世界の株価・CFD

  • 詳細へ
    2018年2月14日
    荒れるゴム相場[佐藤りゅうじ]
    乱高下が続く天然ゴム価格 7月号で「伸縮激しいゴム相場の世界」と題し、天然ゴムの先物市場について述べました。その後もゴム相場の値動きは荒く、プライスリーダーである上海ゴム市場は値崩れを起こしています。これを受けて、東京ゴムも軟化しています。ただ今回の値動きには、ファンダメンタルズ要因はほとんど関係ありません。やや仕手化しているゴム相場に、今回はスポットを当ててみたいと思います。 天然ゴム先物市場といっても、値動きが頭に浮かぶ方は少数派でしょうから、まずはここ一年の値動きを確認してみましょう。チャート①の東京ゴム先限の週足チャート(呼び値1キログラム)をご覧ください。まず昨年2016年11月から今年2017年1月までの急騰が目につきます。11月は183.0円で始まっているので、1月31日の高値366.7円というのは2倍超です。 この急騰の背景には、産地の洪水による供給懸念に加え、当時、共産党大会を翌年に控えた中国が公共事業を増やすとの見方がありました。実際、2016年10月の中国製造業PMIは、中国建設ブームとなった2014年7月以来の高水準となっていました。また、中国政府が小型自動車の…
  • 詳細へ
    2018年2月3日
    銅の反騰は本物か?[佐藤りゅうじ]
    銅がなぜ景気のバロメーターか 今年の5月以降、「景気のバロメーター」とされる銅が、再び騰勢を強めています。世界的に景気の減速感が強まりつつある中、銅価格の上昇には違和感があります。中国需要の拡大が背景にあるとの見方もありますが、今回の反騰は本物なのか、考えてみたいと思います。 現状、日本から銅に直接投資するのはCFDくらいしかなく、あまりなじみのない商品といえます。銅の商品特性について簡単に述べると、銅は耐腐食性、導電性、熱伝導性、殺菌性、加工性などに優れているため、電線・電子機器のパーツをはじめ、さまざまな用途で使われ、産業全体を支える存在であるといっても過言ではありません。よって銅需要は、住宅、公共インフラ、製造業の実態を映し出します。その一方で供給が安定しているため、需要の増減に対して銅価格は比較的素直に反応します。これが、銅が景気のバロメーターといわれる所以です。  銅価格の推移 さて、注目の銅価格ですが、指標価格となるのはロンドン金属取引所(LME)に上場されている銅3か月物になります。銅3か月物のチャート(チャート①)を見ると、昨年11月に5000ドル付近から6000ドル台…
  • 詳細へ
    2017年9月29日
    FXの知識がそのまま活きる!世界に幅広く投資できるCFDはむずかしくない[GMOクリック証券]
    CFDなら幅広く投資できる FXを勉強し始めると、必ず出てくるキーワードがあります。「日経平均」「NYダウ」「原油」「ゴールド」といったあたりは、ちょっとニュースを読んでいれば毎日のように聞く単語でしょう。 FXは外国為替、つまり通貨と通貨の交換比率へ投資する金融商品ですが、先ほど挙げたキーワード、つまり他の商品と連動しています。地球は一つの大きなマーケットであり、その中であらゆる商品が影響しあって、相場は動いていきます。 こういったさまざまな商品に、幅広く投資できるのがCFDです。日本にいながら、パソコンやスマートフォンだけで、経済大国の株価指数に投資をしたり、原油や金を実質的に保有したりできます。また米国や中国の世界的に有名な企業の株式を持つこともできます。 CFD取引とは?世界とつながれる魅力的な商品 日本にいながら世界中の商品へ投資! この世界には様々な投資商品があります。例えば日本の代表的な企業の株価を平均した日本225、米国の有名な企業の株価を平均した米国30あたりは毎日のニュースで流れますので、ほとんどの方が聞いたことがあると思います。また原油や金は、世界中で取引をされて…
  • 詳細へ
    2017年8月23日
    金/米ドルのバニラオプションで戦略的資産運用にチャレンジ[東岳証券]
    バニラオプションの仕組みとは? 先進的な取引プラットフォームHorizonAutonにて、豊富な取引銘柄、多彩な運用手段を選択できる東岳証券に、またも新たな商品が登場。バニラオプションによる、金/米ドルの取扱いがスタートしました。 オプション取引といえば、FXの世界ではバイナリーオプションが有名ですが、むしろこちらは特殊な商品。バニラオプションは、世界中で取引されている一般的なオプション取引となります。 東岳証券のバニラオプションでは、銘柄は金/米ドルのみ、コールとプットの売りのみが可能となっています。 こちらでは、2週間~1年間まで、計5種類の権利行使期間があり、これが経過して満期日を迎えることで、ひとつの取引が終了します。 売り方は、プレミアムというオプションの権利に相当する利益を得られます。FXのスワップポイントのように保有期間に応じて発生するのではなく、売った時点で確定します。 満期日になった時点で、売り方は買い方の権利行使に応じる義務があります。つまり、コールの売りの場合、権利行使価格より現在価格が上回っていれば、その差額を売り方が買い方に払わなければいけません。逆に権利行使…
  • 詳細へ
    2016年10月12日
    株価指数つなぎ売りトラリピでミニ・パニック時でも慌てない!!
