ケッティー

  • 詳細へ
    2020年3月6日
    フラッグ・ボックスに気づいてトレンド再開を察知 トレンドの一休みを発見し続伸・続落にきっちり乗る[ケッティー]
    戦略のポイント チャートパターン:フラッグ、ボックス トレード時間軸:5分足、15分足、1時間足 狙い目の通貨ペア:1時間足にトレンドが出ているもの この戦略のメリット:広い値幅を一気に取れる ※「戦略のポイント」や本文は、上昇局面のロングを想定し解説しています。下降局面のショートでは、その逆のルールとなります。 フラッグやボックスでトレンドの継続を見極める 新規 既に上昇トレンドになっている1時間足で押し目のタイミング(+1σ、ミドルライン)を確認 フラッグかボックスの下限で買いエントリー 決済 1時間足ボリンジャーバンドの+2σを越えて少し戻ったところで利益確定 フラッグかボックスの最安値より10pips下で損切り レンジのときに成立を探す形  ケッティーさんは、非常に体系的なトレード手法を確立していますが、その中でもトレンドが続くときに流れに再度乗るための考え方を、今回は解説します。  上昇→レンジ→上昇、あるいは下降→レンジ→下降というパターンになるとき、レンジの部分で出やすいのが、フラッグとボックスです。  フラッグは、高値と安値が一時的にトレンドとは逆方向に向かっていくパタ…
  • 詳細へ
    2018年6月2日
    ケッティーのFXテクニカル虎の巻|第10回 トレンド転換を捉えるトレード②
    読者の皆さま、こんにちは! さて、今回は「トレンド転換を捉えるトレード②」と題して、前回の続きを話したいと思います。前回の最後に私はこんな質問を投げかけました。 「あなたはエントリー後、ずっと含み益で利益が伸びていくポイントでエントリーをしたくないですか?」 イエス! と感じた方は、ぜひ今回からの連載をしっかりと読んでいただきたいと思います。 ※この記事は、FX攻略.com2017年10月号の記事を転載・再編集したものです 【ケッティーのテクニカル虎の巻 連載記事】 ・第1回 自分の勝ちパターンを選ぶために ・第2回 手法探しの旅からの解放 ・第3回 トレンドの始まりと終わり、真の押し目・戻り目エントリー ・第4回 真の順張りのエントリーとイグジットタイミング ・第5回 レンジはレンジでも質の異なるレンジの話 ・第6回 トレンドレスのレンジ 逆張りトレードについて ・第7回 本当に専業トレーダーが美味しい仕事なのか? ・第8回 逆張り手法アラカルト ・第9回 トレンド転換を捉えるトレード① 短期と長期の足から転換ポイントを察知 トレンド転換手法は、タブーとされる相場の天井や底でエントリ…
  • 詳細へ
    2018年5月26日
    ケッティーのFXテクニカル虎の巻|第9回 トレンド転換を捉えるトレード①
    ※この記事は、FX攻略.com2017年9月号の記事を転載・再編集したものです 【ケッティーのテクニカル虎の巻 連載記事】 ・第1回 自分の勝ちパターンを選ぶために ・第2回 手法探しの旅からの解放 ・第3回 トレンドの始まりと終わり、真の押し目・戻り目エントリー ・第4回 真の順張りのエントリーとイグジットタイミング ・第5回 レンジはレンジでも質の異なるレンジの話 ・第6回 トレンドレスのレンジ 逆張りトレードについて ・第7回 本当に専業トレーダーが美味しい仕事なのか? ・第8回 逆張り手法アラカルト トレンド転換手法にチャレンジした理由 読者の皆さま、こんにちは! いよいよ夏が到来ですね。トレーダーの立場からすると、夏はやりやすい相場とは言い難いです。日本のお盆休みがあるのも然ることながら、欧米のバカンスがあるため、8月は相場が動きにくくなります。ここ数年を分析すると、1日の取引量が増えてくるのは8月25日ごろのようです。 今年も同じようになるとは限りませんが、日本も夏休みですので、こういった時期にこそ思い切って実資金トレードからはいったん離れ、上半期の自身のトレード分析や不得…
  • 詳細へ
    2018年5月20日
    ケッティーのFXテクニカル虎の巻|第8回 逆張り手法アラカルト
    ※この記事は、FX攻略.com2017年8月号の記事を転載・再編集したものです 【ケッティーのテクニカル虎の巻 連載記事】 ・第1回 自分の勝ちパターンを選ぶために ・第2回 手法探しの旅からの解放 ・第3回 トレンドの始まりと終わり、真の押し目・戻り目エントリー ・第4回 真の順張りのエントリーとイグジットタイミング ・第5回 レンジはレンジでも質の異なるレンジの話 ・第6回 トレンドレスのレンジ 逆張りトレードについて ・第7回 本当に専業トレーダーが美味しい仕事なのか? レンジで機能するトレードメソッド 読者の皆さま、こんにちは! 早いもので2017年ももうすぐ夏を迎えます。今夏の相場の行方がどうなるかも気になるところですが、年前半の終わりを迎える中、急に発生する中期足のトレンドを先読みして、その波をつかめるトレーダーはどれだけいたのだろうか? と感じました。 例えば、ドル円では3~4月に大きく円高に振れましたが、フランス大統領選挙をきっかけに一旦円安に振れ、その後、トランプ大統領の弾劾裁判問題や北朝鮮ミサイル問題を受け、再度下落。 まさに、日足だけを見ると、大きくレンジといえま…
  • 詳細へ
    2018年5月15日
    ケッティーのFXテクニカル虎の巻|第7回 本当に専業トレーダーが美味しい仕事なのか?
