井口喜雄

  • 詳細へ
    2018年12月12日
    どうなるブレグジット!?合意なき離脱の可能性高まる![井口喜雄]
    トレイダーズ証券の井口喜雄による【Dealer’sEYE】をお届けします。 ドル円は、中国の劉副首相がムニューシン米財務長官やライトハイザー通商代表と電話会談したとの報道から米中貿易摩擦への緩和期待が高まり、113.50円まで上昇しました。ただし、依然として113円を中心に112円-114円のレンジにあり、来週にFOMCを控えて動きにくい地合となっています。 一方、ポンドは英議会のEU離脱協定案の採決が延期されたものの、荒れた展開が続いています。一部報道ではメイ首相に対する不信任投票実施に必要な保守党議員48人の書簡が集まったともあり、メイ首相辞任の可能性が高まっています。また、13-14日にはEU首脳会議が開催予定となっており、ここでもブレグジットが議題に上がるため、マーケットはポンドが主導する展開となるでしょう。 ドル円は米経済指標を眺めながら来週のFOMC待ち 来週のFOMCを控えて、ドル円は12日の米消費者物価指数や14日の米小売売上高を眺めながらの取引となります。FOMCメンバーはここにきて突然ハト派にシフト変更してきましたが、最終的にはデータ次第と言っているのでFOMC前に…
  • 詳細へ
    2018年12月5日
    米利上げサイクルに疑心暗鬼!ポンドは報道に振らされる日々[井口喜雄]
    トレイダーズ証券の井口喜雄による【Dealer’sEYE】をお届けします。 FRBのメインシナリオは依然として段階的な米利上げになりますが、あしもとでは多くのFOMCメンバーがハト派スタンスにシフトしており、利上げサイクル停止の声も聞こえてきます。さらにVIX指数が20を超えてきたほか、米10年債利回りが大幅に低下していることがドル円の上値を重くしている要因です。また、ブレグジット関連もEU離脱案を巡る英議会採決が迫っておりポンドは引き続きボラタイルな状況が続きます。因みに本日5日の米国は国民追悼の日で市場が休場となりADP雇用統計などの米経済指標は明日6日に延期となります。 米利上げサイクルに疑心暗鬼!ドル高エンジンは停止か ドルはネガティブ要因が多く、ダウンサイドを警戒せざるを得ない状況ですが、ドル円が依然として112円-114円のレンジであることは間違いなく、なかなか攻略できません。戦略としては戻り売りでレンジ下限に向けて売りポジションを回転させていく方針です。 イベントでは今週末7日に発表される米雇用統計はいつも以上に注目が集まりそうです。パウエルFRB議長をはじめ多くのFOM…
  • 詳細へ
    2018年11月28日
    FRBの真意は如何に!今夜パウエルFRB議長の講演[井口喜雄]
    トレイダーズ証券の井口喜雄による【Dealer’sEYE】をお届けします。 ドル円は2週間ぶり高値を付け113.85円付近まで上値を更新しています。昨日クラリダFRB副議長が緩やかな利上げを継続する必要があると表明したことや、週末に米中首脳会談を控えてクドロー委員長が米中貿易問題に交渉余地があると発言したことが上昇要因となりました。マーケットのテーマはFRB利上げスタンスや、米中首脳会談に移っており、本日11月28日のパウエルFRB議長の発言と12月1日の米中首脳会談が焦点となります。 FRBの真意は如何に 今夜26:00に予定されているパウエルFRB議長発言ですが、ポイントは世界経済の減速に警戒感を示すかどうかです。景気の先行きに慎重な見方を示せば来年の利上げペースが鈍化してドル売りの流れが再発します。ただし、昨日ハト派の急先鋒であるクラリダFRB副議長は利上げ継続を支持するなど、前回発言したハト派スタンスから内容を一転してきました。本当に同じ人物の発言かと思うくらいですが、この方向性が今のFRBのコンセンサスだと捉えることもできます。仮に今夜のパウエル議長発言が、昨日のクラリダFR…
  • 詳細へ
    2018年11月21日
    ブレグジットに疑心暗鬼!不透明感漂う[井口喜雄]
