雨夜恒一郎

  • 詳細へ
    2018年1月29日
    米国の通貨政策の読み方 「建前の強いドル」と「本音のドル安」[雨夜恒一郎]
    FX攻略.com ズバリ!今週の為替相場動向 2018年1月29日号 先週のドル円相場 先週の為替市場は、米国要人のドル発言に翻弄された。まず米国の通貨政策を司るムニューシン財務長官がダボス会議で「貿易に関して言えばドル安は良いことだ」と発言。ドル円は109円台を割り込み、一時108.50円と昨年9月以来の安値をつけた。一方で長官は「ドルの強さは米国経済の強さ」とし、長期的には強いドルを支持する考えも表明。その後、トランプ大統領が「ムニューシン財務長官の発言は文脈の問題。最終的には強いドルが望ましい」と発言したことから、ドル円は109.70円近辺まで反発した。  ドル高?ドル安?トランプ大統領の好みは? 「殴ってからさする」のは米国の常とう手段だ。米国は長らく「強いドルが国益にかなう」という題目を掲げてきたが、それを額面通り信じている市場参加者はまずいない。自国製品や技術の国際競争力を高めるにはドル安のほうが有利だし、インフレが目標を下回っている現在、物価管理上もドル安のほうが都合がよい。米国の歴代財務長官は「強いドル」という空念仏を唱えながら、たびたび意図的なドル安誘導を行ってきた。…
  • 詳細へ
    2018年1月22日
    金利上昇・株高に逆行するドル安は継続するか?[雨夜恒一郎]
    FX攻略.com ズバリ!今週の為替相場動向 2018年1月22日号 先週のドル円相場 先週のドル円相場は軟調地合いが継続し、一時110.19円と昨年9月以来の安値を付けた。日銀の出口戦略に関する思惑を背景とした円買いに加えて、米政府機関閉鎖のリスクを意識したドル売りも強まり、ドル円の上値を圧迫している。 ドルインデックスは約3年ぶりの安値へ 米暫定予算の期限は1月19日。米下院は2月16日までのつなぎ予算を可決したが、上院では難航しており、民主党が法案を拒否できるだけの票を確保したとの情報もある(1月20日本稿執筆時点)。議会が19日深夜までに新たな暫定予算案で合意できなければ、政府職員約80万人が自宅待機となり、多くの政府機関が閉鎖される恐れがある。 興味深いのは、この間米金利が上昇を続けていることだ。政策金利動向に敏感な2年債利回りは2%を突破し、2.06%台と2008年9月以来約10年ぶりの水準に達し、FF金利先物も年末2%を超える水準を示している。10年債利回りも2.66%台と4年ぶりの水準へ上昇した。米国株式市場も絶好調で、主要株価指数はそろって史上最高値を更新している。米…
  • 詳細へ
    2018年1月15日
    日銀のオペ減額を受けた円高は過剰反応か?[雨夜恒一郎]
    FX攻略.com ズバリ!今週の為替相場動向 2018年1月15日号 先週のドル円相場 先週のドル円相場は、113円台から111円割れまで下落。きっかけとなったのは日銀が超長期国債買い入れオペ(10年超~25年以下)を従来の1000億円から900億円に減額したことだ。中国が外貨準備による米国債購入を減額もしくは停止するとの思惑もドル売りに拍車をかけた。 新年早々浮上してきた新たな円高シナリオ 日銀の動きを受けた円高については、投機筋によるポジション巻き戻しの後付け理由との指摘もある。事実、9日の日銀のオペ減額の公表と円高進行のタイミングには若干の時間差があった。また日銀のオペ減額はこれが初めてではなく、2016年9月にイールドカーブ・コントロール政策が導入されて以来、買い入れ額を徐々に減額している。長期国債の年間増加額目標80兆円は「めど」に修正され、現在では50-60兆円ペースとなっている。いわゆる「ステルス・テーパリング」である。わずか100億円の減額に、市場は過剰反応しているようにも見える。 しかし、欧米と比べて周回遅れだった日銀が、最近の景気回復や株高を受けて、いよいよ市場との…
  • 詳細へ
    2017年12月25日
    三角保合いも大詰め 来年は激しく動く年になる?[雨夜恒一郎]