    M2Jの「株価指数つなぎ売りトラリピ」でミニ・パニック時でも慌てない!! 日経225証拠金取引により、およそ半年間で約4割の資産増(証拠金残高+評価損益)に成功した戦略とは!? 買いを持ちながら売りを併用する マネースクウェア・ジャパン(M2J)で、日経225やNYダウといった株価指数証拠金取引でもトラリピができるようになり、すでに運用されている方もたくさんいらっしゃると聞きます。 そこで今回はトラリピを利用した「つなぎ売り」で結果を出している事例についてお聞きしました。 「つなぎ売り」とは、もともと株の売買で使われる戦略で、下降トレンド時に保有している株を売らず、同じ銘柄を信用で売り、値下がりのダメージを軽減(ヘッジ)しようとするものです。 M2Jの顧客である神奈川県のAさんは、日経225証拠金取引でこの戦略を使い、およそ半年間で約4割の資産増(証拠金残高+評価損益)に成功したとのこと。 その戦略とはどういったものかうかがってみました。 200日移動平均線で長期の流れを判断 Aさんからのお話しを聞き、この戦略は「両建て」になるわけですが、単なるその場しのぎの両建てではなく、資産を増や…
  • 詳細へ
    2016年8月28日
    “株価指数(インデックス)”の投資商品「株価指数を取引するにはどんな商品があるの??」
    東京金融取引所広報室です。 シリーズでお伝えしている、“株価指数(インデックス投資)”の魅力について、今回は、個人投資家の皆さんがどのようにすれば“株価指数”に投資できるのか?どんな投資商品があるのか? 解説したいと思います。 NYダウ証拠金取引が取引枚数累計10万枚突破 その前に…… 前回ご紹介した『くりっく株365』の“NYダウ証拠金取引”が、6月27日に新規上場して約2ヶ月が経ちました。 NYダウ(ダウ・ジョーンズ工業株価平均)は米国を代表する株価指数とあって、上場前から大変高い注目を集めていましたが、取引枚数は1ヶ月あまりで累計10万枚を超えました。建玉(ポジション残高)は時価ベースで450億円超まで増えています(8月18日現在)。 ※NYダウ証拠金取引の1取引単位(枚)は指数価格18,600ポイント(8月18日終値)×100円=186万円でした。 NYダウは、米国経済を反映して高値圏で推移しており、引き続き、投資家の関心が高いです。取扱各社が上場を記念して手数料のキ…
  • 詳細へ
    2016年7月13日
    NYダウ、日経225など世界の株価でトラリピ運用!
