雨夜恒一郎

  • 詳細へ
    2018年11月12日
    歴史的なドル独歩高の中でドル円に上昇余地[雨夜恒一郎]
    FX攻略.com ズバリ!今週の為替相場動向 2018年11月12日号 先週のドル円相場 先週のドル円相場はじり高の展開となり、一時114.08円と1か月ぶりの水準まで上昇。米国中間選挙で野党民主党が下院議席の過半数を奪取したものの、想定の範囲内の結果だったことから材料出尽くしの動きとなった。またFOMC声明が「さらなる漸進的な利上げを想定」との見解を繰り返したこともドル買いにつながった。NYダウは週間ベースで700ドル超の大幅上昇となり、米国10年債利回りも3.2%台まで反発した。 先週の当コラムでは、「株式市場の不安がピークを過ぎ、米中貿易摩擦の緩和期待が浮上し始めた今、FOMC声明がさらに明るい内容となれば、株高・金利上昇・ドル高の“米国トリプル高”もありうる」との見方を示したが、おおむねそのような結果となった。 株式市場の不安感は沈静化 米国主要企業の決算発表がピークを過ぎ、中間選挙というイベントを通過したことで、株式市場の不安感はさらに沈静化に向かう見通しだ。恐怖指数VIXは16~17まで低下し平常時の水準に近づいている。中間選挙の結果、上院は共和党、下院は民主党が支配するね…
  • 詳細へ
    2018年11月5日
    市場の不安はピークアウト 今週はFOMC声明に注目[雨夜恒一郎]
    FX攻略.com ズバリ!今週の為替相場動向 2018年11月5日号 先週のドル円相場 先週のドル円相場は反発し、113円台を回復。株式市場が落ち着き始めたことや、米中関係についてトランプ大統領が楽観的な見通しを示したこと、また10月の米国雇用統計が強い結果となったことが買い材料となった。NYダウは荒い値動きが続いたものの、週間ベースでは約600ドルの上昇となった。 米中貿易摩擦は緩和の方向へ 米中貿易摩擦に関しては、トランプ大統領と習近平国家主席が1日に電話会議を行い、今月末にアルゼンチンで開かれるG20で首脳会談を行うことになったことで、双方に受け入れ可能な合意に向けた協議が進む可能性が出てきた。一部では、トランプ大統領が重要閣僚に中国との貿易合意の草案作成を要請したと報じられた。大統領はツイッターで「中国との協議は良好に進んでいる」と発言している。米国はすでに中国からの計2500億ドル相当の輸入品に制裁関税を課しているが、少なくともG20、米中首脳会談が行われる今月末までは、制裁と報復の応酬は一服すると見られる。その間、市場は幾分平静を取り戻すことになるだろう。 米国雇用統計では…
  • 詳細へ
    2018年10月29日
    株価下落でもドル自体は強い 米雇用統計に注目[雨夜恒一郎]
    FX攻略.com ズバリ!今週の為替相場動向 2018年10月29日号 先週のドル円相場 先週のドル円相場は、株価連動の色彩が強まる中、上値の重い展開となり、一時111.38円と9月13日以来の安値を付けた。ハイテク株やインターネット関連銘柄が売り込まれる中、S&P総合500は5月初旬以来の安値で終了。日経平均も大幅に下落し、一時21000円台を割り込んだ。恐怖指数VIXは再び27まで上昇し、質への逃避で米国債利回りは急低下した。先週の当コラムでは、「株式市場のガス抜きが一段落したとすれば、今週は当面の底入れから再度上値を試す展開に移行していく可能性が高くなるだろう」と予想したが、その見方は甘かったようだ。 米国企業の決算発表がピークを迎える中で、株式市場はボラティリティが極めて高い局面が続くことを覚悟しなければならない。その恐怖に耐えられない参加者はリスクを回避し、円ショートを巻き戻すことになる。IMM通貨先物の取組を見る限り、投機筋の円ショートはあまり減っておらず、この点からはドル円の下落余地は小さくないことになる。 健闘しているドル円 一方で、今月に入って株式市場が2月の…
  • 詳細へ
    2018年10月22日
    株式市場のガス抜き一段落でドル円も底堅く[雨夜恒一郎]
