雨夜恒一郎

  • 詳細へ
    2020年1月20日
    ドル円が110円台示現!もうはまだなり?[雨夜恒一郎]
    FX攻略.com ズバリ!今週の為替相場動向  2020年1月20日号 先週のドル円相場は 米中通商協議第一段階合意の調印式を控えてリスクオンの流れとなり、週初に昨年末の高値109.73円を上抜け。ストップロスのドル買いを巻き込みながら節目の110円を突破し、一時110.29円と昨年5月以来の高値をつけた。 米中が通商協議第一段階合意 第一段階の合意文書では、中国が2年間で2000億ドルの米製品の輸入を増やすほか、知的財産保護の強化や為替の透明性、金融サービスの開放などが盛り込まれた。目新しい内容は見当たらなかったが、今回の合意は米中の緊張を緩和することは間違いなく、両国の経済にとっても市場にとっても朗報といえるだろう。NYダウは5日続伸し、2万9348ドルと3日連続で史上最高値を更新した。 第二段階の交渉は間もなく始まるが、合意は11月の大統領選挙の後となる可能性が高く、この話題は市場の関心から徐々に外れていく可能性が高い。また前回の当コラムで述べた通り、イラン情勢緊迫は結局ノイズに過ぎず、先週はほとんど話題にならなかった。市場を覆っていた不確実性の雲が消失し、一気に視界が開ける。N…
  • 詳細へ
    2020年1月13日
    米中第一段階合意署名で視界が開ける[雨夜恒一郎]
    FX攻略.com ズバリ!今週の為替相場動向  2020年1月13日号 先週のドル円相場は 米軍が駐留するイラク基地に対しイランがミサイル攻撃を仕掛けたことを受けてリスク回避ムードが強まり、一時107.65円と5か月ぶりの安値をつけたものの、その後は「イランからの報復は限定的で、本格的な軍事衝突には発展しない」との見方が優勢となり、109円台へ反発。NYダウが一時2万9千ドル台と最高値を付ける中、109.69円まで上昇した。しかし110円にかけては売りオーダーが厚く、米国12月の雇用統計が予想より弱かったこともあり、ここで頭打ちとなった。 イランの報復はプロレス? というとプロレスには失礼だが、イラン側には世界最強の米軍と真正面から事を構える戦力があるはずもなく、反撃は非常に計算された(米国との本格的衝突につながらず、かつイラン国民の失望を買わない)程度で行われた可能性が高い。現在の中東情勢が本当に戦争につながる一触即発の事態であれば、原油価格はとうに跳ね上がっているはずだが、相場は昨年からの抵抗線である65-66ドルを突破できず結局反落している。中東有事の一番の当事者である原油市場が…
  • 詳細へ
    2020年1月6日
    目先調整局面入りも、過度の悲観は不要[雨夜恒一郎]
    FX攻略.com ズバリ!今週の為替相場動向  2020年1月6日号 ドル円は約3か月ぶり安値 2020年の相場がスタートした。ドル円相場は、昨年末から続くポジション調整の流れを引き継ぎ108円台半ばでオープン。金曜日には、「トランプ大統領の指示でイラン革命防衛隊(コッズ部隊)のソレイマニ司令官が空爆により殺害された」と報じられたことを受けてリスク回避の動きが広がり、昨年10月以来の安値となる107.84円まで下落した。 イラン情勢は緊迫 イラン司令官の殺害について、トランプ大統領は「戦争を始めるためではない」と述べているが、イランの最高指導者ハメネイ師は「厳しい報復」を予告しており、中東情勢は一気に緊迫の局面を迎えることとなりそうだ。米国を中心に世界的に株式市場が上昇した直後だけに、反動による株安、そしてリスク回避の円高という流れが強まる可能性がある。 チャートは調整局面入りを示唆 一目均衡表では、日足が昨年9月以来約4か月ぶりに先行スパン(雲)を割り込んだ。昨年8月以来続いていた上値・下値を切り上げる上昇パターンも崩れ、中規模の調整局面に入った可能性がある。昨年1月3日のフラッシュ…
  • 詳細へ
    2019年12月23日
    クリスマスに来年の相場を考える[雨夜恒一郎]