    FX攻略.com ズバリ!今週の為替相場動向 2017年12月25日号 先週のドル円相場 先週のドル円相場は、112円台前半から113.64円まで小幅上昇。米税制改革法案が議会を通過し、米国株高・米債利回り上昇・ドル高の展開となった。ただクリスマス直前とあって参加者は少なく、週末にかけては次第に動意が途絶えていった。前回の当コラムでは、FOMCの利上げをもってドル買い材料が出尽くしとなり、ドルの下値が脆弱となると予想したが、幸い(?)ドルを売り込む動きは見られなかった。 今週は現状の112-113円に収束か 今週は本日25日がクリスマスで日本以外ほとんどの市場が休場、明日26日もボクシングデーで欧州市場の大半やカナダ・オセアニア市場などが休場となる。四半期末であり、今年の最終週でもある。重要な景気指標の発表やイベントもなく、何事もなければこのまま現状の112-113円に収束していく可能性が高い。半面、市場参加者が少なく、流動性が乏しいため、何か不測の事態が起こった場合には無秩序な動きとなる恐れもある。こういう時間帯は無理にトレードしようとせず、ゆったりと来年の相場に思いをはせるのも一計…
  • 詳細へ
    2017年12月23日
    FXトレーダーのための「大人の経済」基礎講座|第6回 米国経済指標の攻略法〜ソフトデータで先を読む〜[雨夜恒一郎]
    ファンダメンタルズ(分析)を体系的に学ぶことができる当企画。今回はいよいよ実践編として、ソフトデータを駆使した米国経済指標の攻略法について教えていただきます。ファンダメンタルズ分析に必要不可欠な知識ですので、要点を外さずにしっかりと押さえておきましょう。 ※この記事は、FX攻略.com2017年11月号の記事を転載・再編集したものです 【関連記事】 FXトレーダーのための「大人の経済」基礎講座|第1回 ファンダメンタルズのきほん[雨夜恒一郎] FXトレーダーのための「大人の経済」基礎講座|第2回 金利のきほん~前編[雨夜恒一郎] FXトレーダーのための「大人の経済」基礎講座|第3回 金利のきほん~後編[雨夜恒一郎] FXトレーダーのための「大人の経済」基礎講座|第4回 金利動向から為替相場を読む[雨夜恒一郎] FXトレーダーのための「大人の経済」基礎講座|第5回 伝統的金融政策と非伝統的金融政策[雨夜恒一郎] まずは経済指標を正確に理解すること 今回は内容を掘り下げ、実践で役立つ米国経済指標の攻略法について述べていきたいと思います。少々小難しい理屈が出てきますが、辛抱して最後までお読み…
  • 詳細へ
    2017年12月18日
    FOMC利上げはドル買いを喚起せず 年内は下値波乱を警戒[雨夜恒一郎]
    FX攻略.com ズバリ!今週の為替相場動向 2017年12月18日号 先週のドル円相場 先週のドル円相場は一時112.03円付近と軟調に推移。FOMCは大方の予想通り0.25%の利上げを決定したが、メンバーの来年の金利見通し(ドットプロットチャート)が前回と変わらず利上げ3回(最頻値)にとどまったことから、金利低下・ドル売りの展開となった。なお米上下両院の共和党指導部は税制改革法案の一本化で合意したが、反応は限定的となった。 参考:ロイター|FOMC声明全文 参考:FRB(The Fed)|経済見通し  前回の当コラムでは、「ドットプロットチャートの最頻値が前回の2.00-2.25%から上方にシフトするか、ドットが前回の6個から大幅に増加すれば、市場に対する重要なシグナルと受け止められ、ドルの一段の上昇を促すだろう」と述べたが、残念ながらそのような展開にはならなかった。 また今回の利上げ決定に際しては、ハト派のエバンス・シカゴ連銀総裁とカシュカリ・ミネアポリス連銀総裁が反対票を投じている。イエレン議長最後のFOMC会見でも、今後の利上げペースが加速すると予想するに足るシグナルはなく、…
  • 詳細へ
    2017年12月11日
    FOMCは利上げ確実 ドットプロットチャートに注目[雨夜恒一郎]
    FX攻略.com ズバリ!今週の為替相場動向 2017年12月11日号 先週のドル円相場 先週のドル円相場は、中東情勢の緊迫を懸念したリスク回避の動きで一時112円台割れを試す場面があったものの、米国の税制改革に対する期待感や暫定予算の可決を背景にドル買いが次第に優勢となり、一時11月14日以来の高値となる113.59円まで上昇した。前回の当コラムでは、休暇前のポジション整理は一巡し、ドルの下値は固まってきた可能性が高いと述べたが、おおむねそのような展開となった。 火・水曜日に開催される今年最後のFOMCだが 金曜日に発表された米11月の雇用統計では、失業率は4.1%と17年ぶりの低水準を維持し、非農業部門雇用者数(NFP)は+22.8万人と予想の+19.5万人を上回ったが、平均時給が前年比+2.5%と予想の+2.7%を下回ったことからさらなるドル買いを呼び込むには至らなかった。米国の労働市場は、完全雇用が続いているにもかかわらず賃金が伸び悩むアンバランスな状況にある。 そんな中、今週火・水曜日には今年最後のFOMC(米連邦公開市場委員会)が開催される。市場はすでに0.25%の利上げ(…
