FX力を鍛える有名人コラム

  • 詳細へ
    2019年6月3日
    前門の中国、後門のメキシコ!株安・円高と米国債利回り低下・ドル安が同時進行か[雨夜恒一郎]
    FX攻略.com ズバリ!今週の為替相場動向 2019年6月3日号 先週のドル円相場 先週のドル円相場は、木曜日までは109円台で底堅く推移していたが、金曜日にトランプ大統領が突然メキシコに対する関税を最高25%まで引き上げていく方針を打ち出したことを受けて、109円台を割り込む展開。中国政府がレアアース輸出規制導入を示唆していることも警戒感を高め、株安・円高の負の連鎖が加速。終盤には108.28円と1月15日以来の水準まで下落し、安値引けとなった。 メキシコに対する関税引き上げ措置は、表向き米国への不法移民や違法薬物流入に対抗するもので、中国との貿易戦争とは性格がやや異なるが、アメリカ・ファーストを掲げるトランプ大統領にとって、大統領選に向けた得点稼ぎという点で共通だ。メキシコの対米輸出は中国と肩を並べる規模であり、欧州や日本の自動車生産拠点も多い。対米輸出のツートップである中国とメキシコを同時に叩き、トランプ支持率アップにつなげるという戦略なのだろう。 日経平均2万円割れも覚悟 ただでさえ米中貿易摩擦の長期化による悪影響が懸念されている中で、世界経済は北米のサプライチェーン崩壊とい…
  • 詳細へ
    2019年5月29日
    リスクオフの再燃!?当面は円買いの好機か[井口喜雄]
    トレイダーズ証券の井口喜雄による【Dealer’sEYE】をお届けします。 リスクオフの再燃 今週はこれといったイベントこそありませんが、米中貿易摩擦やイタリア財政問題、ブレグジットなど不透明要素が多く神経質な展開です。米中貿易は中国が「レアアースの対米輸出を制限することを真剣に検討している」と中国国営紙が伝えるなど米中貿易摩擦激化懸念が再燃しています。 イタリア財政問題は「欧州委員会がイタリアに30億ユーロの制裁金を科す可能性がある」とのことでイタリアは猛反発しています。この問題は毎度毎度で相変わらずな気もしますが、欧州議会選挙で反EUやポピュリスト政党が議席を伸ばすなか、イタリアとEUの対立が深まると最悪EUの結束が疑われるような展開もあり材料として無視できなくなってきました。 ブレグジットもメイ首相の辞任で次期首相が決まるまでは政局になるうえ、ブレグジット党が第一党へ躍進したことで「合意なき離脱」の可能性が高まっているのは間違いないでしょう。さらには南アフリカもラマポーザ政権の閣僚人事とエスコムを巡る問題を背景にランドが売られています。トルコやメキシコといった新興国もファンダメン…
  • 詳細へ
    2019年5月27日
    米中貿易協議が後退 日米首脳会談もトランプ砲に注意[雨夜恒一郎]
    FX攻略.com ズバリ!今週の為替相場動向 2019年5月27日号 先週のドル円相場 先週のドル円相場は、週前半は上値を試す展開となり、一時110.67円と2週間ぶりの水準へ上昇。米商務省がファーウェイ向けの制裁措置を一部猶予したことから、米中摩擦への懸念が幾分緩和された。しかし楽観ムードは続かず、週後半は懸念が再燃、戻り売りに押される形で109.27円まで反落した。 米中貿易戦争の長期化・泥沼化リスク 米政府は、重要技術利用を事実上禁止する対象を、ファーウェイ以外の中国企業にも広げる構えを見せている。一方中国は、今週末6月1日に米国の関税引き上げに対する報復関税措置(米国からの輸入品600億ドル相当への関税率引き上げ)を発動する。一時は収束に向かいつつあると思われていた米中貿易戦争は、再び長期化・泥沼化するリスクを孕んできた。 米国側は、中国がこれまでの合意の一部を白紙に戻し、態度を後退させたと主張している。米中対立が単なる貿易摩擦にとどまらず、ハイテク技術の覇権を賭けた闘争であることが明白になってきたが、中国は国家戦略として、次世代情報技術などの重点分野で世界の先頭グループ入りを…
  • 詳細へ
    2019年5月22日
    リスクオンの次はリスクオフ[井口喜雄]