    トレイダーズ証券の井口喜雄による【Dealer’sEYE】をお届けします。 昨日は米株価の主要3指数(ダウ・ナスダック・S&P)が崩れたことでリスクオフ地合いとなっています。 ただし、ドル円は安全通貨とされるドルと円が同じ方向に動いてしまうため、リスクオフ地合いも方向感に乏しくなりやすい展開です。一方で欧州通貨は波乱含み。本日はイタリアの予算についてEUが公表を行う予定で、内容次第ではEUとイタリアの対立がさらに深まる可能性が指摘されています。さらにブレグジット関連もメイ英首相に対する不信任決議の報道が過熱しており、予断を許さない状況が続いています。 ドル円はレンジと割り切った取引が有効か 世界的なリスクオフ局面からドル円は昨夜112.30円まで下値を試すなど下方へ崩れるのではとの期待感もありましたが、しっかりと持ちこたえたことで改めて底堅さが確認されました。また、11月22日(木)には米感謝祭を控え、NYの参加者が減っていくことを鑑みるとドル円が上下どちらかにブレイクするにはハードルが高いと考えられます。ドル円に動きが出ないのであればレンジと割り切り、オシレーター系のテクニカ…
  • 詳細へ
    2018年11月14日
    どうなるブレグジット!? ポンドはどこへ向かうのか[井口喜雄]
    トレイダーズ証券の井口喜雄による【Dealer’sEYE】をお届けします。 ドル円はそろそろ上下どちらかに振れるのではとの期待感もありますが、現在の膠着状況を抜け出す材料は見えていません。本日22:30に発表される米消費者物価指数からドル円の方向感を見出したいところです。一方でポンドやユーロなど欧州通貨は荒い値動きが続いており、引き続きブレグジットやイタリア予算案問題のヘッドラインに注視しながらの取引となるでしょう。また、原油価格が12営業日連続下落で約3年ぶりの安値を更新するなど株価の上値を重くしているので値動きはチェックしておきたいところです。 方向感の見えないドル円はレンジでトレード ドル円は米議会の大統領選挙やFOMCとビックイベントが終了してあしもとでは材料不足です。 米議会はねじれ議会になりましたが、米雇用統計やFOMCでは米経済の強さが改めて確認されており、強弱材料が混在しています。また、安全通貨のドルと円が同じ方向に動くため、ドル円は方向感がつかみづらく、引き続き113.00円から114.50円前後のレンジ取引が続くことが予想されます。ブレグジットやイタリア予算案問題な…
  • 詳細へ
    2018年11月7日
    米中間選挙の結果は如何に[井口喜雄]
    トレイダーズ証券の井口喜雄による【Dealer’sEYE】をお届けします。 マーケットは米議会中間選挙の結果待ちです。 結果が判明するのは日本時間昼過ぎとなりそうでパターンは以下3つになります。 ① 上院共和党が過半数、下院民主党が過半数 ② 上院共和党が過半数、下院共和党が過半数 ③ 上院民主党が過半数、下院民主党が過半数 今朝の報道を見ると市場のコンセンサスは①の上院共和党、下院民主党ですが、②の可能性もまだ残っています。③に関しては共和党が上院を落とすとは考えにいので実際は①か②になりそうです。 上院共和党、下院民主党になった場合 民主党が下院の議席数を大きく伸ばしてねじれ議会となればトランプ政権にとってネガティブです。ドル円は手仕舞い売りやリスクオフの円買いが入り、初動は下落が予想できます。しかし、①に関してはマーケットがかなり織り込んでいるほか、イベント通過による不透明感の払しょくが買い材料となる可能性もありそうです。 上院共和党、下院共和党になった場合 トランプ政権の大型減税や財政拡張といった政策が加速するため、米金利、株価、ドルは続伸が予想されます。とはいえトランプラリー…
  • 詳細へ
    2018年10月31日
    ドル円の上昇は本物か?[井口喜雄]
    トレイダーズ証券の井口喜雄による【Dealer’sEYE】をお届けします。 昨夜は月末リバランスによるドル買いや、NYダウの大幅反発を受けてドル円は113円台を回復しました。東京時間も月末最終日ということでドル不足から仲値にかけて113.32円まで上値を拡大しています。今夜25:00のロンドンフィックスまではこのような月末のフローが散見する展開になりそうです。今後の予定に目を向けると11/2が米雇用統計、11/6が米議会中間選挙とビックイベントが続きますのでしっかりと準備をしておきたいところです。 2大イベントをどう考えるか 今週末の金曜日には米雇用統計、来週火曜日には米議会中間選挙とビックイベントが続きます。 まず、米雇用統計ですが、現時点の予想は失業率3.7%、非農業部門雇用者数+19万人、平均時給は、前年比+3.2%となっており、文句のつけようがない数値が予想されています。特に平均時給の前年比+3.2%は2009年以来の高い伸びとなります。仮にこれらの数値が予想通りであれば12月の利上げ確率は上がっていくと思われます。 一方、米議会中間選挙ですが、上院を共和党、下院を民主党との予…
