FX力を鍛える有名人コラム

「米ドル/円」は下降チャネル内での推移を継続[田嶋智太郎]

「米ドル/円」は一目均衡表の日足「雲」や89日線をも一気に下抜け、一時は120.41円まで下押し。6/5高値と6/24高値を結ぶレジスタンスラインに平行し、6/10安値を通る「下降チャネル」の下辺手前で下げ渋った。やはり120円は重要な心理的節目と見られ、目先的には120.40-50円あたりのサポートがきいている。

中国やギリシャの行方次第で一時的に120円を割り込む可能性も否定はできないが、119円を明確に下抜けない限り、大きな流れとしての円安・ドル高基調は継続するというのが基本的な見方となる。まずは、何より122円台に回復したうえで、日足「雲」下限を上抜けるかどうかを見定めたい。

日足「雲」のなかに潜り込みさえすれば、数日内にチャネル上辺や21日線を上抜けるタイミングも訪れ、そこからジワリと上値余地も拡がろう。いまや中国の株価対策は“なんでもアリ”という状況になっており、あまり見くびり過ぎてもいけないのかもしれない。

ABOUT ME
FX攻略.com編集部
FX攻略.com編集部
日本で唯一の月刊FX情報誌『月刊FX攻略.com』を2008年から10年以上発行してきた編集部です。
トレイダーズ証券 みんなのFX
あなたに最適なFX会社・取引口座を見つけよう!!
【FX会社比較】10年以上FX専門誌を発行してきたFX攻略.com編集部が調査しました

「これからFXを始めよう」と思ったとき、意外と悩んでしまうのがFX会社、取引口座選びではないでしょうか? でも大丈夫。ご安心ください。先輩トレーダー達も最初は初心者。みんなが同じ悩みを通ってきているんです。

10年以上にわたってFX月刊誌を出版してきた老舗FXメディア「FX攻略.com」編集部が、FX用語を知らない人でもわかるようにFX会社、取引口座のポイントを解説しました!

取り上げているFX会社は、金融商品取引業の登録をしている国内FX業者です。口座開設は基本的に無料ですので、まずは気になったところで2〜3つ口座開設してみて、実際に比べてみてはいかがでしょうか

\FX会社によって違うところをチェック/

スプレッドFX取引における取引コスト。狭いほうが望ましい。
約定力狙った価格で注文が通りやすいかどうか。
スワップポイント高水準かどうか。高金利通貨の取り扱いの数。
取引単位少額取引ができるかどうか。運用資金が少ないなら要チェック。
取引ツール提供されるPC・スマホ取引ツールの使いやすさ。MT4ができるかどうか。オリジナルの分析ツールの有無。
シストレ・自動売買裁量取引とは別に自動売買のサービスがあるかどうか。
サポート体制サポート内容や対応可能時間の違いをチェック。
教育コンテンツ配信されるマーケット情報や投資家向けコンテンツの有無。
キャンペーン新規口座開設時や口座利用者向け各種キャンペーンの内容。

FX会社を比較・検討
したい方はこちら >>
FX会社を一社ごとに
見たい方はこちら >>

あわせて読みたい