    読者の皆さま、こんにちは! この連載が始まって以来、テクニカルを中心に話をしてきましたが、今回は少し違うアプローチのお話をしたいと思います。 ※この記事は、FX攻略.com2017年7月号の記事を転載・再編集したものです 【ケッティーのテクニカル虎の巻 連載記事】 ・第1回 自分の勝ちパターンを選ぶために ・第2回 手法探しの旅からの解放 ・第3回 トレンドの始まりと終わり、真の押し目・戻り目エントリー ・第4回 真の順張りのエントリーとイグジットタイミング ・第5回 レンジはレンジでも質の異なるレンジの話 ・第6回 トレンドレスのレンジ 逆張りトレードについて 専業トレーダーってどんな生活? トレーダーを目指したころ、プロトレーダーや専業トレーダーという言葉に憧れ、自分も専業トレーダーになりた~い!!と強く思った時期がありました。それから時間が経過し、現在の自分は専業トレーダーになれたかと聞かれると、そうではないなと思います。なぜなら、講師業もしていますし、これから別の業界にもチャレンジした仕事をしていきたいと思っているからです。 トレーダーとして一人前に稼ぐようになりたいと夢を抱い…
  • 詳細へ
    2018年5月8日
    ケッティーのFXテクニカル虎の巻|第6回 トレンドレスのレンジ 逆張りトレードについて
    皆さん、こんにちは!今回はトレンドレスの相場でトレードする場合について解説いたします。 ※この記事は、FX攻略.com2017年6月号の記事を転載・再編集したものです 【ケッティーのテクニカル虎の巻 連載記事】 ・第1回 自分の勝ちパターンを選ぶために ・第2回 手法探しの旅からの解放 ・第3回 トレンドの始まりと終わり、真の押し目・戻り目エントリー ・第4回 真の順張りのエントリーとイグジットタイミング ・第5回 レンジはレンジでも質の異なるレンジの話 逆張り戦略は仕掛けと逃げを認識することが重要 前回、私はレンジを2種類に分けて、「トレンドの中段保合いのレンジ」と「トレンドレス」の説明をしました。 トレンドレスというのは、レンジ帯の形成前に大きなトレンドが発生しておらず、方向感がない状態でのレンジ相場を指します。 これを読んでいる大部分の方は、既に逆張りという言葉を耳にされていると思います。上がったら売り、下がったら買う。これが基本的な逆張りの視点。売って下がったら決済し、その後すぐに買って、また上がったら決済をするというドテン売買も、このトレンドレス相場では有効です。 ただし、一…
  • 詳細へ
    2018年5月3日
    ケッティーのFXテクニカル虎の巻|第5回 レンジはレンジでも質の異なるレンジの話
    皆さん、こんにちは! 今回はレンジについて考察したいと思います。 ※この記事は、FX攻略.com2017年5月号の記事を転載・再編集したものです 【ケッティーのテクニカル虎の巻 連載記事】 ・第1回 自分の勝ちパターンを選ぶために ・第2回 手法探しの旅からの解放 ・第3回 トレンドの始まりと終わり、真の押し目・戻り目エントリー ・第4回 真の順張りのエントリーとイグジットタイミング 相場環境の仕分け 私たちは、日々のトレードシナリオを想定するとき、必ずレンジ状態かトレンド状態かを把握していかなければなりません。この認識が曖昧であれば、まずエントリーシナリオがあやふやになります。そうなると、もちろんトレード自体も中途半端になってしまいます。これでは継続的にトレードで利益を上げることができません。 私は初心者のときに、レンジとトレンドという言葉を教えてもらい、分かったつもりで果敢に実トレに挑みしたが、全く勝てませんでした。 そんな経験から、「トレンドとレンジの仕分け」をこの虎の巻の冒頭から強く推奨しておりますが、そのレンジにも実は質の異なるものが存在します。 二つのレンジ  この質の異な…
  • 詳細へ
    2018年4月19日
