雨夜恒一郎

  • 詳細へ
    2019年2月18日
    米国を覆う二つの懸念が後退[雨夜恒一郎]
    FX攻略.com ズバリ!今週の為替相場動向 2019年2月18日号 先週のドル円相場 先週のドル円相場は、米中貿易協議の進展期待を背景に堅調な動き。米1月の消費者物価指数が予想を上回ったことをきっかけに111円を突破し、一時111.13円まで上昇した。米1月の小売売上高が予想を下回ったことを受けて利食い売りが出たものの、110円台前半では下げ渋り、110円台半ばで週の取引を終えた。 米中問題、最悪のシナリオは回避か 14日・15日に北京で行われた米中閣僚級協議は、技術移転強制や補助金など構造問題では溝が残ったものの、中国による米国製品の輸入拡大など市場開放分野では前進し、トランプ大統領は「中国との協議は多くの点で合意に近づいた」、習近平国家主席は「重要で段階的な進展がまたあった」と評価した。 中国側は体制を揺るがしかねない構造問題での譲歩には慎重とみられるが、米側も何とか協議をまとめてトランプ大統領の手柄としたい。中国に対して抜本的な構造改革を求めない代わりに貿易面での大幅な譲歩を引き出し、ウィンウィンとする可能性がある。両国は今週ワシントンに会談場所を移し、同じメンバーで協議を続け…
  • 詳細へ
    2019年2月11日
    米中協議が今週ヤマ場へ!苦しいのは中国[雨夜恒一郎]
    FX攻略.com ズバリ!今週の為替相場動向 2019年2月11日号 先週のドル円相場 先週のドル円相場は、110円の大台に乗せる場面もあったものの、滞空時間は短く、おおむね109円台後半での一進一退が続いた。トランプ大統領が一般教書演説で壁の建設に意欲を示したことが政府機関閉鎖長期化を連想させたほか、米中貿易協議が難航していると報じられたことが上値の圧迫材料となった。 米中協議から目が離せない ホワイトハウスは8日、閣僚級の米中貿易協議を14・15日に北京で開くと発表した。協議の責任者である米通商代表部(USTR)のライトハイザー代表やムニューシン財務長官らが訪中する。これに先立ち、11日からUSTRのゲリッシュ次席代表や財務省、農務省、商務省、エネルギー省などの幹部らが訪中し、次官級の協議を開く。今週も米中協議から目が離せない局面が続くことになる。 米国は協議期限を3月1日と定めており、両国に残された時間は半月あまりとなった。3月1日までに合意できなければ、米国は2千億ドル分の中国製品に対する25%の制裁関税を発動する。トランプ大統領は習近平国家主席との首脳会談で合意したい考えだが…
  • 詳細へ
    2019年2月4日
    米利上げ停止は想定内 株価回復でドル円も堅調に[雨夜恒一郎]
    FX攻略.com ズバリ!今週の為替相場動向 2019年2月4日号 先週のドル円相場 先週のドル円相場は、FOMCの結果が予想よりハト派的だったことから一時108.50円まで下落したものの、米国1月の雇用統計やISM製造業景気指数が強い結果となったことから109円半ばまで反発し、結局下に往って来いの展開となった。1月30・31日にワシントンで行われた米中閣僚級協議は、予想通り合意には達せず、3月1日の交渉期限も延長されなかったが、「非常に大きな進展があった」(トランプ大統領)と評価され、近く米側閣僚が中国を訪問することが示唆された。 FOMC解説 FOMC(声明全文はこちら)のどこがハト派的だったかというと、まず前回声明(全文はこちら)まで存在した「FF金利誘導目標のいくらかのさらなる緩やかな引き上げ」が経済状況と整合的、とする利上げ予告の文言がそっくり削除されたことだ。そして今後の政策金利調整の決定に際して「委員会は忍耐強くなる」との一文が新たに加えられた。この「忍耐強く」との文言は、FRB用語では「様子を見る」ということを意味する。 さらにFOMCは保有資産の縮小についても別枠の声…
  • 詳細へ
    2019年1月28日
    米中閣僚級協議に注目[雨夜恒一郎]
