トレイダーズ証券

米長期金利次第のマーケット ドル円は110円も視野に[井口喜雄]

トレイダーズ証券の井口喜雄による【Dealer’sEYE】をお届けします。

米長期金利次第のマーケットが続く

米長期金利上昇を背景としたマーケットラリーが続いています。昨日のドル円は米長期金利上昇を背景に一時109.23円まで上昇しましたが、さすがにスピード調整が入り109円台は戻り売りが優勢でした。また、昨夜行われた米3年債入札が順調に消化したこともあり、現在のところ米長期金利は比較的落ち着きを取り戻しているようにも思います。しかし、このまま米長期金利の上昇が収束に向かうかは、今夜の米消費者物価指数や米10年債入札の結果次第となりそうです。

今夜注目のイベント

米消費者物価指数は前回(結果:0.1% vs 予想:0.2%)と予想より悪い結果が発表され、米10年債利回りは下落しました。しかし、足元では先週発表された米雇用統計が好調だった点、商品市場で原油WTIが堅調な点、世界の貿易の活発さと関連性が高いといわれているバルチック海運指数が直近一年間で高い水準にある点を考えると、今回の米消費者物価指数は好調な結果が出てくる可能性もあります。

加えて米10年債入札も先月の米5年債入札と米7年債の入札が不調だったことがトリガーになり、米長期金利が急上昇をしただけに感度の高い指標となります。

ドル円はロング110円も視野に

今夜は米重要指標もあり、ドル円は米長期金利次第で振らされる展開ではありますが、第一感はロングか入るオペレーションです。パウエルFRB議長が米長期金利上昇を容認している一方、黒田日銀総裁はマイナス金利の深堀を示唆している局面で、ドル円が下落トレンドに戻るには相当な材料が必要に思えるからです。

来週18日(木)にFOMC、19日(金)に日銀金融政策決定会合が予定されているので、それまではこの材料を追いかける形でトレードします。もっともドル円の日足チャートを見るとそれなりに調整が入りそうな形なだけに、米長期金利の低下を受けて急落する場面があれば押し目を拾って行くのも悪くありません。

【ご注意】
※記載の内容は投資判断の参考となる情報の提供を唯一の目的としたもので、投資勧誘を目的としたものではございません。
※投資に関する最終判断は、お客様ご自身の判断でなさるようお願い致します。
※掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性、完全性を保証するものではございません。
※当サービスに基づいて被ったいかなる損害についても、トレイダーズ証券及び情報提供元、関連会社は一切の責任を負いかねます。
※いかなる目的を問わず本情報の複製、転送及び販売を固く禁じます。

\新規口座開設キャンペーン実施中!/

トレイダーズ証券 みんなのFX

ABOUT ME
井口喜雄
井口喜雄
いぐち・よしお。トレイダーズ証券市場部ディーリング課。認定テクニカルアナリスト。1998年より金融機関に従事し、主に貴金属や石油製品のコモディティ市場を中心としたカバーディーリング業務に携わる。2009年からみんなのFXに在籍し、「米ドル/円」や欧州主要通貨を主戦場にディーリング業務を行う。ファンダメンタルズから見た為替分析に精通している他、テクニカルを利用した短期予測にも定評がある。最近では、みんなのFXの無料オンラインセミナーにも登場し分かりやすい講義内容が好評を得ている。さらにTwitterでは、プロディーラーが相場についてリアルな意見を発信しているので要チェック。 ■トレイダーズ証券の詳細はこちらトレイダーズ証券公式サイト
トレイダーズ証券 みんなのFX
月額980円で一人前の投資家を目指す〜マネーアップ〜
マネーアップのお知らせ

「マネーアップ」とは、日本で唯一の月刊FX情報誌「FX攻略.com」による“FX学び放題”なサービス。投資系ECメディア「GogoJungle」で展開しています。

有名トレーダー達のトレード手法、トレードロジックなどの記事や動画コンテンツの数々、及び発売日前の月刊誌『FX攻略.com』のほぼすべての記事が先読みできるなど、様々なコンテンツが月額980円で読み放題、見放題に。

初心者から一人前のFX投資家になるために必要な知識を“最短”かつ“お得”に学べます。

マネーアップ収録FX・投資動画イメージ

まずは200以上あるFX・投資動画のラインナップをご確認ください!

初月0円キャンペーンについて >>収録コンテンツを今すぐ見る >>

あわせて読みたい