テクニカル分析手法

  • 詳細へ
    陽和ななみと一人前のトレーダーを目指す!ななみんと学ぶFX|第6回 テクニカル分析の基礎①
    2020年5月27日
    陽和ななみと一人前のトレーダーを目指す!ななみんと学ぶFX|第6回 テクニカル分析の基礎①
    FX女優である陽和ななみさんがトレード成績向上を目指してFXのスペシャリスト山中康司さんからFXで利益を出すために必要な全てを皆さんと共に学んでいきます。今回はテクニカル分析の基礎について教えていただきます。 テクニカル分析とチャートの種類 陽和 山中先生にFXの知識を叩き込んでいただいている「ななみんと学ぶFX」ですが、今回からテクニカル分析に突入します。山中先生よろしくお願いします。 山中 まず初めに、テクニカル分析とは何だと思いますか? 陽和 チャートから値動きなどを分析することですか? 山中 おおむね正解ですが、詳細にいうとテクニカル分析とはオープン、ハイ、ロー、クローズの4本値、そして出来高の五つを材料に将来の価格を予測する手法です。 陽和 FXでは主に高値、安値、始値、終値の四つで分析することになりますね。 山中 そうですね。ななみんは普段どんなチャートを見ていますか? 陽和 私は主にローソク足や平均足を見ています。 山中 それらも含めて今回は、さまざまなチャートの種類を見ていきましょう(画像①)。まず、チャートの中で一番簡単なのは終値だけを結んだ折れ線グラフのラインチャー…
  • 詳細へ
    2020年5月26日
    綸言汗の如し(りんげんあせのごとし)[森晃]
     2020年も3月が終われば一年の4分の1が過ぎたことになる。分数に置き換えると、随分と月日が流れるのは早いと感じる。  米国は暖冬気味であるが、寒いときは毛布にくるまり、ぬくぬくとしたいものである。そして、筆者も人の子であるため、寒いときは室内のランニングマシーンで走る機会が多くなる。通常、5マイルから8マイル走るが、何マイル走ったかの表示を見ると、いつもゴールはまだかまだかと思う。そのため、筆者は走った到達距離を何分の1と工夫してカウントしながら走る。そうすると不思議なことに、残りの距離がすごく短くなったようになり、楽な気分で走ることができる。  ところで、読者の皆さまは*綸言汗の如し(りんげんあせのごとし)(*)という格言をご存じであろうか。この格言は「君主が一度口にした言葉は、訂正したり取り消したりすることができない」という意味である。 *宦官の専横を元帝に訴えようとしたが、事前に事がもれ、獄に入れられてしまい、そこで獄中から書面をもって「易経にある通り、号令は汗の如くにして、汗は出て反(かえ)らざるものなり」と元帝に言葉の重さをしっかり認識するように忠告したことがこの格言の由…
  • 詳細へ
    なにわのチャート博士・神藤将男の中間波動攻略メソッド!|第7回 トレンド相場と中間波動を見極める方法①[神藤将男]
    2020年5月25日
    なにわのチャート博士・神藤将男の中間波動攻略メソッド!|第7回 トレンド相場と中間波動を見極める方法①[神藤将男]
    利益が大きく取れるトレンド相場への関心が高い人は多いですが、トレンドのない場面には興味を示さない人もいるのではないでしょうか? トレンドで利益を丸ごと取るためには、トレンドが発生していない中間波動といわれる局面を制する必要があります。ここでは、そんな中間波動の攻略方法を神藤将男さんに教えていただきます。 トレンドと中間波動を見極めるための方法  皆さん、こんにちは。前回は「トライアングル」について解説しました。第1回から第6回までは主にチャートの形状を学んできました。スポーツや空手などの格闘技でいえば、「フォーム」や「型」といったところでしょうか。チャート上に浮かび上がる形状のパターンを知ることにより、トレンド相場なのか中間波動なのかを見極めやすくなるので、まずはチャートの形状から解説してきました。しかし、「ラインが引いてあればトライアングルやフラッグと分かるのですが、ラインのない通常のチャートを見てもどこにそのパターンがあるのかが分からないし、どのようにラインを引けばいいのか難しい」といった声もたくさんいただきます。  そこで今回からは、トレンド相場と中間波動をどうやって見極めていく…
  • 詳細へ
    山中康司氏特別インタビュー 裁量トレード&シストレ兼用の相場分析術「ボリンジャーバンド1つでこんなに相場が見える!」
    2020年5月24日
    山中康司氏特別インタビュー 裁量トレード&シストレ兼用の相場分析術「ボリンジャーバンド1つでこんなに相場が見える!」