    FX攻略.com ズバリ!今週の為替相場動向 2019年1月28日号 先週のドル円相場 先週のドル円相場は、109円台の狭いレンジ内での動きながら底堅く推移し、一時110.00円と昨年12月31日以来の水準を回復した。米国株式市場ではNYダウが2万4千ドル台で小康状態となり、米国債利回りもおおむね横ばい。恐怖指数VIXは17ポイント近辺と過去3か月のレンジの下限に接近した。市場全体が年末年始の悪夢のような乱気流から抜け出し、当面の落ち着きどころを探る展開となりつつある。 今週の注目材料は? 今週の注目材料は、米中貿易問題、特に1月30~31日にワシントンで開かれる閣僚級協議が焦点となる。中国の劉鶴副首相が訪米し、ライトハイザーUSTR(米通商代表部)代表、ムニューシン米財務長官と会談する。ロス米商務長官は先週木曜日、この協議で「米中のすべての問題が解決するとは考えない方がいい」と発言した。また先週火曜日には、ホワイトハウスが中国との次官級の予備協議を拒否したと伝わり、市場を慌てさせる場面もあった(実際はもともと予備協議は計画していなかった模様)。 今回の協議では、中国による輸入拡大だけ…
  • 詳細へ
    2019年1月21日
    米中協議に進展の兆し?[雨夜恒一郎]
    FX攻略.com ズバリ!今週の為替相場動向 2019年1月21日号 先週のドル円相場 先週のドル円相場は、米中貿易摩擦の緩和期待や株価上昇を背景に戻りを試す展開となり109円台へ浮上。ムニューシン米財務長官が中国への制裁取り下げを提案したと伝わったことや、中国が1月初旬の米中次官級協議で貿易不均衡解消に向けた道筋を示したと報じられたこともあり、金曜日には109.89円と昨年12月31日以来の水準へ上昇した。 米国株式市場では、NYダウが4日続伸し24706ドルと昨年12月13日以来の水準を回復。史上最高値からの下落幅(26951ドル→21712ドル)の半値戻し水準を突破した。これにともない米国10年債利回りも2.80%まで上昇し、クリスマス前の水準に戻った。各市場は年末年始の乱気流から抜け出し、平常モードに戻りつつあるように見える。 NYダウ日足 出所:Yahoo!Finance 米中問題を整理 米中問題に関して整理しておこう。米国は中国に対し、貿易不均衡や知的財産侵害、不適切な産業補助金など構造問題に関して是正を求めており、両国が3月1日までに合意できなければ、米国は2000億ドル…
  • 詳細へ
    2019年1月14日
    趨勢はドル安!FRB要人発言や株価変動に注意[雨夜恒一郎]
    FX攻略.com ズバリ!今週の為替相場動向 2019年1月14日号 先週のドル円相場 フラッシュクラッシュとともに衝撃的な幕開けとなったドル円相場だが、先週は打って変わって108円台を中心とした狭いレンジで一進一退の動きとなった。109円台はクラッシュ時に売りそびれたロングがしこりとなって上値を抑えている一方、107円台では突っ込んで下値を売ってしまった向きの買い戻しが待っており、結果的に上にも下にも行けない状況となった。 米国株式市場も落ち着きを取り戻し、NYダウは週間で500ドル超の上昇となった。昨年末に付けた安値21712ドルから10%持ち直した形だ。これに伴い、米国10年債利回りも2.70%近辺と昨年末の水準へ反発した。参加者も年末年始の休暇から戻り、市場機能も平常に戻りつつある。月曜日は成人の日で東京市場は休場となるが、さすがにフラッシュクラッシュのような異常事態が再発するとは考えにくい。 FOMC議事要旨「辛抱強くなれる」の意味 ただし、米国景気の減速懸念や利上げ期待の後退を背景としたドル安の趨勢に変化はなさそうだ。先週公表されたFOMC議事要旨では、多くのメンバーがさら…
  • 詳細へ
    2019年1月7日
    フラッシュクラッシュで一時105円割れ!2019年は波乱の幕開け[雨夜恒一郎]
    FX攻略.com ズバリ!今週の為替相場動向 2019年1月7日号 先週のドル円相場 先週のドル円相場は、株安を背景としたリスク回避型の円買いが徐々に強まり、110円台を完全に割り込む展開。年明け1月3日の早朝には、米アップルが10-12月期の売上高見通しを下方修正したことをきっかけに円買い・ドル売りが殺到し、数分間の間に一気に104円台半ばまで急落した。その後は下げ過ぎ感から買いが入り、翌1月4日には米国12月の雇用統計が市場予想を上回ったことから、108円台半ばまで回復した。 原因はフラッシュクラッシュか 1月3日の暴落は、極端な薄商いのなかで、一定の条件や特定のキーワードに反応して自動的に取引を行うアルゴリズムが一斉に大量の円買いを発注したことで、異常な水準での取引が成立してしまった、いわゆる「フラッシュクラッシュ」と考えられる。正月休みのため本邦輸入企業や機関投資家らの買いオーダーがほとんど入っておらず、ストップロスの売りオーダーだけが一方的に発動されてしまった。また切りがいい水準である105円ちょうどには、ノックアウトオプションやバイナリーオプションのトリガーがびっしりと並ん…
