雨夜恒一郎

  • 詳細へ
    2018年9月17日
    ドル円112円突破!それでも上昇が続かないと見る理由[雨夜恒一郎]
    FX攻略.com ズバリ!今週の為替相場動向 2018年9月17日号 先週のドル円相場 先週のドル円相場は、111円台を値固めし112円台へ浮上。トルコ中銀が予想を上回る大幅な利上げを実施し、トルコリラが急反発したことや、米中貿易問題打開への期待感が高まったことから、リスク回避ムードが後退。また米国10年債利回りが6週間ぶりに節目の3%台に乗せたことがドルをサポートした。米8月の生産者物価指数と消費者物価指数はともに予想を下回り失望の結果となったが、相場への影響は限定的だった。 ドル円相場に方向性が出るには? ドル円は当面のレンジ上限と想定していた112円を上回ってきたが、ここから新たな上昇トレンドに発展していく可能性はどれほどだろうか。筆者はその可能性はあまり高くないと考えている。現在、ドルと円がともに安全通貨と認識されており、新興国市場や米中貿易問題などのリスク要因をにらみながら並行して動くからだ。 市場の緊張が高まりリスク回避ムードが強まるときはドル高・円高、逆に緊張が緩和しリスク選好ムードが強まるときはドル安・円安となり、結局ドル円は方向性が出ない。現在ドル円はレンジの上限を突…
  • 詳細へ
    2018年9月10日
    好材料でも買われないドル円!変化の胎動か?[雨夜恒一郎]
    FX攻略.com ズバリ!今週の為替相場動向 2018年9月10日号 先週のドル円相場 先週のドル円相場は、110-111円台での上下動の末、結局111円ちょうど付近で週の取引を終えた。週前半は貿易問題を懸念したリスク回避のドル買いが他通貨に対して進行し、ドル円にも波及したことから、一時111.75円付近まで上昇。しかし週後半は「トランプ大統領が貿易問題で次に日本と争う公算」と報じられたことから、110.38円まで反落した。 本筋がノイズに負ける 驚くべきは、本筋であるはずの米国ファンダメンタルズが、ノイズであるはずのトランプ砲に負けてしまったことだ。先週金曜日に発表された8月の米国雇用統計は、非農業部門雇用者数が+20.1万人(予想+19.0万人)、平均時給が前年比+2.9%(予想+2.7%)と強い結果となった。発表直後にドル円は上昇したが、結局ドル買いは続かず、トランプ大統領が対中制裁関税で追加を用意している」と報じられるとあっさりと下落に転じた。 米国平均賃金(前年比上昇率) 出所:労働統計局 平均時給の前年比+2.9%というのは、リーマンショック後のボトムからの戻り高値を約2年…
  • 詳細へ
    2018年9月3日
    底割れ状態の豪ドル 凋落の背景は?[雨夜恒一郎]
    FX攻略.com ズバリ!今週の為替相場動向 2018年9月3日号 先週のドル円 先週のドル円相場は、引き続き110円台後半から111円台後半の狭いレンジで一進一退の動き。トルコリラ、南アランド、アルゼンチンペソなど新興国通貨が大きく下落したことから、リスク回避型の円買いが強まったが、安全通貨のドルも同時に買われたため、ドル円はあまり方向感が出なかった。 米雇用統計発表まで膠着か 新興国をめぐる不安感や米中貿易戦争を背景に、今週もリスク回避ムードが続きそうだが、そうした局面では安全通貨のドルと円が並行して買われやすく、ドル高と円高の綱引きで膠着となることが多い。今週金曜日には米国8月の雇用統計の発表を控えていることもあり、それまでは110~112円程度のレンジでの様子見となる可能性が高い。 ちなみに現時点での米国雇用統計の予想コンセンサスによると、失業率が3.8%と前回から0.1%改善し、非農業部門雇用者数が+19.1万人と前回の+15.7万人から伸びが加速する。予想通りなら、米国経済の堅調が確認され、年内あと2回の利上げを正当化することになりそうだ。ただし市場が注目する平均賃金は、今…
  • 詳細へ
    2018年8月27日
    ドル伸び悩みの陰にイールドカーブのフラット化[雨夜恒一郎]
