FX力を鍛える有名人コラム

  • 詳細へ
    2019年1月16日
    英議会EU離脱案を否決 ポンドはどこへ向かうのか[井口喜雄]
    トレイダーズ証券の井口喜雄による【Dealer’sEYE】をお届けします。 注目されたEU離脱案を巡る英議会採決ですが結果は否決され、反対した議員数は予想より多い118名に増加しました。反対議員が多かったことで否決直後にポンド円は137.37円付近まで下落しましたが、事前にかなり売り込まれていたこともあり、その後ポンドは買い戻しが優勢となり、現在は139円ミドルまで回復するなど荒い値動きとなりました。否決そのものはマーケットに織り込まれていたため、これからの動向が注目されます。 まず本日ですが、メイ首相の内閣不信任決議案の採決が予定されているほか、カーニーBOE総裁発言も予定されており目が離せません。また、英経済指標も消費者物価指数といった重要視を控えており様々なイベントでポンドは引き続き乱高下が予想されます。 まず本日28:00に決議される英内閣不信任決議案ですが、否決される見通しです。仮に可決されメイ首相が辞任してもどの党首もいまのところブレグジットの解決策がありませんので大きな変化は望めません。 超党派を作り新しい離脱案が出される可能性もありますが、もう少し先のシナリオです。さら…
  • 詳細へ
    2019年1月14日
    ディーラーによる今週のドル円「ニブい動き!さらなる一波乱に注意!?」[国府勇太]
    こんにちは。国府勇太です。 さっそく先週のドル円の動きを振り返っていきましょう。 見るのは日足です。 先週の一言「小動きで思ったよりも反発はニブい」 先週を一言で表すと「小動きで思ったよりも反発はニブい」です。 1月7日(月)に108.50円でスタートしたドル円。 8日(火)には先週の高値109.087円まで上昇しました。 ただ、9日(水)には下落。一時108円割れの107.971円をつけました。 10日(木)、11日(金)にも108円が割れる場面がありましたが下ヒゲのみでしっかりは割れず、結局108.56円で週末クローズしました。 このように、一週間を通して小動きでした。 ↓↓ 公式サイトで今すぐYJFX!の魅力と口座開設方法【無料】をチェック ↓↓ ドル円、今週の見通し ここで、マーケットを大局的に見るため、月足(つきあし)をプロット(表示)してみましょう。 2007年から12年間を振り返ると、大きく分けて3つの動きをしています。 ① 2007年〜2011年(5年間)/下落期  ② 2012年〜2015年(4年間)/上昇期 ③ 2016年〜/三角持ち合い期 現在は三角持ち合いという…
  • 詳細へ
    2019年1月14日
    趨勢はドル安!FRB要人発言や株価変動に注意[雨夜恒一郎]
    FX攻略.com ズバリ!今週の為替相場動向 2019年1月14日号 先週のドル円相場 フラッシュクラッシュとともに衝撃的な幕開けとなったドル円相場だが、先週は打って変わって108円台を中心とした狭いレンジで一進一退の動きとなった。109円台はクラッシュ時に売りそびれたロングがしこりとなって上値を抑えている一方、107円台では突っ込んで下値を売ってしまった向きの買い戻しが待っており、結果的に上にも下にも行けない状況となった。 米国株式市場も落ち着きを取り戻し、NYダウは週間で500ドル超の上昇となった。昨年末に付けた安値21712ドルから10%持ち直した形だ。これに伴い、米国10年債利回りも2.70%近辺と昨年末の水準へ反発した。参加者も年末年始の休暇から戻り、市場機能も平常に戻りつつある。月曜日は成人の日で東京市場は休場となるが、さすがにフラッシュクラッシュのような異常事態が再発するとは考えにくい。 FOMC議事要旨「辛抱強くなれる」の意味 ただし、米国景気の減速懸念や利上げ期待の後退を背景としたドル安の趨勢に変化はなさそうだ。先週公表されたFOMC議事要旨では、多くのメンバーがさら…
  • 詳細へ
    2019年1月11日
    TradingView(トレーディングビュー)を始めよう|第2回 「比較」機能の使い方[佐々木徹]
