FXに活かす米国独自の経済指標|NY連銀製造業景気指数とは?[月光為替]

今回は米国独自の中で、企業関連指標の一つであるNY連銀製造業景気指数についてお話していきます。

NY連銀製造業景気指数とは?

NY連銀製造業景気指数とは、NY連銀の管轄するニューヨーク州の製造業の景況感や、経済活動の現状などを、NY州内の約200の製造業幹部(主にCEO)に対して調査を行い、指数化した経済指標です。

内容として、非農業部門の就業者数、失業率、新規受注、平均賃金、個人所得など、11項目から構成され、各項目について1か月前と比較した現状と、6か月後の期待を、「良い」「同じ」「悪い」の中から選択させ、指数化しています。

発表時間は、毎月15日、NY時間午前8時30分で、日本時間で言うと、夏時間で21:30、冬時間で22:30となります。

NY連銀製造業景気指数との向き合い方

さて、ではこの指標とどのように向き合っていけばよいのでしょうか。

基本的な見方としては、0を分岐点にプラスだと、景気の先行きは明るく、マイナスだと景気減速懸念が高まっていると判断できます。

ですので、0を分岐点に、実際の数値がどのようになったかを見て、コンセンサスよりも景気の先行きが明るい方向、つまりプラスであればドル高要因、マイナスであればドル安要因と考えておけばいいでしょう。

NY連銀製造業景気指数をFXに活かす方法とは?

ただ、実践的にはこの数値自体でマーケットが動くことはほとんどありません。実際には、この後に発表されていくISM製造業景気数、フィラデルフィア製造業景気指数の先行きを占っていく先行指標として使われることがほとんどです。

ですので、コンセンサスから大きく上振れも下振れもしないインラインな数値であれば、無視してあげて、なにかおかしな数値が出た時に、その後のフィラデルフィア、iSMを占うものとして取り扱ってあげればよいでしょう。

まぁ、そもそも製造業景気数だけでマーケットの方向が決まるというものではありませんので、あくまで指標発表に合わせてベットする時の材料の一つとして、使っていくというイメージで、そういったトレードをしない方であれば、ノイズとしてほとんど無視してよいかと思います。

では、次回はこの流れで、フィラデルフィア連銀製造業景気指数についてお話ししていきます。

現役ヘッジファンドトレーダーの日々の売買ルールを分かりやすく解説!

現役ヘッジファンドトレーダーの人気メルマガをレポート化!

月光為替とデューカスコピー・ジャパンとのタイアップキャンペーン!
今なら新規口座開設&1回の取引完了で月光為替書き下ろしレポートが手に入ります。
キャンペーンの詳細とレポート内容は下のバナーをクリックしてご確認ください!

デューカスコピー・ジャパン × 月光為替 新規口座開設スペシャルレポートタイアップキャンペーン 

月光為替の写真

月光為替(げっこうかわせ)

現役ヘッジファンドトレーダー。FXで毎月200~300pips、金額ベースでは1~2億円を安定的に稼ぎだした経歴を持つ。現在は日本株運用がメインで、引き続き個人資産でもFX取引を継続中。会社に内緒で、月光為替の名で活動、厳しい言葉のなかに相場の真実が見え隠れする個人投資家の味方。

公式サイト:FXブログ 月光為替の勝利のFX

twitter:https://twitter.com/gekkokawase

FX力を鍛える有名人コラム | ファンダメンタルズ分析手法 | 月光為替の最新記事
週刊FXシナリオ|週末24日はドイツ総選挙(9/22 6:50)[阪谷直人]
価格ベースのFXテクニカル分析|トレンドラインとは?[月光為替]
いよいよ今夜はFOMC!パラダイムチェンジとなるか[井口喜雄]
超初級MT4講座|第3回 MT4が動かない時の対処法とチャートデザイン設定[鹿内武蔵]
北朝鮮のミサイルに政策金利とファンダ主体の1週間[木里ゆう]
ディーラーによる今週のドル円「いよいよ秋相場、はじまりました!」[国府勇太]
FOMCはバランスシート正常化発表へ 年内利上げ確率も急上昇[雨夜恒一郎]
超初級MT4講座|第2回 豊富なテクニカルを使う準備をしよう[鹿内武蔵]
超初級MT4講座|第1回 チャート分析はMT4が一番!な理由[鹿内武蔵]
週刊FXシナリオ|現実主義へと変質するトランプ大統領(9/15 4:21)[阪谷直人]
【例題】ダウ理論とサポート&レジスタンスを用いた簡単な売買ルールとその検証方法[月光為替]
リスクオフ巻き戻しを材料にしたドル高は短命に終わるか[井口喜雄]
2017年ここまでのトレード成績を公開![木里ゆう]
ディーラーによる今週のドル円「こんなに下げたの?マーケットテーマは北朝鮮!」[国府勇太]
ハリケーン被害で利上げ遠のく?!ドル円は弱気トレンド再開[雨夜恒一郎]