FX力を鍛える有名人コラム

  • 詳細へ
    2018年9月12日
    決戦は木曜日[井口喜雄]
    トレイダーズ証券の井口喜雄による【Dealer’sEYE】をお届けします。 ドル円は引き続き狭いレンジから抜け出せない状況です。先週の米雇用統計を見てもわかるように圧倒的な米ファンダメンタルを背景としたドル円買いが基本スタンスとなりますが、あしもとで対中制裁関税第3弾、さらには第4弾の声もあり、積極的にドル円を買っていけるモメンタムではないようです。 一方で明日木曜日にはBOE政策金利発表、ECB政策金利発表、TCMB政策金利発表が予定されております。この英欧土の政策金利発表の中でもっとも注目度が高いのがトルコの政策金利発表になります。トルコの政策金利は各社予想がバラバラで0~750bp(17.25~24.75%)まで幅があり、とてもコンセンサスとはいえる状況ではなく、発表後はかなり荒い値動きになることが予想されるためしっかり準備をしておきたいところです。 ドル円は伸び悩む展開か トランプ政権の内部告発が相次いでおります。ワシントンポスト紙のボブ・ウッドワード記者がトランプ政権内部の暴露本を刊行したほか、ニューヨーク・タイムズ紙も匿名のホワイトハウス高官によるトランプ政権内部の混迷を掲…
  • 詳細へ
    2018年9月11日
    現役為替ディーラーが何でも答えます!「みんなのQ&A」第14回 市場ごとに特徴はある?[井口喜雄]
    疑問をぶつける相手はいないし、調べてもよく分からない…。そんな悩みがあったら、この企画にお任せください。トレイダーズ証券の井口さんが、あなたの質問を解決します! ■「みんなのQ&A」質問リスト ・Q1. 経済指標の線引き ・Q2. ニュースとの付き合い方 ・Q3. プロトレーダーの取引環境 ・Q4. スマホやタブレットでも勝てる? ・Q5. コツコツドカンの克服方法 ・Q6. 相場を一瞬のうちに大きく動かしているのは誰? ・Q7. FXでお勧めの情報源(ニュースサイトやTwitterなど) ・Q8. FXのプロが気にする相場のアノマリーは? ・Q9. ヘッジファンドとは何者ですか? ・Q10. 経済心理学って市場と関係あるの? ・Q11. お小遣い稼ぎに適したトレード手法を知りたい ・Q12. 新人ディーラーはどうやって一人前になるの? ・Q13. 中国経済の好調不調を判断する方法とは? ・Q14. NYオプションカットはFX取引する上で注目すべき? ・Q15. 債券市場は為替相場と関係あるの? ・Q16. 金や原油など商品市場はFXと関係性あるの? ・Q17. 高金利で話題の…
  • 詳細へ
    2018年9月10日
    好材料でも買われないドル円!変化の胎動か?[雨夜恒一郎]
    FX攻略.com ズバリ!今週の為替相場動向 2018年9月10日号 先週のドル円相場 先週のドル円相場は、110-111円台での上下動の末、結局111円ちょうど付近で週の取引を終えた。週前半は貿易問題を懸念したリスク回避のドル買いが他通貨に対して進行し、ドル円にも波及したことから、一時111.75円付近まで上昇。しかし週後半は「トランプ大統領が貿易問題で次に日本と争う公算」と報じられたことから、110.38円まで反落した。 本筋がノイズに負ける 驚くべきは、本筋であるはずの米国ファンダメンタルズが、ノイズであるはずのトランプ砲に負けてしまったことだ。先週金曜日に発表された8月の米国雇用統計は、非農業部門雇用者数が+20.1万人(予想+19.0万人)、平均時給が前年比+2.9%(予想+2.7%)と強い結果となった。発表直後にドル円は上昇したが、結局ドル買いは続かず、トランプ大統領が対中制裁関税で追加を用意している」と報じられるとあっさりと下落に転じた。 米国平均賃金(前年比上昇率) 出所:労働統計局 平均時給の前年比+2.9%というのは、リーマンショック後のボトムからの戻り高値を約2年…
  • 詳細へ
    2018年9月10日
    ディーラーによる今週のドル円「方向感なし!身の丈にあったトレードを!」[国府勇太]