    【基礎編】世界の株価指数で運用しよう 〜 FXとは異なる魅力を持つ株価指数取引の基本を学ぶ 〜 有名企業の株価を平均化したもの トラリピで有名なマネースクウェア・ジャパンでは、ニュースでよく聞く日経225証拠金取引に加え、2016年6月27日からはNYダウ証拠金取引の取扱いが始まっています。まずこの基礎編では、これら株価指数証拠金取引とはいったいなんなのか、FXとはどう違い、どんなメリットがあるのかについて解説していきます。 みなさんが株と聞いて最初にイメージするのは、トヨタやソフトバンクなどの個別銘柄ではないでしょうか。これら日本国内の個別株は、朝9時から途中に休憩を挟み、午後3時まで取引が可能です。 それに対し日経225は、これら個別銘柄の中から代表的な225銘柄をピックアップし、その平均価格を算出したもの。たくさんの企業が集まっているため、倒産や上場廃止のリスクは分散され、また、指数の注目度が高いため情報は豊富です。 なお、NYダウの場合はアップルやマイクロソフトといった、米国を代表する30銘柄の平均株価となります。 株価指数を取引して利益を得る方法は二つ。一つは「安く…
  • 詳細へ
    2016年6月26日
    世界のメジャー指数 NYダウ(ダウ・ジョーンズ工業株価平均)[東京金融取引所]
    東京金融取引所広報室です。 初回は、“株価指数”への投資のメリットをお伝えしました。2回目の今回は、個人投資家でも取引できる“株価指数”を対象とした金融商品・市場をご紹介する予定でしたが、そちらは次回以降に変更し、今回は、世界を代表する株価指数のひとつである『NYダウ』(正式名称:ダウ・ジョーンズ工業株価平均)を取上げたいと思います。 NYダウは世界のメジャー株価指数 “株価指数”と言えば、まず、「日経平均株価(日経225)」を思い浮かべる方も多いと思いますが、米国を代表するNYダウも、同じくらい日本の個人投資家の皆さんに浸透していて、その株価指数の動向は、常に注目されています。 NYダウの歴史は古く、1896年に算出を開始し、今年120周年を迎えます。米国経済の繁栄と歩みを共にし、$18,000台まで上昇しています。 米国は世界ナンバーワンの経済大国 図は各国のGDP(名目)の推移ですが、長らく世界一位の座を維持し、成長し続けてきたてことが窺えます。2015年は2000兆円超(2015年平均米ドル/円レート換算)…
  • 詳細へ
    2016年6月12日
    日経225・NYダウ|FXだけじゃない!世界の株価指数に投資[東京金融取引所]
    こんにちは。東京金融取引所広報室です。 今回、FX攻略.comをご覧の投資家の皆さんに、FX以外にも投資対象として最近、注目を集めている“株価指数”取引の魅力をシリーズでお伝えします。 米ドル/円や、ユーロ/円の通貨ペアを取引対象とするFXと同じ感覚で、“日経平均株価(日経225)”や“ニューヨーク・ダウ”などを取引することができる商品・市場もあります。 ぜひこの機会に、株価指数への投資を研究して、資産運用の幅を広げてみましょう。 資産運用に“株式”は外せない!? FX投資家の中にも、株式投資に興味を持っている方は大勢いらっしゃいますね。現在、FXの取引口座数は600万超、一方で株式口座数は2000万を超えていて、株式の投資家数は圧倒的に多いのです。 企業に勤めるビジネスマンも持株会など通じて自社株を保有している場合もあり、また、相続等によって株式を保有している方も少なくないでしょう。それだけ株式は昔から身近な投資先であり、代表的な運用資産となっています。 でも、個別株に投資しようと思っても…
  • 詳細へ
    2016年3月31日
    トラリピ向上委員会~既存の手法とセット運用する効果~
    資金減のリスクを分散するポートフォリオ 投資の世界では、性質の異なる商品や手法を組み合わせて運用し、トータルで利益を目指すのが一般的です。こういった組み合わせのことをポートフォリオと呼んだりもしますが、「一点勝負を避けて、資産が大幅に減ることを防ぐ」ことが主な目的です。こういったリスクを減じるための行動のことをリスクヘッジと呼びます。 性質が異なる商品を併せ持つことになるため、ひとつの商品の価値が下落しても、別の商品の価値が上がる、あるいは上がらないまでもあまり下落しないことで、資産全体の価値が急激に低下することを防ぐ役割があります。 組み合わせやすいのがトラリピの特徴 こうしたリスクヘッジは、商品同士に相関性がないほど効果的です。つまり、なるべく違う性質の商品を組み合わせるのがセオリーです。 この点で、トラリピは他の商品や手法との組み合わせがはかどります。先月号の連載1回目でも解説しましたが、一般的な裁量トレードとトラリピはほぼ正反対の性質を持つため、組み合わせることで両者の良さを引き出すことができます。 下に3パターンほどの組み合わせ例を載せましたが、他にも有効なポートフォリオはあ…