともハト派であるとのニュースも重なり、ドル円は一時107.50円付近まで下落しています。 米中首脳会談を好感して週初から進んだリスクオンがあっけなく帳消しになった形です。 また、ECB総裁人事はドラギ総裁の後任にIMFのラガルト専務理事が指名されました。タカ派で知られていた最有力候補のバイトマン氏が選ばれなかったことでユーロにもダウンサイドの圧力がかかってきました。こうなると消去法的にも円が選好されやすい地合いとなります。 リスクオンの後はリスクオフ 欧米豪をはじめ各国が利下げに舵を切るなか、日銀は次の一手が見えていない現状ではどうしても円が買われやすくなります。また、トランプ相場の特徴としてリスクオンの後はリスクオ…
  • 詳細へ
    2019年7月1日
    大幅利下げ観測の後退、米中貿易協議再開でドル反発局面か[雨夜恒一郎]
    FX攻略.com ズバリ!今週の為替相場動向 2019年7月1日号 先週のドル円相場 先週のドル円相場は、ハト派的なFOMCを受けたドル売りの流れや、地政学リスクを背景としたリスク回避型の円買いが先行し、一時106.78円と1月以来の安値を更新した。しかしハト派の筆頭であるブラード・セントルイス連銀総裁が「次回FOMCで50bpの利下げは不要」と発言したことをきっかけに107円台ミドルまで反発。パウエルFRB議長も「個別のデータや短期的な心理の振幅に過剰反応しない」と過度の利下げ期待をけん制した。さらに大阪G20での米中首脳会談を控え、香港紙サウスチャイナ・モーニング・ポストが、米中両政府が貿易戦争の「一時休戦」で暫定合意したと報じたことを受けて、108.16円まで続伸した。 50bp利下げ期待は行き過ぎ? 7月30-31日のFOMCまでちょうど1か月となったが、果たして利下げは行われるだろうか。パウエル議長は「多くのFOMC参加者は緩和の可能性が強まったと判断」、「金融緩和の必然性は高まっている」と述べており、最初の利下げが行われる可能性は高いと見てよいが、リセッションでも非常時でも…
  • 詳細へ
    2019年6月26日
    米中合意に疑心暗鬼!どうなるG20[井口喜雄]
    トレイダーズ証券の井口喜雄による【Dealer’sEYE】をお届けします。 加熱したマーケットに冷や水 昨晩はパウエルFRB総裁、ブラード・セントルイス連銀総裁両名の発言がドル円の下落に歯止めをかけたほか、利下げに備えるマーケットにメッセージを発信しました。まず、ブラード連銀総裁は「7月に50bp(0.5%)の利下げを実施する状況にない」と発言し、FRBからすると過度な利下げに備えているマーケットに冷や水をかけました。ブラード連銀総裁がFOMCの投票権を有する委員であることに加え、先日のFOMCで利下げを主張するハト派の急先鋒であったため、マーケットはドル買いで大きな反応を示しました。続いて発言したパウエルFRB議長も「不確実性が緩和を必要とするか注意深く見ているが、短期的な指標に過剰反応しない」と述べ、過度な利下げ見通しをけん制しました。両者の発言を受けて米主要3指数はそろって下落しており、利下げを背景にしたドル売りは一旦停止しています。また、本日は受け渡しベースでいうと四半期末で月末となるため、ドル需要や、リバランスなどのフローから一時的なドル高には警戒が必要です。 米中合意に疑心…
  • 詳細へ
    2019年6月24日
    動き始めたドル円相場!105円を目指す展開か[雨夜恒一郎]
    FX攻略.com ズバリ!今週の為替相場動向 2019年6月24日号 先週のドル円相場 先週のドル円相場は、FOMCが利下げを示唆したことを受けてドル売りが活発化し、一時107.05円と1月以来の安値を示現した。イランのイスラム革命防衛隊が米無人偵察機を撃墜したことを受けて、米国とイランの緊張が高まったことも円買いにつながった。 米国とイランは一触即発 トランプ大統領は、無人偵察機撃墜に対する報復として、イランへの空爆をいったん承認したことを明らかにした。攻撃によって150名死亡するとの報告に、無人機撃墜に対する報復としては相応ではないと判断したことから空爆はぎりぎりで見送られたが、完全に取りやめになったとは限らず、復活する可能性もないわけではない。イラン情勢は一歩間違えれば重大な軍事衝突につながりかねない一触即発の局面が続くことになる。地政学リスクが高まる中で、有事に強い金はおよそ6年ぶりの高値へ上昇。当事者国である米国のドルが売られ、安全通貨の円が買われるのは当然の成り行きだ。 FOMCはスタンスを転換 FOMCは大方の予想通り政策金利を2.25-2.50%に据え置いたが、声明にお…
  • 詳細へ
    2019年6月19日
    FOMC3つのシナリオ[井口喜雄]
    トレイダーズ証券の井口喜雄による【Dealer’sEYE】をお届けします。 FOMC待ちのマーケット 今夜のFOMCを控えてドル円は神経質な展開が続いています。昨日トランプ大統領がツイッターで習近平国家主席と電話協議し、来週のG20において会談すると表明するとドル円は一時108.67円まで上昇する場面もありましたが、すぐに上値は抑えられています。やはりまずは今夜のFOMCを確認しないことには動けないといったところでしょう。 FOMC3つのシナリオ 今回のFOMCですが、大きく分けて3つのシナリオが考えられます。 まず、多くの参加者が予想しているのが、米中貿易戦争などの不透明要素を背景に今回利下げを協議して来月7月31日のFOMCで利下げを実施するというシナリオです。ややドルが売られそうなシナリオではありますがこれが一番マーケットにやさしい選択肢になります。また、ドル上昇のシナリオとしてはこれまで通り、利下げに関しては「忍耐強い様子見」のスタンスを変えずに、マーケットが急速に織り込んだ利下げ期待に冷や水をかける展開です。一方ドル下落シナリオは、今回のFOMCで利下げに踏み切ることです。ど…