    こんにちは。国府勇太です。 さっそく先週のドル円の動きを振り返っていきましょう。 見るのは日足です。 先週の一言「方向感なし!」 先週を一言で表すと「方向感なし!」です。 3日(月)に111.069円でスタートしたドル円。 この日は111円を割れる場面があるも小幅高。 続く、4日(火)には111.50円までしっかり上昇。 5日(水)にも上昇が続き、先週の高値111.754円をつけました。 しかし6日(木)には大きく反落。 一気に110.50円まで下げました。 そして7日(金)。 この日は月に一度のビックイベント、アメリカの雇用統計です。 結果は以下でした。 8月非農業部門雇用者数変化(前月比)/結果:20.1万人(予想:19.1万人) こういった経済指標は、「結果そのもの」よりも「結果と予想の乖離」が重要です。 今回は、「結果>予想」だったので(アメリカの経済に)ポジティブに反応し、ドル円は上昇。 しかし、その上昇も限定的でした。 そして、NY時間(日本時間の真夜中)にトランプ大統領の発言(「中国に対する追加関税2670億ドルを用意」)が伝わるとマーケットは動揺し、一時110.75円ま…
  • 詳細へ
    2018年9月8日
    はじめよう!EA生活〜MT4自動売買にチャレンジ|第4回 EAの選び方[柿澤真正]
    この連載では、FXの自動売買システム、その中でもMetaTrader4(以下MT4)上で稼働する自動売買システムであるEAにスポットを当て、それを運用していくための知識・ノウハウを専業トレーダーの柿澤真正さんにナビゲートしていただきます。EAの運用を検討している方はもちろん、既にEAを利用している方もぜひ参考にしてください。今回はEAの選び方についてです。 ※この記事は、FX攻略.com2018年9月号の記事を転載・再編集したものです 【はじめよう!EA生活〜MT4自動売買にチャレンジ[柿澤真正]】 ・第1回 EAとは? ・第2回 FXでEAがお勧めな理由、メリットデメリット ・第3回 MT4でEAを始める基礎知識 ・第4回 EAの選び方 損益曲線の傾きに注目 皆さん、こんにちは。前回の「MT4でEAを始める基礎知識」では、MT4で自動売買を行うにあたり必要なものとして、トレードを行うためのFX口座である「MT4口座」、EAを動かすためのプラットフォームである「MT4」、自動売買システムである「EA」、そして自動売買を実行する環境である「VPS」が必須となること、そしてその中でも特に稼…
  • 詳細へ
    2018年9月5日
    ビッグイベントを控えドル円はどう動く[井口喜雄]
    トレイダーズ証券の井口喜雄による【Dealer’sEYE】をお届けします。 米国は、中国との貿易戦争の激化が懸念されているなか、対中経済制裁第3弾が発動されるかに注目が集まります。また、カナダとも北米自由貿易協定(NAFTA)協議でも難航しており、本日協議が再開される予定です。週末には、8月米雇用統計も予定されており、ビッグイベント前にしっかりと準備しておきたいところです。 ドル円は買い!? でも突っ込めない トランプ大統領は、対中経済制裁第3弾の導入に意欲をみせており、公式発表に注目が集まります。現時点では、発動回避の可能性も残されているので、もし発動されればリスクオフになります。また、本日21:30には米貿易収支の発表を控えており、対中貿易赤字が拡大していた場合、対中経済制裁第4弾の可能性もでてくるだけに、併せて注目しておきたいところです。 週末に予定されている8月雇用統計は、ポジティブになりやすい展開でしょうか。非農業部門雇用者数の増加幅で19.1万人増と前月の15.7万人からの増加が見込まれています。ポジティブとなった場合、FRBによる年内あと2回の追加利上げ確率が上昇し、ドル…
  • 詳細へ
    2018年9月4日
    フォーメーション分析を理解する 最終回|すぐに実践できるダマシの回避方法[マックス岩本]
    過去5回にわたりお届けしたフォーメーション分析についての解説も、今号で最後となります。これまでにフォーメーション分析の基礎から応用、そして実践的な活用方法をしっかりと学ぶことができたと思います。今回は総集編として、フォーメーション分析における「ダマシの回避方法」をマックス岩本さんにレクチャーしてもらいます。 ※この記事は、FX攻略.com2017年10月号の記事を転載・再編集したものです 【フォーメーション分析を理解する[マックス岩本]】 ・その1|トライアングルフォーメーション(三角保ち合い)とは ・その2|リバーサルフォーメーションとは ・その3|ダブルフォーメーションとは ・その4|コンティニュエーションフォーメーションとは ・その5|リバーサルフォーメーション(スパイク、ソーサー)とは 【関連記事】 ・トレンドラインを理解する その1|トレンドラインとは?[マックス岩本] ・移動平均線を理解する その1|パラメーターの種類について[マックス岩本] ・【スローストキャスティクス】押し目買い/戻り売りの簡単デイトレード手法[マックス岩本] パターンを見誤るとダマシに遭う可能性も 前…
