雨夜恒一郎

  • 詳細へ
    2019年4月22日
    動かないマーケット、ゴールデンウィーク直前で思うこと[雨夜恒一郎]
    FX攻略.com ズバリ!今週の為替相場動向 2019年4月22日号 先週のドル円相場は 先週のドル円相場は、イースター休暇を前に動意が乏しくなり、112円をはさんでわずか40銭ほどの値幅(111.77円~112.17円)での小動きにとどまった。ワシントンで日米物品貿易協定(TAG)交渉の閣僚級会合が開かれ、通貨安誘導を制限する為替条項の扱いが注目されたが、今回このテーマは財務大臣の協議に任せることで合意がなされたため、材料とはならなかった。 記録的な低ボラティリティ 週間の値幅の今世紀最小記録は2012年1月第2週の32銭だそうだが、先週はそれに次ぐ狭いレンジとなった。また今月ここまでの値幅は1.39円だが、これも2011年12月の1.34円に次ぐもので、今のところプラザ合意後で2番目の小動きである。ドル円の予想変動率(インプライド・ボラティリティ)は1週間で4%台前半、1か月で4%台半ばと記録的な低水準となっている。 ドル円ボラティリティ・インデックスは過去最低レベル 出所:CBOE 自動売買の発達 ここまで動かなくなった原因は何かといえば、おそらくコンピュータによる自動売買の発達…
  • 詳細へ
    2019年4月15日
    米国景気減速懸念後退でドル円堅調 ただし日米TAG交渉は要注意[雨夜恒一郎]
    FX攻略.com ズバリ!今週の為替相場動向 2019年4月15日号 先週はドル円が上昇 先週のドル円相場は、EU首脳会談、ECB理事会、FOMC議事録と重要イベントを控えて前半はややリスク回避的な展開となり、110.84円まで下押し。しかしこれらのイベントを無風で通過すると買い戻しが強まり、週末には112.09円と3月6日以来の高値をつけた。 EU首脳会談は英国のEU離脱期限を10月末まで延期することで合意し、ひとまずハードブレグジット(合意なき離脱)のリスクは先送りされた。ECB理事会はハト派スタンスに変わりはないものの、中銀預金金利の階層化など新たな決定は見送った。FOMC議事録は年内金利据え置きが正当化されると記されたものの、利上げサイクルの終了や利下げ開始までは言及していなかった。こうした無難な結果を受けて、NYダウは週前半の下げ幅をほぼ取り戻し26406ドルと年初来高値圏で終了。米国10年債利回りも2.56%と3月中旬の水準まで回復し、ドル円にとっては追い風の外部環境となった。 米国の景気減速懸念は後退 米国の利上げ停止を受けたドル売り局面は一巡し、現在は一周回って米国の相…
  • 詳細へ
    2019年4月8日
    今週も動きづらい相場付きだがドルショートは不利[雨夜恒一郎]
    FX攻略.com ズバリ!今週の為替相場動向 2019年4月8日号 先週のドル円相場は 先週のドル円相場は110円台ミドルから111.82円までじり高の展開。中国の製造業PMI指数や米国のISM製造業景気指数が予想を上回ったことを受けて景気減速懸念が後退し安堵感が広がった。また中国の劉鶴副首相がワシントンを訪問し、米中閣僚級協議が再開したことも、貿易協議合意への期待を高めた。米国株は堅調に推移し、NYダウは26424.99ドルと昨年10月以来の高値で週の取引を終えた。 ゴルディロックスを示唆 金曜日に発表された米国3月の雇用統計は、非農業部門雇用者数が+19.6万人と予想の+17.7万人を上回った一方、インフレの先行指標である平均時給の伸びは+3.2%と前回の+3.4%から減速した。ドル円相場はプラスマイナスゼロという受け止め方で、瞬間的に上下動はあったものの、結局発表前とほぼ変わらずの111.70円近辺に落ち着いたが、米国10年債利回りは平均時給のほうを重視して若干低下した。株式市場は、健全な雇用の伸びと金利低下を「いいとこ取り」して上昇した。今回の雇用統計が示唆することは、米国の労…
  • 詳細へ
    2019年4月1日
    目先動きづらいドル円 戻り売りが賢明[雨夜恒一郎]