    多くのトレーダーから注目を集めているトレーディングビュー。この企画は、国内の第一人者、佐々木徹さんに、その使い方のあらましを教えてもらおうという趣旨で始まりました。今回は、一つのチャートにもう一つのチャートを重ねて表示する方法について、図解してもらいます。 ※この記事は、FX攻略.com2016年9月号の記事を転載・再編集したものです 【TradingView(トレーディングビュー)を始めよう】 ・第1回 3つのココがすごい! 【関連記事】 ・TradingView TIPS|第1回 トレーディングビューとはそもそもどんなツールなの?[佐々木徹] マーケットを比較し行き過ぎを見付ける 「過ぎたるは、なお及ばざるが如し」——度を過ぎてしまったものは、達しないものと同じで正しい道ではないとは広辞苑の説明するところですね。 マーケットも行き過ぎかどうかを判断することができれば、高値づかみや安値売りを避けるための一助となります。ところが絶対的な答えなどなく動きまわる市場を相手に、どうすれば判断をすることができるのでしょうか? 当記事ではトレーディングビューの「比較」を使って異なるマーケットを比…
  • 詳細へ
    2019年1月9日
    フラッシュクラッシュ後どうなる?[井口喜雄]
    トレイダーズ証券の井口喜雄による【Dealer’sEYE】をお届けします。 新年明けましておめでとうございます。本年も皆様におかれましては、より良いトレードの年で有りますようにお祈り申し上げます。今年もどうぞよろしくお願い致します。 ドル円は正月早々のフラッシュクラッシュから全戻しになるなど、マーケットは荒れており、今後のAI対策について真剣に考えさせられる年初となりました。とはいえ、マーケットも正常に戻りつつあり、ここからスタートと気持ちを切り替えてトレードに挑むしかありません。 さて、本日注目されるのは、日程が延長された米中貿易問題次官級協議と、未明に予定されているFOMC議事要旨。さらには英議会でEU離脱協定案に関する審議が本日から再開となるため、ポンドの値動きには注意したいところです。 あしもとではリスクオンも… 延長が決まった米中次官の貿易協議でトランプ大統領は「中国との協議はとても順調」との発言があるほか、延長されたことで、合意に近づいているのではないかとの期待感が高まっています。また、年末の株価暴落や年始のフラッシュクラッシュなど世界的にマーケットが混乱しただけに、今は米…
  • 詳細へ
    2019年1月8日
    ディーラーによる今週のドル円「年明けの急落!なんと104円台!」[国府勇太]
    こんにちは。国府勇太です。 さっそく先週のドル円の動きを振り返っていきましょう。 見るのは日足です。 先週の一言「年明けの急落!なんと104円台!」 先週を一言で表すと「年明けの急落!なんと104円台!」です。 12月31日(月)に110.313円でスタートしたドル円。 大晦日ということで商いが薄いマーケットでしたが、下落。 2018年の最後に110円を割りました。 1月1日はお休みで1月2日(水)からの年明けも下落。 安値108.709円と、とうとう108円台まで下落。 そして、3日(木)。 この日はパニック相場となりました。 商いが薄いマーケットを狙って仕掛け売りともとれる動きをし、一気に105円割れ。 なんと安値104.837円をつける大混乱のマーケットとなりました。 4日(金)には反発し、108.497円で週末クローズしました。 年末年始、かなりハードな動きになりましたね。 ビックリされた方も多かったと思います。 ↓↓ 公式サイトで今すぐYJFX!の魅力と口座開設方法【無料】をチェック ↓↓ ドル円、今週の見通し RSIをプロットしてみましょう。 RSIとは株価の「売られすぎ」…
  • 詳細へ
    2019年1月7日
    フラッシュクラッシュで一時105円割れ!2019年は波乱の幕開け[雨夜恒一郎]
    FX攻略.com ズバリ!今週の為替相場動向 2019年1月7日号 先週のドル円相場 先週のドル円相場は、株安を背景としたリスク回避型の円買いが徐々に強まり、110円台を完全に割り込む展開。年明け1月3日の早朝には、米アップルが10-12月期の売上高見通しを下方修正したことをきっかけに円買い・ドル売りが殺到し、数分間の間に一気に104円台半ばまで急落した。その後は下げ過ぎ感から買いが入り、翌1月4日には米国12月の雇用統計が市場予想を上回ったことから、108円台半ばまで回復した。 原因はフラッシュクラッシュか 1月3日の暴落は、極端な薄商いのなかで、一定の条件や特定のキーワードに反応して自動的に取引を行うアルゴリズムが一斉に大量の円買いを発注したことで、異常な水準での取引が成立してしまった、いわゆる「フラッシュクラッシュ」と考えられる。正月休みのため本邦輸入企業や機関投資家らの買いオーダーがほとんど入っておらず、ストップロスの売りオーダーだけが一方的に発動されてしまった。また切りがいい水準である105円ちょうどには、ノックアウトオプションやバイナリーオプションのトリガーがびっしりと並ん…
