雨夜恒一郎

  • 詳細へ
    2018年4月16日
    日米首脳会談、シリア問題…潜在的なダウンサイドリスク大きい[雨夜恒一郎]
    FX攻略.com ズバリ!今週の為替相場動向 2018年4月16日号 先週のドル円相場 先週のドル円相場はおおむね107円台で底堅い動きとなった。中国の習近平国家主席のフォーラムでのスピーチでは、米中貿易摩擦に関する直接的な強硬発言はなく、市場の安堵を誘った。また化学兵器使用疑惑があるシリアに対して、「48時間以内に重大決断」と警告していたトランプ米大統領が、ひとまずミサイル攻撃を実施しなかったことが安心感につながった。 日米首脳会談の影響は 米中の貿易摩擦については、両陣営とも全面的な衝突や報復措置の応酬は望んでおらず、水面下での落としどころを探る戦略のようだ。ただ交渉はまだ始まったばかりであり、今後何度も暗礁に乗り上げることは目に見えている。また明日から日米首脳がフロリダで会談を行うが、日米自由貿易協定(FTA)締結に意欲を示すトランプ大統領が強硬姿勢を示せば、市場は大きく動揺するだろう。少なくともトランプ大統領の任期中は、為替市場は潜在的なドル安・円高圧力から逃れられない。 新たなドル安円高材料となるシリア問題 シリアをめぐる米ロの軍事的対立は、「遠くの戦争は買い・近くの戦争は売…
  • 詳細へ
    2018年4月9日
    米国雇用統計受けて金利先高観が後退!投機筋の戦略転換も?![雨夜恒一郎]
    FX攻略.com ズバリ!今週の為替相場動向 2018年4月9日号 先週のドル円相場 先週のドル円相場は、週初に一時105.66円と下値を探ったものの、米中貿易摩擦に交渉余地が残るとの見方から過度な警戒感が和らぎ、107.49円まで回復した。しかし金曜日には、トランプ政権が1000億ドルの対中追加関税を検討と報じられ、米中貿易戦争懸念が再燃したことや、米国雇用統計で非農業部門雇用者数が予想を大きく下回ったことを受けて、106.78円まで反落した。 市場の金利先高観が揺らぎ始める 米国3月の雇用統計は、非農業部門雇用者数が+10.3万人と予想の+18.5万人を大きく下回り、過去2か月分も計5万人下方修正された。前月の上振れの反動と考えられるものの、市場の利上げ期待を後退させるには十分な下振れだ。失業率は6か月連続の4.1%で、予想の4.0%には届かなかった。インフレ先行指標として現在市場が最も注目している平均賃金は、前月比+0.3%、前年比+2.7%で予想通りだった。前回の+0.1%・+2.6%からは回復したが、3%目前での足踏みが1年半も続いており、完全雇用にもかかわらず賃金が伸び悩む…
  • 詳細へ
    2018年4月2日
    米国雇用統計は平均時給が命![雨夜恒一郎]
    FX攻略.com ズバリ!今週の為替相場動向 2018年4月2日号 先週のドル円相場 先週のドル円相場は一時107.01円まで反発。米10-12月期GDP・個人消費確報、2月の住宅関連指標などが予想を上回ったことに加えて、米中貿易戦争への懸念が後退したことや、中朝首脳会談が行われたことがドル買い・円売り材料となった。森友問題で佐川前国税庁長官の証人喚問が行われたが、佐川氏は政治による関与を改めて否定し、文書改竄にかかわる真相は明らかにならなかった。 前回の当コラムでは、米利上げ・材料出尽くしによるドル売りの流れや、米中貿易戦争を懸念した株安・リスク回避の動き、森友問題による「アベグジット」懸念などを背景にさらにドル安・円高が進むと予想したが、そうした動きはひとまず下火となった。先行き不透明感によるリスク回避は一服し、日経平均は2万円割れを回避。今週は名実ともに新年度入りし、極端な薄商いも解消されるため、ドル円も目先底堅い動きとなる可能性が高い。 ただし、米国の利上げが先々まで織り込まれ、利上げそのものがもはやドル買い材料とならない状況に変わりはない。ショートカバーによる短期的なドル買い…
  • 詳細へ
    2018年3月26日
    年度末、イースター休暇で薄商い 下値が脆弱な地合い続く[雨夜恒一郎]
