シストレ・自動売買

  • 詳細へ
    EA開発のスペシャリストが分かりやすく丁寧に解説!ゼロからはじめる自動売買講座|第2回 優秀な自動売買プログラムを選ぶポイント[FX貴族]
    2020年3月29日
    EA開発のスペシャリストが分かりやすく丁寧に解説!ゼロからはじめる自動売買講座|第2回 優秀な自動売買プログラムを選ぶポイント[FX貴族]
    無数にある自動売買プログラムから良いものを見つけるには?  いざFXの自動売買を始めようと思っても、最もメジャーなEAの販売サイトであるGogoJungleの中だけでも、かなりの数があるため、初心者はどれを選んだら良いか分からなくなってしまうと思います。そこで今回は、実際に出品も行っている開発者の視点から、ズバリ儲かる可能性の高いEAを選ぶポイントをご紹介します。 ポイント① 一番重要なのはフォワードテスト期間  フォワードテストとは、発売後に実際にEAを動かし始めてからの成績を指します。やはり新商品は注目されますし、実際売れるのですが、フォワードテストの期間が短いEAというのは、まだ実力が未知数であるため、性能を評価するのが難しくなります。最低でも、フォワードテストは半年以上、できれば一年以上あるものが望ましいでしょう。 ポイント② 通貨ペアはドル円かユーロドルが良い  FXには無数の通貨ペアがありますが、これから自動売買を始める方には、まずドル円またはユーロドルのEAをお勧めします。この二つの通貨ペアはどのブローカーでも比較的スプレッドが安定しており、流動性も高いため、相場の急変時…
  • 詳細へ
    EA開発のスペシャリストが分かりやすく丁寧に解説!ゼロからはじめる自動売買講座|第1回[FX貴族]
    2020年3月29日
    EA開発のスペシャリストが分かりやすく丁寧に解説!ゼロからはじめる自動売買講座|第1回[FX貴族]
    FXの自動売買とは?  FXの自動売買と聞くと、皆さんはどんなイメージをお持ちでしょうか。「システムトレード」という言葉は、聞いたことがある方も多いかもしれません。最近では、ロボットアドバイザーと呼ばれるAI(人工知能)による投資信託もブームになりつつありますが、FXの場合はMetaTrader4(MT4)と呼ばれるツールを使えば、市販の自動売買ソフトを利用することで、誰でも簡単に自動売買が始められます。 自動売買のメリット  自動売買の最大のメリットは、何といっても毎日チャートを見なくて良い点です。裁量トレードは、どうしてもモニターやスマホを見る時間が多くなり、肉体的、精神的な負担が大きくなります。そのため、特に時間に余裕のない兼業トレーダーの方に自動売買はお勧めです。また、自分で検証して売買戦略を考える必要がない点も利点です。ほとんどのExpert Advisor(EA)は事前にバックテスト(過去チャートの検証)で儲かる戦略であることが確認されているため、利用者はフォワードテスト(実際の稼働時の成績)をしっかりチェックするだけで良いのです。 自動売買のデメリット  とても便利な自動…
  • 詳細へ
    TraderKaibeさん本音インタビュー 有名EA開発者&運用者は約定力に定評があるサクソバンク証券を選択!
    2020年3月22日
    TraderKaibeさん本音インタビュー 有名EA開発者&運用者は約定力に定評があるサクソバンク証券を選択!