  • 詳細へ
    2018年12月26日
    荒れる年末年始!ドル円は110円を巡る攻防[井口喜雄]
    トレイダーズ証券の井口喜雄による【Dealer’sEYE】をお届けします。 サンタクロースラリーもどこ吹く風で世界的な株価の暴落が止まりません。暴落の震源地はアメリカで、メキシコ国境の壁費用に民主党が合意せず、米政府機関が一部閉鎖されていることが起因しています。さらに、マティス国防長官辞任やパウエルFRB議長の更迭検討などトランプ政権による人事の混乱が火に油を注ぎリスクオフ一色の展開。ドル円も4カ月ぶりの安値となる110.14円付近まで下落している状況になります。十数年マーケットを見ていますが、ここまで荒れたクリスマスはあまり記憶にありません。 年末年始はツイッターリスクに警戒を トランプ大統領は今回の株価暴落を受けて、パウエル議長やムニューシン財務長官について「信頼している」「優秀な人物」などとコメントして火消しに走っています。しかし、米政府機関閉鎖や米中通商政策、さらにはトランプ政権の人事やスキャンダルと問題は絶えません。 これらトランプ政権の混乱は以前から散見しておりましたが、ここにきてなぜ材料視されるのかと思われる方も多いかもしれません。おそらくマーケットは、株が上がっている時…
  • 詳細へ
    2018年12月24日
    ディーラーによる今週のドル円「年末に大荒れ!とうとう110円台!」[国府勇太]
    こんにちは。国府勇太です。 さっそく先週のドル円の動きを振り返っていきましょう。 見るのは日足です。 先週の一言「急落!110円台へ!」 先週を一言で表すと「急落!110円台へ!」です。 17日(月)に113.341円スタートしたドル円。 週明けからしっかりと下げ、113円を割れると18日(火)、19日(水)も続落。 そして、20日(木)にさらに下落が加速。 112円を割り、さらに111円も割り安値110.812円をつけました。 21日(金)は反発するもその後戻し、結局111.222円で週末クローズしました。 気になる先週のニュースは2つです。 ① 19日:FOMCが利上げ(今年4回目)→(一般的には)ドル円上昇要因 ② 20日:日本銀行の決定会合で金融政策の現状維持が決定→(一般的には)ドル円下落要因 年末、為替に限らず株式市場が大きく荒れています。 米国株(ダウ平均)・日本株(日経平均)がともに年初来安値を更新し、金融マーケットが大荒れです。 とくにダウ平均は先週1週間の下落率としては金融危機の2008年10月以来の大きさです。 原因は、「景気減速の懸念」という曖昧なもので、これと…
  • 詳細へ
    2018年12月24日
    ドル円は悪いところ取り 地合いの悪さうかがわせる[雨夜恒一郎]
    FX攻略.com ズバリ!今週の為替相場動向 2018年12月24日号 先週のドル円相場 先週のドル円相場は、株式市場が下げ止まらない中、リスク回避型の円買いが強まり、一時110.82円と9月7日以来の安値をつけた。NYダウは一週間で1600ドルあまり下落し、22445ドルと昨年10月以来の水準へ急落。日経平均も前週から1200円あまり下落し、2万円の大台割れ寸前となった。 FOMCは予想通りの結果 FOMCは予想通り0.25%の利上げ(FF金利の目標誘導レンジを2.25-2.50%へ引き上げ)を全会一致で決定した。声明は、前回11月の「さらなる緩やかな利上げ」が「いくらかのさらなる緩やかな利上げ」にトーンダウンされ、「世界経済と金融の動向を引き続き監視し、経済見通しへの影響を評価する」との注意喚起が新たに加筆されたものの、利上げ打ち切りを示唆するほどハト派的ではなかった。 ・11月のFOMC声明:https://jp.reuters.com/article/fomc-statement-idJPKCN1ND2Z9 ・12月のFOMC声明:https://jp.reuters.com/…