雨夜恒一郎

  • 詳細へ
    2017年8月7日
    利上げ期待高まらず、ドル買いも限定的[雨夜恒一郎]
    FX攻略.com ズバリ!今週の為替相場動向 2017年8月7日号 先週のドル円相場 先週のドル円相場は、トランプ大統領の指導力やロシア疑惑をめぐる不透明感が漂う中、一時110円台を割り込み109.85円まで下落。しかし金曜日に発表された米7月の雇用統計が予想を上回ったことを受けてドル買いが入り、一時111.05円まで反発した。 米雇用統計の結果、ドル円は? 米国雇用統計では、失業率が4.3%と金融危機後の最低に並び、非農業部門雇用者数は+20.9万人と予想の+18.0万人を上回った。労働参加率は62.9%と前月から0.1%改善し、平均賃金も前月比+0.3%、前年比+2.5%と予想の+0.2%、+2.4%を上回った。これらを受けて米国債利回りは上昇し、米国株は最高値を更新し、ドルは全般に上昇した。 ただしドル円の上昇は発表後のきっかり2時間で頭打ちとなり、その後は110.60円近辺まで押し戻されて週の取引を終えた。金曜日のNY市場終値は、週の締めくくりとして折り合いがついた水準であり非常に重要であるが、これだけよい数字が出ているにもかかわらずドル買いが尻すぼみで終わっているのである。買…
  • 詳細へ
    2017年7月31日
    引き続き相場の息吹に注目[雨夜恒一郎]
    FX攻略.com ズバリ!今週の為替相場動向  2017年7月31日号 先週のドル円相場 先週のドル円相場は、米国株堅調を受けて円売り安心感が広がり一時112.20円まで回復。しかしFOMCが予想通り政策金利据え置きを決定し、声明が若干ながらハト派方向に修正されたことから110円台へ急反落。さらに米第2四半期GDPと雇用コスト指数が予想をやや下回ったことや、北朝鮮がミサイルを発射し日本周辺海域に着水したと報じられたことから、一時110.55円まで続落した。 FOMC声明を比較 前回6月と今回のFOMC声明を比較してみると(ロイターニュース)、確かに文言の修正が施されているものの、その差はほとんど気付かない程度であり、取り立ててハト派にシフトしたと騒ぎ立てるほどではない。 ■前回:前年同月比でみると、インフレ率はこのところ低下し、食品やエネルギーの価格を除く指標も2%をやや下回っている。  ■今回:前年同月比でみると、全体のインフレ率と食品やエネルギーの価格を除く指標は低下し、2%を下回っている。 むしろ第5パラグラフを比べると、バランスシートの正常化計画の実施に着手すると見込んでいる時…
  • 詳細へ
    2017年7月24日
    ドル全面安!「相場の息吹」に従うべきか?![雨夜恒一郎]
    FX攻略.com ズバリ!今週の為替相場動向 2017年7月24日号 先週のドル円相場 先週のドル円相場は、米共和党が医療保険制度改革法案の成立に失敗したことや、トランプ大統領のロシア疑惑が再燃したことを受けてドル売りが強まり111円台へ下落。ECB理事会を通過しユーロドルが約2年ぶりの高値をつけたこともドル売りに拍車をかけ、金曜日には111.01円と1か月ぶりの安値を示現した。なお日銀は金融政策決定会合でインフレ見通しを下方修正し、物価目標達成時期を2018年度中から2019年度ごろに先送りしたが、円売りの反応は限定的だった。 前回の当コラムでは「ドル買いは一服でも、株高・リスクオンの流れと金融政策格差による円安は継続する」と見てドル円は底堅いと予想したが、残念ながら読み違いとなった。直接的な敗因は、トランプ政権の先行き不透明感が強まったことだが、これはある程度予想の範囲内であり意外感はさほどない。 筆者にとって意外だったのは、 ① ECBが金融緩和解除に慎重な姿勢を示したにもかかわらずユーロ高が止まらなかったこと ② 日銀の物価目標達成時期先送りがほとんど材料視されなかったこと ③…
  • 詳細へ
    2017年7月17日
    ドル買い一服でも円安は継続!株高・リスクオンの流れと金融政策格差で[雨夜恒一郎]