    FX攻略.com ズバリ!今週の為替相場動向 2019年4月1日号 先週のドル円相場は 先週のドル円相場は、109円台後半から110円台後半へとじり高の展開。FOMCの予想以上にハト派的なスタンスを受けて週初はドル売りが先行したが、週後半は株式市場の上昇や米国債利回りの安定を背景に買い戻しが優勢となり、110.95円まで回復した。先週の当コラムでは、米景気減速懸念や利下げ観測の高まりと、年度末特有の需給で、もう一段のドル下落の恐れがあると予想したが、残念ながらそのような展開にはならなかった。 利下げ催促相場 米国の利下げ観測が遠のいたかといえばそうではない。FF金利先物が織り込んでいる今年6月の金利分布をみると、早くも1回目の利下げが行われる可能性を25%程度織り込み始めている。さらに今年12月の金利分布をみると、現状維持は33%である一方、利下げ1回が41%、そして利下げ2回以上も25%以上となっている。金利市場の参加者は完全に利下げ催促モードに突入しているのだ。 FF金利先物が織り込む今年6月の金利分布 出所:CME Fed Watch FF金利先物が織り込む今年12月の金利分布 …
  • 詳細へ
    2019年3月25日
    FOMCは予想以上のハト派に転換 ドル円も調整局面へ[雨夜恒一郎]
    FX攻略.com ズバリ!今週の為替相場動向 2019年3月25日号 先週のドル円相場 先週のドル円相場は、111円、110円台を割り込み一時109.74円まで下落。19-20日に開かれたFOMCの結果が予想以上にハト派的だったことから、米国金利が低下し、ドル売りが強まった。また欧州や米国のPMI(購買担当者景気指数)が予想以上に落ち込んだことを受けて、世界的な景気減速懸念が広がり、リスク回避の円買いも強まった。 ・FOMC声明日本語訳はこちら ・付属資料(Projection Material)はこちら 声明では、「経済活動の拡大は昨年の第4四半期の堅調な速度から鈍化した」、「最近の指標は、第1・四半期に家計支出と企業の設備投資の伸びが減速することを指し示している」、「主にエネルギー価格の下落が原因で全体のインフレ率は低下した」など慎重な表現が多く、「委員会は忍耐強くなるだろう」という「当面の利上げ停止」を意味する文言は据え置かれた。バランスシートの縮小は予想より早い9月に停止されることになった。 利上げの予想は消滅 ドットプロットチャートの分布は、図1と図2を比較してみればわかる通…
  • 詳細へ
    2019年3月18日
    ドットプロットチャートは下方シフトするか?[雨夜恒一郎]
    FX攻略.com ズバリ!今週の為替相場動向 2019年3月18日号 先週のドル円相場 先週のドル円相場は111円台で膠着。米国2月の消費者物価指数、生産者物価指数、鉱工業生産指数、3月のNY連銀製造業景気指数など、経済指標が全体的に弱めとなったことから、米国債利回りは1月以来となる2.5%台へ低下し、ドル円も上値の重い動きとなった。一方、米国株式市場は、エチオピア航空機(ボーイング737MAX)墜落や米中首脳会談延期といった悪材料にもかかわらず底堅く推移し、25848.87ドルと前週から約400ドル上昇して週の取引を終えた。ドル円も111円台前半では底堅く、111.90円と上値を試す場面もあった。 火・水曜開催のFOMCに注目 今週の注目材料は火曜日・水曜日に開催されるFOMCだ。前回1月のFOMC声明では漸進的利上げの文言が削除され、今後の政策金利調整の決定に際して「委員会は忍耐強くなる」との一文が新たに加えられた。この「忍耐強く」との文言は、FRB用語では「様子を見る」ということを意味する(前回の声明全文はこちら→https://jp.reuters.com/article/te…
  • 詳細へ
    2019年3月11日
    米国雇用統計で景気を悲観する必要なし[雨夜恒一郎]
    FX攻略.com ズバリ!今週の為替相場動向 2019年3月11日号 先週のドル円相場は 先週のドル円相場は、112円台を維持することができず反落。金曜日に発表された米国2月の雇用統計で非農業部門雇用者数が予想を大幅に下回ったことを受けてドルが売られ、110.79円まで下落した。先週の当コラムでは、「市場の金利観が上向いており、雇用統計はいいとこどりとなる」と予想したが、残念ながらそうはならなかった。 非農業部門雇用者数は大幅に下振れだが 非農業部門雇用者数は+2.0万人と予想の+18.0万人を大幅に下回るとともに、2017年9月以来の小幅な伸びとなった。建設や小売りなどの業種で雇用がマイナスとなり、米国の中西部と北東部を襲った大寒波の影響がもろに現れた。1月に現れるべきだった政府機関閉鎖の影響が2月に持ち越された可能性も小さくない。また1月分が予想を大きく上回る+31.1万人の伸びとなっただけにその反動が出た可能性も大きい。3カ月平均では+18.6万人と依然として健全な水準にある。 単月の結果で判断すべきでない 雇用統計の先行指標として知られ、労働統計局より正確とさえ言われる「ADP…