  • 詳細へ
    2018年9月3日
    ディーラーによる今週のドル円「伸び悩み!割安感でのトレードは厳禁!」[国府勇太]
    こんにちは。国府勇太です。 さっそく先週のドル円の動きを振り返っていきましょう。 見るのは日足です。 先週の一言「伸び悩み!」 先週を一言で表すと「伸び悩み!」です。 27日(月)に111.278円でスタートしたドル円。 週明けは下落しいきなり111円にタッチ。 その後、28日(火)に反発(上昇)。 さらに29日(水)には急伸し、高値111.825円まで上昇しました。 NY時間にはアメリカの株式市場が史上最高値を更新したことも上値を支えました。 しかし、30日(木)には急反落(下落)。 一気に111円ちょうどまで下げました。 この下落、要因は2つです。 ① 新興国通貨の下落 ② トランプ大統領が「来週(今週)にも2,000億ドル相当の中国製品への関税計画を実施したい意向」と報じられたこと →この2つの要因により、リスクオフ(回避)の動きが加速し、下落しました。 週末31日(金)には下落が止まらず一時111円割れます。 しかし、NY時間に反発し、結局111円ちょうど近辺の111.092円でクローズしました。 ちなみに一週間の動き(とくに動きがあった29日以降)をざっくりわかりやすくするた…
  • 詳細へ
    2018年9月3日
    底割れ状態の豪ドル 凋落の背景は?[雨夜恒一郎]
    FX攻略.com ズバリ!今週の為替相場動向 2018年9月3日号 先週のドル円 先週のドル円相場は、引き続き110円台後半から111円台後半の狭いレンジで一進一退の動き。トルコリラ、南アランド、アルゼンチンペソなど新興国通貨が大きく下落したことから、リスク回避型の円買いが強まったが、安全通貨のドルも同時に買われたため、ドル円はあまり方向感が出なかった。 米雇用統計発表まで膠着か 新興国をめぐる不安感や米中貿易戦争を背景に、今週もリスク回避ムードが続きそうだが、そうした局面では安全通貨のドルと円が並行して買われやすく、ドル高と円高の綱引きで膠着となることが多い。今週金曜日には米国8月の雇用統計の発表を控えていることもあり、それまでは110~112円程度のレンジでの様子見となる可能性が高い。 ちなみに現時点での米国雇用統計の予想コンセンサスによると、失業率が3.8%と前回から0.1%改善し、非農業部門雇用者数が+19.1万人と前回の+15.7万人から伸びが加速する。予想通りなら、米国経済の堅調が確認され、年内あと2回の利上げを正当化することになりそうだ。ただし市場が注目する平均賃金は、今…
  • 詳細へ
    2018年8月29日
    方向感の見えないドル円[井口喜雄]
    トレイダーズ証券の井口喜雄による【Dealer’sEYE】をお届けします。 ドル円は3営業日続けて日足の一目均衡表の雲に埋まっており狭いレンジが続いています。 米経済指標では29日に米GDP改定値、30日にPCEコア・デフレーター、31日にミシガン大学消費者態度指数の発表がありますが、インパクトは低く、トレンド発生とはいかないでしょう。イベントもなく、なかなか動かないドル円ですが、ここで一旦現在の材料を整理していきたいと思います。 ドル円の材料を整理してみよう 上昇要因 ・良好な米ファンダメンタルズ ・年内あと2回の追加利上げ観測 ・トランプ政権のレパトリ減税によるドルへの還流 ・NAFTA合意 下落要因 ・米中貿易戦争激化 ・トルコなど新興国の通貨危機 ・ロシアゲート問題 ・イールドカーブフラット化 ・米通貨安戦争参入 現在の材料を整理するとこんなかんじでしょうか。 どれもメインシナリオになるには十分な破壊力があり、きっかけ一つでどちらにも行けそうです。ただ、上昇要因である米ファンダメンタルにドルがあまり反応していないことを考えると下落要因にどうしても目が行ってしまいます。今後トラン…