雨夜恒一郎

  • 詳細へ
    2020年5月25日
    膠着相場の先を考える[雨夜恒一郎]
    FX攻略.com ズバリ!今週の為替相場動向 2020年5月25日号 先週のドル円相場は 狭いレンジ内ながらも底堅い動きが続き、19日には一時108.09円まで上昇。トランプ大統領が強いドルを支持する発言をしたことや、日銀が臨時の会合を22日に開催すると発表したことを受けて、ドル買い・円売りが優勢となった。しかし米中の対立激化を懸念したリスク回避の動きもあり、上値は抑えられた。その後、日銀の臨時金融政策決定会合が、中小企業に対する新たな資金繰り支援制度の導入を決定したものの、予想通りでサプライズがなかったことから107.32円まで押し戻された。 今週も膠着状態が続く見通しだが ドル円は4月半ば以来1か月以上も106-108円のレンジ内での膠着相場が続いている。10円以上の乱高下となった2月~3月の反動もあろうが、新型コロナウイルスがいつ終息するのか、また終息後の新常態はどのようなものか、市場も予想がつかないということなのだろう。 今週は本日が米国の祝日(メモリアルデー)であることもあり、動意が乏しい時間帯となりそうだ。相場を左右しそうな重要イベントもなく、107円台中心のレンジ取引が続…
  • 詳細へ
    2020年5月18日
    FRBのマイナス金利導入は本当に不可能か?[雨夜恒一郎]
    FX攻略.com ズバリ!今週の為替相場動向  2020年5月18日号 先週のドル円相場は 前週金曜日に発表された米国4月の雇用統計が予想ほど悪くなかったことや、NY州のクオモ知事が一部地域での経済活動再開の可能性を示したことなどから、週初に107円を突破し一時107.77円まで上昇した。 しかし米アレルギー・感染症研究所(NIAID)のファウチ所長が、早期の規制解除はさらに感染を拡大すると警告したことから、株安・円買いの流れとなり、106.74円まで反落。ただパウエルFRB議長がマイナス金利の導入について、「現時点で検討の対象ではない」と否定したことから、107円台へ持ち直し、もみ合いとなった。 市場は依然マイナス金利を期待 先週は市場のマイナス金利予想をひとまず一蹴したパウエル議長だが、否定したのはあくまで「現時点」であって、その可能性を完全には排除したわけではない。議長は景気回復について「期待するより数か月長くかかる」と慎重な見方を示し、金融政策については「追加措置が必要となる可能性がある」と述べている。 もしコロナウイルスの封じ込めがうまくいかず、経済的な打撃が一段と大きくなれ…
  • 詳細へ
    2020年5月11日
    米国経済の本当の試練はこれからだ[雨夜恒一郎]
    FX攻略.com ズバリ!今週の為替相場動向  2020年5月11日号 先週のドル円相場 米国雇用統計の悪化を警戒したドル売りがジワリと強まり、一時105.99円と3月16日以来の安値をつけた。しかし金曜日に発表された雇用統計が予想ほど悪くなかったことから、106.75円まで買い戻され週の取引を終えた。 雇用統計は記録的な悪化 4月の非農業部門雇用者数はマイナス2050万人と過去最大の減少となり、失業率は14.7%と戦後最悪、大恐慌時以来の水準に達した。すでに市場はこの程度の雇用悪化を覚悟していたため当日のインパクトは限定的だったが、1か月で全労働者の8分の1が失職したという前代未聞の事態がもたらす影響は計り知れず、「予想ほど悪くなかった」では済まされない。 またシェールオイルや小売りなどコロナで打撃を受けた業界で大型の破綻が相次いでおり、今後は失業率がさらに上昇する可能性が高い。そもそも今回の失業率も、感染が怖くて職探しをしなかった人を含めると実質的には20%を超えている可能性がある。 経済再開には程遠い 唯一の救いは、失職者のうち元の職場への復帰を前提とした「一時解雇・帰休」が78…
  • 詳細へ
    2020年4月27日
    原油暴落で売られる通貨、買われる通貨は[雨夜恒一郎]