  • 詳細へ
    2019年3月4日
    米景気悲観論が後退!金利上昇・ドル高トレンドの始まりか?[雨夜恒一郎]
    FX攻略.com ズバリ!今週の為替相場動向 2019年3月4日号 先週のドル円相場は 先週のドル円相場は、111円台を踏み固め、一時112円台へ上昇。米10-12月期GDPが予想ほど悪くなかった(前回+3.4%、予想+2.2%、結果+2.6%、いずれも前年同期比)ことをきっかけに米国債利回りが上昇し、ドル買いに拍車がかかった。インド・パキスタンの緊張が高まり、ベトナムのハノイで行われていた米朝首脳会談は不調に終わったが、リスク回避の動きは限定的だった。先週の当コラムでは、米中貿易協議進展期待が高まり、日米の株価が回復する中、日米の金利差や金融政策格差を背景に111~112円台をうかがう展開を予想したが、おおむねそのような結果となった。 米国債利回りの上昇 米国財政問題や米中貿易協議をめぐる懸念が薄れ、景気に対する悲観的な見方は後退しつつある。米国10年債利回りは2.76%と前週末から約11ベーシス上昇し、年初来高値の2.80%を視野に入れた。チャートを見ると、安値から陽線が三本並ぶ、酒田五法でいうところの赤三兵の買いサインが出現。昨年11月のピーク3.25%からの弱気トレンドラインも…
  • 詳細へ
    2019年2月25日
    三寒四温のドル円相場[雨夜恒一郎]
    FX攻略.com ズバリ!今週の為替相場動向 2019年2月25日号 先週のドル円相場は 先週のドル円相場は米中貿易協議に対する楽観的な見方を背景に底堅く推移し、110円台後半で週の取引を終えた。一週間を通して相場は110円を割り込むことはなかったが、111円台に乗せることもできず、日々の取引レンジは30~40銭という膠着状態が続いた。 米中貿易協議は期限延長へ 米中閣僚はワシントンで会談を継続し、貿易協議の決着に向けて6つの覚書の作成に入った。知的財産権保護や為替などに関する中国の構造改革の取り組みを明文化する。ムニューシン財務長官は「米中は通商協議の一環として通貨に関する最終合意に達した」と述べていた。トランプ大統領は「中国とは構造問題で進展が見られた。進展があれば関税の期限を延長するだろう」などと一定の評価をした。米中首脳会談は3月中にトランプ大統領の別荘マー・ア・ラーゴで行う可能性が高いという。関税引き上げの期限は撤廃されることはないものの、3月1日の期限はひとまず延期が濃厚となった。米中貿易協議決裂で関税引き上げ発動・株安・円高という最悪のシナリオは回避されることになりそうだ…
  • 詳細へ
    2019年2月18日
    米国を覆う二つの懸念が後退[雨夜恒一郎]
    FX攻略.com ズバリ!今週の為替相場動向 2019年2月18日号 先週のドル円相場 先週のドル円相場は、米中貿易協議の進展期待を背景に堅調な動き。米1月の消費者物価指数が予想を上回ったことをきっかけに111円を突破し、一時111.13円まで上昇した。米1月の小売売上高が予想を下回ったことを受けて利食い売りが出たものの、110円台前半では下げ渋り、110円台半ばで週の取引を終えた。 米中問題、最悪のシナリオは回避か 14日・15日に北京で行われた米中閣僚級協議は、技術移転強制や補助金など構造問題では溝が残ったものの、中国による米国製品の輸入拡大など市場開放分野では前進し、トランプ大統領は「中国との協議は多くの点で合意に近づいた」、習近平国家主席は「重要で段階的な進展がまたあった」と評価した。 中国側は体制を揺るがしかねない構造問題での譲歩には慎重とみられるが、米側も何とか協議をまとめてトランプ大統領の手柄としたい。中国に対して抜本的な構造改革を求めない代わりに貿易面での大幅な譲歩を引き出し、ウィンウィンとする可能性がある。両国は今週ワシントンに会談場所を移し、同じメンバーで協議を続け…
1 2 3 4 28