カニトレーダー

  • 詳細へ
    カニトレーダーさん直撃インタビュー 数あるFX会社の中からゴールデンウェイ・ジャパンを選んだ決め手を聞いてみた!
    2020年3月24日
    カニトレーダーさん直撃インタビュー 数あるFX会社の中からゴールデンウェイ・ジャパンを選んだ決め手を聞いてみた!
    スプレッドの狭さと独自サービスに着目 編集部 FX会社はいくつもありますが、カニトレーダーさんはその中から何を基準に口座を選んでいますか? カニトレーダー(以下、カニ) 自分の求めている環境があるかどうかですね。私はMT4を利用して取引を行っているので、MT4が使えるFX会社を好んで選んでいます。ただ、同じMT4が使えるFX会社でもサービス内容やサポート体制などは大きく異なるので、しっかりと吟味する必要があります。私の場合は、まず取引コストにあたるスプレッドを比較します。当然のことながら、スプレッドは狭い方がトレーダーにとって有利です。 編集部 損益に直結するだけに、各FX会社がどのくらいのスプレッドを提供しているのかはとても気になります。それ以外に何かありますか? カニ FX会社独自のサービスがあるかどうかに注目しています。その観点から見て、ゴールデンウェイ・ジャパンは過去のチャート分析やバックテストができる環境が十分に整っていて、非常にありがたい存在です。私はこの点に特に魅力を感じ、主に過去分析やEAの検証でゴールデンウェイ・ジャパンを利用しています。 編集部 ちなみに、カニトレー…
  • 詳細へ
    カニトレーダー式FXを収入の柱にする10のステップ|ステップ5 無駄なものをいかに削るか
    2020年3月18日
    カニトレーダー式FXを収入の柱にする10のステップ|ステップ5 無駄なものをいかに削るか
    「勝ちたいから増やす」これが実は落とし穴  おそらく全てのFXトレーダーが、「収支をアップしたい」と考えているはず。これは、調子が良くてさらに上を目指す場合も、不調でスランプから脱出したい場合もあるかと思います。  こういうとき、多くの人は「増やす」という選択をしてしまいがちです。例えば、一回のトレードでより多く稼ぐためにロットを増やしたり、トレードをするほど儲かると思い、エントリー回数を増やしたり。あるいは、監視する通貨ペアを増やして、トレードチャンスを増やすという発想もあるでしょう。  一見してこれらの行為は理にかなっているように見えますが、実はあまり良い結果にならないことが多いです。  これは私自身の経験に基づいているだけでなく、これまでたくさんのトレーダーさんとお話をしたり、また私の配信を見てくれている人の傾向とも一致します。  もっと勝ちたいから増やすという発想は、実はFXなど投資における落とし穴なのです。 増やすことが目的化してはだめ  具体的に見ていきましょう。まず、ロットを増やすことについてです。これまで何度もいってきたように、FXでうまくいっていない人の問題の多くは、…
  • 詳細へ
    2020年3月10日
    カニトレーダー式FXを収入の柱にする10のステップ|ステップ4 損失が大きい場合の対策
    ロット数を下げると問題はほぼ解決  FXで負ける人のほぼ全員は、一回の負け額が大きいです。コツコツちょっとずつ資金を減らし続けて、結果的に大金を失ったという事例は聞いたことがありません。  つまり、一回の負けを小さくすることで、相場から退場するリスク減につながります。  大負けを避けるために、一番有効なのが取引ロットを小さくすること。これだけで、FXに関する多くの問題が解決するほど、強力な処方箋です。口座の余力が確保でき、負けトレードの損失も減ります。  さらに、メンタル面へのプラス効果が大きいです。ロット数とメンタルがかみ合っていない場合、ちょっと利益が出てきたら浅く利食いしたり、含み損を必要以上に恐れたりと、正常なトレードを妨げることになり、利小損大へと陥りやすくなります。  とはいえ、ずっと小さなロットでトレードをしていても、大きく稼ぐことはできません。なので、いつかはロットを上げる日が来ますが、それが早すぎることが問題を招いています。  一つの考え方として、口座の資金が増えるに従って、ロットを上げていくと良いでしょう。逆に口座資金が減っているのにロットを上げるのは、取り返すため…
