雨夜恒一郎

  • 詳細へ
    2019年10月21日
    ブレグジット見通し立たず!しかしポンドもドル円も上昇する理由は?[雨夜恒一郎]
    FX攻略.com ズバリ!今週の為替相場動向 2019年10月21日号 先週のドル円相場 米中貿易協議の進展期待や英欧首脳のEU離脱協議合意を受けてリスク選好ムードが高まり、一時108.94円と8月1日以来の高値をつけた。ただ19日土曜日のEU離脱案に関する英議会採決を前にやや警戒感が強まり、108.39円まで押し戻された。 ブレグジットは見通し立たず 19日に行われたEU離脱案に関する英議会採決では、「採決の先送りが可決される」というややこしい結果となった。採決が行われれば、閣外与党・民主統一党(DUP)の反対で否決となり、「合意なき離脱」が決定的になるリスクがあったためだ。与党の多数派工作により今週にも新離脱案が採決され、10月末の「秩序ある離脱」が実現する望みもある一方、離脱期限の再々延期の可能性や、EU側の拒否による「合意なき離脱」のリスクも残る。現時点で見通しは全くつかなくなった。 出所:日本経済新聞 悪材料出尽くしの先取り ただしこれまで当コラムで述べてきた通り、ブレグジットの様々なシナリオやリスクは、国民投票でEU離脱が決まった2016年6月以来足掛け3年以上にわたって市…
  • 詳細へ
    2019年10月14日
    ポンドはドル円の先行指標?[雨夜恒一郎]
    FX攻略.com ズバリ!今週の為替相場動向 2019年10月14日号 先週のドル円相場 米中貿易協議に対する期待感と警戒感が交錯するなかで、部分合意に向けた期待のほうが次第に優勢となり、下値を切り上げる展開となった。木曜日から閣僚級協議がスタート。金曜日にトランプ大統領と劉・中国副首相の会談がセットされると、ドル円は108円台を回復し、一時108.63円と8月1日以来の高値をつけた。 先週の当コラムでは、「米国のリセッション回避を前提とすれば、米国経済の相対的優位は揺るがず、ドルは売られてもまた戻ってくる可能性が高い」と述べたが、おおむねそのような展開であった。 米中貿易協議に楽観シナリオ 米中貿易協議は特定分野で部分的に暫定合意し、市場の期待通りの進展を見せた。中国が米農産品の輸入を400~500億ドル増やし、通貨政策で透明性を高めることで、米国は15日に予定していた中国製品への制裁関税の引き上げを先送りする。トランプ政権は、包括合意以外は視野にないと強硬姿勢を見せていたが、とりあえず「第1段階」と称して部分合意したのは、国内向けに手柄をアピールしたかったからだろう。中国も貿易戦争…
  • 詳細へ
    2019年10月7日
    米国景気指標下振れでもドルがあまり下がらない理由は?[雨夜恒一郎]
    FX攻略.com ズバリ!今週の為替相場動向 2019年10月07日号 先週のドル円相場 米中貿易摩擦の緩和期待などを背景に週初は108.18円と上値を試す場面もあったが、その後は9月のISM製造業景気指数を皮切りに米国景気指標が次々と予想を下回ったことから、米国債利回りの低下とともに106.48円まで売り込まれた。ただ追加利下げ期待を背景に米国株が反発すると、ドル円も幾分持ち直した。 確かに先週の米国景気指標は全体に下振れした。 10/1(火)ISM製造業景況指数 前回49.1、予想50.2、結果47.8 10/2(水)ADP雇用統計 前回+19.5万人、予想+14.0万人、結果+13.5万人 10/3(木)ISM非製造業景況指数 前回56.4、予想55.0、結果52.6 10/4(金)非農業部門雇用者数 前回+13.0万人(修正+16.8万人)、予想+14.5万人、結果+13.6万人/平均時給 前回+3.2%、予想+3.2%、結果+2.9%/失業率 前回3.7%、予想3.7%、結果3.5% 先週の当コラムでは、「経済指標が全般にまずまずの結果となれば米国景気に対する悲観論は後退し『…
  • 詳細へ
    2019年9月30日
    米国景気は順調 利下げ打ち止めならドルは買い[雨夜恒一郎]