    トレイダーズ証券の井口喜雄による【Dealer’sEYE】をお届けします。 リスクオンの次はリスクオフ!? 米中貿易問題は引き続き先が見えませんが、市場参加者もこの材料にたいぶ慣れてきたようです。過度な警戒は解消されており、昨日も中国の通信機器大手ファーウェイに対する規制について、トランプ政権は一時的に制裁の緩和を発表したことでドル円は110円ミドルまで回復しています。 このように米中貿易関連の報道に日々振らされておりますが、根本的な問題解決には向かっていないだけに、この上昇局面はリスクオフの巻き戻しだと考えることができます。もちもんショートポジションが踏まれて上昇する展開も十分あるシナリオですが、このままドル円が上がり続けるようなことはないように思えます。また、現在マーケットは「リスクオン」となっていますが、米中の報道合戦でこれまでの状況を整理すると次の相場は「リスクオフ」方向になる可能性が高そうです。 テクニカル面でも下落トレンドが始まった4月24日高値112.40円から5月13日の安値109.02円の半値戻しとなる110.70円。また、昨日きれいに上値を抑えた21日移動平均線の差…
  • 詳細へ
    2019年5月20日
    米中貿易摩擦深刻化でも楽観的でいられるか?[雨夜恒一郎]
    FX攻略.com ズバリ!今週の為替相場動向 2019年5月20日号 先週のドル円相場 先週のドル円相場は、米中貿易摩擦が再燃する中、リスク回避の展開となり、週初に一時109.02円と1月31日以来の安値へ下落。NYダウも一時25230ドル近辺と3月11日以来の安値をつけた。しかし週後半は、米中の対話は継続するとの見方から買い戻しが入り、110円付近へ反発。金曜日には、5月のミシガン大学消費者信頼感指数が2004年1月以来の水準に上昇したことを好感して110.19円まで上昇した。筆者は110円への戻りは困難とみていたので、少々意外な展開であった。 悪材料への「慣れ」 どんなに大きな苦難であっても、毎日のことになれば人々は慣れてくる。米中貿易摩擦に関しても、これだけ毎日メディアで報道され続けていれば、市場も反応するのに飽きてくる。米中ともに歩み寄らず、貿易協議の落としどころは見えてこないにもかかわらず、先週ドル円も株式市場も持ち直したのは、悪材料への「慣れ」だったのであろう。米中衝突を見込んだ株ショートや円ロングもある程度積み上がっていたのかもしれない。ドル円の週足でみると下ヒゲが長い陽…
  • 詳細へ
    2019年5月15日
    トランプ劇場はどこまで続くのか[井口喜雄]
    トレイダーズ証券の井口喜雄による【Dealer’sEYE】をお届けします。 トランプ劇場はどこまで続くのか トランプ相場に振らされる日々です。「中国が約束を破った」として対中関税第4弾の発動を表明したかと思えば、「中国との協議は成功する」などなど発言は毎日のように二転三転しており、マーケットは混乱しています。昨夜もFRB(米連邦準備理事会)の金融政策に対して「利下げ」を要求するなどもうやりたい放題です。計算なのか、ただの場当たり的な行動なのかはもはやわかりませんが、現在トランプ大統領のツイート一つでマーケットが変わる相場です。 下値攻め第2ラウンドはあるのか 昨日はトランプ大統領の楽観的な発言を背景にNYダウがなんとか持ち直し過度なリスクオフは一時的に解消しました。 しかし、実際に米中協議に関しては何ら進展していません。トランプ大統領の根拠のない楽観発言を除けば合意への道筋はどこにもなく、米中1歩も引き下がらない構えであることから、ドル円の下値攻め第2ラウンドはいつ再開となってもおかしくはないでしょう。 さらに、短距離ミサイルの発射を再開した北朝鮮や、米国との軍事緊張が高まっているイラ…
  • 詳細へ
    2019年5月13日
    いよいよ動き始めたドル円相場 下落余地広がる[雨夜恒一郎]
    FX攻略.com ズバリ!今週の為替相場動向 2019年5月13日号 先週までのドル円相場は 4月22日以来3週間ぶり、元号が令和に変わって初めてのコメントである。前回は連休を控えて112円前後で膠着色が強まり、ボラティリティーが空前の低水準まで売られていた。そして筆者はボラティリティーの極端な低下の後にはしばしば急変動が起こると警告した。果たしてドル円相場は、10連休中にじりじりと売りに押され、連休明けの先週は、一時109.46円まで下落し、連休前からおよそ2円50銭のドル安・円高となった。1月のようなフラッシュクラッシュまではいかなかったが、確かに大きな変動が起こったといえるだろう。 米中貿易摩擦懸念が再燃 ドル円下落のきっかけとなったのは、トランプ大統領が5月6日に「中国製品2000億ドルに対する関税を10日から25%に引き上げる」とツイッターで表明したことだ。ワシントンで開かれていた米中閣僚級協議は10日、合意に至らないまま終了し、予告通り関税率は25%に引き上げられた。米国側は今回の追加関税の対象外とされた3250億ドル相当の中国製品に対しても25%の関税を課す準備に入った。…