    FX攻略.com ズバリ!今週の為替相場動向 2017年7月17日号 先週のドル円相場 先週のドル円相場は、米国雇用統計後のドル買いの流れと、株高によるリスクオンの円売りが噛み合い、一時114.49円と約4か月ぶりの高値を示現。しかしトランプ大統領の長男がロシア問題に関するメールを公開したことをきっかけにムードが悪化。イエレンFRB議長の議会証言が「インフレの状況を注意深く見る」など全般に慎重なトーンだったことも失望を買い、112円台へ反落した。金曜日には米国小売売上高や消費者物価指数が弱い結果となったことからさらにドル売りが進み、112.27円まで下押しした。 前回の当コラムではドル安予想を撤回し、米国債利回りの上昇と株高で115円突破も十分可能と予想したが、残念ながら一歩及ばなかった。イエレンFRB議長らの発言や景気指標の推移を見る限り、FRBは利上げを急ぐ必要がなく、米国債利回りがどんどん上昇していく状況にはないのは確かだ。先々週には1.4%台と8年ぶりの水準まで上昇していた米国2年債利回りは1.35%台へ反落。FF金利先物が織り込む12月までの利上げ確率も48%と1週間前から比…
  • 詳細へ
    2017年7月10日
    ドル安予想を撤回!米国債利回りの上昇と株高でドル円は一段高へ[雨夜恒一郎]
    FX攻略.com ズバリ!今週の為替相場動向 2017年7月10日号 先週のドル円相場 先週のドル円相場は、東京都議選での自民党の歴史的敗北を受けてリスクオフの円買いが先行し、一時111.91円まで下落。しかしその動きも長続きはせず、米国債利回りの上昇を背景に113円台へ上昇。金曜日には、日銀が国債の指値オペを実施し長期金利の上昇を牽制したことや、米国雇用統計で非農業部門雇用者数の伸びが予想を上回ったことから、一時114.18円と約2か月ぶりの高値をつけた。 市場の利上げ期待は高まる一方 筆者はここ数週間、「FRBの利上げにより材料出尽くしとなりドルは下落する」と予想してきたが、どうやら読み間違えたことを認めねばなるまい。6月のFOMCで利上げが決定されて以降、材料出尽くしどころか、米国債利回りは一段と上昇し、市場の利上げ期待はむしろ高まっているのである。特に政策金利動向を反映するとされる2年債利回りは1.4%台と実に8年ぶりの水準を記録した。FF金利先物が織り込む12月までの利上げ確率も4割台から6割まで上昇している。ドル円相場への影響が大きい米国10年債利回りもここ1か月で30bp…
  • 詳細へ
    2017年7月3日
    ドル円とドルインデックスの乖離をどう考えるか?[雨夜恒一郎]
    FX攻略.com ズバリ!今週の為替相場動向 2017年7月3日号 先週のドル円相場 先週のドル円相場は、株価堅調や米国債利回りの上昇を背景に上値を試す展開となり、一時112.93円と5月中旬以来の水準まで上昇。その後米ハイテク株の変動に神経質になる場面もあったが、112円台をキープして週の取引を終えた。筆者はここ数週間、米国の利上げによる当面の強気材料出尽くしでドルは下落すると予想しているのだが、今のところそのような展開にはなっていない。 市場全体で見ればここ数ヶ月は大幅なドル安 言い訳ではないが、ドルが下落するという予想は全く的外れというわけではなく、半分は当たっている。図1はドルの総合的な価値を指数化した「ドルインデックス」とドル円を比較したチャートだ。これを見るとドルインデックス(バーチャート)は今年1月から弱気トレンドに入り、6月下旬からは下落が一段と加速していることがわかる。ドル円だけ見ているとドルが強いように見えるが、市場全体で見ればここ数ヶ月は大幅なドル安なのである。そしてこのドル安は、3月と6月の利上げによる材料出尽くしである程度説明できる。 一方ドル円(赤線)は、今…
  • 詳細へ
    2017年6月26日
    保合い半年・ボラ低下、そろそろ急変を警戒[雨夜恒一郎]
    FX攻略.com ズバリ!今週の為替相場動向 2017年6月26日号 先週のドル円相場 先週のドル円相場は、株高を背景とした円売りの流れと米国の利上げ期待を背景としたドル買いの流れが噛み合い、一時111.79円と5月下旬以来の水準まで上昇したが、112円台を試す勢いも見られず、その後は111円台で方向感に欠ける展開となった。筆者はここ数週間、米国の利上げによる材料出尽くしのドル売りを予想していたが、今のところそうした動きは見られない。 心配されていた米ハイテク株の急落もひとまず収束し、日経平均も2万円台を維持して越週、株式市場はなんとか暴落を回避しつつあるように見える。北朝鮮をめぐる有事リスクはすでに市場の関心の圏外となり、トランプ大統領のロシアゲート疑惑や欧州の政局懸念もいつの間にか下火となっている。少なくとも足元では、別の突発的要因が飛び出してこない限り、リスク回避の円高は予想しづらい。 相場が膠着している理由 一方FRB当局者の強気な見方にもかかわらず、市場の利上げ期待は依然盛り上がりに欠ける状態だ。FF金利先物が織り込む利上げ確率は、9月FOMCで18%、12月FOMCで53%…