    裁量判断が成功のポイント 編集部 山中さんの新著『着実運用で4年で10倍! ボリンジャーバンド×自動売買FX』はどういったことを学べる本なのでしょうか? 山中康司(以下、山中) 一言でいうと、リピート系運用をこれから始める方向けの入門書です。リピート系運用とは、一定の範囲に新規建てから利食いまでがワンセットになったイフダン注文を敷き詰め、その範囲内の値動きから利益確定を狙うやり方のことです。このイフダン注文は利食いまでが完了したら再設置されるため、範囲内で行ったり来たりすれば、それだけ利益が出ます。 編集部 いくつかのFX会社からいろいろなリピート系運用が登場していますよね。 山中 この本ではFXブロードネットの「トラッキングトレード」の運用について解説しています。通貨ペア、売りか買いか、想定変動幅、投じる資産額を決めるだけで始められるので、リピート系の中でも初期設定は簡単な部類でしょう。しかも、トラッキングトレードは相場の変動に合わせて設定した「想定変動幅」が移動するという機能も兼ね備えています。したがって、売り買いの方向さえ間違えなければ利食いのチャンスを逃さないという特徴がありま…
  • 詳細へ
    なにわのチャート博士・神藤将男の中間波動攻略メソッド!|第6回 ペナントを理解する②[神藤将男]
    2020年5月14日
    なにわのチャート博士・神藤将男の中間波動攻略メソッド!|第6回 ペナントを理解する②[神藤将男]
    利益が大きく取れるトレンド相場への関心が高い人は多いですが、トレンドのない場面には興味を示さない人もいるのではないでしょうか? トレンドで利益を丸ごと取るためには、トレンドが発生していない中間波動といわれる局面を制する必要があります。ここでは、そんな中間波動の攻略方法を神藤将男さんに教えていただきます。 ペナントから派生した三つのトライアングル  皆さん、こんにちは。前回は「ペナント」について解説しました。トライアングルの形をしたペナントを理解することで中間波動の基本系を学ぶことができます。価格が線を引いたように一直線で動くのであれば誰もが簡単にトレードできますが、残念ながら相場は複雑な動きの連続でトレンドを形成します。この複雑で難解な動きを一つ一つ丁寧にひも解くことでトレンド相場をしっかりと狙うことができるようになります。トレンド相場を狙うには中間波動を理解することが重要であり、中間波動を極めることでトレンド相場をしっかりと狙うことができるようになるのです。  今回はペナントから派生したトライアングルを三つ学んでいきましょう(図①)。毎回お伝えしていますが、チャートのパターンや形状を…
  • 詳細へ
    外為オンライン・佐藤正和の実戦取引術|3大通貨の未来を予測するテクノ&ファンダ分析【今月のテーマ|相場の長期展望を立てたいなら移動平均線の期間「200」に注目!】
    2020年4月29日
    外為オンライン・佐藤正和の実戦取引術|3大通貨の未来を予測するテクノ&ファンダ分析【今月のテーマ|相場の長期展望を立てたいなら移動平均線の期間「200」に注目!】
    私が愛用しているテクニカル指標の一つが期間を「200」にした移動平均線(以下、SMA)です。日足の200日SMAは海外投資家も大注目する重要テクニカルとして知られていますが、週足の200週SMAもそれ以上に大切です。今回は200日SMA、200週SMA、それに次いで重要な120日SMA、120週SMAに注目して、主要通貨ペアの未来を展望してみましょう。 ※この記事は、FX攻略.com2020年4月号の記事を転載・再編集したものです。本文で書かれている相場情報は現在の相場とは異なりますのでご注意ください。 200日SMAがドル円相場の争点に。抜けるか割り込むかその行方やいかに!?  米国とイランの軍事的緊張で幕を開けた2020年も2018年、2019年に続き波乱の展開で始まりました。とはいえ、米中通商交渉の進展や米連邦準備制度理事会(FRB)が2019年10月に開始した「隠れQE4」の影響もあり、米国株が史上最高値を更新し続ける「トランプバブル」はまだまだ続きそうにも見えます。  そんな中、ドル円は2019年10月以降、200日SMAを抜けたり割り込んだりしながら、107円~110円台で…
  • 詳細へ
    なにわのチャート博士・神藤将男の中間波動攻略メソッド!|第5回 ペナントを理解する[神藤将男]
    2020年4月27日
    なにわのチャート博士・神藤将男の中間波動攻略メソッド!|第5回 ペナントを理解する[神藤将男]
