FX力を鍛える有名人コラム

  • 詳細へ
    2018年5月19日
    現役為替ディーラーが何でも答えます!「みんなのQ&A」第8回 新人ディーラーはどうやって一人前になるの?[井口喜雄]
    疑問をぶつける相手はいないし、調べてもよく分からない…。そんな悩みがあったら、この企画にお任せください。トレイダーズ証券の井口さんが、あなたの質問を解決します! ■「みんなのQ&A」質問リスト ・Q1. 経済指標の線引き ・Q2. ニュースとの付き合い方 ・Q3. プロトレーダーの取引環境 ・Q4. スマホやタブレットでも勝てる? ・Q5. コツコツドカンの克服方法 ・Q6. 相場を一瞬のうちに大きく動かしているのは誰? ・Q7. FXでお勧めの情報源(ニュースサイトやTwitterなど) ・Q8. FXのプロが気にする相場のアノマリーは? ・Q9. ヘッジファンドとは何者ですか? ・Q10. 経済心理学って市場と関係あるの? ・Q11. お小遣い稼ぎに適したトレード手法を知りたい ※この記事は、FX攻略.com2017年11月号の記事を転載・再編集したものです Q12. 新人ディーラーはどうやって一人前になるの? Q12. 新人ディーラーの勉強内容、教育内容が知りたいです。どうやって一人前になるのでしょうか? (広島県/20代/男性)  A. 新人時代に先輩ディーラーや上司か…
  • 詳細へ
    2018年5月18日
    為替相場が急騰、急落する理由[遠藤寿保]
    為替相場では、ときおり価格の急騰・急落が発生します。その流れにうまく乗ることができれば短時間で大きく儲けることも可能ですが、流れに逆らってしまうと損失が一気に拡大する恐れもあります。急騰・急落といった大きな値動きは、なぜ起こるのでしょうか。遠藤寿保さんに、そのメカニズムと対処法についてレクチャーしてもらいます。 ※この記事は、FX攻略.com2017年10月号の記事を転載・再編集したものです 相場が急変動する二つの要因とは? 為替相場が急騰・急落するのには、大きく二つの要因があると思われます。今回はこれらのメカニズムに関して解説したいと思います。  第一の要因:経済に影響する大きな事件や経済イベントで、その結果が予想外となる場合 急騰の直近例ですと、昨年11月に発生した「トランプ相場」があります(チャート①)。米国大統領選では大半が予想していなかったトランプ氏が当選。演説などでトランプ氏が掲げる政策が、国民に「強い米国」を意識させました。その結果、政策が実行されれば米国経済は良くなると判断され、ドル高となったのです。 ドル円は選挙発表後の2016年11月9日に、101.18円の安値をつ…
  • 詳細へ
    2018年5月18日
    元為替ブローカーから学ぶFXの売買プランの作り方|第6回 これまでのまとめ[浅野敏郎]
    浅野敏郎さんが、自身の経験と知識に裏打ちされた売買手法や相場観構築のノウハウを余ところなく教えてくれる本企画。今回は過去5回の連載で教えていただいた内容の要点をまとめてもらいます。また、ドル円相場の今後の展望についても解説していただきます。 ※この記事は、FX攻略.com2017年9月号の記事を転載・再編集したものです 【元為替ブローカーから学ぶFXの売買プランの作り方[浅野敏郎]】 ・第1回 イントロダクション ・第2回 潜在的な相場の方向 ・第3回 トレンド相場でフォローすべきタイミング ・第4回 チャートの未来空間を活かそう! ・第5回 値幅の半値ラインに着目したチャート分析法 過去の価格を記しダマシを回避する 「売買プランの作り方」として、私が普段取り組んでいる準備的な手順や考え方をここまで述べてきました。現在の相場に働いている潜在的な方向性を、例えば一目均衡表の先行スパンの位置でイメージし、様子見なのか売買するのかを見極めたいとしました。その上で、売買すると判断した際、取引開始のタイミングはトレンドの起点に立つべきですが、もみ合いとトレンドを繰り返す相場に当てはめれば、もみ合…
  • 詳細へ
    2018年5月17日
    移動平均線を理解する その3|グランビルの法則[マックス岩本]
