FX力を鍛える有名人コラム

  • 詳細へ
    2019年8月12日
    105円は買い妙味あるか?[雨夜恒一郎]
    FX攻略.com ズバリ!今週の為替相場動向 2019年8月12日号 先週のドル円相場 先週のドル円相場は、ドル安・円高の流れが強まった。米中貿易摩擦が強まる中、人民元相場が1ドル=7元を突破し、約11年ぶりの元安水準になると、米財務省は直ちに中国を為替操作国に認定。ドル円はリスク回避の動きとなり、一時105.27円まで下落した。 株式市場は反発 一方、市場のリスク選好度を規定する米国株式市場では、NYダウが一時25000ドル割れ寸前まで売り込まれたものの、そこからV字型に切り返し、26287ドルで終了した。米中間の激しい応酬や不規則なトランプ砲が出るたびに狼狽売りは出るものの、株式市場は基本的に楽観的であり、米中貿易戦争はノイズと考えている。この展開は昨年末から今年1月にかけてと、今年5月から6月にかけての急落・急反発の動きとよく似ている。 NYダウ日足 米中貿易戦争はノイズ? 出所:NetDania 大幅利下げ観測 もう一つのドル安材料は米国の大幅利下げ観測だが、FF金利先物が織り込む9月の利下げ確率を見ると、25bpが85%に対して、50bpは15%しかない。この割合は1か月前か…
  • 詳細へ
    2019年8月7日
    続トランプ劇場!当面はドル円売りの好機か[井口喜雄]
    トレイダーズ証券の井口喜雄による【Dealer’sEYE】をお届けします。 続トランプ劇場 トランプ大統領が対中制裁関税第4弾の発動を表明してからマーケットのボラティリティが上昇しています。昨日も米国が中国を為替操作国に指定するとのヘッドラインが流れると、ドル円は105円ミドルまで下落となりました。しかし、その後中国の人民元基準値発表で予想より元高に設定すると、猛烈なショートカバーに見舞われ一時107円台まで反発するなど乱高下が続いています。マーケットは米中貿易摩擦に関連したトランプ大統領のツイートや、毎日午前10:15に発表される中国の基準値を注視しながらのトレードになりそうです。 当面はドル円売りの好機 ドル円は弱気スタンスを維持しています。 トランプ大統領の対中制裁関税第4弾はディール(交渉)のために放った発言(本気ではない)の可能性もあり、強烈な上昇も警戒しなくてはなりませんが、いつ来るかわからないトランプ砲を警戒しても仕方がないのでモメンタムが変わるまでは下値攻めをしたいと思います。 また、9月のFOMCでは連続利下げが濃厚である一方、日銀には打つ手がない現状でドル円が上昇ト…
  • 詳細へ
    2019年8月5日
    米中摩擦再燃による株安・円高は行き過ぎか[雨夜恒一郎]
    FX攻略.com ズバリ!今週の為替相場動向 2019年8月5日号 先週のドル円相場 先週のドル円相場は、FOMCが大方の予想通り25bpの利下げ(FF金利の誘導目標レンジ2.00-2.25%)を決定したことから、材料出尽くしのドル買いが入り、一時109.32円と約2か月ぶりの高値へ上昇。しかしトランプ大統領が突如、9月1日から一部の中国製品に10%の関税を課すと発表すると、一気にドル売り・円買いの流れが加速し、106.51円と逆に年初のフラッシュクラッシュ以来の安値を更新した。なお米国7月の雇用統計は、失業率3.7%、非農業部門雇用者数+16.4万人、平均時給+3.2%(前年比)とほぼ予想通りの結果となり、相場への影響は限定的だった。 市場は9月の追加利下げを確実視 FOMCが予想通り25bpの利下げを実施し、材料出尽くしでドルが上昇したところまでは、筆者の予想通りだったが、米中の貿易摩擦が再燃し、株安・円高となったのは想定外だった。米国株式市場では、ダウ平均が1週間で700ドルあまり下落し、米国10年債利回りは2.0%台から1.8%台へ急低下した。FF金利先物市場はすでに9月の利下…
  • 詳細へ
    2019年8月1日
    米利下げサイクルに疑心暗鬼でドル安エンジンは停止!明日の米雇用統計は如何に[井口喜雄]
