雨夜恒一郎

  • 詳細へ
    2017年12月11日
    FOMCは利上げ確実 ドットプロットチャートに注目[雨夜恒一郎]
    FX攻略.com ズバリ!今週の為替相場動向 2017年12月11日号 先週のドル円相場 先週のドル円相場は、中東情勢の緊迫を懸念したリスク回避の動きで一時112円台割れを試す場面があったものの、米国の税制改革に対する期待感や暫定予算の可決を背景にドル買いが次第に優勢となり、一時11月14日以来の高値となる113.59円まで上昇した。前回の当コラムでは、休暇前のポジション整理は一巡し、ドルの下値は固まってきた可能性が高いと述べたが、おおむねそのような展開となった。 火・水曜日に開催される今年最後のFOMCだが 金曜日に発表された米11月の雇用統計では、失業率は4.1%と17年ぶりの低水準を維持し、非農業部門雇用者数(NFP)は+22.8万人と予想の+19.5万人を上回ったが、平均時給が前年比+2.5%と予想の+2.7%を下回ったことからさらなるドル買いを呼び込むには至らなかった。米国の労働市場は、完全雇用が続いているにもかかわらず賃金が伸び悩むアンバランスな状況にある。 そんな中、今週火・水曜日には今年最後のFOMC(米連邦公開市場委員会)が開催される。市場はすでに0.25%の利上げ(…
  • 詳細へ
    2017年12月4日
    休暇前のポジション調整は一巡 ドルの下値固まったか[雨夜恒一郎]
    FX攻略.com ズバリ!今週の為替相場動向 2017年12月4日号 先週のドル円相場 先週のドル円相場は、月曜日に「北朝鮮が弾道ミサイルの発射準備」との報道を受けて一時9月15日以来の安値となる110.84円まで下落。しかし火曜日に北朝鮮が弾道ミサイルを発射したものの被害がないとわかると、材料出尽くしの買い戻しとなり反発。イエレンFRB議長の議会証言が楽観的な内容だったことや、米GDP改定値、中古住宅販売成約指数といった経済指標が強い内容だったこと、さらに米上院での税制改革法案可決への期待が高まったことから、112.87円まで上昇した。 その後、フリン前米大統領補佐官がロシアとの接触をめぐるFBIへの虚偽供述を認めたとの報道を受けて111.41円まで急落する場面もあったが、米税制改革法案に関してマコネル上院院内総務が、「法案の可決に必要な共和党票を確保した」と発言したこともあり112円台を回復して週の取引を終えた。 以前から述べている通り、為替相場の動向を決定づけるのは米国のファンダメンタルズとFRBの金融政策動向であり、北朝鮮のミサイル問題やトランプ政権のロシアゲート問題は攪乱材料…
  • 詳細へ
    2017年11月27日
    日銀総裁人事情報に注意[雨夜恒一郎]
    FX攻略.com ズバリ!今週の為替相場動向 2017年11月27日号 先週のドル円相場 先週のドル円相場は、111円台前半まで続落。イエレンFRB議長がNY大学での講演で、「インフレ率は目標を下回っており段階的な利上げが適切。目標に届かないことを容認することは非常に危険」などインフレに弱気な見方を示したことや、FOMC議事録で「数人が弱いインフレで当面の利上げに反対。低いインフレ期待を幾人かが懸念」などハト派的見解が記されたことが材料視された。  先週の当コラムでは、感謝祭を境に市場が休暇モードに入るため、ポジション手仕舞いで下値が脆弱と予想したが、おおむねそのような展開となった。日米の祝日をはさんで市場全体に活気がなく、風船の空気が抜けていくような下げ方であった。 今週も状況に変化乏しく 今週も状況にあまり変化はない。12月13日のFOMCでの利上げはすでに確実視されており、新たなドル買い意欲を喚起するとは思えない。むしろFOMCメンバーの一部は低インフレを懸念しており、票が割れる可能性もある。来年の利上げペースは、パウエル新議長のスタンスが未知数のため不透明となっている。ユーロが…
  • 詳細へ
    2017年11月20日
    感謝祭ウィークは投機筋のポジション巻き戻しに注意[雨夜恒一郎]