  • 詳細へ
    2019年5月8日
    トランプ大統領はどこまで本気なのか[井口喜雄]
    トレイダーズ証券の井口喜雄による【Dealer’sEYE】をお届けします。 マーケットはリスクオフ一色 トランプ大統領の対中関税発言を受けてマーケットはリスクオフ一色となっており、ドル円も1カ月半ぶりに110円を割れる展開です。注目の米中通商協議は明日9日(木)からワシントンで閣僚級協議が行われ、中国側は劉副首相が対中関税の撤回に向けて交渉に臨みます。しかし、トランプ大統領は、米中通商協議が合意に至らなかった場合、10日(金)に2000億ドルの輸入品に対して対中制裁関税を10%から25%に引き上げると警告しています。関税引き上げの期限までの交渉時間は限られており、予断を許さない状況です。 また、トルコではイスタンブール市長選のやり直しが決まったことで先行きへの不透明感が高まっています。トルコリラ円は18円の大台を割れて今年1月3日のフラッシュクラッシュ後安値を更新するなどトルコ発のリスクオフにも警戒しておきたいところです。 トランプ大統領はどこまで本気なのか トランプ大統領の対中関税発言がどこまで本気なのか全くわからないだけに、マーケットはどうしても最悪のシナリオを織り込みにいかなくて…
  • 詳細へ
    2019年4月24日
    備えあれば憂いなし!ゴールデンウィークに備えよう[井口喜雄]
    トレイダーズ証券の井口喜雄による【Dealer’sEYE】をお届けします。 ドル円は膠着状態でイベント待ち S&P500が過去最高値を更新するなど良好な米ファンダメンタルを背景にドル高とはなっていますが、ドル円に関しては膠着状態が続いています。ゴールデンウィークを控えた本邦実需の売りが上値を重くしているほか、明日以降のイベントを見極めたいとの思惑からなかなか方向感が出せません。週末にかけてのイベントは明日25日に日銀金融政策決定会合、日米財務相会談、日米物品貿易協定があり、26日からは日米首脳会談が予定されています。 週末イベントは円高リスクに警戒 日銀金融政策決定会合ですが、展望リポートではGDPの下方修正が見込まれております。過去、景気判断の下方修正後に金融緩和を実施していることから景気後退を背景に黒田日銀総裁が黒田バズーカ第5弾を打ち出してくるのではないかといった声が聞こえてきます。 しかし、日銀がこれ以上の金融緩和に踏み切ることは難しく、何か策を講じるのは困難にも思います。そうなると黒田バズーカへの期待感がマーケットに出てしまっただけに日銀が何も策を講じなかった場合は円…
  • 詳細へ
    2019年4月22日
    動かないマーケット、ゴールデンウィーク直前で思うこと[雨夜恒一郎]
    FX攻略.com ズバリ!今週の為替相場動向 2019年4月22日号 先週のドル円相場は 先週のドル円相場は、イースター休暇を前に動意が乏しくなり、112円をはさんでわずか40銭ほどの値幅(111.77円~112.17円)での小動きにとどまった。ワシントンで日米物品貿易協定(TAG)交渉の閣僚級会合が開かれ、通貨安誘導を制限する為替条項の扱いが注目されたが、今回このテーマは財務大臣の協議に任せることで合意がなされたため、材料とはならなかった。 記録的な低ボラティリティ 週間の値幅の今世紀最小記録は2012年1月第2週の32銭だそうだが、先週はそれに次ぐ狭いレンジとなった。また今月ここまでの値幅は1.39円だが、これも2011年12月の1.34円に次ぐもので、今のところプラザ合意後で2番目の小動きである。ドル円の予想変動率(インプライド・ボラティリティ)は1週間で4%台前半、1か月で4%台半ばと記録的な低水準となっている。 ドル円ボラティリティ・インデックスは過去最低レベル 出所:CBOE 自動売買の発達 ここまで動かなくなった原因は何かといえば、おそらくコンピュータによる自動売買の発達…