    FX攻略.com ズバリ!今週の為替相場動向 2018年10月22日号 先週のドル円相場 先週のドル円相場は、株式市場が落ち着きを取り戻すなか底堅く推移し、一時112.73円まで回復した。イタリアの財政不安やサウジと米国の緊張など、それなりに重たい材料はあったものの、NYダウは小幅ながら週間ベースでプラスを確保し、日経平均も22500円台と下げ渋った。米国為替報告が公表され、中国の為替操作国認定は見送られたことも、安堵感につながった。 リスク回避ムードが後退するにしたがって、米国10年債利回りは反発に転じ、3.2%台を回復した。先週の当コラムでは、「株価が金利上昇に一時的に折り合いがつけられなくなって下落するのは、いわば成長期の子供が脚などの痛みを訴える“成長痛”のようなものだ。子供も株式市場も、やがてその痛みを乗り越えて成長していく」と述べた。先週の動きを見ると、株式市場は金利上昇となんとか折り合いをつけ始めているように見える。米国景気や企業業績は依然好調が続いているため、現在の金利水準に目が慣れさえすれば、株式市場はまたしばらく好況を謳歌することができるだろう。 今週の注目材料 今…
  • 詳細へ
    2018年10月15日
    金利上昇下での株安は成長痛!押し目買いスタンス継続[雨夜恒一郎]
    FX攻略.com ズバリ!今週の為替相場動向 2018年10月15日号 先週のドル円相場 先週のドル円相場は、株安を受けたリスク回避型の円買いが支配的となり、113円台後半から111.83円まで下落した。NYダウは水曜日に831ドル安、木曜日に545ドル安となり、週の下げ幅も1100ドルを超えた。イタリアの財政懸念という新規材料もあったが、投資家心理を冷え込ませたのは何といっても急激な米国債利回りの上昇だった。前回の当コラムでは、「米国金利上昇と株高は共存できる」として、ドル強気スタンス継続を唱えたが、残念ながらそう甘くはなかった。 為替市場は円の独歩高となるか? 先週の株価急落を受けて、市場では早くも強気相場終焉との見方も浮上してきた。果たして株式市場は弱気局面に突入し、為替市場では円の独歩高となっていくのであろうか。 筆者はそうは思わない。米国景気は絶好調で、インフレリスクもなく、経済は非常にバランスのとれた状態にある。FRBの利上げペースは今後もごく緩やかとなる公算が大きく、その着地点は中立金利とされる3%前後とみられている。米国10年債利回りは、先週の株安を受けて上昇一服となり…
  • 詳細へ
    2018年10月8日
    米国金利上昇と株高は共存できるか?[雨夜恒一郎]
    FX攻略.com ズバリ!今週の為替相場動向 2018年10月8日号 先週のドル円相場 先週のドル円相場は、一時114.55円と昨年11月以来の高値を更新。米ISM非製造業景況指数やADP雇用報告といった経済指標が市場予想を上回ったことや、パウエルFRB議長が「中立金利水準を超えて利上げを進める可能性がある」との考えを示したことから、米国債利回りが急上昇し、ドル円も114円台へ押し上げられた。しかし週後半は、急激な金利上昇を嫌気して米国株式市場が下落に転じると、ドル円も113円半ばまで押し戻された。 発表された各指標を整理 先週金曜日に発表された米国9月の雇用統計では、失業率が3.7%と48年ぶりの水準へ低下。非農業部門雇用者数はハリケーンの影響で+13.4万人と予想(+18万人)を下回ったものの、過去2か月分が合計8.7万人上方修正された。一方、平均時給の伸び率は前年比+2.8%と前回の+2.9%から小幅減速した。完全雇用と緩やかな賃金上昇が共存する、非常に都合の良い状況が続いていることを裏付ける結果であり、FRBが現在進めている緩やかな利上げスタンスと整合的だ。今年12月と来年3月…
  • 詳細へ
    2018年10月1日
    ドット・プロット・チャートが上方シフト!ドル円も新たな上昇局面入りか[雨夜恒一郎]
    FX攻略.com ズバリ!今週の為替相場動向 2018年10月1日号 先週のドル円相場 先週のドル円相場は、112円台半ばから113.71円まで上昇し、年初来高値を更新した。FOMCの利上げを受けて一旦材料出尽くしのドル売りが出たものの、下げ幅は限定的。米国の好調なファンダメンタルズを素直に好感したドル買いや、リスク選好ムードを背景とした円売りが支配的となった。 ドット・プロット・チャートは予想を上回る結果に 先週の当コラムでは、過去の経験則をもとに、FOMCで織り込み済みの利上げが実現すればドルは下落に転じると予想したが、そうはならなかった。 FOMCの利上げと声明(ロイター)は予想通りだったが、ドット・プロット・チャートは筆者の予想を少し上回るものだった。 図1は前回6月、図2は今回のドット・プロット・チャートだが、両者を比べてみると、ドットが微妙に上方にシフトしていることがわかる。2018年末の水準は2.25-2.50%のドットが7個から12個に増加し、12月にも利上げがある可能性が一段と高まった。2019年末の水準は、6月時点では3.0%前後にドット8個が集中していたが、今回は…
