雨夜恒一郎

  • 詳細へ
    FOMCとGDPに注目、米長期金利の動向がカギ[雨夜恒一郎]
    2021年1月25日
    FOMCとGDPに注目、米長期金利の動向がカギ[雨夜恒一郎]
    FX攻略.com ズバリ!今週の為替相場動向 2021年1月25日号 先週のドル円相場は 米バイデン新政権が混乱なく発足し、株高・リスクオンの流れとなる中、ドルは全般に弱含み、ドル円は一時103.33円まで下落。しかし米国株が最高値更新後伸び悩むと、ドル円も103.80円台まで反発し、結局は方向感が乏しい一週間となった。 FOMCは長期金利上昇を牽制か 今週の注目イベントは、まず26・27日に開催される今年最初のFOMCだ。今回は主要な金融政策は据え置きの公算で、最大雇用と物価安定の目標達成に向けて「さらに著しい進展が見られるまで」量的緩和を継続することをメンバー全員が賛成する見通しだ。 一方、今月上旬には一部メンバーによる「早期テーパリング(債券買い入れ減額)示唆」をきっかけに長期金利が急上昇したが、これをパウエルFRB議長がどう評価するかが注目される。 FRBとしては、非主流派メンバーを通じてテーパリングの観測気球を上げてみたものの、市場が敏感に反応してしまったため、その火消しに回る可能性が高い。 議長が早期のテーパリング開始に否定的な姿勢を示し、現段階での長期金利上昇は受け入れら…
  • 詳細へ
    米国債利回り上昇・ドル反発局面は一時的[雨夜恒一郎]
    2021年1月18日
    米国債利回り上昇・ドル反発局面は一時的[雨夜恒一郎]
    FX攻略.com ズバリ!今週の為替相場動向 2021年1月18日号 先週のドル円相場は 米国債利回りの上昇をきっかけとしたドルのショートカバーが続き、一時104.40円と1か月ぶりの高値へ上昇。しかし利回り上昇が一服するとドル円も騰勢を失い、103円台後半でのもみあいに移行した。 この間米国株式市場は最高値更新はなく、NYダウは3万1千ドルをはさんで一進一退の動き。ここ2か月あまり連日のように最高値を更新してきた相場も、10-12月期決算発表を前にさすがに利益確定売りが強まった。 米国債利回り上昇の材料 米国債利回りはドル円の短期~中期の動向に影響を与える要因の一つだ。ベンチマークである10年債利回りは、昨年12月まで1%手前で足踏みを続けていたが、年明けに一気に1%を突破し、一時は1.18%台まで急騰した。ドル円が102円台から104円台まで上昇したタイミングと一致する。 米国10年債利回り 出所:yahoo!finance 利回り上昇の材料はおおむね以下の三つである。 ①ワクチンの接種開始でコロナ制圧期待が高まったこと ②バイデン次期政権の経済対策に対する期待(+インフレ懸念)が…
  • 詳細へ
    ドルの反発は一時的 結局相場はファンダメンタルズに従う[雨夜恒一郎]
    2021年1月11日
    ドルの反発は一時的 結局相場はファンダメンタルズに従う[雨夜恒一郎]
    FX攻略.com ズバリ!今週の為替相場動向 2021年1月11日号 先週のドル円相場は 正月休み明けの1月4日、「菅首相が週内にも緊急事態宣言発令検討」との報道にリスク回避の円買いが出て103円台を割り込む展開。米ジョージア州上院議員2議席の決選投票結果を前にした不透明感もあり、一時102.61円まで下落した。 しかし民主党候補が2議席とも獲得し、上下両院とも民主党が過半数となったことで安心感が強まり、株価上昇とともにドル円は104円台をトライ。一時104.09円まで上昇した。 なお米国12月の雇用統計は、非農業部門雇用者数が-14万人と予想外のマイナスとなったが、前月が大幅に上方修正されたことや、失業率が悪化しなかったこともあり、影響は限定的だった。 灰色のサイはいなかった 暴徒の乱入で大混乱となった米上下両院合同会議の選挙人投票の集計が完了し、バイデン氏が次期大統領に正式に決まった。民主党が上下両院を制したことで、いわゆるトリプルブルー(ブルースウィープ)確定となり、大規模な経済対策への期待から株式市場は大幅上昇。NYダウは3万1千ドルも軽々と突破し、史上最高値を更新した。 前回…
  • 詳細へ
    市場に潜む「灰色のサイ」とは?[雨夜恒一郎]
    2021年1月4日
    市場に潜む「灰色のサイ」とは?[雨夜恒一郎]
