シストレ・自動売買

  • 詳細へ
    2020年8月4日
    「ミラートレーダー」が選りすぐりのストラテジーを採用するまで[中里エリカ]
     Tradency社が開発した「ミラートレーダー」では、自動売買取引のプログラムのことを「ストラテジー」と呼んでおり、取引手法や取引通貨ペアが異なるストラテジーをいくつか組み合わせて長期的に運用していくのが一般的だ。当社では、3~5本のストラテジーで運用するお客さまが多いが、世界的には7本程度が一般的のようである。  また、トレンドフォローやブレイクアウト、デイトレードやスイングトレード、最大ポジション数といった概要的なことは取引ツール上に記載されているが、アルゴリズムやストラテジーのソースコードについては明らかにされていない。これは、取引のロジックが知的所有権としてみなされているためである。  そうしたこともあって、Tradency社が顧客に提供するストラテジーを採用するにあたっては、次のように厳しいプロセスを経ることとしている。 ①「ストラテジープロバイダー」と呼ばれる世界中の開発者(ヘッジファンド、投資助言会社やトレーダー)が開発したストラテジーがTradency社に提出され、同社がパフォーマンスをチェックする。 ②一定の審査期間内にTradency社のテスト環境でストラテジーを…
  • 詳細へ
    2年半でプラス208万円!(※1※2)トライオートFXの賢い運用テクニックを有名ブロガー7人がレクチャー!
    2020年7月21日
    2年半でプラス208万円!(※1※2)トライオートFXの賢い運用テクニックを有名ブロガー7人がレクチャー!
    ※1 2020年6月29日時点 ※2 総合損益、最大ドローダウンなどはシミュレーション結果であり、将来の利益を保証するものではありません。 人気のコアレンジャーをポートフォリオ化  インヴァスト証券の主力商品であるトライオートFXに搭載されている「自動売買セレクト」では、抜群の好成績を示す複数のプログラムが、ランキング形式で提供されています。  自動売買セレクトには、4種類のプログラムがありますが、ここで取り上げるのは「ハイブリッド」。「コアレンジャー」という人気の自動売買を、複数の通貨ペアで走らせたものです。  コアレンジャーは反転ゾーンを突き抜ける上昇や下降に弱い欠点があります。この欠点を、ポートフォリオ化によって補うことで、高い収益性の実現を目指しているのです。 自動売買のポートフォリオ運用で口座残高が増加した! <ポイント> コアレンジャーは、相場の波から連続的に利益確定を生み出す期待あり 複数のコアレンジャーでリスク管理をしているのがハイブリッド 成績が良いハイブリッドのシミュレーション利益は2年半で+208万円 コアレンジャー、ハイブリッドは、大相場でより利益を得る可能性を…
  • 詳細へ
    ゼロからはじめる自動売買講座|第14回 2019年の最強EAはこれだ![FX貴族]
    2020年7月17日
    EA開発のスペシャリストが分かりやすく丁寧に解説!ゼロからはじめる自動売買講座|第14回 2019年の最強EAはこれだ![FX貴族]
    好成績を残しているEAをまとめてご紹介  いよいよ今年も残すところ、わずかとなりました。2019年の皆さんの収支はいかがでしたでしょうか。もうEAを運用している人も、これから始めようとしている人も、来年に向けて優秀なEAを知りたいはず…。ということで今回の記事では、2019年に高いパフォーマンスを示した素晴らしいEAをまとめて一挙にご紹介します! ぜひお気に入りのEAを見つけて、運用してみてくださいね。 ◆スキャルピングゼウス  まずは僕自身が出品しているEA『スキャルピングゼウス』から。このEAは今年の1月末に発売したもので、まだフォワードは1年に満たないですが、完全同一ロジックで複数通貨ペアで使えるのが最大のポイント。一般的なEAが一つの通貨ペアでしか使えないのに対して、1本で複数の通貨ペアで使えるため、ロジックの優位性が高く、値段もお得です。押し目買い、戻り売りを基本とする1ポジション固定・単一ロジックの24時間稼働型スキャルピングです。成績も順調に推移しており、自信を持ってお勧めできるEAです。 ◆Flashes for USDJPY  続いて、Trader Kaibeさんの『…
  • 詳細へ
    目からウロコ?FXの魅力の本質を理解しよう~賢者は歴史に学ぶ! 勝っているやり方で負けていく話(後編)~[いいだっち先生]
    2020年7月14日
    目からウロコ?FXの魅力の本質を理解しよう~賢者は歴史に学ぶ! 勝っているやり方で負けていく話(後編)~[いいだっち先生]
