雨夜恒一郎

  • 詳細へ
    2019年6月24日
    動き始めたドル円相場!105円を目指す展開か[雨夜恒一郎]
    FX攻略.com ズバリ!今週の為替相場動向 2019年6月24日号 先週のドル円相場 先週のドル円相場は、FOMCが利下げを示唆したことを受けてドル売りが活発化し、一時107.05円と1月以来の安値を示現した。イランのイスラム革命防衛隊が米無人偵察機を撃墜したことを受けて、米国とイランの緊張が高まったことも円買いにつながった。 米国とイランは一触即発 トランプ大統領は、無人偵察機撃墜に対する報復として、イランへの空爆をいったん承認したことを明らかにした。攻撃によって150名死亡するとの報告に、無人機撃墜に対する報復としては相応ではないと判断したことから空爆はぎりぎりで見送られたが、完全に取りやめになったとは限らず、復活する可能性もないわけではない。イラン情勢は一歩間違えれば重大な軍事衝突につながりかねない一触即発の局面が続くことになる。地政学リスクが高まる中で、有事に強い金はおよそ6年ぶりの高値へ上昇。当事者国である米国のドルが売られ、安全通貨の円が買われるのは当然の成り行きだ。 FOMCはスタンスを転換 FOMCは大方の予想通り政策金利を2.25-2.50%に据え置いたが、声明にお…
  • 詳細へ
    2019年6月17日
    FOMCは利下げに向けた地ならしへ[雨夜恒一郎]
    FX攻略.com ズバリ!今週の為替相場動向 2019年6月17日号 先週のドル円相場は膠着 先週のドル円相場は、株式市場を横目に見ながら神経質な一進一退が続いたものの、結局決定打がなく、108円台でのレンジ相場に終わった。米国株式市場では、NYダウがおおむね26000ドルを上回る水準で推移し下げ渋る展開。日経平均も2万円を下回ることなく、21000円台を回復して引けた。米国債利回りもひとまず下げ止まり、10年債で2.10%前後の動きだった。前回の当コラムでは、「米国の金利低下・ドル売りの流れと、(利下げ期待を背景とした)株高・リスクオンの円売りの流れが同時進行」することで、ドルが下げ渋る展開を予想したが、結果的にはそのような展開となった。 中国、メキシコその後 米中貿易協議に関しては新たな進展はなく、来週末に開かれる大阪サミットで米中首脳会談が実現するかどうかに関心が移っている。メキシコに関しては、7日に不法移民対策で米国と合意が成立し、追加関税の発動が見送られたため、市場の関心の圏外となった。貿易摩擦→リスクオフ・株安→円高という流れも今のところ小休止となっている。貿易摩擦を材料に…
  • 詳細へ
    2019年6月10日
    パウエル・プットで株価急反発!ドル円も下げ渋る[雨夜恒一郎]
    FX攻略.com ズバリ!今週の為替相場動向 2019年6月10日号 先週のドル円相場は 先週のドル円相場は、米国の利下げ観測を背景に108円台割れを試す展開となり、一時107.82円まで下押しした。その後米国株式市場が利下げ「期待」で大幅に反発したことからドル円も下げ渋り、108円台半ばまで反発。しかし金曜日に発表された米国5月の雇用統計が予想を下回る弱い結果となったことから、再度107.88円まで売り込まれ、108.20円近辺で終了した。 雇用統計は大幅に下振れ 米国雇用統計は、失業率が3.6%と前回・予想と一致したものの、非農業部門雇用者数(NFP)は+7.5万人と予想の+17.5万人、前回の+22.4万人を大幅に下回った。3月・4月分が合計で7.5万人下方修正されているため、実質的には雇用増ゼロだったことになる。また市場が注目する平均賃金は前年比+3.1%(予想+3.2%、予想+3.2%)と伸び悩んだ。NFPがあまりに予想と乖離しているため、統計上のエラーの可能性を指摘する向きもあるが、NFPの先行指標として知られるADP民間雇用統計が+2.7万人と同じく急減速していたことから…
  • 詳細へ
    2019年6月3日
    前門の中国、後門のメキシコ!株安・円高と米国債利回り低下・ドル安が同時進行か[雨夜恒一郎]