    FX攻略.com ズバリ!今週の為替相場動向 2021年1月4日号 新年あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。 先週のドル円相場は クリスマス休暇を終え、実質新年相場に入った株式市場では、日経平均が30年ぶりの高値を更新し、NYダウが史上最高値を更新するなど上値を追う展開となった。為替市場では、リスクオンのドル売りでユーロドルが1.2310ドルと年初来高値を更新したものの、ドル円は日本勢が年末年始休暇中とあって動意が鈍く、103円台での方向感が乏しい一週間となった。 灰色のサイ 2021年の相場がスタートした。株式市場は楽観ムードにあるが、相場は何が起こるかわからない。昨年の今頃、中国武漢で発生した新型コロナウイルスがここまで世界を震撼させるとは誰も想像しなかった。 市場において高い確率で存在し、大問題に発展する可能性が高いにもかかわらず、軽視されがちなリスクのことを「グレーリノ(灰色のサイ)」と呼ぶ。株価堅調で緩んだ正月気分の現在、最も警戒すべきサイは何だろうか。 コロナ変異種の出現 コロナウイルスに関しては、ワクチンの接種開始で感染終息期待が高まって…
  • 詳細へ
    FOMCは強力な緩和継続を発信!来年は大幅なドル安へ[雨夜恒一郎]
    2020年12月21日
    FOMCは強力な緩和継続を発信!来年は大幅なドル安へ[雨夜恒一郎]
    FX攻略.com ズバリ!今週の為替相場動向 2020年12月21日号 先週のドル円相場は 米FOMCを前に追加緩和期待を背景としたドル売りが先行し、103.26円と下値を試す展開。FOMCは追加緩和策を見送り、声明もさほどハト派的でなかったとの受け止め方で、一旦は103.92円まで反発したものの、パウエルFRB議長が会見で緩和維持へのコミットメントを強調するとドル売りが再開。米追加経済対策やワクチンへの期待を背景としたリスクオンによるドル売りもあり、一時102.88円と今年3月以来の安値を示現した。また米国株式市場では楽観ムードが強まり、三指数とも最高値を更新した。 ドットプロットチャートの変化はわずか FOMCは資産購入規模の拡大や年限の長期化などの追加緩和策を温存し、メンバーの金利予想・ドットプロットチャートも前回9月からごくわずかな下方シフトにとどまった。一見すると肩透かしのように見える。 9月のドットプロットチャート 出所:FOMC付属資料 12月のドットプロットチャート 出所:FOMC付属資料 フォワードガイダンス強化 一方、今回のFOMC声明では、資産購入に関するフォワー…
  • 詳細へ
    FOMCは追加緩和不可避 ドル一段安へ[雨夜恒一郎]
    2020年12月14日
    FOMCは追加緩和不可避 ドル一段安へ[雨夜恒一郎]
    FX攻略.com ズバリ!今週の為替相場動向 2020年12月14日号 先週のドル円相場は 小幅のレンジの中で上に往って来いの展開。週央にかけては米国債利回りの上昇を受けてショートカバーが優勢となり、一時104.58円まで上昇したものの、ドルを積極的に買い進む材料も見当たらず、104.00円近辺へ押し戻されて週の取引を終えた。 ECBはユーロ高を強く牽制せず ECBは先週の定例理事会で予想通り量的緩和拡大を打ち出したが、予想の範囲内だったことからユーロ売りにはつながらず、ユーロ高に対しても「為替レートの動向を注視している」(ラガルド総裁)との言及にとどまったことから、1.2159ドルまで買われる場面もあった。 米国株式市場は終盤は利益確定売りに押されてやや伸び悩んだものの、三指数とも最高値を更新しており、リスク選好ムードに変わりはない。今週も安全通貨のドルが売られやすい地合いが続くことになりそうだ。 先週の当コラムでも述べた通り、ドルインデックスは2018年の安値88.30ポイント近辺を視野に入れた下落トレンドにあり、ユーロドルは当時の水準である1.24-1.25ドルを目指す展開となる…
  • 詳細へ
    全体的にはドル安だがドル円は取り組み妙味に欠ける[雨夜恒一郎]
    2020年12月7日
    全体的にはドル安だがドル円は取り組み妙味に欠ける[雨夜恒一郎]
    FX攻略.com ズバリ!今週の為替相場動向 2020年12月7日号 先週のドル円相場は 株高を背景としたリスク選好型のドル売りと、米国債利回りの上昇を背景としたドル買いがぶつかり合う中、ドル円は104円台をはさんで売買が交錯したものの、結局方向感がつかず104円近辺に収斂した。 金曜日に発表された米国11月の雇用統計は、非農業部門雇用者数が+24.5万人と予想の+46万人を大きく下回り、雇用改善ペースの鈍化が鮮明となったが、ドル円の反応は限定的。株式市場では逆に追加経済対策への期待が高まり、NYダウは30200ドル台へ大幅上昇となった。 株式市場はいいとこどり コロナ感染拡大には依然歯止めがかからず、米国の1日あたり新規感染者数は3日に21.6万人と過去最多を更新した。しかしワクチン接種開始は近いとの期待から、株式市場の楽観ムードはむしろ強まっている。株式市場の視線はすでに「ポストコロナ」に向かっている。 しばらく停滞していた米国の追加経済対策への期待も高まってきた。先週は米上下両院の超党派グループが9080億ドル規模の経済対策案を公表。民主党のペロシ下院議長とシューマー上院院内総務…