    FX攻略.com ズバリ!今週の為替相場動向 2019年9月30日号 先週のドル円相場 ドル円は底堅い動きを見せた。ウクライナ疑惑をめぐって民主党からトランプ大統領の弾劾を求める声が浮上したことから、107円割れをうかがう場面もあったが、弾劾の可能性は低いとの見方からその後は下値を切り上げる展開となり、一時108.18円まで回復した。 ウクライナ疑惑とは 果たしてトランプ大統領の弾劾はあるのか。その前に「弾劾」とは何か。弾劾とは、「行政部の高官や特別の身分保障を受ける裁判官などの公務員が重大な法律上の義務違反や反社会的な行為を犯したとき、議会がこれを訴追し、処罰する制度」(ブリタニカ国際大百科事典)である。ウクライナ疑惑が重大な法律違反や反社会的行為と考えられるかどうかがポイントとなる。 ウクライナ疑惑とは、トランプ大統領が、政敵である民主党のバイデン前副大統領に関する捜査をウクライナ大統領に対して要請していたとされる問題だ。これがウクライナに対する米国の軍事支援4億ドルと引き換えで要求したのであれば、重大な倫理違反・違法行為となる。真相は不明だが、トランプ氏の日頃の言動からすればあり…
  • 詳細へ
    2019年9月23日
    王道は米国ファンダメンタルズ ドル円下落余地小さい[雨夜恒一郎]
    FX攻略.com ズバリ!今週の為替相場動向 2019年9月23日号 先週のドル円相場 サウジ石油施設がドローンによる攻撃を受け、週明けの原油相場が61ドル台へ急騰してスタートしたことから、ドル円もリスク回避の円買いで一時107.43円まで下落した。原油相場が63ドル台を付けたあと上昇一服すると、ドル円も108円台へ回復。FOMCが予想通り0.25%の利下げを決定したものの、声明などが予想ほどハト派的でなかったことから、一時108.48円まで上昇した。しかし日銀金融政策決定会合で金融緩和が見送られたことをきっかけに再び円買いが強まり、107.53円まで下押しした。トランプ大統領が米中協議について強硬姿勢を見せたことも影響した。 米中協議合意期待は後退 トランプ大統領が米中通商協議について、あくまで知的財産権などを含めた完全合意を目指す姿勢を示したことで、早期合意期待が後退し、交渉長期化の懸念が再燃しつつある。トランプ大統領は一時、農産物の輸入拡大など譲歩が可能な部分に絞った暫定合意の可能性を示唆していたが、これを撤回した形だ。この報道を受けて先週金曜日のNYダウは27000ドル台を割り…
  • 詳細へ
    2019年9月16日
    株高・米国金利上昇・ドル高・円安の流れ続くか[雨夜恒一郎]
    FX攻略.com ズバリ!今週の為替相場動向 2019年9月16日号 先週のドル円相場 先週のドル円相場は、107円台を一気に通過し8月1日以来となる108円台を示現。米中関係の改善期待が高まり、株高・米国債利回り上昇・ドル高・円安の流れが鮮明となった。米国経済指標も好結果が続き、ドル金利を押し上げた。8月の生産者物価指数と消費者物価指数(食品・エネルギーを除くコア)はそれぞれ前年比+2.3%、2.4%と前月の+2.1%、+2.2%から加速。9月のミシガン大学消費者信頼感指数は92.0と予想の90.9を上回った。 株高・米国金利上昇とスティープ化 NYダウは8日続伸し27219ドルと史上最高値(27359ドル)に迫った。日経平均も9連騰で5月以来の2万2千円台を回復。市場のセンチメントはリスクオンに大きく旋回している。また米国10年債利回りは1.90%と1週間で35bpも上昇。イールドカーブ(2-10年の利回り格差)も2bpから10bpと大きくスティープ化した。米国景気に対する悲観論やリセッション懸念は胡散霧消し、過度の利下げ催促も影を潜めている。この2週間ほどで市場環境は激変した。 …
  • 詳細へ
    2019年9月9日
    米利下げは織り込み済み 注目は日欧の出方[雨夜恒一郎]
    FX攻略.com ズバリ!今週の為替相場動向 2019年9月9日号 先週のドル円相場 先週のドル円相場は、105円台を値固めし1か月ぶりに107円台へ上昇。香港が逃亡犯条例改正案を正式に撤回すると発表したことや、英議会が合意なきEU離脱を阻止する離脱延期法案を可決したこと、また米中貿易協議が10月に再開されることとなったことから、リスク選好型の円売りが活発化した。 リスクオフからリスクオンへ 日経平均は1か月ぶりに2万1千円台を回復し、NYダウも26800ドル台と先月の急落を帳消しにした。この夏、市場を覆っていたいくつもの不透明感が後退し、リスクを取る動きが再開しつつある。8月上旬には25ポイントまで上昇していた恐怖指数(VIX)は15ポイント割れまで下落し、平時の水準となった。 IMM通貨先物の取り組み(9月3日時点で27,682枚の円ロング)を見る限り、投機筋のポジションはまだ円買いに傾いているようだ。市場のセンチメントがリスクオフからリスクオンに転回しつつあるとすると、円ロングの解消、すなわちドル買い・円売りの余地は小さくないことになる。 FOMCは25bp利下げへ 先週発表され…