    FX攻略.com ズバリ!今週の為替相場動向 2019年12月23日号 先週のドル円相場 休暇シーズンを迎えて相場は一段と膠着感を強め、1週間のレンジは109.18円~109.68円とわずか50銭にとどまった。フィラデルフィア連銀製造業景気指数や中古住宅販売件数などの米経済指標が予想を下回ったことを受けてドル売りが出る場面もあったが、参加者の動意は乏しく、値幅は限られた。 今週はクリスマス週 明日24日(クリスマスイブ)から26日(ボクシングデー)までは欧米市場がほぼクローズとなり、開いているのは東京市場のみという珍しい時間帯となる。米英の議会は休会で、グローバルの機関投資家や投機筋もこの時ばかりは完全休業。アルゴリズムが暴走でもしない限り、今週も閑散・膠着が続くと見ていいだろう。さらに来週は年末年始で、日本市場は1週間ほぼ休みとなる。こんな時期に無理をしてトレードをする必要はなく、ポジションを軽くして来年の相場の行方に思いを巡らせるのが得策だろう。 来年の相場も動かない? ドル円相場は、過去3年間、ほぼ105円~115円のレンジ内で推移している。現在の109円台というのはそのちょうど…
  • 詳細へ
    2019年12月16日
    二つのグッドニュースにも上値が重いドル円[雨夜恒一郎]
    FX攻略.com ズバリ!今週の為替相場動向 2019年12月16日号 先週のドル円相場 週前半は米中貿易協議の行方やFOMCを控えて108円台で神経質な一進一退が続いていたが、木曜日にトランプ大統領が「中国との大きな取引に非常に近づいている」と述べたことを受けて109円台を回復。さらに英下院選挙で「与党保守党が過半数を大きく上回る議席獲得見通し」と報じられたことを受けてリスクオンの流れとなり、一時109.71円まで上昇した。 米中は第1フェーズ合意 米中両国は、ようやく貿易交渉の第1段階(フェーズ1)合意にこぎつけた。これにより15日に予定されていた対中制裁関税第4弾の発動は見送られ、これまでに適用していた関税率も引き下げられる。中国は、米国が求めていた知的財産権の保護、技術移転の強制の見直し、米国産農産品の大量購入などに応じる模様だ。これまでの制裁と報復の応酬がひとまず一段落し、交渉開始以後初めて緊張が緩和することになる。米国株は史上最高値を更新し、日経平均も1年2か月ぶりに2万4千円台に乗せた。 英国はハードブレグジット回避へ 英国では、ジョンソン首相率いる保守党が歴史的な大勝を…
  • 詳細へ
    2019年12月9日
    相場のことは相場に訊け!上値トライは時間切れか[雨夜恒一郎]
    FX攻略.com ズバリ!今週の為替相場動向 2019年12月9日号 先週のドル円相場 米中貿易協議の進展期待や日経平均の年初来高値更新を背景に週初は一時109.73円と5月30日以来の高値をつけたが、米11月のISM製造業景気指数が48.1と予想の49.2を大幅に下回ったことをきっかけに売りが強まり109円台を割り込む展開。トランプ大統領が「中国との合意は来年の米大統領選の後でもよい」と発言したこともあり、一時108.43円まで下落した。 米国の労働市場は力強い 金曜日に発表された米11月の雇用統計は、失業率が3.5%(予想3.6%)と約半世紀ぶりの低水準、非農業部門雇用者数も+26.6万人(予想+18万人)と10か月ぶりの伸びを記録し、過去2か月分も計4.1万人上方修正された。ストライキを起こしていたゼネラル・モーターズの従業員4.6万人が職場に戻った影響を除いても良い数字であることに変わりはない。先週木曜日に発表された新規失業保険申請件数も20.3万件と7か月ぶりの低水準。「労働市場は力強く推移」とするFRB当局の見解が裏付けられたことになる。 この結果を好感し、NYダウ平均は3…
  • 詳細へ
    2019年12月2日
    ドル円のダウンサイドリスクは小さいと考える理由[雨夜恒一郎]
    FX攻略.com ズバリ!今週の為替相場動向 2019年12月2日号 先週のドル円相場 米国感謝祭をはさんで市場は薄商いだったものの、米中貿易協議の進展期待が広がる中、リスクオンの円売りが優勢となり109円台を回復。米GDP改定値など景気指標が堅調だったこともあり、109円台半ばまで上昇した。金曜日には一時109.67円まで上昇し、5月31日以来の高値を示現した。 閑散に売りなし まさに「閑散に売りなし」の相場格言通りの展開となった。先週一週間の値幅は1円少々。動かない相場で高金利通貨(ドル)をショートしていてはスワップコストの払いでじわじわと損が積み上がってしまう。逆に低金利通貨(円)をショートしておけば、動かない相場で自動的に利益が積み上がっていく。膠着相場では高金利通貨買い・低金利通貨売りのキャリートレードが圧倒的に有利だ。 さらに言えば、感謝祭が終わり12月に入れば世間も市場もクリスマス休暇ムード。参加者は急激に減少し、年度末決算前に収益をブレさせたくない者は、大きな取引を控えるようになる。今週も相場が一段と膠着感を強める中で、先週と同じようにドルが底堅い動きを見せる公算が大き…