    FX攻略.com ズバリ!今週の為替相場動向 2019年6月3日号 先週のドル円相場 先週のドル円相場は、木曜日までは109円台で底堅く推移していたが、金曜日にトランプ大統領が突然メキシコに対する関税を最高25%まで引き上げていく方針を打ち出したことを受けて、109円台を割り込む展開。中国政府がレアアース輸出規制導入を示唆していることも警戒感を高め、株安・円高の負の連鎖が加速。終盤には108.28円と1月15日以来の水準まで下落し、安値引けとなった。 メキシコに対する関税引き上げ措置は、表向き米国への不法移民や違法薬物流入に対抗するもので、中国との貿易戦争とは性格がやや異なるが、アメリカ・ファーストを掲げるトランプ大統領にとって、大統領選に向けた得点稼ぎという点で共通だ。メキシコの対米輸出は中国と肩を並べる規模であり、欧州や日本の自動車生産拠点も多い。対米輸出のツートップである中国とメキシコを同時に叩き、トランプ支持率アップにつなげるという戦略なのだろう。 日経平均2万円割れも覚悟 ただでさえ米中貿易摩擦の長期化による悪影響が懸念されている中で、世界経済は北米のサプライチェーン崩壊とい…
  • 詳細へ
    2019年5月27日
    米中貿易協議が後退 日米首脳会談もトランプ砲に注意[雨夜恒一郎]
    FX攻略.com ズバリ!今週の為替相場動向 2019年5月27日号 先週のドル円相場 先週のドル円相場は、週前半は上値を試す展開となり、一時110.67円と2週間ぶりの水準へ上昇。米商務省がファーウェイ向けの制裁措置を一部猶予したことから、米中摩擦への懸念が幾分緩和された。しかし楽観ムードは続かず、週後半は懸念が再燃、戻り売りに押される形で109.27円まで反落した。 米中貿易戦争の長期化・泥沼化リスク 米政府は、重要技術利用を事実上禁止する対象を、ファーウェイ以外の中国企業にも広げる構えを見せている。一方中国は、今週末6月1日に米国の関税引き上げに対する報復関税措置(米国からの輸入品600億ドル相当への関税率引き上げ)を発動する。一時は収束に向かいつつあると思われていた米中貿易戦争は、再び長期化・泥沼化するリスクを孕んできた。 米国側は、中国がこれまでの合意の一部を白紙に戻し、態度を後退させたと主張している。米中対立が単なる貿易摩擦にとどまらず、ハイテク技術の覇権を賭けた闘争であることが明白になってきたが、中国は国家戦略として、次世代情報技術などの重点分野で世界の先頭グループ入りを…
  • 詳細へ
    2019年5月20日
    米中貿易摩擦深刻化でも楽観的でいられるか?[雨夜恒一郎]
    FX攻略.com ズバリ!今週の為替相場動向 2019年5月20日号 先週のドル円相場 先週のドル円相場は、米中貿易摩擦が再燃する中、リスク回避の展開となり、週初に一時109.02円と1月31日以来の安値へ下落。NYダウも一時25230ドル近辺と3月11日以来の安値をつけた。しかし週後半は、米中の対話は継続するとの見方から買い戻しが入り、110円付近へ反発。金曜日には、5月のミシガン大学消費者信頼感指数が2004年1月以来の水準に上昇したことを好感して110.19円まで上昇した。筆者は110円への戻りは困難とみていたので、少々意外な展開であった。 悪材料への「慣れ」 どんなに大きな苦難であっても、毎日のことになれば人々は慣れてくる。米中貿易摩擦に関しても、これだけ毎日メディアで報道され続けていれば、市場も反応するのに飽きてくる。米中ともに歩み寄らず、貿易協議の落としどころは見えてこないにもかかわらず、先週ドル円も株式市場も持ち直したのは、悪材料への「慣れ」だったのであろう。米中衝突を見込んだ株ショートや円ロングもある程度積み上がっていたのかもしれない。ドル円の週足でみると下ヒゲが長い陽…
  • 詳細へ
    2019年5月13日
    いよいよ動き始めたドル円相場 下落余地広がる[雨夜恒一郎]
    FX攻略.com ズバリ!今週の為替相場動向 2019年5月13日号 先週までのドル円相場は 4月22日以来3週間ぶり、元号が令和に変わって初めてのコメントである。前回は連休を控えて112円前後で膠着色が強まり、ボラティリティーが空前の低水準まで売られていた。そして筆者はボラティリティーの極端な低下の後にはしばしば急変動が起こると警告した。果たしてドル円相場は、10連休中にじりじりと売りに押され、連休明けの先週は、一時109.46円まで下落し、連休前からおよそ2円50銭のドル安・円高となった。1月のようなフラッシュクラッシュまではいかなかったが、確かに大きな変動が起こったといえるだろう。 米中貿易摩擦懸念が再燃 ドル円下落のきっかけとなったのは、トランプ大統領が5月6日に「中国製品2000億ドルに対する関税を10日から25%に引き上げる」とツイッターで表明したことだ。ワシントンで開かれていた米中閣僚級協議は10日、合意に至らないまま終了し、予告通り関税率は25%に引き上げられた。米国側は今回の追加関税の対象外とされた3250億ドル相当の中国製品に対しても25%の関税を課す準備に入った。…