    FX攻略.com ズバリ!今週の為替相場動向 2018年3月26日号 先週のドル円相場 先週のドル円相場は、米中の貿易摩擦などを懸念した株安・リスク回避の動きが加速し、下値を試す展開。FOMCが0.25%の利上げを決定し、メンバーの金利見通し(ドットプロット)が年内3回(あと2回)で変化なかったことから、材料出尽くしのドル売りも加わり105円台を割り込んだ。週後半は日米株価が大幅に下落する中、一時104.64円と2016年11月以来の安値を示現した。 先週の当コラムでは、「FOMC利上げによる材料出尽くしのドル売りと、リスク回避による円買いの同時進行で、105円割れも十分ありうる」と予想したが、まさにそのような展開となった。  FOMC声明とパウエル議長の会見は、景気に楽観的な文言が目立ったものの、利上げの加速を示唆するようなニュアンスはなく、予想よりハト派的と受け止められた。FF金利先物が織り込む年内の利上げ回数も「あと2回」の可能性が最も高くなっている。織り込まれていたシナリオが強化された形であり、米国の利上げを材料にドルを買い進むことはこれまで以上に難しくなったといえる。 FF金…
  • 詳細へ
    2018年3月21日
    FXトレーダーのための「大人の経済」基礎講座|第9回 金利動向から為替相場を予想する方法〜CME FedWatch徹底活用[雨夜恒一郎]
    ファンダメンタルズ(分析)を体系的に学ぶことができる当企画。いよいよ今回はその集大成として、米国の金利動向を利用して為替相場を予想する方法に迫ります。2017年11月21日時点での金利水準を基に、相場観を組み立てるテクニックを解説していただきます。 ※この記事は、FX攻略.com2018年2月号の記事を転載・再編集したものです 【FXトレーダーのための「大人の経済」基礎講座[雨夜恒一郎]】 ・第1回 ファンダメンタルズのきほん ・第2回 金利のきほん~前編 ・第3回 金利のきほん~後編 ・第4回 金利動向から為替相場を読む ・第5回 伝統的金融政策と非伝統的金融政策 ・第6回 米国経済指標の攻略法〜ソフトデータで先を読む〜 ・第7回 インフレとデフレは結局どちらが「買い」なのか? ・第8回 株式市場と為替市場の関係を理解する 市場の金利予想を把握することが大切 2017年はトランプ政権の発足に始まり、北朝鮮問題、日本の衆院解散、米国のハリケーン被害などさまざまな材料が出ましたが、結局のところ、市場の最大の関心事は米国の金融政策の動向であることに変わりはありませんでした。 米連邦準備制度…
  • 詳細へ
    2018年3月19日
    FOMC利上げでドル買い材料出尽くしへ!日米政局にも注意[雨夜恒一郎]
    FX攻略.com ズバリ!今週の為替相場動向 2018年3月19日号 先週のドル円相場 先週のドル円相場は、米2月の消費者物価指数が落ち着いた数字となったことから一時107.29円まで上昇する場面もあったが、トランプ大統領がティラーソン国務長官を更迭したことや、森友文書問題による国内政局不透明感が強まったことから、ドル売り・円買いが優勢となり、105円台まで下落した。先週の当コラムでは、米国雇用統計の好結果にもかかわらずドルが買われなかったのは、潜在的な売り圧力の存在を示唆しており、弱気のシグナルであると述べたが、確かにドルの地合いは徐々に悪化しているように見える。 FOMC声明文の見所は、インフレ見通しと今後の利上げベース 今週最大の焦点は、火・水曜日に開催されるFOMCである。0.25%の利上げ(1.50-1.75%へ)はすでに9割以上織り込まれており、それ自体はもはやドル買い材料とはならない。問題は声明文がインフレ見通しと今後の利上げペースについてどのように説明するかだ。前回1月のFOMC声明では、「労働市場は引き締まり、経済活動は堅調な速度で拡大している」としながらも、「インフ…
  • 詳細へ
    2018年3月12日
    米国雇用統計は都合の良い内容!しかしドル円は…[雨夜恒一郎]
    FX攻略.com ズバリ!今週の為替相場動向 2018年3月12日号 先週のドル円相場 先週のドル円相場は105円台前半から一時107.05円まで上昇。「北朝鮮と韓国が4月に首脳会議を行うことで合意、北朝鮮は体制維持が保証されるなら非核化にオープン」「北朝鮮、対話期間中の核・ミサイル実験を停止」との報道を受けてリスク選好ムードが広がったほか、米大統領報道官がカナダやメキシコ、その他同盟国を追加課税の対象外とする可能性を示唆したことから貿易戦争への懸念が和らいだ。また米国雇用統計が適度に強い結果となったことも安堵感につながった。 米国2月の雇用統計では、非農業部門雇用者数が+31.3万人と予想の+20万人を大幅に上回り、過去2か月分も計5.4万人上方修正された。失業率は予想の4.0%には届かなかったが、5か月連続で4.1%と17年ぶりの低水準だった。一方で、インフレの先行指標として注目されている平均時給は前年比+2.6%と予想の+2.9%を下回った。米国労働市場は好調だが、賃金の伸びは懸念されていたほどではない、つまり投資家にとってはゴルディロックス(適温)経済を想起させる都合の良い内容…