    FX攻略.com ズバリ!今週の為替相場動向  2020年4月27日号 先週のドル円相場は 107円台中心の狭いレンジでのもみ合いに終始した。「日銀が27日の金融政策決定会合で追加緩和を打ち出す最終調整に入った」との報道を受けて108.04円まで上昇したものの、滞空時間は短く、107円台後半へ押し戻されてレンジ取引となった。 原油相場暴落の背景 ドル円相場が方向感を失いつつある中、先週市場を驚愕させたのは原油相場の暴落だ。20ドル前後で推移していたWTI先物は、限月交代を控えた20日、急激に値を下げ一気に10ドル割れ。ここから買い手不在の中さらに売りが売りを呼ぶ大暴落となり、何とマイナス40ドルという異常値を記録した。 もちろん、米国産原油受け渡し地であるオクラホマ州クッシングの貯蔵能力がフルに近づいているという特殊事情が背景にあったことは確かだ。誰も期日に現物を引き取りたくないためババ抜きのような状態となり、最後に売り手はやむなくペナルティーを払って原油を引き取ってもらったというわけだ。 だが、原油安の根本的な原因は、世界的なコロナウイルスの蔓延により、働き方やライフスタイルが大きく…
  • 詳細へ
    2020年4月20日
    中長期的にはドルの価値希薄化を懸念[雨夜恒一郎]
    FX攻略.com ズバリ!今週の為替相場動向 2020年4月20日号 先週のドル円相場は FRBが無制限の流動性供給を続ける中、ドル需要が緩和するとの見方から、週前半は下値を試す動きとなり、106.93円まで下落。しかし週後半は、トランプ大統領が経済活動再開の指針を示したことや、ウイルス治療薬の治験で好結果が出たとの報道を背景に下げ渋る展開となり、107円台中心のもみ合いとなった。 予想以上に悪い経済指標 先週発表された米国経済指標は目を覆うばかりの惨状となった。3月の小売売上高は前月比-8.7%(予想-8.0%)、4月のNY連銀製造業景気指数は-78.2(予想-35.0)、4月のフィラデルフィア連銀製造業景気指数は-56.6(予想-32.0)と、いずれも過去最大のマイナスを記録した。また4月11日までの週の新規失業保険申請件数は524.5万件となり、過去4週間の累計は2200万人を突破した。過去10年間で創出された雇用がたったの1か月で吹き飛んだことになる。エネルギー需要消失を懸念して、原油先物は17ドル台と1999年以来の安値をつけた。 米国で都市部のロックダウンが敷かれてから1か…
  • 詳細へ
    2020年4月13日
    目先の悲観と先々の回復期待のはざまで綱引きか[雨夜恒一郎]
    FX攻略.com ズバリ!今週の為替相場動向  2020年4月13日号 先週のドル円相場は 株式市場が大幅に上昇する中、ドル円も週初は109.38円と上値を試す展開。しかしニューヨーク州の死亡者数が連日過去最多になったことや、米新規失業保険申請件数が660.6万件と先週に続いて予想(550万件)を上回ったことから上値も重く、週後半は108円台前半へ反落した。イースター休暇を控えていたことから商いは次第に閑散となり、週間のレンジは1円17銭にとどまった。 株式市場は戻り歩調 NYダウは一時2万4千ドル台に乗せ、1週間の上昇幅は3000ドル近くに達した。すでにコロナショック後の下落幅の半値戻しを達成しており、チャート上は61.8%戻しに当たる2万5250ドル近辺を次のターゲットとしてさらに上昇する可能性が出てきた。 コロナ対策で、米国は2.2兆ドルの財政支出を決め、EUも5400億ユーロの経済対策で合意した。株式市場は6~9か月先の景気を先読みするとされるが、早くもコロナ終息後、強力な財政・金融政策を背景とした景気回復を先取りし始めたようだ。 NYダウは半値戻し達成 出所:NetDania…
  • 詳細へ
    2020年4月6日
    “全員負け組”なら不美人投票でドル売り・円買いに[雨夜恒一郎]
    FX攻略.com ズバリ!今週の為替相場動向 2020年4月6日号 先週のドル円相場は 四半期末を通過しドル需要が一段落する一方、株安・リスク回避の円買いが強まったことから、一時107円台を割り込んで106.92円まで下落。しかし20ドル割れまで暴落していた原油相場が減産期待を背景に29ドル台まで急反発すると、為替市場でもセンチメントが幾分回復し、108.68円まで反発した。 米国雇用悪化には反応薄だったが 先週金曜日に発表された米国3月の雇用統計は、非農業部門雇用者数が-71.3万人(前回+27.5万人、予想-10.万人)と9年半ぶりの減少となり、失業率も4.4%(前回3.5%、予想3.8%)へ急上昇と、予想以上の悪化となった。しかし、新規失業保険申請件数が直近2週間で約1000万件にのぼっていたことから、市場もかなりの下振れを覚悟していたとみられ、反応は限定的だった。 もっともこの悲惨な数字ですらほんの序の口に過ぎず、4月以降は都市封鎖の影響が本格的に反映され、これまで見たことのないほど壊滅的なデータが次々と出てくるだろう。米国の景気後退は織り込み済みとの見方もあるが、楽観は禁物だ…