  • 詳細へ
    2019年4月22日
    動かないマーケット、ゴールデンウィーク直前で思うこと[雨夜恒一郎]
    FX攻略.com ズバリ!今週の為替相場動向 2019年4月22日号 先週のドル円相場は 先週のドル円相場は、イースター休暇を前に動意が乏しくなり、112円をはさんでわずか40銭ほどの値幅(111.77円~112.17円)での小動きにとどまった。ワシントンで日米物品貿易協定(TAG)交渉の閣僚級会合が開かれ、通貨安誘導を制限する為替条項の扱いが注目されたが、今回このテーマは財務大臣の協議に任せることで合意がなされたため、材料とはならなかった。 記録的な低ボラティリティ 週間の値幅の今世紀最小記録は2012年1月第2週の32銭だそうだが、先週はそれに次ぐ狭いレンジとなった。また今月ここまでの値幅は1.39円だが、これも2011年12月の1.34円に次ぐもので、今のところプラザ合意後で2番目の小動きである。ドル円の予想変動率(インプライド・ボラティリティ)は1週間で4%台前半、1か月で4%台半ばと記録的な低水準となっている。 ドル円ボラティリティ・インデックスは過去最低レベル 出所:CBOE 自動売買の発達 ここまで動かなくなった原因は何かといえば、おそらくコンピュータによる自動売買の発達…
  • 詳細へ
    2019年4月15日
    米国景気減速懸念後退でドル円堅調 ただし日米TAG交渉は要注意[雨夜恒一郎]
    FX攻略.com ズバリ!今週の為替相場動向 2019年4月15日号 先週はドル円が上昇 先週のドル円相場は、EU首脳会談、ECB理事会、FOMC議事録と重要イベントを控えて前半はややリスク回避的な展開となり、110.84円まで下押し。しかしこれらのイベントを無風で通過すると買い戻しが強まり、週末には112.09円と3月6日以来の高値をつけた。 EU首脳会談は英国のEU離脱期限を10月末まで延期することで合意し、ひとまずハードブレグジット(合意なき離脱)のリスクは先送りされた。ECB理事会はハト派スタンスに変わりはないものの、中銀預金金利の階層化など新たな決定は見送った。FOMC議事録は年内金利据え置きが正当化されると記されたものの、利上げサイクルの終了や利下げ開始までは言及していなかった。こうした無難な結果を受けて、NYダウは週前半の下げ幅をほぼ取り戻し26406ドルと年初来高値圏で終了。米国10年債利回りも2.56%と3月中旬の水準まで回復し、ドル円にとっては追い風の外部環境となった。 米国の景気減速懸念は後退 米国の利上げ停止を受けたドル売り局面は一巡し、現在は一周回って米国の相…
  • 詳細へ
    2019年4月8日
    今週も動きづらい相場付きだがドルショートは不利[雨夜恒一郎]
    FX攻略.com ズバリ!今週の為替相場動向 2019年4月8日号 先週のドル円相場は 先週のドル円相場は110円台ミドルから111.82円までじり高の展開。中国の製造業PMI指数や米国のISM製造業景気指数が予想を上回ったことを受けて景気減速懸念が後退し安堵感が広がった。また中国の劉鶴副首相がワシントンを訪問し、米中閣僚級協議が再開したことも、貿易協議合意への期待を高めた。米国株は堅調に推移し、NYダウは26424.99ドルと昨年10月以来の高値で週の取引を終えた。 ゴルディロックスを示唆 金曜日に発表された米国3月の雇用統計は、非農業部門雇用者数が+19.6万人と予想の+17.7万人を上回った一方、インフレの先行指標である平均時給の伸びは+3.2%と前回の+3.4%から減速した。ドル円相場はプラスマイナスゼロという受け止め方で、瞬間的に上下動はあったものの、結局発表前とほぼ変わらずの111.70円近辺に落ち着いたが、米国10年債利回りは平均時給のほうを重視して若干低下した。株式市場は、健全な雇用の伸びと金利低下を「いいとこ取り」して上昇した。今回の雇用統計が示唆することは、米国の労…
1 2 3 4 28