内田まさみ

  • 詳細へ
    新型コロナウイルス感染拡大で見えたこと[内田まさみ]
    2020年7月28日
    新型コロナウイルス感染拡大で見えたこと[内田まさみ]
    米国の新規失業保険申請件数が急増中!  週間ベースで発表されている米国の新規失業保険申請件数は、328万件から661万件へと、過去に例のない規模で急増しています。急激に増え始めた3月21日終了週の数字が発表されたその瞬間、テレビの生放送を担当していた私は、入ってきたニュースの桁が間違えているのではないかと、恐る恐る探るようにその数字を伝えていました。  多様性のある働き方を進めているとはいえ、まだまだ終身雇用が当たり前の日本にいると、この失業者の急激な増加を“ドライ”に感じてしまいますが、米国では従業員が自由に企業を辞めることができると同時に、企業もいかなる理由、もしくは理由がなかったとしても社員を解雇できる雇用形態になっています。だからこそ、今回のような緊急事態が起きた場合、企業は柔軟に人員整理を行うことでコストを削減し体力を温存しながら、事業環境が好転するタイミングを待つことができるのです。もし、事業環境が良くなれば、働く側もさらなるキャリアアップのチャンスを求めて、より良い環境の企業へと積極的に転職することができるのですから、いわばウィンウィンの関係が構築されているといえます。 …
  • 詳細へ
    2020年6月28日
    相場の反転は“実需筋”がきっかけ?[内田まさみ]
    先行き不安からドル調達の動きに 「とにかく今はドルを確保することが優先」「ドル不足に落ち込むことが一番の懸念材料」。新型コロナウイルスの感染が欧米へと拡大し始めた直後、グローバルに事業展開している日本企業の経営者から「ドルを調達できなくなることへの不安」を度々耳にするようになりました。  金融機関はもちろん、海外でビジネスを行っている日本企業も、ドルを中心とした外貨建てで取引を行うため、数か月先までの外貨を予約したり、一部を手元に準備したりしています。5や10のつく「五十日(ゴトー日)」の朝9時55分前、仲値が決まる時間帯にドルの取引が活発になるのは、多くの企業がゴトー日に決済をしていて、その決済のための資金を銀行が準備しているためだといわれています。  ただ、“実需筋”の取引が為替取引全体に占める割合は1割程度と少なく、ゴトー日や仲値、年末、年度末の特徴的な動きが注目されるだけで、一般的には残りの9割を占めるヘッジファンドなど“投機筋”の動きが重視されがちです。しかし、ショック時は別です。多くの人がトイレットペーパーを買い急いだように、実需筋が経済悪化の長期化に備えて一斉にドル買いに…
  • 詳細へ
    2020年6月9日
    春の決算発表ではリスク対応力の高い企業を見つけよう[内田まさみ]
    新型コロナウイルスの感染拡大で円安が進む  アジアを中心に、世界で新型コロナウイルスが猛威を振るっています。その感染拡大を嫌気したのでしょうか。ドル円相場は急伸し、長らく上値を押さえていた節目を抜けて、112円台に駆け上がりました(2020年2月21日時点)。リスク回避の姿勢が強まれば、有事のドル買いが進むのは自然なことですが、急速な円売りは新型コロナウイルス対策に四苦八苦している国からマネーを引き揚げようとする動きに見えて、複雑な気持ちになります。  とにもかくにも、早く落ち着いてくれることを願うばかりですが、2002年11月中旬に集団感染が始まったSARSの終息宣言は、半年以上たった2003年7月。心から安心できる日はまだまだ先なのかもしれません。 業績への影響を懸念して取引先を乗り換える企業も  そして、この新型コロナウイルスの感染拡大が、企業の業績にも大きく影響しています。アップルは2月上旬、1-3月期の売上高が未達になりそうだと発表し、東京株式市場にも衝撃が走りました。ある製造業の経営者に伺ったところ、予定していた海外への出張や会議は全て中止となり、商談もストップ。アジアから…
  • 詳細へ
    2020年5月8日
    儲かった皆さん!納税の準備はできていますか?[内田まさみ]