    円キャリー取引から暴落待ちの時代に  こんにちは、いいだっち先生です。前回は、最初の2~3年は勝っていたトレーダーがなぜ消えていくのか、その理由をFX相場の歴史背景を交えて説明しました。今回は、その後編になります。 【前編はこちら】 ・目からウロコ?FXの魅力の本質を理解しよう~賢者は歴史に学ぶ!勝っているやり方で負けていく話(前編)~[いいだっち先生]  通信インフラの発達と共に2000年ごろからデイトレーダーといわれる人たちが出現し、世界的に円キャリー取引がはやりましたが、2008年にリーマンショックが発生すると共にスワップ金利目当ての手法が通用しないことが分かりました。いいだっち先生は、この時代を「第一期」と呼んでいます。  そして、いいだっち先生がFXを始めた2009年はギリシャショックから欧州危機が始まり、とにかく暴落待ちの「ショートは寝て待て」時代となりました。数か月ごとに暴落があったため、とてもじゃないけどロングポジションなんて長く持てませんでしたが、ショート一本槍で損切りなんかしなくても何とか勝てた時代でした。これを「第二期」と呼んでいます。 アベノミクス時代の到来(第…
  • 詳細へ
    私のFXトレードのポイント[秋川匡人]
    2020年7月10日
    私のFXトレードのポイント[秋川匡人]
    リピート系自動売買の運用記録を定期的にレポートしている個人投資家の秋川匡人さんに、リピート系の設定において非常に重要なポイントとなる、「注文の値幅」について解説していただきました。 ※この記事は、FX攻略.com2017年8月号の記事を転載・再編集したものです。本文で書かれている相場情報は現在の相場とは異なりますのでご注意ください。 まずはリピート系のおさらいから 私のメイン運用は、リピート系と呼ばれる自動売買の一種で、レンジ相場を狙うものです。 リピート系には、マネースクエアのトラリピを元祖として、いくつかの商品が各FX会社から提供されていますが、基本的な仕組みはだいたい同じです。どれも、何度でも再設定される新規→利食いのイフダン注文か、それと同じ動きをするものを相場に敷き詰めます。 そのため、その敷き詰められた範囲での値動きがあるたび、利益確定が繰り返され、資金が増えていくというのが、リピート系の基本的な仕様です。この仕様から、トレンド相場はあまり得意ではなく、レンジ相場で威力を発揮します。このあたりは先月号の記事でも書かせていただきました。 さて、今回はリピート系の自動売買を運用…
  • 詳細へ
    EA開発のスペシャリストが分かりやすく丁寧に解説!ゼロからはじめる自動売買講座|第13回 裁量トレードvs自動売買(比較)[FX貴族]
    2020年7月9日
    EA開発のスペシャリストが分かりやすく丁寧に解説!ゼロからはじめる自動売買講座|第13回 裁量トレードvs自動売買(比較)[FX貴族]
    自動売買は忙しい人にお勧めの取引スタイル  いきなりFXの自動売買といわれても、正直ピンとこない人も多いですよね。僕自身、裁量トレードから入って、その後自動売買に転向したので、最初は自動売買の存在自体をよく知りませんでした。今となっては自動売買の開発や運用に深く関わるようになりましたが、まだまだ自動売買はFXの中ではマイナーな分野です。自動売買の経験がない人にも、その魅力やメリットを知ってもらうために、今回の記事では裁量トレードと自動売買の比較をしてみます。  自動売買を使ったFXトレードは、その名の通り、人がチャートを監視しなくても自動でトレードしてくれるため、会社員の方でも仕事の片手間に行いやすいのが最大のメリットです。裁量トレードの場合は、手法にもよりますが、毎日長時間チャートに張りついてチャンスを待つ必要があります。自動売買の場合は、一度セットすれば、あとは何もしなくてもプログラムが勝手にトレードをしてくれます。 自動売買は手法を探す必要がない  裁量トレードでは、まずトレード手法を探すところから始まるので、良い手法が見つけられなければトレード開始までに長い時間がかかりますし、…
  • 詳細へ
    EA開発のスペシャリストが分かりやすく丁寧に解説!ゼロからはじめる自動売買講座|第12回 EAは長期目線で運用しよう[FX貴族]
    2020年7月5日
    EA開発のスペシャリストが分かりやすく丁寧に解説!ゼロからはじめる自動売買講座|第12回 EAは長期目線で運用しよう[FX貴族]