    ケッティーのFXテクニカル虎の巻|第4回 真の順張りのエントリーとイグジットタイミング
    皆さん、こんにちは! 前回はきれいに押し目・戻り目でトレードをする際の、抑えるべき相場環境について解説しました。今回は、実際どのようにエントリーとイグジットをするか、ひも解いてみましょう。 ※この記事は、FX攻略.com2017年4月号の記事を転載・再編集したものです 【ケッティーのテクニカル虎の巻 連載記事】 ・第1回 自分の勝ちパターンを選ぶために ・第2回 手法探しの旅からの解放 ・第3回 トレンドの始まりと終わり、真の押し目・戻り目エントリー 実際のトレードはどこですべきか?  相場環境は、以下の場面です(チャート①)。 ① 長期足はレンジブレイク後の、1波もしくは2波のバンドウォークをしている場面 ② 短期足でミドルライン反発をしている場面 チャートで見ると、黄色の枠の中が、適切な相場環境となります。 〈エントリー方法〉 ではこの場面において、短期足(チャート①の左側)でエントリーを仕掛けます。押し目エントリータイミングの取り方として、小さなトレンドラインを引いて入る方法があります。本誌ではこちらをご紹介します。 大前提で、長期足(チャート①の右側)ではトレンドが発生している…
  • 詳細へ
    2018年3月30日
    ケッティーのFXテクニカル虎の巻|第3回 トレンドの始まりと終わり、真の押し目・戻り目エントリー
    読者の皆さま、こんにちは! 2016年も終わり、2017年が始まります。2017年はマーケットにとってどんな年になるのかとても楽しみです。 ※この記事は、FX攻略.com2017年2月号の記事を転載・再編集したものです 【ケッティーのテクニカル虎の巻 連載記事】 ・第1回 自分の勝ちパターンを選ぶために ・第2回 手法探しの旅からの解放 相場の動きからトレンドを見つける方法 さて前回は、トレンドとレンジの定義を明確にすることが、手法を使い間違わず、また手法探しの旅から解放されるということをお話ししました。 この定義について少し角度を変えてお話しすると、トレンドの始まりとトレンドの終わりが分かればおのずとレンジも定まり、つまりは「いつトレンドが始まって、いつトレンドが終了したのか」をしっかりと認識できることが大切という結論に至ります。 私はこのトレンドの始まりを水平線で判断し、トレンドの終わりをローソク足1本で認識するようにしています(チャート①参照)。そして、前回解説したトレンドの定義が網羅されているかを確認します。 このように、トレンドとレンジの仕分けを明確に決めておけば、実際に動い…
  • 詳細へ
    2018年3月22日
    ケッティーのFXテクニカル虎の巻|第2回 手法探しの旅からの解放
    読者の皆さま、こんにちは!「ケッティーのテクニカル虎の巻」第2回は、手法について深掘りしたいと思います。 ※この記事は、FX攻略.com2017年1月号の記事を転載・再編集したものです 【ケッティーのテクニカル虎の巻 連載記事】 ・第1回 自分の勝ちパターンを選ぶために まずは全てを試してみましょう 前回は、手法には大きく分けて三つの種類があることと、その特徴について解説いたしました。こちらになります。 ① トレンドの途中からエントリーするトレンドフォロー手法 ② レンジ相場内の上下でエントリーするレンジ手法 ③ 相場の底や頂点でエントリーするトレンド転換手法 自分はどこを狙った手法が得意なのかを見つけるためには、一度、この全ての手法を体験してみる必要があります。多くの一般投資家はこのように考えて自分の鉄板トレードを作ることはありません。 そもそも世の中に出回っている商材には、その手法が機能する背景が明確に説明されているものは少なく、またデメリットまで解説されていることはほとんどありません。また、あらゆる相場でそれぞれ機能する手法が体系的に書かれている書籍も実は意外と少ないのが現状です…