  • 詳細へ
    2017年6月19日
    米利上げ期待を材料としたドル高は短命に終わる公算[雨夜恒一郎]
    FX攻略.com ズバリ!今週の為替相場動向 2017年6月19日号 先週のドル円相場 先週のドル円相場は、FOMCが予想通り0.25%の利上げを決定したことを受けて材料出尽くしのドル売りとなり、一時108.83円と4月以来の安値を示現。しかし声明と議長会見が緩やかな利上げと年内のバランスシート縮小に言及したことから急速に買い戻され、一時111.42円と2週間ぶりの水準まで反発した。 111円台まで反発する予想外の展開 ほぼ100%織り込まれている利上げが実現すれば材料出尽くしのドル売りとなるというところまでは筆者の読み通りだったが、その後「年内あと1回の利上げ見通し」を頼りに111円台まで反発する展開は予想外だった。FOMCメンバーの金利見通し、いわゆるドットチャートによると、今年末までにあと1回の利上げ予想(1.25~1.50%)が最多の8票を集めた。 6月FOMCのドットチャート 出所:FRB FOMC声明には、今回初めて「バランスシートの正常化計画」が盛り込まれた。「予測通りに経済が広く進展するならば、今年中にバランスシートの正常化計画の実施に着手する」とのことだ。年内あと1回…
  • 詳細へ
    2017年6月12日
    利上げ織り込み済みでドルに買い目なし[雨夜恒一郎]
    FX攻略.com ズバリ!今週の為替相場動向 2017年6月12日号 先週のドル円相場 先週のドル円相場は、コミー前FBI長官の議会証言を控えた不透明感からドル売り・円買いの動きが強まり、一時109.12円と4月下旬以来の水準まで下落。しかし議会証言の事前テキスト「トランプ大統領は忠誠を要求し、フリン氏の捜査終了を“希望”した」が伝わると、「命令ではないのでセーフ」との安堵感が広がり、110円台へ買い戻された。 今週注目のFOMC、利上げは確実か トランプ大統領にとって目先最大の関門だったコミー氏の議会証言はひとまず乗り切ったものの、両者は互いに嘘つき呼ばわりするなど対決姿勢を強めており、「ロシアゲート疑惑」は泥沼化する公算が大きい。トランプノミクスはすでに通商問題、税制改革、医療保険制度改革などの課題で暗礁に乗り上げているが、この疑惑が長引けばさらなる後退を余儀なくされるのではないか。 そして今週火・水曜日には注目のFOMCが開催される。5月分の雇用統計は予想を下回る内容だったが、金利先物市場はすでに利上げ(0.75~1.00%から1.00~1.25%へ)を99%織り込んでおり、今回…
  • 詳細へ
    2017年6月5日
    米国労働市場の現状を深く考えてみる[雨夜恒一郎]
    FX攻略.com ズバリ!今週の為替相場動向 2017年6月5日号 先週のドル円相場 先週のドル円相場は、米国5月の雇用統計が予想を下回ったことを受けて110.33円まで下落し、約2週間ぶりの安値を付けた。米国雇用統計では、失業率が4.3%と16年ぶりの低水準となったものの、非農業部門雇用者数が+13.8万人と予想の+18.2万人を大きく下回り、3月・4月月分も合計6.6万人下方修正された。 非農業部門雇用者数と失業率は予想を下回る 非農業部門雇用者数の増加幅は一般に好悪の分岐とされる20万人を3ヶ月連続で下回ったが、これは景気減速ではなく、労働市場の逼迫(品薄)のせいと考えるべきだろう。失業率はFRBが完全雇用と見る4.7%を大きく下回っており、もはや就業可能な失業者がほとんどいない状態と言ってよい。イエレンFRB議長は完全雇用下での就業者の伸びは7.5万~12.5万人が適正と見ており、雇用の伸び鈍化が6月FOMCでの利上げを踏みとどまらせる材料とはならないはずだ。CMEが算出する6月の利上げ確率は94.6%に達しており、むしろ前日の90%から上昇している。 米国の労働市場は完全雇用…
1 2 3 4 19