FX力を鍛える有名人コラム

ドル高エンジンを加速させられるか[井口喜雄]

トレイダーズ証券の井口喜雄による【Dealer’sEYE】をお届けします。

ドル円は111.27円付近が視野に入るか

米中通商協議の進展や、米政府機関再閉鎖の回避期待から日経平均が大幅上昇するなどリスクオンの展開からクロス円は堅調な値動きとなっています。ドル円も110円台にしっかり乗せており、次のターゲットとして200日移動平均線の差し掛かる111.27円付近が視野にはいります。ただし、110円後半(執筆時110.70円)からロングでついていくには心理的な抵抗があります。押し目を待つか、110円台でしっかり根固めできるかどうか少し様子を見ていきたいところです。一方下値は、心理的な節目となる110.00円になりますが、ここを再度割り込むようだとドル高シナリオは厳しくなるため、テクニカル的にこのサポートは踏ん張りどころといえるでしょう。

米消費者物価指数が鍵になるか

このドル高エンジンが加速できるか、失速するかは今夜13日(水)の米消費者物価指数が鍵を握っているかもしれません。先に発表された米雇用統計で米ファンダメンタルは強いことが再確認されましたが、年内の利上げ確率はいまだに0回となっています。やはりFRBが再び利上げに向かうためにはインフレ率を確認する必要があるということでしょう。インフレの最重要指標である米消費者物価指数は要注目です。

また、15日までの暫定予算案は与野党合意による期待感が高まっているものの、トランプ大統領は「満足しているとも喜んでいるとも言えない」と述べています。トランプ大統領が満額回答ではない本案に署名するかは不透明で予断を許さない状況であることに変わりはありません。最終的には無難な着地点を模索することになりそうですが、ここ数日はSNSでの”トランプ砲”が発射される可能性も高く、注意が必要になります。

ドイツはリセッション(景気後退)入りするのか

ユーロ圏の景況感悪化懸念が高まるなか、14日(木)に発表のドイツの10-12月GDP・国内総生産(速報値)に注目が集まります。GDPの指標結果がマイナスとなりますと、2四半期連続でマイナス成長となり、イタリアに次ぎ立派なリセッション入りの判定となります。タカ派で知られるバイトマン独連銀総裁からも直近では「想定していたよりも独景気の弱さが若干長引いている」「独経済に下振れリスクが広がっている」などの弱気発言が飛び出しており、マーケットでは弱気な見方が大勢を占めています。もしドイツまでもがリセッション入りしたとなれば夏以降としていたECBの利上げ期待は剥落するため、今回のGDPはユーロにとってターニングポイントとなりそうです。

★井口の相場見通しレポートプレゼント!!★

2月15日(金)までに「みんなのFX」でお口座開設をされた方限定で、為替ディーラー井口による「2019年為替相場見通しレポート」をプレゼント!

主要6通貨ペアについて、それぞれの注目ポイントと、相場動向予測を書き下ろしたものです。

■レポートプレゼントに関する詳細はこちら■
https://min-fx.jp/press/201090122-1/

【ご注意】

※記載の内容は投資判断の参考となる情報の提供を唯一の目的としたもので、投資勧誘を目的としたものではございません。
※投資に関する最終判断は、お客様ご自身の判断でなさるようお願い致します。
※掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性、完全性を保証するものではございません。
※当サービスに基づいて被ったいかなる損害についても、トレイダーズ証券及び情報提供元、関連会社は一切の責任を負いかねます。
※いかなる目的を問わず本情報の複製、転送及び販売を固く禁じます。

↓↓ 【FX攻略.com限定】新規口座開設(無料)&1lot取引で月刊FX攻略.com3か月分もらえる!! ↓↓

【関連記事】
トレイダーズ証券 [みんなのFX]※当サイト限定の特典あり
現役為替ディーラーが何でも答えます!「みんなのQ&A」第14回 市場ごとに特徴はある?[井口喜雄]
川崎ドルえもんさんと同じ取引ができる!みんなのシストレ[トレイダーズ証券]
現役為替ディーラーが、話題のアノ人と語り尽くすTrader’s対談 前編[トレイダーズ証券みんなのFX 井口喜雄/ゲスト 川崎ドルえもん]

ABOUT ME
FX攻略.com編集部
FX攻略.com編集部
日本で唯一の月刊FX情報誌『月刊FX攻略.com』を2008年から10年以上発行してきた編集部です。
トレイダーズ証券 みんなのFX
あなたに最適なFX会社・取引口座を見つけよう!!
【FX会社比較】10年以上FX専門誌を発行してきたFX攻略.com編集部が調査しました

「これからFXを始めよう」と思ったとき、意外と悩んでしまうのがFX会社、取引口座選びではないでしょうか? でも大丈夫。ご安心ください。先輩トレーダー達も最初は初心者。みんなが同じ悩みを通ってきているんです。

10年以上にわたってFX月刊誌を出版してきた老舗FXメディア「FX攻略.com」編集部が、FX用語を知らない人でもわかるようにFX会社、取引口座のポイントを解説しました!

取り上げているFX会社は、金融商品取引業の登録をしている国内FX業者です。口座開設は基本的に無料ですので、まずは気になったところで2〜3つ口座開設してみて、実際に比べてみてはいかがでしょうか

\FX会社によって違うところをチェック/

スプレッドFX取引における取引コスト。狭いほうが望ましい。
約定力狙った価格で注文が通りやすいかどうか。
スワップポイント高水準かどうか。高金利通貨の取り扱いの数。
取引単位少額取引ができるかどうか。運用資金が少ないなら要チェック。
取引ツール提供されるPC・スマホ取引ツールの使いやすさ。MT4ができるかどうか。オリジナルの分析ツールの有無。
シストレ・自動売買裁量取引とは別に自動売買のサービスがあるかどうか。
サポート体制サポート内容や対応可能時間の違いをチェック。
教育コンテンツ配信されるマーケット情報や投資家向けコンテンツの有無。
キャンペーン新規口座開設時や口座利用者向け各種キャンペーンの内容。

FX会社を比較・検討
したい方はこちら >>
FX会社を一社ごとに
見たい方はこちら >>

あわせて読みたい