  • 詳細へ
    2018年12月24日
    ドル円は悪いところ取り 地合いの悪さうかがわせる[雨夜恒一郎]
    FX攻略.com ズバリ!今週の為替相場動向 2018年12月24日号 先週のドル円相場 先週のドル円相場は、株式市場が下げ止まらない中、リスク回避型の円買いが強まり、一時110.82円と9月7日以来の安値をつけた。NYダウは一週間で1600ドルあまり下落し、22445ドルと昨年10月以来の水準へ急落。日経平均も前週から1200円あまり下落し、2万円の大台割れ寸前となった。 FOMCは予想通りの結果 FOMCは予想通り0.25%の利上げ(FF金利の目標誘導レンジを2.25-2.50%へ引き上げ)を全会一致で決定した。声明は、前回11月の「さらなる緩やかな利上げ」が「いくらかのさらなる緩やかな利上げ」にトーンダウンされ、「世界経済と金融の動向を引き続き監視し、経済見通しへの影響を評価する」との注意喚起が新たに加筆されたものの、利上げ打ち切りを示唆するほどハト派的ではなかった。 ・11月のFOMC声明:https://jp.reuters.com/article/fomc-statement-idJPKCN1ND2Z9 ・12月のFOMC声明:https://jp.reuters.com/…
  • 詳細へ
    2018年12月17日
    ドットプロットチャートの変化[雨夜恒一郎]
    FX攻略.com ズバリ!今週の為替相場動向 2018年12月17日号 先週のドル円相場 先週のドル円相場は、米国株式市場の動向に一喜一憂しながらも底堅い動きとなり、113円台での推移となった。米中貿易問題に関しては、中国の国営企業が米国から大量の大豆を購入し始めたことが明らかになったほか、中国が近く米輸入車への関税を40%から15%に引き下げる方向と伝わったことを受けて、幾分緊張が和らいでいる。 一方米国株式市場は依然不安定な動きが続いており、先週金曜日、NYダウは2万4千ドル割れ寸前まで下落した。米国景気は好調で、4-6月のGDPは年率4.2%、7-9月は3.5%の高成長を記録しているが、市場参加者は足元の景気の良さよりも、忍び寄る景気減速の影に怯えているように見える。景気は今がピークで、これからはダウンサイドしかない・・・もしこの見方が幅広く共有されているとすれば、米国株式市場が10月に27000ドル直前でピークを付けて以来下落基調をたどっているのも合点がいく。 米国債利回り格差は先週フラット化が一段と進み、2年-10年のスプレッドは一時11ベーシスまで縮小した。この動きも上記の…
  • 詳細へ
    2018年12月10日
    株安・米国金利低下・ドル安の流れが続く見通し[雨夜恒一郎]
    FX攻略.com ズバリ!今週の為替相場動向 2018年12月10日号 先週のドル円相場 先週のドル円相場は、株式市場の下落を背景に下値を探る展開。NYダウが25000ドルを大きく下回る中、一時112.24円と10月29日以来の安値をつけた。株安とともに、米国債利回りの低下と長短スプレッド縮小も加速した。米国10年債利回りは2.82%まで低下し、一週間の下げ幅は20ベーシスに及んだ。2年-10年債利回り格差は12ベーシスと2007年以来の水準まで縮小。2年から5年にかけては逆イールドが発生している。 NYダウは節目の24000ドルに注目 金曜日に発表された米国11月の雇用統計は、失業率が3.7%、非農業部門雇用者数が+15.5万人、平均時給が前年比+3.1%と悪くない結果だったが、流れを変えることはできなかった。市場はもはや、米国経済の足元の強さにはさほどの関心はなく、株式市場の弱気局面入りや景気後退という恐怖シナリオにおびえているようだ。NYダウはこのところ乱高下を繰り返しているが、節目の24000ドルを割り込んでくるとチャート上も危険シグナルとなる。 米中首脳会談で関税引き上げの9…
1 2 3 4 27