    内田まさみさんを聞き手に、MT4自動売買界隈の重鎮であるTraderKaibeさんに、実際に使っているMT4口座としてサクソバンク証券の魅力とメリットを語っていただきました。 望んだタイミングで約定しやすい 内田 EAの開発者であり、運用者でもあるTrader Kaibeさんに、MT4の自動売買で成功するための秘訣を教えていただきたいと思います。 Trader Kaibe(以下、Kaibe) よろしくお願いいたします。 内田 早速ですが、EA運用を成功させるには、私たちはどうすれば良いでしょうか? Kaibe まずは良いEAを選び、それらを適切に運用することです。ただ、これについてはたくさんの情報が出回っていますから、今日は触れません。その次に大切なのは、EA運用に適した取引口座を選ぶことです。 内田 ずばり、その口座はどちらのFX会社になりますか? Kaibe 私が実際にEAを動かしている口座として、今日はサクソバンク証券を紹介したいと思います。ですが、MT4というアプリケーションの基本性能は、どこのFX会社の口座でも同じです。 内田 それなら、どの部分に差があってEA運用に適した口…
  • 詳細へ
    私の歴史的ショック経験談~リーマン・ショック~[サトウカズオ]
    2020年3月20日
    私の歴史的ショック経験談~リーマン・ショック~[サトウカズオ]
    長く投資を行っていると、思わぬ損失にショックを受けることは誰しもが経験するはずです。大小は人それぞれだと思いますが、有名FXトレーダーはそのショックを乗り越え、安定した利益を上げられるまでに成長しています。今回は投資家で有名ブロガーでもあるサトウカズオさんに、これまでのFX歴の中で一番ショックだった出来事を語っていただきます。 リーマン・ショックで300万円の損失  皆さんこんにちは、サトウカズオと申します。私はトルコリラ円やメキシコペソ円へのスワップポイント狙いの投資、および自動売買の取引を行っています。そして、取引のやり方や設定方法などをブログに書いて生活しています。  今年7月にそれまで勤めていた会社を辞めたので、いわゆるセミリタイヤ状態です。今回は私の「歴史的ショック」経験談について書かせていただきます。  私が一番負けた爆損トレードは、2018年8月のトルコショック時です。トルコリラ円を損切りし、1600万円の損失を出しました。しかし、一番ショックを受けた歴史的な出来事はリーマン・ショックで、300万円の損失を被ったことです。いつも負けていますね(苦笑)。最近FXを始められた…
  • 詳細へ
    EAガチ勢も一目置くエース分析官! 最強ブロガーEAあざらし4000文字インタビュー
    2020年3月15日
    EAガチ勢も一目置くエース分析官! 最強ブロガーEAあざらし4000文字インタビュー「市販EAでも質の高いものが多くあることを知ってもらいたいです」
    ●聞き手:蛯沢路彦(編集部) 歴は浅いものの研究密度は濃厚 蛯沢 EAあざらしさんから見て、2018年相場と、2019年相場はいかがでしたか? EAあざらし(以下、あざらし) 私は2018年2月からEAの運用を始めたばかりでしたので、他のベテランの方ほど去年の相場を把握できていたとは言い難いんですが、一般的に、EAにとってかなり状況が良かったと言われていますよね。ゴゴジャンで売れているEAを揃えれば、かなり勝てたという印象が強いです。 蛯沢 ツイッターをはじめとするSNS、ネット上でも、同じ意見が多く見られました。 あざらし それに対して2019年は、1月のフラッシュクラッシュから始まりましたよね。私は年末年始にEAの稼働を止めていたので、クラッシュを回避できました。ただ、直撃した人は被害が大きかったでしょうし、このときの被害によってEA運用を止めてしまう人もいたようです。それから、年初はとにかくドル円のEAが振るわなくなってしまい、ボラティリティが小さくなったことが主な理由として挙げられていました。ですが、2019年前半に関しては、確かにドル円のEAの調子が悪いものの、他のクロス円や…
  • 詳細へ
    2020年2月22日
    【相場急変時に大きな差が出る】MT4自動売買なら約定力のサクソバンク証券!
    プロの約定力を慣れたMT4で 「もともとはプロ向けに提供していた高品質の取引環境を、2020年から個人投資家の皆さまにも提供させていただくことにしました」と語る、サクソバンク証券の伊澤社長。取引ごとの手数料を完全撤廃し、最低入金額も大幅に引き下げられました。 「当初から提供している取引システム『SaxoTraderPRO』は非常に高機能ですが、慣れていただくにはそれなりに時間がかかります。であれば、多くの投資家の皆さまになじみがあるMT4で、高い約定力による取引環境を提供しようということになりました」。  サクソバンク証券では、過去二回の約定力調査で、高い約定力は証明済み。相場が大きく動く雇用統計時であっても、約定は安定していました。 「約定力にはいろいろな解釈があります。平常時に固定されたとても狭いスプレッドで約定しても、ボラティリティが高いときに大きく広がったスプレッドで約定していては、平均的な取引コストは上がってしまいます。もっと厄介なのは注文が通らない約定拒否で、希望のタイミングでエントリーや決済ができない事態が起きます。これでは、とても約定力が高いといえません。さまざまな局面…
  • 詳細へ
    羊飼い氏インタビュー
    2020年2月6日