    みんなが使っているテクニカルだけれど、その真の活用方法をしっかりと理解している人はそう多くない……そんな移動平均線を、テクニカルアナリストのマックス岩本さんに深く掘り下げていただく当企画。今回はグランビルの法則をテーマに、移動平均線と実線の位置関係から売買シグナルを読み取る方法について解説してもらいます。 ※この記事は、FX攻略.com2016年11月号の記事を転載・再編集したものです グランビルの法則とは 前号では、移動平均線の単線分析と題して、具体的な売買シグナルについてお話ししました。今号も引き続き、移動平均線を取り上げ、さらに踏み込んだ部分について解説していきたいと思います。今回取り上げていくのは「グランビルの法則」です。 グランビルの法則とは、今から50年以上前に米国の証券アナリストJ・Eグランビル氏によって提唱された、200日移動平均線と価格の位置関係から売買タイミングやトレンドを捉えていく分析手法です。今でこそ、200というパラメーターが当たり前になりましたが、この頃はとても斬新な値であったのではないでしょうか。 グランビル氏は、200日移動平均線を対象にこの手法を考案さ…
  • 詳細へ
    2018年5月17日
    テクニカル分析の極意・実践編|第1回 チャートの中から優位性の高い場所を見つける方法[FXプランナー]
    月刊FX攻略.com2017年2月号〜6月号にわたり、為替相場における買い手と売り手の心理をつかむための考え方を学びました。今回からは、その考え方に基づいたオリジナルのテクニカル手法である「エリア手法」について、FXプランナーさんにレクチャーしてもらいます。 ※この記事は、FX攻略.com2017年8月号の記事を転載・再編集したものです 【テクニカル分析の極意[FXプランナー]】 ・第1回 買い手と売り手の心理をつかめ! ・第2回 大きな流れで目線をつかめ! ・第3回 独自のエントリー基準を定めよ ・第4回 分からないと判断できる力を持つ ・第5回 目標到達した後にするべきこと 独自テクニカル手法「エリア手法」を解説! FXプランナーは独自のテクニカル手法でもある「エリア手法」を使うことでチャートを徹底的に分析し、そのトレードを繰り返すことによって利益を上げ続けています。当然エリア手法で負けるトレードもありますが、勝率の高いトレードを繰り返すことによってトータルで利益を積み重ねることができています。今号から、そんなエリア手法について解説していきます。 エリア手法最大の特徴でもある、「ロ…
  • 詳細へ
    2018年5月16日
    ドル高エンジン再開!?ドル円は次のステージへ行けるのか[井口喜雄]
    トレイダーズ証券の井口喜雄による【Dealer’sEYE】をお届けします。  ドル円はようやく110円の壁を捉えました。昨晩発表された米4月の小売売上高の前月分が+0.6%から+0.8%に上方修正されたほか、同時に発表されたNY連銀製造業景況指数も20.1と事前予想を大きく上回ったことが要因です。これを受けて米長期金利が一時3.09%まで上昇しており、ドル円もつれて110.40近辺まで上昇する展開となっています。 年4回の米利上げ確率が50%を超す展開に 今年のドル円はここまで政治主導で動いてきました。大きなテーマとして米中貿易摩擦を背景として短期勢を中心に下値を攻めてきたわけです。しかし、ここにきて米中貿易摩擦に楽観論が広がっていることから、マーケットは好調なアメリカのファンダメンタルに回帰しています。FRBのFedwatchをみても年内の利上げ確率はコンセンサスだった3回を4回が上回っている状況です。日米金利差拡大を背景に底堅い展開がメインシナリオになると予想しています。 ※2018年12月時点の利上げ回数 110円で値固めできるかが焦点 良好な米ファンダメンタルのほか、テクニカル…
  • 詳細へ
    2018年5月16日
    200日移動平均線+一目均衡表+MACD|外為オンライン 佐藤正和の+α実戦チャート術
    2016年の為替相場に勝つためにはまず大局観をやしない、未来を展望し、素早く売買判断をくだす必要があります。今回は、そんな実戦トレードで非常に威力を発揮するテクニカル指標を紹介しましょう。大局観をやしなうのに最適なのは「200日移動平均線」。未来展望に役立つのは「一目均衡表の雲」。素早く的確な売買判断に欠かせないのが「MACD」です。 ※この記事は、FX攻略.com2016年3月号の記事を転載・再編集したものです 世界中の投資家が中長期トレンドの判断に使う「200日移動平均線」 今回からは2016年の始まりということもあり、実戦的なテクニカル指標の使い方を紹介します。 FX取引で相場に勝つためには、まず大局観をやしなう必要があります。次に、その大局観に基づいて未来を展望します。展望した未来をもとに売買の方向性を決めたら、初めて実際の取引を行います。為替レートの値動きをよく観察して、もっとも確率が高いと思われるところでエントリーします。 予想が当たったら、いかに利益を伸ばすかを考えます。反対に予想が外れたら、勇気をもって損切りします。その後は自らの大局観や未来展望を修正して、再度、チャン…