  • 詳細へ
    2020年3月30日
    米国はもはや非常事態!四半期末通過でドル需要も減退へ[雨夜恒一郎]
    FX攻略.com ズバリ!今週の為替相場動向  2020年3月30日号 先週のドル円相場は 新型コロナウイルスの感染が特に欧米で爆発的に拡大し、流動性危機に備えて基軸通貨であるドルを確保する動き、いわゆる有事のドル買いが進行。週前半は111円台後半へ上値を拡大する動きとなり、一時111.71円とコロナショック直前の水準へ回復した。米国の2兆ドル規模の景気対策への期待もドル買いにつながった。NYダウは週初の1万8千ドル台前半から2万2千ドル台まで劇的な回復を見せた。 しかし木曜日に発表された米新規失業保険申請件数が過去最悪の水準となったことや、米国の感染者数が中国を抜いて世界最多となったことを受けて、週後半はドル売りが加速し、107.76円まで売り込まれて週の取引を終えた。 有事のドル買いは一服 需給緩和へ NYダウの週間の上昇率は12.84%に達し、1938年以来82年ぶりの大きさを記録した。しかし皮肉にもそれが投資家心理を好転させ、現金化によるドル需要を後退させている。 先週のドル円(右目盛り)とNYダウ(左目盛・赤線) 出所:NetDania 株式市場がこのまますんなり底入れに向か…
  • 詳細へ
    2020年3月23日
    キャッシュ・イズ・キング!唯一の避難先はドルキャッシュ[雨夜恒一郎]
    FX攻略.com ズバリ!今週の為替相場動向 2020年3月23日号 先週のドル円相場は 新型コロナウイルスの感染が欧米に蔓延し社会不安が高まる中、FRBは月曜日早朝の異例のタイミングで、1%の緊急利下げと合計7000億ドルの資産買い入れを発表。これを受けてドル円は一旦105.15円まで下落した。しかし世界的な株安連鎖に歯止めがかからず、NYダウが2万ドルを割り込み一時は1万9千ドルも割り込む事態となると、流動性危機に備えて基軸通貨であるドルを確保する動きが強まり、ドルが全面高の展開に。ドル円は一時111.51円まで上昇し、コロナショック前の高値に迫る動きとなった。 先週のNYダウ(右目盛)とドル円(赤線・左目盛) 出所:NetDania 米国もリセッション不可避 イタリアでは感染者が4万人を超え、3400人以上が死亡。すでに絶対的な設備・人員数が不足し医療崩壊が起こっている。米国も感染者数が1万人を突破し、ついにカリフォルニア州やニューヨーク州では不要不急の外出が禁止となった。今後は世界的規模で人の移動が制限され、経済活動が著しく落ち込み、投資縮小とリストラが歴史的な速度で進行する。…
  • 詳細へ
    2020年3月16日
    ドル円が暴落後V字型に回復した理由[雨夜恒一郎]
    FX攻略.com ズバリ!今週の為替相場動向 2020年3月16日号  先週のドル円相場は 新型コロナウイルスの感染が欧米に広がる中、週明けは世界同時株安とドル売り・円買いが加速。日経平均が2万円台を割れ、NY市場で米株の取引を一時中止するサーキットブレーカーが発動される事態となると、ドル円は一時101.19円まで下落。2016年11月以来の安値をつけた。しかしトランプ大統領が大型の経済対策を発表すると報じられたことをきっかけに下げ止まると、短期筋のショートカバーで106円近くへ反発。株式市場が激しく乱高下する中、しばらく103~105円台でもみ合ったが、金曜日にはトランプ大統領が非常事態を正式に宣言したうえで、備蓄のための石油の大量購入や学生ローンの金利免除などを発表したことが好感され、ダウが+1985ドルと史上最大の上げ幅を記録、ドル円も一時108.50円まで急騰した。 株価と連動しなくなったドル円 NYダウは瞬間では20400ドル台まで下落し、先月つけた史上最高値29594ドルから31%もの下落となった。恐怖指数VIXは75ポイントを超え、リーマンショック以来の高値をつけた。間違…
1 2 3 4 34