    FX攻略.com ズバリ!今週の為替相場動向 2017年11月20日号 先週のドル円相場  先週のドル円相場は、トランプ大統領のロシア疑惑を背景にリスク回避ムードが強まり、一時111.95円と1か月ぶりの安値へ下落した。米ウォールストリートジャーナルは関係筋の話として、モラー特別検察官がトランプ陣営の幹部十数人に文書や電子メールの提出を求める召喚状を10月半ばに出していたと報じた。 先週の当コラムでは、「114.50円の重要レジスタンスを一度ブレイクしたにもかかわらずフォロースルーが見られなかったことから、短期的には上値の重さを嫌気した手仕舞い売りが優勢となりそうだ」と述べたが、おおむねそのような展開となっている。 株安・円高の負の連鎖が懸念 先週は米10月の生産者物価指数、消費者物価指数、小売売上高が予想を上回ったにもかかわらずドル買いの反応は鈍かった。12月FOMCでの利上げが9割以上織り込み済みとなっている現状では、米国の利上げ期待を材料としたドル買いはこれ以上期待しづらい。 また円売りの原動力となる株高も、先週は日経平均が6営業日連続の下げとなるなど変調をきたし始めた。日経平均…
  • 詳細へ
    2017年11月17日
    FXトレーダーのための「大人の経済」基礎講座|第5回 伝統的金融政策と非伝統的金融政策[雨夜恒一郎]
    ファンダメンタルズ(分析)を体系的に学ぶことができる当企画。今回のテーマは、中央銀行の「伝統的金融政策と非伝統的金融政策」です。先進国の代表である日本のケースを中心に解説してもらいます。 ※この記事は、FX攻略.com2017年10月号の記事を転載・再編集したものです 【関連記事】 FXトレーダーのための「大人の経済」基礎講座|第1回 ファンダメンタルズのきほん[雨夜恒一郎] FXトレーダーのための「大人の経済」基礎講座|第2回 金利のきほん~前編[雨夜恒一郎] FXトレーダーのための「大人の経済」基礎講座|第3回 金利のきほん~後編[雨夜恒一郎] FXトレーダーのための「大人の経済」基礎講座|第4回 金利動向から為替相場を読む[雨夜恒一郎] 金融政策の歴史と背景を理解しよう 今回の大人の経済基礎講座は、中央銀行の「非伝統的金融政策」についてです。2017年後半の最大の注目ポイントは米国がいつどれだけ利上げするかという点ですが、それと同じかそれ以上に重要なのは、米国がいつどうやって非伝統的政策からの脱却を図るのかということです。 これを機会に、非伝統的金融政策とは何か、中央銀行はどのよ…
  • 詳細へ
    2017年11月13日
    米国税制改革問題もノイズ 基調ドル高に変わりなし[雨夜恒一郎]
    FX攻略.com ズバリ!今週の為替相場動向 2017年11月13日号 先週のドル円相場 先週のドル円相場は、週初には114.50円にあったストップロスを狙った仕掛け買いが奏功し、一時114.73円と3月以来の高値を示現。しかしその後は米国の税制改革法案をめぐる先行き不透明感からドル売りが優勢となり、一時113.09円まで下押しした。米国株式市場では、NYダウが一時23600ドル台と史上最高値を更新していたが、週後半にかけては上げ幅を削る動きとなった。 トランプ大統領が公約として掲げる税制改革は約30年ぶりの抜本的な改革となるが、上下両院の法案が異なっており、法案成立のためにはこれらを一本化する必要がある。連邦法人税の税率引き下げの時期や連邦所得税の税率区分などが争点で、年内の法案成立は不透明とされる。  114.50円を一度ブレイクしたものの… そこで今週の相場だが、114.50円の重要サポートを一度ブレイクしたにもかかわらずフォロースルーが見られなかったことから、短期的には上値の重さを嫌気した手仕舞い売りが優勢となりそうだ。IMM通貨先物の取り組みを見ると、投機筋の円売り越しは今年…
  • 詳細へ
    2017年11月6日
    米国雇用統計を都合よく解釈 11月はドル上昇のアノマリーも[雨夜恒一郎]
    FX攻略.com ズバリ!今週の為替相場動向 2017年11月6日号 先週のドル円相場 先週のドル円相場は、113-114円台で底堅い動き。金曜日には、米国10月の雇用統計で非農業部門雇用者数と平均時給が予想を下回ったことから、発表直後はドル売りの反応となったが、12月の利上げ判断に影響はないとの見方から押し目買いも入り、一時114.43円まで反発した。なおFRB新議長にはパウエル氏が指名されたが、大方の予想通りとあって新たな反応は見られなかった。 米国雇用統計の影響は? 米国雇用統計は、非農業部門雇用者数が+26.1万人と予想の+31.3万人に届かなかったが、8月分と9月分が合計9万人上方修正されており、実質的には予想を上回っているとも言える。また失業率は4.1%と16年10ヶ月ぶりの低水準となり、労働市場の逼迫が一段と強まっていることを示している。ちなみに10月28日までの週の新規失業保険申請件数(4週移動平均)は23.25万人に減少し、なんと1973年4月以来44年6カ月ぶりの低水準となった。労働市場にはもはや働ける失業者がほとんどいない状態と言っても過言ではないだろう。12月F…