    トレイダーズ証券の井口喜雄による【Dealer’sEYE】をお届けします。 米利下げサイクルに黄色信号 昨夜のFOMCでFRBは政策金利を2.25%から2.00%へ0.25%の引き下げを行いました。0.25%の利下げに関してはマーケットのメインシナリオ通りでしたが、その後に行われたパウエルFRB議長会見ではタカ派的な発言となり、特に「今回の利下げは利下げサイクルの始まりではない」と述べたことは来月9月の連続利下げを織り込んでいたマーケットにとっては冷や水を浴びせられた格好となりました。CMEのFedWatch(正午過ぎ)を見ても9月の利下げ確率は56.5%とどちらに転ぶかわからない状況になってきました。 出典:CME 米雇用統計がカギ あしもと良好な米株価や米経済指標を見ればFOMC前から続いていた過度な利下げ期待が巻き戻されただけにすぎません。マーケットが正常に戻ったことでここからは物価、景況感、雇用などのデータを頼りに方向感を模索していく展開となります。そうしたなか、本日8月1日は米ISM製造業景況指数、明日8月2日は米雇用統計を控えており、その重要度はいつもより高いでしょう。米雇…
  • 詳細へ
    2019年7月29日
    ユーロ下落でドルには上昇圧力[雨夜恒一郎]
    FX攻略.com ズバリ!今週の為替相場動向 2019年7月29日号 先週のドル円相場 先週のドル円相場は108.83円まで上昇。FOMCの利下げは50bpではなく25bpとの見方が固まったことからドルの買い戻しが優勢となった。参院選挙で与党が無難に勝利を収めたことや、米中貿易交渉の再開が決まったことも、株高・リスク選好の円売りにつながった。 米GDPは堅調 先週金曜日に発表された米第2四半期GDPは、前期比年率+2.1%と前期の+3.1%から減速したものの、予想の+1.8%を上回った。米中貿易摩擦を背景とした世界的な景気減速の中でも、米国経済は底堅く推移していることが実証された形だ。株式市場が史上最高値圏で推移していることもあり、米国景気に対する悲観論(リセッション懸念)はすっかり影を潜めた。 FOMC利下げで材料出尽くしへ FF金利先物が織り込む今週のFOMCでの利下げ確率を見ると、25bpが約8割、50bpが約2割となっている。25bp利下げが濃厚だが、50bp利下げの目も完全には捨てきれないというムードだ。この状況で、結果が大方の予想通り25bpであれば、ドルには材料出尽くしの…
  • 詳細へ
    2019年7月24日
    ボリス・ジョンソン新首相誕生!合意なき離脱に向かっていくのか!?[井口喜雄]
    トレイダーズ証券の井口喜雄による【Dealer’sEYE】をお届けします。 FOMC前にドル円の上昇も限定的か 7月31日のFOMCに向けて先週は70%以上あった0.5%の大幅利下げの確率ですが、FRB高官の発言による修正が入り、現在は0.25%の利下げがほぼ確定する形となっており、ドル円は反発しています。しかし、本日から日米通商協議が事務レベルで始まるほか、利下げサイクルに突入しそうなFOMCを前に上値のテストにも限界があるとみています。 上値の目途は7月16日の高値108.37円や、上抜けても7月12日の高値108.60円付近を想定している一方で下値は先週の木曜日に0.5%の利下げを過度に織り込んだ時につけた107.21円付近です。上下限ともにFOMCまでは押し目や、戻り目として意識しています。 ボリス・ジョンソン新首相誕生!合意なき離脱に向かっていくのか!? 本日は英国でボリス・ジョンソン氏が新首相に就任します。マーケットはボリス・ジョンソン新首相誕生を織り込んでいたため、今のところ大きな混乱は起きてはいませんが、明日の英議会では質疑応答が予定されており、ブレグジット関連の発言に…
  • 詳細へ
    2019年7月22日
    FOMCは25bp利下げがメインシナリオに GAFA決算、参院選結果に注意[雨夜恒一郎]
    FX攻略.com ズバリ!今週の為替相場動向 2019年7月22日号 先週のドル円相場 先週のドル円相場は、FRBの利下げ幅をめぐる思惑を背景に上下動した。木曜日には、ウィリアムスNY連銀総裁の発言「経済悪化の最初の兆候が顕在化した時点で迅速に行動すべき」を受けて50bp利下げの観測が強まると、一時107.21円まで下落。しかし翌金曜日には、匿名のFRB高官の発言「7月FOMCでは25bpの利下げにとどめ、追加利下げの可能性を示唆する」が伝わると、107.98円まで反発した。 やはり25bp利下げがメインシナリオ FF金利先物はウィリアムス総裁の発言を受けて50bp利下げを一時60%まで織り込んだが、さすがにこれは行き過ぎ。翌日にはNY連銀の報道官から「総裁の発言は20年の研究に基づいた学術的なもの。今月のFOMCでの政策行動の可能性に関するものでない」とコメントが入ったとたん、50bp利下げの確率は22.5%まで急低下した。市場がウィリアムス総裁の発言を深読みしすぎたため、当局が慌てて火消しに回ったものと思われる。上記の匿名高官の発言や、ブラード・セントルイス連銀の発言「25bpの利…