  • 詳細へ
    2019年9月2日
    先週の104円台はセリングクライマックスだった可能性[雨夜恒一郎]
    FX攻略.com ズバリ!今週の為替相場動向 2019年9月2日号 先週のドル円相場 先週のドル円相場は、前週末の流れを引き継いで、週明け月曜日のシドニー市場で節目の105円を割り込み、一時104.46円と2016年11月以来の安値を示現した。しかし中国の劉副首相が「対話を通じた問題解決の用意がある」などと発言し、貿易協議再開の期待が浮上したことから106円台へ急反発。戻り売りとぶつかりもみ合いながらも、一時106.68円まで上昇した。先週の当コラムでは、FRBの利下げ観測や米中貿易摩擦は材料的に目新しくないことから、過度の弱気は禁物、105円付近は買い妙味ありと述べたが、結果的にはそのような展開となった。 株式市場は交渉再開に楽観的 NYダウも、月曜早朝には先物が一時25200ドル台まで突っ込んでいたが、週後半は26500ドル台まで反発。チャート上は8月初旬からのもみ合いレンジを上抜けた形となった。株式市場は米中間の報復課税の応酬もそろそろ限界と見ており、打開に向けた交渉がスタートすることを期待している。今週は好材料に反応しやすい地合いが予想され、わずかでも進展の兆しがあれば再び高値…
  • 詳細へ
    2019年8月26日
    パウエル・プットとトランプ・スランプに目新しさはあるか[雨夜恒一郎]
    FX攻略.com ズバリ!今週の為替相場動向 2019年8月26日号 先週のドル円相場 先週のドル円相場は、週後半に行われるジャクソンホール会議を控えて様子見ムードとなる中、「パウエルFRB議長の講演はさほどハト派的にならないのでは」との見方を背景に、一時106.74円まで上昇した。しかし中国が米国製品750億ドルに対する報復関税を発表し、トランプ大統領がこれに応酬する形で新たな関税措置を発表するとツイートすると、一気に106円台を割り込み105.26円まで下落した。 パウエル・プット パウエル議長の講演は、利下げサイクル入りまでは示唆しなかったものの、「経済は望ましい状況だが、著しいリスクが迫っている」、「景気拡大維持へ適切に行動する」、「世界経済減速の追加証拠を確認した」などハト派色を強める内容だった。これを受けて、米国債市場では利回りが低下し、2-10年債利回りが再び逆イールドとなる場面が見られた。FF金利先物は9月の利下げを100%確実視し、12月の追加利下げも8割近く織り込む水準となった。パウエル・プット(予防的利下げ)に対する期待が高まっていることを示しており、これはもちろ…
  • 詳細へ
    2019年8月19日
    逆イールド発生は景気後退のサインか?そのヒントはジャクソンホールに[雨夜恒一郎]
    FX攻略.com ズバリ!今週の為替相場動向 2019年8月19日号 先週のドル円相場 先週のドル円相場は、夏休みシーズン・盆休みの薄商いの中、米中貿易摩擦や香港でのデモ、アルゼンチン市場の混乱などを背景にリスク回避の動きとなり、一時105.05円まで下落。しかし米国が中国からの輸入品に対する追加関税について、一部製品に限り発動を12月15日まで延期すると発表したことから106.98円まで急反発。その後は株式市場の乱高下を眺めながら、106円を挟んでの神経質なもみ合いとなった。NYダウは25200ドル台まで急落する場面もあったものの、後半は持ち直し、25886ドル(前週比401ドル安)で週の取引を終えた。 逆イールド発生 先週の株式市場の下落の背景には、米国債市場での逆イールド発生という要因もあった。イールドカーブのフラット化が急速に進み、これまでプラスを堅持してきた2-10年債の利回り格差が一時2007年以来となるマイナスに転じたのだ。株式市場はこれを景気後退のサインと受け取った。政策金利に敏感な2年債の利回りは1.46%まで低下、10年債利回りも3年ぶりに1.5%台割れとなった。 …
1 2 3 4 30