    過剰最適化とは何か  EAを使った自動売買を語る上で、避けて通れないのが「過剰最適化」(オーバーフィッティング)です。過剰最適化とは、EAのロジックやパラメーターを過去の値動きに過度に合わせすぎてしまうことをいいます。  過剰最適化によって作られたEAは、バックテスト上では非常に優れたパフォーマンスを発揮しますが、あくまでも過去の値動きに特化しているため、将来の予測性能に乏しく、実際の運用ではパフォーマンスが悪化することが多いです。皆さんも、バックテストは非常に優秀だけど、フォワードテスト(実運用)では全然勝てない、というEAを見たことがあるのではないでしょうか。  今回の記事では、市販されているEAが過剰最適化されているかどうを見抜く、重要なポイントを伝授します。 バックテストの期間に注目!  右肩上がりのきれいなバックテスト結果を作るには、検証期間は短い方が簡単であることはいうまでもありません。検証期間が短ければ短いほど、より精度の高いバックテストを作りやすくなります。そのためバックテスト期間が短いほど、過剰最適化(=実際にはあり得ない高いパフォーマンスになってしまう)のおそれが高…
  • 詳細へ
    2020年6月29日
    休む勇気、止める勇気[中里エリカ]
     このところ、話題を独占している「新型コロナウイルス」は大きく相場を動かし、ドル円相場は3月9日(編集部注:2020年)に101円台をつけて3年4か月ぶりのドル安円高となった。為替相場では、ストップロスがさらなるストップロスをつけるきっかけとなることがある。これまでにも、さまざまな不安感から相場が大きく下落して狼狽売りが加速し、さらに値が崩れるといった局面がいくつもあった。  短期間で大きく動く相場は投資家が大きな利益を生むこともあるし、大きな損失を生むこともある。長年のインターバンク取引の経験から私個人としていえるのは、「マーケットの動きに謙虚に耳を傾ける」ということだ。  常にマーケット・レートは、そのときにふさわしい場所にとどまろうとする。だからこそ、心地の良い場所から抜け出すには大きなエネルギーが必要になる。そのエネルギーの発端となる材料を見つけると、新しい場所に動こうとするし、新しい場所に行ったとしても、行き過ぎた場合は元の場所に戻ることもある。  また、大きく動くときはそれまでに到底抜けられなかった底値をいとも簡単に抜けて、さらに下値を試そうとする。こうした動きはテクニカル…
  • 詳細へ
    眞壁憲治郎のFX長者列伝<第二章> 第8回
    2020年6月27日
    眞壁憲治郎のFX長者列伝<第二章> 第8回
    当企画は、投資家の眞壁憲治郎さんが募ったトレーダーの皆さんにFXで「わらしべ長者」を目指していただこうというもの。「労働者から資本家へ」をテーマに掲げ、参加者が知識と技量をしっかりと身につけながら、わずかな資金からでも大きく勝てるようになっていくことを目標としています。 第2回MKB杯とEAカフェの設立 眞壁 第1回から第4回まではトレード技術に関しての解説、第5回より実際の運用を基に話しています。同時にトレードバトルを開催しました。これは30万円以下の資金から3か月間の成績を競う企画です。ツイッターにて募集しており、どなたでも参加可能です。30万円から積み上げていくのも「労働者から資本家へ」がテーマとなっています。 ・・・・・・・・・・ 眞壁 トレードバトルは第2回が3月から始まり、約1か月が経過しているところですね。この記事を書いているのはまだ2月なので、どうなっているかは分かりませんが、きっと面白いことになっていると思います。MKB杯は2週間ごとのステージ制ですが、最初のステージが終わるころには実力の差が明白になります。今回、私は前回と趣向を変えて挑む予定なので、まずは1か月目が…
  • 詳細へ
    眞壁憲治郎のFX長者列伝<第二章> 第7回
    2020年6月20日
    眞壁憲治郎のFX長者列伝<第二章> 第7回
    当企画は、投資家の眞壁憲治郎さんが募ったトレーダーの皆さんにFXで「わらしべ長者」を目指していただこうというもの。「労働者から資本家へ」をテーマに掲げ、参加者が知識と技量をしっかりと身につけながら、わずかな資金からでも大きく勝てるようになっていくことを目標としています。 トレードバトルを通じて技術を高め合う 眞壁 第1回から第4回まではトレード技術に関しての解説、第5回より実際の運用状況を基に話しています。同時にトレードバトルを開催しました。これは30万円以下の資金から運用し、3か月間の成績を競う企画です。ツイッターにて募集しており、どなたでも参加可能で、30万円から積み上げていくというのも「労働者から資本家へ」がテーマになっています。この記事では、トレードバトルに自動売買のみで参加している金ツッパ侍さんをお呼びして、お互いに裁量トレードとEAトレードを学び合うという趣旨になっています。 ・・・・・・・・・・ 眞壁 トレードバトルは第1回が総勢39名で開始、この記事が誌面に載るころには第2回が開催される予定ですが、第1回は私が優勝しました。2019年10月1日に30万円より始め、12月…
1 2 3 4 11