  • 詳細へ
    2018年10月24日
    上がるも下がるも株価次第[井口喜雄]
    トレイダーズ証券の井口喜雄による【Dealer’sEYE】をお届けします。 サウジアラビア地政学リスクや米中日貿易摩擦、さらには欧州情勢(イタリア予算&ブレグジット)などのリスク要因から世界的な株安への警戒感が高まっています。昨夜もNYダウの急落を受けてドル円は一時112円割れたものの、一転して急落分を反発すると112.48円まで買い戻されて取引を終えるなど株価次第の展開が続いています。イベントでは週末にかけて24日ベージュブック、25日ECB定例理事会、26日米GDP速報値が予定されております。特に米GDPの結果は12月利上げの判断材料となるだけに要警戒です。 NYダウは200日移動平均線の攻防 為替は株価主導の展開であることは間違いなく、引き続きNYダウの値動きがポイントとなります。チャートを見るとNYダウは現在200日移動平均線の差し掛かる25,190ドル付近で推移しています。NYダウは長期上昇局面でこの200日移動平均線にサポートされてきた経緯があり、ここがサポートされるか、下方にブレイクするかが分岐点となり、踏ん張りどころでもあります。 NYダウ日足 200移動平均線(青線)…
  • 詳細へ
    2018年10月17日
    テールリスクがくすぶる米為替報告書[井口喜雄]
    トレイダーズ証券の井口喜雄による【Dealer’sEYE】をお届けします。 VIX指数が上昇してマーケットに緊張が走るなか、為替もNYダウの顔色を窺う展開です。また、今週中にも発表される米財務省の為替報告書も引き続き材料視されており、アメリカが中国を為替操作国と認定するのかが焦点となっています。 その他、本日からEU首脳会議が始まり、ブレグジット関連のヘッドラインにポンドは乱高下が予想されますので要警戒です。 株価急落の調整局面は終了か 米長期金利上昇や米中貿易戦争、さらには中東情勢も絡んでNYダウは軟調になりやすいものの、米ファンダメンタルに変化があったわけではないため、このまま下降トレンドになるとは考えにくいです。NYダウ上昇トレンドのなか、それなりの調整が入ったと考えれば、このあたりで下げ止まったと考えてもいいでしょう。ドル円にしても一目均衡表雲上限の差し掛かる111円ミドルでしっかりサポートされており、111円台後半でも参加者の買い意欲が高いです。 ↓↓ 【FX攻略.com限定】新規口座開設(無料)&1lot取引で月刊FX攻略.com3か月分もらえる!! ↓↓ テールリスクがく…
  • 詳細へ
    2018年10月10日
    米ファンダメンタルは盤石!ドル円は底堅い展開を予想[井口喜雄]
    トレイダーズ証券の井口喜雄による【Dealer’sEYE】をお届けします。 ドル円は米中貿易摩に収束が見られないほか、昨夜トランプ大統領が「FRBがやっていることは好きではない」と発言したことからリスクオフの展開となり、112.87円まで下落しました。また、11月6日に米議会の中間選挙を控えてトランプ節が加速する可能性もあります。さらにはイタリアの来年度予算案の行方、英国のブレグジット交渉など波乱材料は多く、週末に向けてニュースヘッドラインには警戒が必要になります。 米ファンダメンタルは盤石!ドル円は底堅い展開を予想 11月6日に米議会の中間選挙を控えており、下院では民主党優勢の報道が多くなってきました。こうなるとトランプ大統領が選挙に向けて保護主義的な発言を加速する可能性は否定できず、その都度リスクオフにさらされるかもしれません。また、来週にも米財務省が議会に提出する為替政策報告書で中国が為替操作国と認定される可能性もあり、米中貿易戦争のほか、米中通貨安戦争も勃発すればこちらもドル円にとってネガティブな材料となります。 とはいえ、安全通貨のドルと円は同じ方向に動くため、方向感は出にく…
1 2 3 4 18