  • 詳細へ
    2019年11月25日
    感謝祭で見送りムードだが…[雨夜恒一郎]
    FX攻略.com ズバリ!今週の為替相場動向 2019年11月25日号 先週のドル円相場 米中貿易協議をめぐる楽観と悲観が交錯する中、ドル円は引き続き狭いレンジでもみ合いに終始。トランプ大統領は「(第一弾)合意に近づいている」と発言しているものの、中国側からは新たな情報発信はなく、市場では年内合意は難しいとの見方も浮上している。 なお韓国政府がGSOMIA(日韓軍事情報包括保護協定)の破棄通告の効力停止(つまり延長)を決定したが、市場の反応は鈍かった。 先週一週間のドル円のレンジは108.28円~109.07円で値幅はわずか79銭。過去1か月では107.89円~109.49円で値幅は1円60銭だ。ドル円相場はあまり動かない。動かないから参加者が減り、さらに動意が乏しくなるという悪循環が続いている。市場では年内はこのまま107-109円で膠着するとの見方が多く、オプション市場のボラティリティ(予想変動率)は4~5%台と超低水準が続いている。 膠着が続く理由は二つ ここまで相場が動かなくなった理由は主に二つある。一つは不確実性に対する「慣れ」だ。米中貿易協議や英国のEU離脱といった不確実性…
  • 詳細へ
    2019年11月18日
    米国株高はバブルではない ドル円に上昇余地[雨夜恒一郎]
    FX攻略.com ズバリ!今週の為替相場動向 2019年11月18日号 先週のドル円相場 週前半は、香港のデモ激化に対する警戒感や米中貿易協議をめぐる不透明感を背景にいったん利益を確定する動きが広がり、ドル円は109円台割れ。米国債利回りが1.80%台まで低下すると、一時108.24円まで下落した。ただ週末にかけては、NEC(米国大統領国家経済会議)のクドロー委員長が「第一弾合意の取りまとめが近い」と発言したことから再び交渉進展への期待が広がり、108.86円まで回復した。 米中問題はゆっくりと前進 米中貿易協議は相変わらず期待と不安が相半ばする状態で、ドル円相場も協議の進捗に一喜一憂する展開が続いている。先週の当コラムでも述べたが、米中対立の本質は単なる貿易摩擦にとどまらず、今後数十年にわたる覇権を賭けた現代の冷戦である。簡単に合意して一件落着となるものではなく、まだまだ何年も続いていく公算が大きい。今後も報道や憶測に振り回される局面が続くだろう。 ただ米中双方はすでに戦略を「制裁・報復」から「対話」に切り替えており、部分合意を積み重ねることにより妥協点に向けてゆっくりと進展していく…
  • 詳細へ
    2019年11月11日
    米中協議で一喜一憂の必要なし ドル円は強気継続[雨夜恒一郎]
    FX攻略.com ズバリ!今週の為替相場動向 2019年11月11日号 先週のドル円相場 米中貿易協議の進展期待を背景に株高・米国債利回り上昇・ドル高の展開となった。ドル円は週初の108円台前半から力強く上値を拡大する動きとなり、「中国が米国と段階的な関税撤廃で合意」と報じられると、一時109.49円と5月30日以来の高値をつけた。ただ終盤はトランプ大統領の「米国は中国と関税撤廃で合意していない」との発言を受けて109.08円まで押し戻された。 今週も米中協議に振り回される展開 相変わらず米中貿易協議をめぐる報道に一喜一憂する展開が続いている。米中がいわゆるフェーズ1で合意できれば、双方が既存の関税を撤廃する方向で交渉が進んでいるようだが、トランプ大統領は米国内での調印を望んでいる一方中国は難色を示しており、事態はまだ流動的のようだ。今週も様々な報道や憶測が飛び交う可能性が高く、短期売買を主とするトレーダーは、スクリーンにしっかり目を凝らし波に乗り遅れないようにしなければならない。 木を見ず森を見よ しかしすべてのニュースや噂をチェックすることは不可能だし、報道に振り回されるばかりでは…
1 2 3 4 31