    利益が大きく取れるトレンド相場への関心が高い人は多いですが、トレンドのない場面には興味を示さない人もいるのではないでしょうか? トレンドで利益を丸ごと取るためには、トレンドが発生していない中間波動といわれる局面を制する必要があります。ここでは、そんな中間波動の攻略方法を神藤将男さんに教えていただきます。 基本のペナントを学ぶ  皆さん、こんにちは。前回は「フラッグ」が起きるメカニズムについて解説しました。チャートの形だけを覚えるのではなく、その仕組みを理解することでチャート上の買い方と売り方の戦いの軌跡を知ることができるようになります。どのようにしてフラッグができるのか、そのフラッグがどのようにして破綻するのかを把握するだけでもトレードの幅が一気に広がります。  今月はさらにレベルアップするために「ペナント」について解説いたします。第1回でトライアングルを紹介しましたが、中間波動においてはペナントという呼び方もします。トライアングルの形状は非常に奥が深くパターンも多いので、まずは基本のペナントから学んでいきましょう。このペナントを理解することで、トレンド相場の途中で出てくる揺さぶりや振…
  • 詳細へ
    「ボリンジャーバンド」を理解する その2|標準偏差[マックス岩本]
    2020年4月23日
    「ボリンジャーバンド」を理解する その2|標準偏差[マックス岩本]
    マーケットの価格は正規分布にならない 前回はボリンジャーバンドの概要と活用する際の注意点に加えて、親類関係にあるエンベロープとの違いについて解説しました。今回は、ボリンジャーバンドを実践で活用いただくためにも、さらに突っ込んだ部分について解説していきたいと思います。 まずは簡単なおさらいです。ボリンジャーバンドは移動平均線を応用したトレンド系指標の仲間で、そこに統計学を盛り込むことにより、相場の方向性だけでなく一定期間における価格のばらつきをも教えてくれる万能指標であるとお伝えしました。ボリンジャーバンド最大の特徴は、ミッドバンドと呼ばれる単純移動平均線の上下に伸縮する+1σ、−1σ、+2σ、−2σ、+3σ、−3σの各ライン、つまり「標準偏差」にあります。そのため、ボリンジャーバンドを活用して適切な売買タイミングを捉えるためには、この標準偏差に対する理解が欠かせません。 まれに、統計学上のデータが±1σ〜±3σの間にデータが収まる確率が68.3%〜99.7%であるということを根拠に逆張りを推奨される方がいますが、それは大きな間違いです。あくまで、この統計的なアプローチが有効なのは、その…
  • 詳細へ
    「ボリンジャーバンド」を理解する その1[マックス岩本]
    2020年4月22日
    「ボリンジャーバンド」を理解する その1[マックス岩本]
    フォーメーション分析に続き、今回からは「ボリンジャーバンド」について学んでいただきます。ボリンジャーバンドは統計学を用いたFXのメジャーなテクニカル指標ですが、その特性を表面的にしか理解していない人も多いのではないでしょうか。ここではマックス岩本さんに、ボリンジャーバンドの基礎から実践的な活用法までを徹底的に解説してもらいます。 特徴を把握することで高い効果が期待できる 前号まで6回にわたりフォーメーション分析について解説してきましたが、今号からは「ボリンジャーバンド」を取り上げ、基礎から応用、実践的な活用方法をお伝えしていきたいと思います。 まず、あなたはボリンジャーバンドと聞いて、どのようなイメージをお持ちでしょうか? 中には“移動平均線を応用した逆張り指標”というイメージをお持ちになる方もいらっしゃると思います。ただ、私としてはそういった偏った見方・使い方をするにはもったいない指標だという認識があります。 ボリンジャーバンドを活用して失敗する方の多くは、偏った見方をしすぎることと性質の理解が甘いことが原因となるケースが多いです。ボリンジャーバンドは、その特徴をしっかりと理解し、幅…
  • 詳細へ
    なにわのチャート博士・神藤将男の中間波動攻略メソッド!|第4回 フラッグを理解する②[神藤将男]
    2020年4月14日
    なにわのチャート博士・神藤将男の中間波動攻略メソッド!|第4回 フラッグを理解する②[神藤将男]
    FXで利益が大きく取れるトレンド相場への関心が高い人は多いですが、トレンドのない場面には興味を示さない人もいるのではないでしょうか? トレンドで利益を丸ごと取るためには、トレンドが発生していない中間波動といわれる局面を制する必要があります。ここでは、そんな中間波動の攻略方法を神藤将男さんに教えていただきます。 基本パターン+αを習得する必要がある  皆さん、こんにちは。前回は中間波動におけるパターンとして「フラッグ」を紹介しました。フラッグとは「旗」の形をしていて、「上昇フラッグ」と「下降フラッグ」があり、それぞれの旗の形が破綻するところが狙い目であることをお伝えしました。  中間波動におけるパターンはいくつかありますが、フラッグはそのうちの一つで、基本的にはそのパターンの形を覚えれば皆さんもある程度はすぐに使えるようになります。ただ、形だけや売買シグナルだけを覚えれば良いというものではありません。今週はその部分を深く解説していきますので、楽しみにしておいてください。 相場における大事なこと  利益が出て喜んで決済したものの、その後さらに相場が大きく上昇し途中からは指をくわえて見ている…
1 2 3 4 22