  • 詳細へ
    2018年3月8日
    FXトレーダーのための「大人の経済」基礎講座|第8回 株式市場と為替市場の関係を理解する[雨夜恒一郎]
    今回のテーマは「株式市場と為替市場の関係」です。株価はファンダメンタルズや経済指標とは分野が異なりますが、投資家心理へのインパクトが極めて大きいため、近年では為替相場に対して最も大きな影響を及ぼす要因となっています。ファンダメンタルズ分析を行うものにとって重要な材料になりつつある株式市場について、ここでしっかり学習しておきましょう。 ※この記事は、FX攻略.com2018年1月号の記事を転載・再編集したものです 【FXトレーダーのための「大人の経済」基礎講座[雨夜恒一郎]】 ・第1回 ファンダメンタルズのきほん ・第2回 金利のきほん~前編 ・第3回 金利のきほん~後編 ・第4回 金利動向から為替相場を読む ・第5回 伝統的金融政策と非伝統的金融政策 ・第6回 米国経済指標の攻略法〜ソフトデータで先を読む〜 ・第7回 インフレとデフレは結局どちらが「買い」なのか? 為替市場における「株価」とは「株価指数」のこと 一口に株価といっても、世界中の株式市場には膨大な数の株式が上場されています。われわれ為替市場の参加者には、それこそ星の数ほどもある個別株の値動きをいちいちチェックする時間はあり…
  • 詳細へ
    2018年3月5日
    株安連鎖再び!円独歩高リスク強まる[雨夜恒一郎]
    FX攻略.com ズバリ!今週の為替相場動向 2018年3月5日号 先週のドル円相場 先週のドル円相場は、株式市場が再び大幅安となったことを受けてリスク回避の動きが広がり、105円台へ下落した。NYダウ平均は再び2万5千ドルを割り込み、日経平均も2万1千円台前半と2月の安値に迫った。先週の当コラムでは、「米国金利上昇=ドル買い」というゲームのルールが崩れ、「米国金利上昇⇒株安⇒リスク回避」という流れができつつあることを指摘したが、どうやらそのような展開になりつつある。 株安によるリスク回避以外にも、トランプ政権の保護主義による貿易摩擦懸念という、新たなドル売り材料も浮上してきた。トランプ米大統領は1日、鉄鋼とアルミニウムの輸入増が安全保障上の脅威になっているとして、輸入制限を発動する方針を表明した。鉄鋼は25%、アルミニウムは10%の追加関税を課す。米中で摩擦が強まれば株式市場にも不安材料となる。 心配な日本株市場 米国経済は好調で、米国株式市場には自律的に回復する力が備わっているが、心配なのは日本株市場だ。米国株が下落すると日本株も当然のように下落するが、米国株が反発しても日本株は十…
  • 詳細へ
    2018年2月26日
    VIX低下でも上値の重いドル円 今週はコアPCEデフレータに注目[雨夜恒一郎]
    FX攻略.com ズバリ!今週の為替相場動向 2018年2月26日号 先週のドル円相場 先週のドル円相場は、日米の株式市場が落ち着きを取り戻したことから買い戻しが先行し、一旦107.90円まで反発。しかし108円台を回復する力はなく、106.50円まで反落して週の取引を終えた。また、ユーロ円が一時130円台と昨年9月以来の安値、豪ドル円は83円台と1月中旬以来の安値をつけており、クロス円でも全般に円高が進んだ形となった。 先週公表されたFOMC議事録では、「成長加速で追加利上げの可能性高まると過半数が判断」とする一方で、一部からは「インフレ目標に遅れる相当程度のリスク」が指摘された。FF金利先物が織り込む3月の利上げ確率は80%台で横ばい、年内3回の利上げを軸とした予想分布にもほとんど変化はなかった。米国10年債利回りも上下動はあったが、結局3%目前での足踏みが続いている。  米国株式市場では、ダウ平均が2万5千ドル台を回復し、恐怖指数(VIX)は16台まで下がった。先々週には一時2万1千円台割れまで売り込まれていた日経平均も、先週は2万2千円前後に収斂する動きだった。米国金利は落ち着…
1 2 3 4 23