  • 詳細へ
    2018年9月24日
    FOMC利上げで材料出尽くしの反応に注意[雨夜恒一郎]
    FX攻略.com ズバリ!今週の為替相場動向 2018年9月24日号 先週のドル円相場 先週のドル円相場は、112円を突破し112.87円までじり高の展開。トランプ大統領が2000億ドル規模の中国からの輸入品に対する制裁関税を発表したが、市場は意外なほど冷静で、米国株や米国債利回りの上昇を背景にドル買い・円売りが終始優勢となった。米国株式市場ではNYダウが8か月ぶりに過去最高値を更新し、米国10年債利回りは3%台を回復した。 米中貿易戦争に楽観的すぎる市場 トランプ米大統領が仕掛けた対中制裁関税は今回が初めてではなく、7月と8月に発動した合計500億ドル(税率25%)に続く第二弾だ。しかし今回の2000億ドルの輸入品に対する税率は10%にとどまるため、市場は「米国経済に対する影響は限定的」と受け止めたようだ。ただし中国がこれに報復措置をとれば、来年以降税率は25%に引き上げられるとされており、泥沼化は必至。たまたま株式市場が強気局面にあったから「影響が限定的」のように感じられただけで、市場は事態の深刻さをあまり深く考えていない可能性がある。株式市場が調整局面に入ったときには全く違う反応…
  • 詳細へ
    2018年9月17日
    ドル円112円突破!それでも上昇が続かないと見る理由[雨夜恒一郎]
    FX攻略.com ズバリ!今週の為替相場動向 2018年9月17日号 先週のドル円相場 先週のドル円相場は、111円台を値固めし112円台へ浮上。トルコ中銀が予想を上回る大幅な利上げを実施し、トルコリラが急反発したことや、米中貿易問題打開への期待感が高まったことから、リスク回避ムードが後退。また米国10年債利回りが6週間ぶりに節目の3%台に乗せたことがドルをサポートした。米8月の生産者物価指数と消費者物価指数はともに予想を下回り失望の結果となったが、相場への影響は限定的だった。 ドル円相場に方向性が出るには? ドル円は当面のレンジ上限と想定していた112円を上回ってきたが、ここから新たな上昇トレンドに発展していく可能性はどれほどだろうか。筆者はその可能性はあまり高くないと考えている。現在、ドルと円がともに安全通貨と認識されており、新興国市場や米中貿易問題などのリスク要因をにらみながら並行して動くからだ。 市場の緊張が高まりリスク回避ムードが強まるときはドル高・円高、逆に緊張が緩和しリスク選好ムードが強まるときはドル安・円安となり、結局ドル円は方向性が出ない。現在ドル円はレンジの上限を突…
  • 詳細へ
    2018年9月10日
    好材料でも買われないドル円!変化の胎動か?[雨夜恒一郎]
    FX攻略.com ズバリ!今週の為替相場動向 2018年9月10日号 先週のドル円相場 先週のドル円相場は、110-111円台での上下動の末、結局111円ちょうど付近で週の取引を終えた。週前半は貿易問題を懸念したリスク回避のドル買いが他通貨に対して進行し、ドル円にも波及したことから、一時111.75円付近まで上昇。しかし週後半は「トランプ大統領が貿易問題で次に日本と争う公算」と報じられたことから、110.38円まで反落した。 本筋がノイズに負ける 驚くべきは、本筋であるはずの米国ファンダメンタルズが、ノイズであるはずのトランプ砲に負けてしまったことだ。先週金曜日に発表された8月の米国雇用統計は、非農業部門雇用者数が+20.1万人(予想+19.0万人)、平均時給が前年比+2.9%(予想+2.7%)と強い結果となった。発表直後にドル円は上昇したが、結局ドル買いは続かず、トランプ大統領が対中制裁関税で追加を用意している」と報じられるとあっさりと下落に転じた。 米国平均賃金(前年比上昇率) 出所:労働統計局 平均時給の前年比+2.9%というのは、リーマンショック後のボトムからの戻り高値を約2年…
1 2 3 4 26