  • 詳細へ
    2017年11月5日
    FXトレーダーのための「大人の経済」基礎講座|第4回 金利動向から為替相場を読む[雨夜恒一郎]
    ファンダメンタルズ(分析)を体系的に学ぶことができる当企画。前回までで「金利のきほん」について理解を深めることができたと思います。今回からはその応用編として、金利動向が為替相場に与える影響や、金利動向から為替相場を読む方法を解説していただきます。 ※この記事は、FX攻略.com2017年9月号の記事を転載・再編集したものです 【関連記事】 FXトレーダーのための「大人の経済」基礎講座|第1回 ファンダメンタルズのきほん[雨夜恒一郎] FXトレーダーのための「大人の経済」基礎講座|第2回 金利のきほん~前編[雨夜恒一郎] FXトレーダーのための「大人の経済」基礎講座|第3回 金利のきほん~後編[雨夜恒一郎] 投資家に好かれるのは金利が高い通貨 前回まで金利の基本について述べてきましたが、本稿ではいよいよ応用編、金利動向が為替相場に及ぼす影響や、金利動向から為替相場を読み解く方法について述べていきたいと思います。 金利とはその通貨から得られる収益ですから、金利が上昇しそうな通貨は買われやすく、金利が低下しそうな通貨は売られやすいといえます。連載2回目「金利のきほん~前編」では、金利はむやみ…
  • 詳細へ
    2017年11月3日
    FXトレーダーのための「大人の経済」基礎講座|第3回 金利のきほん~後編[雨夜恒一郎]
    ファンダメンタルズ(分析)を体系的に学ぶことができる当企画。前回に引き続き、今回も「金利のきほん」について、雨夜恒一郎さんに分かりやすく解説してもらいます。為替相場と密接な関係にある金利について、分かっているつもりになっているトレーダーも多いはず。ここでしっかりと学習し、確かな知識を身に付けておきましょう。 ※この記事は、FX攻略.com2017年8月号の記事を転載・再編集したものです 【関連記事】 FXトレーダーのための「大人の経済」基礎講座|第1回 ファンダメンタルズのきほん[雨夜恒一郎] FXトレーダーのための「大人の経済」基礎講座|第2回 金利のきほん~前編[雨夜恒一郎] 市場金利と政策金利 前回述べた金利とは、景気やインフレ率といった経済状況、信用リスク、需給要因などによって決まる金利でした。市場で決まる金利ということで、これを「市場金利」といいます。 これに対して、中央銀行が金融政策として決める金利のことを「政策金利」と呼びます。中央銀行は基本的に景気を抑制したいときに利上げ(金融引き締め)を行い、景気を刺激したいときに利下げ(金融緩和)を行います。「景気」を「物価上昇」(…
  • 詳細へ
    2017年10月31日
    FXトレーダーのための「大人の経済」基礎講座|第2回 金利のきほん~前編[雨夜恒一郎]
    ファンダメンタルズ(分析)を体系的に学習できる当企画。前回は、ファンダメンタルズのきほんについて学びました。第2回となる今回のテーマは、「金利のきほん」です。為替相場と密接な関係にある金利について、分かっているつもりになっているトレーダーも多いのではないでしょうか。雨夜恒一郎さんに分かりやすく解説してもらいますので、ここでしっかりと知識を身につけておきましょう。 ※この記事は、FX攻略.com2017年7月号の記事を転載・再編集したものです 【関連記事】 FXトレーダーのための「大人の経済」基礎講座|第1回 ファンダメンタルズのきほん[雨夜恒一郎] そもそも金利とは? ファンダメンタルズ基礎講座第2回、今回のお題は「金利のきほん」です。今年(2017年)の為替市場の最大の関心事は、トランプ政権のもとで米国の金利はどう動くのか、ということに尽きるでしょう。金利と為替相場は切っても切れないほど密接なつながりがあり、為替相場を読むにはまず金利動向を読むことから始まるといっても過言はありません。  そこで本稿では、FXの初心者の方向けに「そもそも金利って何?」「金利はどうやって決まるの?」「金…
1 2 3 4 21