    値動きの小さい相場は利益が出やすい一面も  読者の皆さま、初めまして。経済系番組のアナウンサー、そしてライターとして活動している内田まさみです。放送や取材を通じて関係者から見聞きしたこぼれ話などを、ここで少しずつ紹介していこうと思います。  さて、今年も確定申告の時期がやってきました。フリーで仕事をしている私も、一年分の領収書との格闘が始まります。FX取引の損益にも申告の必要があることは言うまでもありませんが、特に2019年は「ドル円相場の年間変動幅が8円程度と小さく、いったん含み損を抱えたとしても、待っていれば戻ることも多々あった。その結果、利益が出たトレーダーが例年より多かった」と、あるFX会社の方から伺いました。そうだとすれば、利益を申告する方が多いということですね!  チャートを日々見ているとトレンドばかりを追ってしまいがちですが、値動きが小さいことにはこんな効果もあるのだと改めて気づかされました。 仮想通貨取引でもしっかり申告・納税を  ドル円を横目に、ボラティリティが大きかったのがビットコインです。2019年、年初40万円からスタートした相場は、6月には4倍近い150万円ま…
  • 詳細へ
    TraderKaibeさん本音インタビュー 有名EA開発者&運用者は約定力に定評があるサクソバンク証券を選択!
    2020年3月22日
    TraderKaibeさん本音インタビュー 有名EA開発者&運用者は約定力に定評があるサクソバンク証券を選択!
    内田まさみさんを聞き手に、MT4自動売買界隈の重鎮であるTraderKaibeさんに、実際に使っているMT4口座としてサクソバンク証券の魅力とメリットを語っていただきました。 望んだタイミングで約定しやすい 内田 EAの開発者であり、運用者でもあるTrader Kaibeさんに、MT4の自動売買で成功するための秘訣を教えていただきたいと思います。 Trader Kaibe(以下、Kaibe) よろしくお願いいたします。 内田 早速ですが、EA運用を成功させるには、私たちはどうすれば良いでしょうか? Kaibe まずは良いEAを選び、それらを適切に運用することです。ただ、これについてはたくさんの情報が出回っていますから、今日は触れません。その次に大切なのは、EA運用に適した取引口座を選ぶことです。 内田 ずばり、その口座はどちらのFX会社になりますか? Kaibe 私が実際にEAを動かしている口座として、今日はサクソバンク証券を紹介したいと思います。ですが、MT4というアプリケーションの基本性能は、どこのFX会社の口座でも同じです。 内田 それなら、どの部分に差があってEA運用に適した口…
  • 詳細へ
    2017年12月7日
    フリーアナウンサーうちだまさみさんに聞きました!【FOREX NOTE】私が愛用する理由[FX攻略.com編集部]
    FOREX NOTEを使い続けること約10年という、うちだまさみさん。 仕事のスケジュールはスマホで管理するけれど、FXに関してはこの手帳にこだわっているのだそう。 果たしてどんなところに魅力を感じ、どんな使い方をしているのでしょうか。 内田まさみ(うちだまさみ) フリーアナウンサー、フリーライター。ラジオNIKKEIで数々の経済、投資番組を担当。 FOREXNOTEの魅力とは?  ─FOREXNOTEの魅力は何でしょうか? うちだ カレンダーに経済指標のスケジュールがまとめられているので、手帳を開いたときに、その日やその週の予定、注意すべき時間帯がぱっと把握できるんです。 経済指標ってネットで確認できるんだけど、その一手間が面倒だったり、油断して忘れたりするときもあるじゃないですか。その点、毎日使う手帳ならば、必然的にチェックできますから、指標を忘れて後悔することが防げます。 それと、日記をつけるには手で書き記すという行為が伴いますから、メモした事柄が記憶に残るようになります。デジタル文書を保存するのとでは、覚え方が断然違うんですよ!  経済ニュースをメモ!ペンの使い分けがポイント …