  • 詳細へ
    2019年7月17日
    ドル円はダウンサイドをテストか[井口喜雄]
    トレイダーズ証券の井口喜雄による【Dealer’sEYE】をお届けします。 FRBの利下げスタンスは変わらず 昨日発表された米小売売上高が良好だったことからドル円は108円台を回復しています。しかし、今月に入り米雇用統計、米消費者物価指数、米小売売上高とアメリカの重要経済指標はことごとく良い結果を残していますが、FRBの利下げ路線は何も変わっていません。本日正午時点でCMEのフェドウォッチを見ても7月FOMCは100%の利下げを織り込み、9月も70%以上の利下げを織り込んでおり、好調な米経済もFRBにとってはどこ吹く風です。FRBの言う「予防的利下げ」に個人的な違和感がありますが、すでに利下げが既定路線となっていることから7月末のFOMCまではこの材料を追いかけていくしかなさそうです。 ドル円はダウンサイドをテストか バブル覚悟でもFRBが予防的利下げを行うのであれば、やはりドル円はFOMCまでダウンサイドを何度かテストすることになりそうです。また、各国が通貨安戦争に踏み切る中、金融緩和のカードが日本にないことも引き続き円高リスクです。7月16日の高値108.30円付近や、上抜けても7…
  • 詳細へ
    2019年7月15日
    米利下げを材料としたドル売りは最終局面?[雨夜恒一郎]
    FX攻略.com ズバリ!今週の為替相場動向 2019年7月15日号 先週のドル円相場は 先週のドル円相場は、今月末に開催されるFOMCでの利下げ幅をめぐる思惑で上下動した。週前半は、前週に発表された6月の米国雇用統計が強い結果となったことを受けて「利下げ幅は25bp」との見方が強まり、一時108.99円と上値を試す展開。しかしパウエルFRB議長が下院での議会証言で市場の利下げ期待を牽制しなかったことから、50bp利下げの期待が復活し、週末にかけて107.80円まで売り込まれた。 パウエル議長は、「不確実性が経済の見通しを圧迫。ここ数か月、見通しに対する不確実性が高まった」と景気の先行きに懸念を示し、強い結果となった雇用統計はFRBの見通しに変化を与えなかったと述べた。すでに7月会合では利下げありきでコンセンサスが形成されつつあるようだ。7月31日、FOMCが金融危機直後以来となる利下げに踏み切るのはほぼ確実といえるだろう。 利下げ幅は50bpか25bpか 問題は利下げ幅が25bpなのか、50bpなのか、という点である。現在FF金利先物が織り込んでいる確率は25bpが77.5%、50b…
  • 詳細へ
    2019年7月10日
    パウエルFRB議長の議会証言は如何に[井口喜雄]
    トレイダーズ証券の井口喜雄による【Dealer’sEYE】をお届けします。 パウエルFRB議長の議会証言待ち 今夜は半期に一度行われるパウエルFRB議長の議会証言です。注目はパウエルFRB議長の利下げスタンスを確認することになりますが、先のG20で米中貿易懸念が後退したほか、先週の米雇用統計も文句なしの数字となり、FRBは本当に利下げをする必要があるのかという声が聞こえてきます。 現在の利下げ確率をCMEのフェドウォッチで確認すると7月のFOMCでは利下げを100%織り込み、その次の9月FOMCでも利下げ確率は約60%を織り込んでおり、引き続きマーケットの利下げ期待が高いことが見受けられます。 このような期待値からパウエルFRB議長が、マーケットを刺激するようなサプライズを起こすとは考えにくく、7月FOMCで利下げをしないといった展開にはならないでしょう。しかし、この先の連続利下げについてはさすがに少し修正してくるかもしれませんので過度の期待は禁物です。また、議会証言は今夜23:00の予定ですが、数時間前に議会証言の原稿が発表されるため、証言前に大きな値動きになる可能性は高いのでヘッド…