  • 詳細へ
    カニトレーダー式FXを収入の柱にする10のステップ|ステップ3
    2020年3月3日
    カニトレーダー式FXを収入の柱にする10のステップ|ステップ3 手法よりいかに機械になれるか
    勝てる手法は一種類だけじゃない  FXで利益を出すにあたって、手法は何でも良いんです。スキャルピングでも、デイトレードでも、スイングトレードでも構いません。なぜなら、勝てる手法は無数にあるからです。どんなインジケーターを使っても構わないので、自分に合っていて、なおかつ期待値がほんの少しイーブンを上回れば問題ありません。  それよりも、手法でない部分の方が圧倒的に大切です。自分の感覚では、FXでは手法が2割、それ以外の部分が8割です。勝てない原因は、手法ではないことが多いんです。  8割の部分で非常に重要なのが、メンタルを排除して淡々とトレードをすること。いつもいっている「機械になって担々麺」です。これができないと、たとえ勝てるアイデアを持っていたとしても、感情に振り回されて利少損大になってしまえば、それを手法として運用することはできません。名探偵風にいうと、「期待値を下げるのは、いつも自分」です。大切なのは、自分があらかじめ決めたやり方を、いかに続けられるかです。 相場は一期一会。次のチャンスを待つ  とはいっても人間ですから、勝って嬉しい、負けて悔しいという感情は出てくるもの。これら…
  • 詳細へ
    カニトレーダー式FXを収入の柱にする10のステップ|ステップ2
    2020年2月25日
    カニトレーダー式FXを収入の柱にする10のステップ|ステップ2 生活にマッチする時間足を決める
    無理なくFX取引できる時間軸を選択しよう  今月は、トレードをする時間軸の固定について解説します。結論からいいまして、早い段階で自分がメインで見る時間足を決めるべきです。  MT4などのチャートソフトでは、1分足から月足まで、いろいろな期間のチャートを表示できますが、どの時間足でトレードをするかを、FXを本格的に始める前に固定しましょう。というよりも決めた時間足で使えるトレード手法を勉強するべきです。  例えば、会社勤めをしていて、日中はトレードやチャート分析ができないなら、その時間帯で5分足を用いたトレードは成り立ちません。逆にサラリーマンでも、時々チャートを見られる人なら、1時間足や4時間足を使った手法は実行できます。メインでトレードをする時間足が決まることで、その時間足ならではのクセや特徴なども分かってきます。  こういった、トレードをする時間に応じたスタイルの分類が、よく聞くスキャルピング、デイトレード、スイングトレード、ポジショントレードとなります。 どの時間足でもFXで勝つ人は勝つ  私は、時間足には本質的に有利なもの、不利なものはないと思っています。そして、スキャルピング…
  • 詳細へ
    2020年2月10日
    カニトレーダー式FXを収入の柱にする10のステップ|ステップ1 必ずトレードの収支を記録する
    FXで同じ失敗を繰り返さない  為替相場の基礎知識を勉強したり、MT4の使い方を覚えたり、テクニカル分析を練習したりと、FXで結果を出すためにはやらなければいけないことがたくさんあります。  でも、これからFXを始める人に、一番初めに取り組んでほしいことがあります。それは「トレードの記録を残す」こと。はっきりいいまして、FXで継続的に結果を出している人で、収支を残していない人はいないはずです。というよりも、収支をつけないと、自分が勝っているか負けているかどうかも定かではありませんよね。  なぜ記録をつけるのか。それは、日々のトレードを振り返るためです。ある日のトレード内容は、記録に残しておかなければ、記憶が薄れていくことでいずれは忘れてしまいます。  そして、終わったトレードを振り返ることで、同じ失敗を繰り返さないようになります。一度した失敗を次にはしないことで、トレード手法はどんどんブラッシュアップされ、収支も向上していきます。  おそらくほとんどの方は、勝ったときより負けたときに記録することがストレスに感じるはず。でも、一度した失敗をもうしないため、負けトレードこそ克明に記録するべ…