  • 詳細へ
    来年は良いドル安、もしくは悪いドル安[雨夜恒一郎]
    2020年11月30日
    来年は良いドル安、もしくは悪いドル安[雨夜恒一郎]
    FX攻略.com ズバリ!今週の為替相場動向 2020年11月30日号 先週のドル円相場は ドル円は週前半に一時104.76円まで反発。東京市場が勤労感謝の日で休場となった月曜日、米11月のPMI速報値が予想より強かったことや、英アストラゼネカとオックスフォード大が開発中のワクチンが最大90%の有効性を示したとの中間報告を行ったことを受けて、ドル買いが強まった。米国株式市場では、NYダウ平均がついに3万ドルの大台に乗せ、史上最高値を更新した。 しかしその後は米国感謝祭休暇を控えて利益確定の売りが優勢となり、金曜日には一時103.91円まで押し戻された。 ドル先安観 今年も残すところ1か月。米国では伝統的に、感謝祭休暇が過ぎると一気にホリデーシーズンに突入し、会社では上席の人から三々五々休暇に入り始め、ヘッジファンド勢は収益をぶれさせたくないため、大きな勝負を手控えるようになる。ドル円相場は年末にかけてこのまま104円近辺に収斂していくのかもしれない。 しかし中長期的に見ると、ドルの先安観はむしろ日に日に強まっている。ドルの総合的な価値を示すドルインデックスは91.75ポイントまで下落し…
  • 詳細へ
    コロナ禍のなか消去法的に買われる通貨は?[雨夜恒一郎]
    2020年11月23日
    コロナ禍のなか消去法的に買われる通貨は?[雨夜恒一郎]
    FX攻略.com ズバリ!今週の為替相場動向 2020年11月23日号 先週のドル円相場は 週初、米ワクチン開発のモデルナが、臨床試験で好結果が出たと発表したことから、一瞬105.13円まで吹き上がったものの、105円台では戻り売りが強く、すぐに元の104円台半ばへ押し戻された。その後も、上値の重さを嫌気したドル売りや、株高を背景にしたリスクオンのドル売りが混在する中、104円台を割り込み一時103.65円まで下落した。 為替市場はワクチンに冷めた反応 先々週、「米ファイザーのワクチンが治験で好結果」とのニュースが流れた時、ドル円は103円台から105円台後半まで2円以上上昇したが、長続きはしなかった。また先週のモデルナの時はわずか50銭程度しか反応しなかった。 「ワクチン開発」というグッドニュースが飛び込んできたにもかかわらず上値が重かったのは、「買われるべき材料が出ても想定ほど上昇しない」、つまり潜在的な売り手の存在を示唆しており、弱気のサインだ。 米国株式市場でも、NYダウが3万ドル目前で足踏みとなっており、市場心理が過度の楽観から修正されつつあることを示している。 そもそも、こ…
  • 詳細へ
    バイデン勝利とワクチン期待によるドル上昇は一過性[雨夜恒一郎]
    2020年11月16日
    バイデン勝利とワクチン期待によるドル上昇は一過性[雨夜恒一郎]
    FX攻略.com ズバリ!今週の為替相場動向 2020年11月16日号 先週のドル円相場は 米国大統領選挙は大接戦の末、バイデン氏がついに勝利宣言。また米製薬大手ファイザーがドイツのビオンテックと共同開発中の新型コロナウイルスワクチンの最終治験で好結果が出たと報じられたこともリスクオンに作用し、ドル円は週初にいきなり105円台へ急騰。実需のドル売りとぶつかってもみ合いながらも、一時105.68円と10月20日以来の高値をつけた。 しかし米ベテランズデーの祝日をはさんでワクチンフィーバーがひとまず一服すると、今度は足元のコロナ感染第三波に対する懸念からドル売り・円買いが入り、104.56円まで押し戻された。 ドル上昇は一過性 筆者は「リスクオンならドル売り、リスクオフなら円買い」と想定し、ドル円弱気スタンスを堅持していたため、先週のドル円急騰はやや意外感があった。しかしこうして戻り売りに押されて104円台まで下落してきたところを見ると、やはり上昇は続かず一過性の動きとなる可能性が高いと考えざるを得ない。 米国大統領選の決着とワクチン実用化期待が重なった結果、反応が増幅されてしまった感があ…
1 2 3 4 38