    FX攻略.com ズバリ!今週の為替相場動向 2018年8月27日号 先週のドル円相場 先週のドル円相場は、トランプ大統領がパウエルFRB議長の利上げ姿勢に不満を示しているとの報道を受けて、ドル売りが先行。トランプ大統領の弁護士だったコーエン被告が選挙違反で有罪答弁を行ったことも響き、週の前半に一時109.78円まで下押しした。その後ジャクソンホール会議を前に買い戻しが入り、111.49円まで反発。しかしジャクソンホール会議でパウエルFRB議長が、従来通りに漸進的な利上げ姿勢を示した一方で、「インフレが2%超で加速する明らかな兆候はなく、経済の過熱リスクは高まっていない」との見解を述べたことから、111.10円付近まで売り戻されて週の取引を終えた。 ドル高が続かない理由 従来から述べている通り、米国のファンダメンタルズは健全で、年内あと2回の利上げは既定シナリオ。今や先進国の中で、米国は豪州やNZを抑えて最も金利が高い国となっている。それにもかかわらず、市場ではドル高の継続に懐疑的な向きが少なくなく、事実ドル円はここ一か月、レンジの中で足踏み、あるいはやや売りに押されている状況だ。これ…
  • 詳細へ
    2018年8月20日
    ジャクソンホール会議に注目![雨夜恒一郎]
    FX攻略.com ズバリ!今週の為替相場動向 2018年8月20日号 先週のドル円相場 先週のドル円相場は、110~111円台で一進一退の動き。お盆休みで薄商いとなる中、トルコショックを受けた株安連鎖・リスク回避の流れで110円台割れ寸前まで売られる場面があったものの、トルコ当局の市場安定化措置を受けてトルコリラが下落一服となると、111円台へ持ち直した。ただトルコをはじめとした新興国市をめぐる不透明感や、米中貿易摩擦への懸念が根強く、上値も限定された。 米国経済は相変わらず好調 筆者は日米のファンダメンタルズや金融政策動向の格差を背景とした緩やかなドル高・円安トレンドは継続していると見ていたが、ここ1か月は「米中貿易戦争」や「日銀の金融政策柔軟化」、そして「トルコショック」といった攪乱材料に阻まれ、足踏みの時間帯が続いていた。ノイズも一つならすぐに胡散霧消するものだが、二つ三つとなると無視することはなかなか難しくなる。 その間、米国のファンダメンタルズはどうかというと、7月の雇用統計は予想の範囲内ながら相変わらず堅調で、新規失業保険申請件数は21.2万人と先月記録した20.8万人(1…
  • 詳細へ
    2018年8月13日
    新興国通貨急落はドル高要因 ドル円の下落余地は小さい[雨夜恒一郎]
    FX攻略.com ズバリ!今週の為替相場動向 2018年8月13日号 先週のドル円相場 先週のドル円相場は、お盆休み前で動意が乏しくなる中、111円台後半から110.51円までじり安の展開。ワシントンで行われる日米通商協議(FFR)に対する警戒感や、トルコリラなど新興国通貨の急落を受けたリスク回避ムードが円買いにつながった。 トルコリラは、先週金曜日一日だけで一時2割近く下落し、対ドルで6.81リラ台と過去最安値を更新した。リラ急落の直接のきっかけは米国人牧師の拘束問題を巡る米国とトルコとの対立激化だが、トランプ米大統領が「トルコリラが急落しており、トルコの鉄鋼とアルミニウムに対する関税を倍に引き上げることを承認した」とツイートしたことが売りに拍車をかけることとなった。 トルコリラショックの影響度 果たしてトルコ・ショックは市場全体を巻き込んで全面的なリスクオフを引き起こしていくのだろうか。筆者はそこまでの影響力はないと考えている。トルコリラの下落は今に始まったことではなく、幅はともかくとして下落そのものはサプライズではないからだ。米国が利上げに転じて以来新興国からの資金流出は常態化し…
  • 詳細へ
    2018年8月6日
    FRBの利上げスタンスを背景としたドル高に変化なし 貿易戦争はノイズ[雨夜恒一郎]
    FX攻略.com ズバリ!今週の為替相場動向 2018年8月6日号 先週のドル円相場 先週のドル円相場は、日銀金融政策決定会合を通過したことから材料出尽くしで円を売り戻す動きとなり、一時112.15円まで上昇。しかしその後は米中貿易摩擦に対する懸念が再燃し、111円台で上値が重い展開に。金曜日に発表された米国7月の雇用統計が予想を下回ったこともあり、111.10円まで押し戻された。 日銀に金融引き締めの意図なし 日銀金融政策決定会合は、金融市場のオペレーションを「柔軟化」し、長期金利が0.2%まで上昇することを容認する姿勢を示したものの、これは想定の範囲内。一方で黒田総裁が政策金利のフォワードガイダンスを初めて公表し、当面金融緩和を維持する姿勢を強調したことから、「日銀が緩和政策の出口戦略を示唆する」との観測は胡散霧消した。先週の当コラムで予想した通り、日銀に金融引き締めの意図がないことがはっきりしたため、この話題による円買いの流れは終了と考えていいだろう。 FRBの二大目標は達成 米国雇用統計では、非農業部門雇用者数(NFP)が+15.7万人と確かに予想の+19.3万人を下回ったが、…
