雨夜恒一郎

  • 詳細へ
    2019年12月2日
    ドル円のダウンサイドリスクは小さいと考える理由[雨夜恒一郎]
    FX攻略.com ズバリ!今週の為替相場動向 2019年12月2日号 先週のドル円相場 米国感謝祭をはさんで市場は薄商いだったものの、米中貿易協議の進展期待が広がる中、リスクオンの円売りが優勢となり109円台を回復。米GDP改定値など景気指標が堅調だったこともあり、109円台半ばまで上昇した。金曜日には一時109.67円まで上昇し、5月31日以来の高値を示現した。 閑散に売りなし まさに「閑散に売りなし」の相場格言通りの展開となった。先週一週間の値幅は1円少々。動かない相場で高金利通貨(ドル)をショートしていてはスワップコストの払いでじわじわと損が積み上がってしまう。逆に低金利通貨(円)をショートしておけば、動かない相場で自動的に利益が積み上がっていく。膠着相場では高金利通貨買い・低金利通貨売りのキャリートレードが圧倒的に有利だ。 さらに言えば、感謝祭が終わり12月に入れば世間も市場もクリスマス休暇ムード。参加者は急激に減少し、年度末決算前に収益をブレさせたくない者は、大きな取引を控えるようになる。今週も相場が一段と膠着感を強める中で、先週と同じようにドルが底堅い動きを見せる公算が大き…
  • 詳細へ
    2019年11月25日
    感謝祭で見送りムードだが…[雨夜恒一郎]
    FX攻略.com ズバリ!今週の為替相場動向 2019年11月25日号 先週のドル円相場 米中貿易協議をめぐる楽観と悲観が交錯する中、ドル円は引き続き狭いレンジでもみ合いに終始。トランプ大統領は「(第一弾)合意に近づいている」と発言しているものの、中国側からは新たな情報発信はなく、市場では年内合意は難しいとの見方も浮上している。 なお韓国政府がGSOMIA(日韓軍事情報包括保護協定)の破棄通告の効力停止(つまり延長)を決定したが、市場の反応は鈍かった。 先週一週間のドル円のレンジは108.28円~109.07円で値幅はわずか79銭。過去1か月では107.89円~109.49円で値幅は1円60銭だ。ドル円相場はあまり動かない。動かないから参加者が減り、さらに動意が乏しくなるという悪循環が続いている。市場では年内はこのまま107-109円で膠着するとの見方が多く、オプション市場のボラティリティ(予想変動率)は4~5%台と超低水準が続いている。 膠着が続く理由は二つ ここまで相場が動かなくなった理由は主に二つある。一つは不確実性に対する「慣れ」だ。米中貿易協議や英国のEU離脱といった不確実性…
  • 詳細へ
    2019年11月18日
    米国株高はバブルではない ドル円に上昇余地[雨夜恒一郎]
    FX攻略.com ズバリ!今週の為替相場動向 2019年11月18日号 先週のドル円相場 週前半は、香港のデモ激化に対する警戒感や米中貿易協議をめぐる不透明感を背景にいったん利益を確定する動きが広がり、ドル円は109円台割れ。米国債利回りが1.80%台まで低下すると、一時108.24円まで下落した。ただ週末にかけては、NEC(米国大統領国家経済会議)のクドロー委員長が「第一弾合意の取りまとめが近い」と発言したことから再び交渉進展への期待が広がり、108.86円まで回復した。 米中問題はゆっくりと前進 米中貿易協議は相変わらず期待と不安が相半ばする状態で、ドル円相場も協議の進捗に一喜一憂する展開が続いている。先週の当コラムでも述べたが、米中対立の本質は単なる貿易摩擦にとどまらず、今後数十年にわたる覇権を賭けた現代の冷戦である。簡単に合意して一件落着となるものではなく、まだまだ何年も続いていく公算が大きい。今後も報道や憶測に振り回される局面が続くだろう。 ただ米中双方はすでに戦略を「制裁・報復」から「対話」に切り替えており、部分合意を積み重ねることにより妥協点に向けてゆっくりと進展していく…
  • 詳細へ
    2019年11月11日
    米中協議で一喜一憂の必要なし ドル円は強気継続[雨夜恒一郎]