  • 詳細へ
    2019年6月17日
    FOMCは利下げに向けた地ならしへ[雨夜恒一郎]
    FX攻略.com ズバリ!今週の為替相場動向 2019年6月17日号 先週のドル円相場は膠着 先週のドル円相場は、株式市場を横目に見ながら神経質な一進一退が続いたものの、結局決定打がなく、108円台でのレンジ相場に終わった。米国株式市場では、NYダウがおおむね26000ドルを上回る水準で推移し下げ渋る展開。日経平均も2万円を下回ることなく、21000円台を回復して引けた。米国債利回りもひとまず下げ止まり、10年債で2.10%前後の動きだった。前回の当コラムでは、「米国の金利低下・ドル売りの流れと、(利下げ期待を背景とした)株高・リスクオンの円売りの流れが同時進行」することで、ドルが下げ渋る展開を予想したが、結果的にはそのような展開となった。 中国、メキシコその後 米中貿易協議に関しては新たな進展はなく、来週末に開かれる大阪サミットで米中首脳会談が実現するかどうかに関心が移っている。メキシコに関しては、7日に不法移民対策で米国と合意が成立し、追加関税の発動が見送られたため、市場の関心の圏外となった。貿易摩擦→リスクオフ・株安→円高という流れも今のところ小休止となっている。貿易摩擦を材料に…
  • 詳細へ
    2019年6月12日
    カウンター覚悟の下値攻め[井口喜雄]
    トレイダーズ証券の井口喜雄による【Dealer’sEYE】をお届けします。 膠着状態を抜け出せるか ドル円は108.50を中心に方向感が出せていません。長期化必至の米中貿易戦争や、FRBによる米利下げ観測はドル円にとってネガティブ要因ですが、米利下げ観測からの株価上昇がポジティブ要因となり強弱材料の綱引きから膠着が続いています。また、トランプ相場も健在でツイート1つで相場の流れが変わるため、怖くてポジションを大きく傾けられないことも膠着要因としてはあるでしょう。イベントでは今夜21:30に予定されている米消費者物価指数は注視しています。FRBが米利下げスタンスを鮮明にするなか、インフレの最重要指標の結果次第で利下げが加速するか、後退するかに注目です。 カウンター覚悟で下値攻め 不透明要因が多くドル円はどちらかに偏ったポジションは危険ですが、トランプ大統領の場当たり的なツイートを見ているとやはりリスクオフに警戒しなくてはなりません。足元のツイートでも「今月末のG20で米中首脳会談が実現しなければ全輸入品に関税を課す第4弾を直ちに実施する」と語っています。しかし、米中首脳会談は現段階で何も…
  • 詳細へ
    2019年6月10日
    パウエル・プットで株価急反発!ドル円も下げ渋る[雨夜恒一郎]
    FX攻略.com ズバリ!今週の為替相場動向 2019年6月10日号 先週のドル円相場は 先週のドル円相場は、米国の利下げ観測を背景に108円台割れを試す展開となり、一時107.82円まで下押しした。その後米国株式市場が利下げ「期待」で大幅に反発したことからドル円も下げ渋り、108円台半ばまで反発。しかし金曜日に発表された米国5月の雇用統計が予想を下回る弱い結果となったことから、再度107.88円まで売り込まれ、108.20円近辺で終了した。 雇用統計は大幅に下振れ 米国雇用統計は、失業率が3.6%と前回・予想と一致したものの、非農業部門雇用者数(NFP)は+7.5万人と予想の+17.5万人、前回の+22.4万人を大幅に下回った。3月・4月分が合計で7.5万人下方修正されているため、実質的には雇用増ゼロだったことになる。また市場が注目する平均賃金は前年比+3.1%(予想+3.2%、予想+3.2%)と伸び悩んだ。NFPがあまりに予想と乖離しているため、統計上のエラーの可能性を指摘する向きもあるが、NFPの先行指標として知られるADP民間雇用統計が+2.7万人と同じく急減速していたことから…
  • 詳細へ
    2019年6月5日
    ドル売り祭りとなるのか[井口喜雄]
    トレイダーズ証券の井口喜雄による【Dealer’sEYE】をお届けします。 FRBは金融緩和に舵取り マーケットはFRBが金融緩和に舵を取ったと判断したようです。一昨日ブラード・セントルイス連銀総裁が「近く利下げが適切になる可能性がある」と発言したほか、昨日はパウエルFRB議長も「貿易戦争が及ぼす影響を注視している」「景気拡大の維持のため適切に行動する」と発言するなど利下げ期待が一気に高まりました。パウエル議長は明言こそしていないものの、年内の利下げ確率は約97%まで拡大しており、FRBがマーケットに利下げを織り込ませにきたのは間違いなさそうです。 週末にかけて神経質な展開 FRBの金融緩和もインパクトがありますが、米国を中心とした貿易問題も引き続き予断を許しません。本日はメキシコのエブラルド外相とポンペオ米国務長官が協議する予定です。昨日メキシコのオブラドール大統領が「明日の協議は重要だが、私は楽観視している」「10日の関税発動前に米国と合意するだろう」と発言しており、メキシコへの関税発動前に米国との合意に持ち込めるかが焦点になります。関連ニュースのヘッドラインには振らされることにな…