  • 詳細へ
    2017年12月4日
    休暇前のポジション調整は一巡 ドルの下値固まったか[雨夜恒一郎]
    FX攻略.com ズバリ!今週の為替相場動向 2017年12月4日号 先週のドル円相場 先週のドル円相場は、月曜日に「北朝鮮が弾道ミサイルの発射準備」との報道を受けて一時9月15日以来の安値となる110.84円まで下落。しかし火曜日に北朝鮮が弾道ミサイルを発射したものの被害がないとわかると、材料出尽くしの買い戻しとなり反発。イエレンFRB議長の議会証言が楽観的な内容だったことや、米GDP改定値、中古住宅販売成約指数といった経済指標が強い内容だったこと、さらに米上院での税制改革法案可決への期待が高まったことから、112.87円まで上昇した。 その後、フリン前米大統領補佐官がロシアとの接触をめぐるFBIへの虚偽供述を認めたとの報道を受けて111.41円まで急落する場面もあったが、米税制改革法案に関してマコネル上院院内総務が、「法案の可決に必要な共和党票を確保した」と発言したこともあり112円台を回復して週の取引を終えた。 以前から述べている通り、為替相場の動向を決定づけるのは米国のファンダメンタルズとFRBの金融政策動向であり、北朝鮮のミサイル問題やトランプ政権のロシアゲート問題は攪乱材料…
  • 詳細へ
    2017年11月27日
    日銀総裁人事情報に注意[雨夜恒一郎]
    FX攻略.com ズバリ!今週の為替相場動向 2017年11月27日号 先週のドル円相場 先週のドル円相場は、111円台前半まで続落。イエレンFRB議長がNY大学での講演で、「インフレ率は目標を下回っており段階的な利上げが適切。目標に届かないことを容認することは非常に危険」などインフレに弱気な見方を示したことや、FOMC議事録で「数人が弱いインフレで当面の利上げに反対。低いインフレ期待を幾人かが懸念」などハト派的見解が記されたことが材料視された。  先週の当コラムでは、感謝祭を境に市場が休暇モードに入るため、ポジション手仕舞いで下値が脆弱と予想したが、おおむねそのような展開となった。日米の祝日をはさんで市場全体に活気がなく、風船の空気が抜けていくような下げ方であった。 今週も状況に変化乏しく 今週も状況にあまり変化はない。12月13日のFOMCでの利上げはすでに確実視されており、新たなドル買い意欲を喚起するとは思えない。むしろFOMCメンバーの一部は低インフレを懸念しており、票が割れる可能性もある。来年の利上げペースは、パウエル新議長のスタンスが未知数のため不透明となっている。ユーロが…
  • 詳細へ
    2017年11月20日
    感謝祭ウィークは投機筋のポジション巻き戻しに注意[雨夜恒一郎]
    FX攻略.com ズバリ!今週の為替相場動向 2017年11月20日号 先週のドル円相場  先週のドル円相場は、トランプ大統領のロシア疑惑を背景にリスク回避ムードが強まり、一時111.95円と1か月ぶりの安値へ下落した。米ウォールストリートジャーナルは関係筋の話として、モラー特別検察官がトランプ陣営の幹部十数人に文書や電子メールの提出を求める召喚状を10月半ばに出していたと報じた。 先週の当コラムでは、「114.50円の重要レジスタンスを一度ブレイクしたにもかかわらずフォロースルーが見られなかったことから、短期的には上値の重さを嫌気した手仕舞い売りが優勢となりそうだ」と述べたが、おおむねそのような展開となっている。 株安・円高の負の連鎖が懸念 先週は米10月の生産者物価指数、消費者物価指数、小売売上高が予想を上回ったにもかかわらずドル買いの反応は鈍かった。12月FOMCでの利上げが9割以上織り込み済みとなっている現状では、米国の利上げ期待を材料としたドル買いはこれ以上期待しづらい。 また円売りの原動力となる株高も、先週は日経平均が6営業日連続の下げとなるなど変調をきたし始めた。日経平均…