    FX攻略.com ズバリ!今週の為替相場動向 2019年11月11日号 先週のドル円相場 米中貿易協議の進展期待を背景に株高・米国債利回り上昇・ドル高の展開となった。ドル円は週初の108円台前半から力強く上値を拡大する動きとなり、「中国が米国と段階的な関税撤廃で合意」と報じられると、一時109.49円と5月30日以来の高値をつけた。ただ終盤はトランプ大統領の「米国は中国と関税撤廃で合意していない」との発言を受けて109.08円まで押し戻された。 今週も米中協議に振り回される展開 相変わらず米中貿易協議をめぐる報道に一喜一憂する展開が続いている。米中がいわゆるフェーズ1で合意できれば、双方が既存の関税を撤廃する方向で交渉が進んでいるようだが、トランプ大統領は米国内での調印を望んでいる一方中国は難色を示しており、事態はまだ流動的のようだ。今週も様々な報道や憶測が飛び交う可能性が高く、短期売買を主とするトレーダーは、スクリーンにしっかり目を凝らし波に乗り遅れないようにしなければならない。 木を見ず森を見よ しかしすべてのニュースや噂をチェックすることは不可能だし、報道に振り回されるばかりでは…
  • 詳細へ
    2019年11月4日
    FOMCは当面利下げ打ち止め!ドル円は買い妙味[雨夜恒一郎]
    FX攻略.com ズバリ!今週の為替相場動向 2019年11月4日号 先週のドル円相場 週前半は、米中貿易協議の進展期待を背景に株高・円安の流れが続き、8月以来となる109円台に乗せる展開。FOMCが予想通り利下げを発表し、声明から利下げを意味する「適切に行動」との文言を削除したことを受けてドル買いが入り、一時109.29円まで上昇した。しかし中国が米国との包括的合意に懐疑的な見方を示したことをきっかけにドルを売り戻す動きが強まり、107.89円まで反落。金曜日には、米国10月の雇用統計が予想を上回ったことからドル買いが入ったが、上値は108.32円と限られた。 FOMC声明はハト派色残る 先週の当コラムでは、「今回FOMCが大方の予想通り0.25%の利下げを決定し、今後の追加緩和についてのフォワードガイダンスを後退させれば、ドルは材料出尽くし感と利下げ打ち止め観測で上昇する可能性が高い」と述べた。実際、FOMC声明(ロイターの日本語訳はこちら)は、「景気拡大を維持するために適切に行動する」とのフォワードガイダンスを削除し、利下げを当面停止する意向を示したものの、「見通しに対する不透明…
  • 詳細へ
    2019年10月28日
    FOMC利下げは織り込み済み 注目は今後のスタンス[雨夜恒一郎]
    FX攻略.com ズバリ!今週の為替相場動向 2019年10月28日号 先週のドル円相場 米中貿易協議の前進を受けて株式市場が堅調に推移する中、ドル円は108円台で底堅い動きとなった。日経平均は一時22800円台に達し1年ぶりの高値を示現。NYダウも一時27000ドル台を回復した。ただ英国のEU離脱交渉の難航など不透明感もあり、上値を追う動きは見られなかった。 ブレグジットは一段と不透明に 英EU離脱は暗礁に乗り上げており、見通しはますます不透明になっている。英政府はEUに対して離脱延期を要請し、EUはこれに同意したが、新しい離脱期限は現時点で未定という。今月末までにEUを離脱できないなら「溝で野垂れ死んだ方がまし」と発言していたジョンソン英首相は、EUが1月31日までの延期を認めるなら、12月12日に総選挙を実施したい意向を示している。英国では首相に解散権はなく、選挙実施には下院で3分の2以上の賛成が必要となるが、どうやらブレグジットは3か月の延期と解散総選挙までありうる不確実性を抱える情勢となってきた。 ブレグジット混乱はニューノーマル ただし先週も述べた通り、ブレグジットをめぐる…
  • 詳細へ
    2019年10月21日
    ブレグジット見通し立たず!しかしポンドもドル円も上昇する理由は?[雨夜恒一郎]
    FX攻略.com ズバリ!今週の為替相場動向 2019年10月21日号 先週のドル円相場 米中貿易協議の進展期待や英欧首脳のEU離脱協議合意を受けてリスク選好ムードが高まり、一時108.94円と8月1日以来の高値をつけた。ただ19日土曜日のEU離脱案に関する英議会採決を前にやや警戒感が強まり、108.39円まで押し戻された。 ブレグジットは見通し立たず 19日に行われたEU離脱案に関する英議会採決では、「採決の先送りが可決される」というややこしい結果となった。採決が行われれば、閣外与党・民主統一党(DUP)の反対で否決となり、「合意なき離脱」が決定的になるリスクがあったためだ。与党の多数派工作により今週にも新離脱案が採決され、10月末の「秩序ある離脱」が実現する望みもある一方、離脱期限の再々延期の可能性や、EU側の拒否による「合意なき離脱」のリスクも残る。現時点で見通しは全くつかなくなった。 出所:日本経済新聞 悪材料出尽くしの先取り ただしこれまで当コラムで述べてきた通り、ブレグジットの様々なシナリオやリスクは、国民投票でEU離脱が決まった2016年6月以来足掛け3年以上にわたって市…