  • 詳細へ
    2018年7月30日
    日銀に引き締めの意図なし!金融政策決定会合はドル円の買い場提供か[雨夜恒一郎]
    FX攻略.com ズバリ!今週の為替相場動向 2018年7月30日号 先週のドル円相場 先週のドル円相場は軟調となり一時110.59円まで下落した。「日銀が長期金利の誘導目標の柔軟化を検討する」、「金融政策の正常化に動き始める」といった観測が浮上し、国債利回りが上昇したことが影響した。日銀がゼロ%程度に誘導してきた10年債利回りは、1年ぶりに0.1%台に上昇した。 日銀金融政策決定会合がヤマ場 今週のヤマ場は、今日・明日開催される日銀金融政策決定会合である。報道によると、日銀は市場機能の低下や金融機関の経営に及ぼす悪影響など、超金融緩和の長期化で累積する副作用を軽減する方策を模索しているという。日銀が今回の会合で金融政策を微調整する可能性は本当にあるのだろうか。 筆者はその可能性は極めて低いと考えている。緩和政策の副作用について点検することは大いに結構だが、民間金融機関の収益に配慮して金利の上昇を容認するというのはまったくの本末転倒だからだ。日銀が目指すべきは物価目標の達成であって、銀行や債券ディーラーへの収益機会の提供ではない。 しかも、その物価目標2%は達成のめどが立っていないどこ…
  • 詳細へ
    2018年7月23日
    トランプ砲炸裂!しかしターゲットは主に中国[雨夜恒一郎]
    FX攻略.com ズバリ!今週の為替相場動向 2018年7月23日号 先週のドル円 先週のドル円相場は続伸し、一時113.17円と1月以来半年ぶりの高値を示現。米国の景気指標がこのところ堅調であることに加えて、パウエルFRB議長が17日に行われた議会証言(ハンフリー・ホーキンス報告)で「漸進的な利上げの継続が最善」との見解を示したことがドル買いを呼び込んだ。しかし週後半は、トランプ大統領がFRBの利上げとドル高を批判したことから流れが急変し、一気に111.39円まで売り込まれた。 トランプ大統領の為替観 トランプ大統領のドル高批判発言は今に始まったことではない。大きく報道されただけでも、就任以来4回ある。1回目は2017年1月の就任直後「ドルが強過ぎるため、米企業は中国と競争できない」、2回目は2017年4月12日「ドルは強くなりすぎている」、3回目は2017年7月25日「ドルは強すぎないのが望ましい」、そして今回が4回目で「より強いドルは米国の競争優位をはく奪する」。 一方でトランプ大統領は、今年1月25日には「最終的には強いドルが望ましい」とも発言している。こうした発言が単なる思い…
  • 詳細へ
    2018年7月16日
    新たな大相場の幕開けか?[雨夜恒一郎]
    FX攻略.com ズバリ!今週の為替相場動向 2018年7月16日号 先週のドル円相場 先週のドル円相場はドル買いが一段と強まり、一時112.80円と1月以来半年ぶりの高値を付けた。トランプ大統領が2000億ドル相当の新たな対中関税リストを公表したことを受けて、ドルが売られる場面もあったが、長続きしなかった。前回の当コラムでは、「貿易摩擦がらみの話題が下火となり、日米の金利差やファンダメンタルズ格差を背景としたドル堅調の地合が鮮明になってくるだろう」と予想したが、おおむねそのような展開となった。 米中貿易摩擦は一段とエスカレートしつつあるが、市場では「貿易戦争の勝者は米国」との見方が浮上し、ドル買い材料とみる向きも少なくない。中国が米国による追加関税に対して同規模の関税で応酬しようとしても、米国からの輸入がそこまで大きくないためこれ以上報復できない。貿易戦争の結果、世界経済が打撃を受けたとしても、米国は輸出に依存しているわけではないので影響は比較的小さくて済む。また結果的に米国の貿易赤字が縮小すれば、それも理論的にはドル買い材料となる。 従来、貿易摩擦は米国のドル安誘導とセットになって…
1 2 3 4 26