    カリスマFXトレーダー羊飼い氏がEA運用に参入した理由 5000文字インタビュー「EA運用は裁量トレードとは異なる新たなゲームになり得るって考えているんです」
    ●聞き手:蛯沢路彦(編集部) スプレッド縮小でEAの成績が向上! 蛯沢 羊飼いさんと言えば、スキャルピングというイメージを持つ人が多いと思います。ですが、2017年ごろから、リピート系注文手法のグルグルトレイン(グルトレ)や、自動売買(EA)も始めているんですよね。今回は、その中でもEA運用に焦点を当てて、お話を伺いたいと思います。まずは、EA運用に着目したきっかけから、教えていただけますでしょうか。 羊飼い そもそもEAに興味を持ったのは、グルトレを知ったことがきっかけなんです。最初はグルトレを手動注文でやっていたんですが、慣れてくるとそれが手間だと感じるようになりました。それならば注文を自動化しちゃえば良いじゃないかと考えて、それで自動売買、EAについて調べ始めたんです。  MT4は知っていたけど、導入はしていなかったんですよ。それで良い機会だからMT4を始めてみようと思ったときに、知人がEAをくれて。それを使ってみたら、予想以上に儲かったんです。まあ、裁量でポジションを切ることもあったので、全てがそのEAの実力ではないですが。それをきっかけとして、その後にゴゴジャン(※1)やテラ…
  • 詳細へ
    2020年2月5日
    超人気EA開発者から見たFX自動売買の現在地 ねこ博士5000文字インタビュー「良いEAを作って、皆さんに提供できればと思っています」
    ●聞き手:蛯沢路彦(編集部) 2019年の相場はEAにとって難しいものだった? 蛯沢 去年はあらゆるEAが好調でしたが、年末から調子が狂い始めて、今年には絶不調に陥ってしまった…と言われています。そのあたりの相場の流れを、どのように見ておられますか? ねこ博士(以下、ねこ) 私はEAユーザーというよりは開発者側なので、参考になることが言えるか分かりませんが、確かに去年前半までに人気のあったトレンドフォロー型のロジックが、苦手とする相場になってしまったのかと思います。  似たようなロジックのEAの場合、普段は異なる場所でトレードする性質があったとしても、トランプ相場のような突発的な上下動が発生すると、近いところでエントリーしてしまい、それらが同時に負けてしまう…ということが、起こり得ます。 蛯沢 トランプ相場のドッタンバッタンという上下への大きな変動が、トレンドフォロー型にとって負けやすいものだったんですね。 ねこ 例えば私の「Pips_miner_EA」(ピップスマイナー)は、相場の変化の影響を受けなかったと思います。これはレンジを狙うもので、なおかつ朝の時間帯しかトレードをしないから…
  • 詳細へ
    2019年12月26日
    「トレードの履歴書」を見ればあなたの長所と弱点が分かる!OANDAならではのツール「取引のパフォーマンス機能」でトレード手法を成長させよう!
    取引のパフォーマンス機能とは? 対象となる口座内で行われたトレードを、多角的に分析したレポートが読めるOANDAならではの機能です。個別のトレードの勝ち負けではなく、大きなトレード群の傾向をこれ以上ないくらい客観的に把握できるため、自分でも気づいていない長所や欠点を見つけられるでしょう。 裁量トレードでの活用例 ●金曜日だけ期待損益率が悪いことが分かり、トレードを月曜~木曜に限定して収益性が向上 ●負けトレード直後の成績が悪いことが分かって、危険なリベンジトレードを控えるように ●自分では気づいていなかったが、豪ドル円のトレード成績が良いことが分かりロットを倍に 自動売買(EA運用)での活用例 ●稼働させているEAが主にポジションを持つ時間帯、曜日や通貨ペアなどの得手不得手、平均的なポジション保有時間が分かった ●複数のEAで構成されているポートフォリオの、曜日ごと、月ごとの収益変化が分かった ※同一口座で複数のEAを稼動する場合、EAごとの成績は分かりません。 トレード手法を成長させるために  FXにおける優れたトレード手法は、いきなり完成するものではありません。トレードをする本人の…
  • 詳細へ
    2019年12月23日
    インヴァスト証券トライオートFXの自動売買にFX攻略.comが挑戦した結果…納得できる利益が出た!
    いろいろな方法をこれ一つでできるインヴァスト証券のトライオートFX。今月は、FX攻略.comの関係者が、トライオートFXの自動売買に実資金で挑戦! 戦略立案から見事に利益が出た取引結果までを、詳細にレポートします。 ※この記事は、FX攻略.com2020年2月号の記事を転載・再編集したものです ※個人の実績と見解であり、将来の利益を保証するものではありません。 インヴァスト証券のトライオートFXは裁量から自動売買まで幅広く対応! 今月は自動売買の実戦レポート ①選ぶだけですぐに始められる「自動売買セレクト」 ②自分だけの自動売買を作れる「ビルダー」 ③トルコリラ円など高金利通貨ペアのスワップ運用 【運用戦略】この戦略で実資金運用にチャレンジ! ライター鹿内氏:長く続く豪ドルNZドルのレンジをコアレンジャーで取りに行く 2014年ごろからレンジ相場が続いているのが豪ドルNZドルです。月足チャートにボリンジャーバンド(SMA25)の±2σを表示すると、おおむねコアレンジャーの設定範囲と重なります。この幅の中のレンジが続くかぎり、安定して資産は増えていくと判断して選択しました。 運用開始日 …
1 2 3 4 9