  • 詳細へ
    2019年10月14日
    ポンドはドル円の先行指標?[雨夜恒一郎]
    FX攻略.com ズバリ!今週の為替相場動向 2019年10月14日号 先週のドル円相場 米中貿易協議に対する期待感と警戒感が交錯するなかで、部分合意に向けた期待のほうが次第に優勢となり、下値を切り上げる展開となった。木曜日から閣僚級協議がスタート。金曜日にトランプ大統領と劉・中国副首相の会談がセットされると、ドル円は108円台を回復し、一時108.63円と8月1日以来の高値をつけた。 先週の当コラムでは、「米国のリセッション回避を前提とすれば、米国経済の相対的優位は揺るがず、ドルは売られてもまた戻ってくる可能性が高い」と述べたが、おおむねそのような展開であった。 米中貿易協議に楽観シナリオ 米中貿易協議は特定分野で部分的に暫定合意し、市場の期待通りの進展を見せた。中国が米農産品の輸入を400~500億ドル増やし、通貨政策で透明性を高めることで、米国は15日に予定していた中国製品への制裁関税の引き上げを先送りする。トランプ政権は、包括合意以外は視野にないと強硬姿勢を見せていたが、とりあえず「第1段階」と称して部分合意したのは、国内向けに手柄をアピールしたかったからだろう。中国も貿易戦争…
  • 詳細へ
    2019年10月7日
    米国景気指標下振れでもドルがあまり下がらない理由は?[雨夜恒一郎]
    FX攻略.com ズバリ!今週の為替相場動向 2019年10月07日号 先週のドル円相場 米中貿易摩擦の緩和期待などを背景に週初は108.18円と上値を試す場面もあったが、その後は9月のISM製造業景気指数を皮切りに米国景気指標が次々と予想を下回ったことから、米国債利回りの低下とともに106.48円まで売り込まれた。ただ追加利下げ期待を背景に米国株が反発すると、ドル円も幾分持ち直した。 確かに先週の米国景気指標は全体に下振れした。 10/1(火)ISM製造業景況指数 前回49.1、予想50.2、結果47.8 10/2(水)ADP雇用統計 前回+19.5万人、予想+14.0万人、結果+13.5万人 10/3(木)ISM非製造業景況指数 前回56.4、予想55.0、結果52.6 10/4(金)非農業部門雇用者数 前回+13.0万人(修正+16.8万人)、予想+14.5万人、結果+13.6万人/平均時給 前回+3.2%、予想+3.2%、結果+2.9%/失業率 前回3.7%、予想3.7%、結果3.5% 先週の当コラムでは、「経済指標が全般にまずまずの結果となれば米国景気に対する悲観論は後退し『…
  • 詳細へ
    2019年9月30日
    米国景気は順調 利下げ打ち止めならドルは買い[雨夜恒一郎]
    FX攻略.com ズバリ!今週の為替相場動向 2019年9月30日号 先週のドル円相場 ドル円は底堅い動きを見せた。ウクライナ疑惑をめぐって民主党からトランプ大統領の弾劾を求める声が浮上したことから、107円割れをうかがう場面もあったが、弾劾の可能性は低いとの見方からその後は下値を切り上げる展開となり、一時108.18円まで回復した。 ウクライナ疑惑とは 果たしてトランプ大統領の弾劾はあるのか。その前に「弾劾」とは何か。弾劾とは、「行政部の高官や特別の身分保障を受ける裁判官などの公務員が重大な法律上の義務違反や反社会的な行為を犯したとき、議会がこれを訴追し、処罰する制度」(ブリタニカ国際大百科事典)である。ウクライナ疑惑が重大な法律違反や反社会的行為と考えられるかどうかがポイントとなる。 ウクライナ疑惑とは、トランプ大統領が、政敵である民主党のバイデン前副大統領に関する捜査をウクライナ大統領に対して要請していたとされる問題だ。これがウクライナに対する米国の軍事支援4億ドルと引き換えで要求したのであれば、重大な倫理違反・違法行為となる。真相は不明だが、トランプ氏の日頃の言動からすればあり…
1 2 3 4 31