  • 詳細へ
    2018年5月15日
    ローソク足と酒田罫線|外為オンライン 佐藤正和の+α実戦チャート術
    FX取引ではトレンドだけでなく、為替レートの細部の勢いに注目することも大切です。その一番の判断基準となるのが「ローソク足」。まずはローソク足のかたちを見て、その値動きを即座にイメージできるようになりましょう。特徴的なローソク足の組み合わせに着目した日本古来の「酒田罫線法」も、値動き予測にとても役立ちます。 ※この記事は、FX攻略.com2016年2月号の記事を転載・再編集したものです ローソク足で為替レートの勢いを判断。値動きが即座にイメージできるようにする 今回は、FXのチャート分析と切っても切れない関係にある「ローソク足」の見方を詳しく解説します。 日頃のビジネスシーンでは、折れ線グラフや棒グラフを使いますが、通常の折れ線チャートの場合、日々の「終値」という“点”を結んでいくだけ。“点”のなかでどんな動きが起こっていたかまではわかりません。 その“点”を「始値」「高値」「安値」「終値」という4つの情報(「4本値」)で多面的に表現したのが「ローソク足チャート」です。 “点”のなかで起こった値動きを、あとからリアルに振り返ることができるのが最大の魅力です。 本連載ではこれまで、FXでは…
  • 詳細へ
    2018年5月15日
    平均足にトレンドがない週は当然負けまくる[木里ゆう]
    先週は0勝4敗で勝ちトレードなし。 平均足はこの画像のような感じで、陰線と陽線が入り交じっています。平均足は同じ色の足が続きやすいように設計されているわけですから、色が頻繁に変わるということは、まったくトレンドがない相場ですよね。 平均足を使った新コイントストレード売買ルール 通貨ペア 時間足 ポンド円で日足の平均足を表示 ルール → 朝のトレード時は、前日の平均足をチェック。夜のトレード時は、当日の平均足をチェック → 平均足が陽線なら買い、陰線なら売りで入る → 利食いは100pips、損切りは90pipsでOCOでセット 補足 ・同時に3ポジション以上は保有しません ・20pips以内の価格差の同方向のポジションは保有しません 記事内では「○=利益確定」「×=損切り」となっています。 旧トレードルールは、『いよいよ今週からコイントストレードを実運用!』で解説しています。 コイントストレード運用結果:5/7(月)〜5/11(金) 5月7日(月) 朝の売り→× 夜の売り→×  5月8日(火) 朝は20pips以内に同方向ポジションがあったので、トレードはせず。 夜は用事があってノーエ…
  • 詳細へ
    2018年5月15日
    ケッティーのFXテクニカル虎の巻|第7回 本当に専業トレーダーが美味しい仕事なのか?
    読者の皆さま、こんにちは! この連載が始まって以来、テクニカルを中心に話をしてきましたが、今回は少し違うアプローチのお話をしたいと思います。 ※この記事は、FX攻略.com2017年7月号の記事を転載・再編集したものです 【ケッティーのテクニカル虎の巻 連載記事】 ・第1回 自分の勝ちパターンを選ぶために ・第2回 手法探しの旅からの解放 ・第3回 トレンドの始まりと終わり、真の押し目・戻り目エントリー ・第4回 真の順張りのエントリーとイグジットタイミング ・第5回 レンジはレンジでも質の異なるレンジの話 ・第6回 トレンドレスのレンジ 逆張りトレードについて 専業トレーダーってどんな生活? トレーダーを目指したころ、プロトレーダーや専業トレーダーという言葉に憧れ、自分も専業トレーダーになりた~い!!と強く思った時期がありました。それから時間が経過し、現在の自分は専業トレーダーになれたかと聞かれると、そうではないなと思います。なぜなら、講師業もしていますし、これから別の業界にもチャレンジした仕事をしていきたいと思っているからです。 トレーダーとして一人前に稼ぐようになりたいと夢を抱い…