トラッキングトレード入門|第9回 トラッキングトレードにできて裁量トレードにできないことを活用してみよう[斉藤学]

※この記事は、FX攻略.com2017年2月号の記事を転載・再編集したものです

【トラッキングトレード入門 連載記事】
第1回 暴落時は相場追尾型のトラッキングトレードで稼ぐ![斉藤学]
第2回 テクニカル分析の組み合わせでトレンド察知![斉藤学]
第3回 ファンダメンタルズ分析で相場を見極めトラッキングトレードで追尾[斉藤学]
第4回 要人発言やイベントに注目し、トレンドをつかむ![斉藤学]
第5回 トラッキングトレードが注目される理由[斉藤学]
第6回 2016年後半の相場もトラッキングトレードでチャンスを逃さない![斉藤学]
第7回 今年残された期間で考えるべきトラッキングトレードの戦略[斉藤学]
第8回 FXの新しい注文方法のひとつ!それがトラッキングトレード[斉藤学]

相場の7割はレンジ

FXは、相場の7割がレンジ(ボックス相場)だといわれています。相場は大きく分けると、上昇または下降するトレンド相場、一定の値幅の中を推移するレンジ相場に分かれているのですが、FXの世界ではトレンドが発生している相場は3割程度です。つまり、1ドル100円から105円へ上昇するトレンドよりも、1ドル100円から102円のレンジ内で推移している時間の方が長いのです。

年足や月足などの大きな時間軸ではそうでもないのですが、時間足や分足など時間軸が短いほど同じところを行ったり来たりしている時間が長くなります(図1)。なぜレンジが多いかといえば、為替市場の1日の取引総額は約5兆ドル(約500兆円)、日本株の1日の取引総額約1~2兆円に比べると200倍以上もあり、レンジ相場を突破するために必要なエネルギーも膨大なものとなるからです。

2016年の「米ドル/円」であれば、年初の1ドル120円付近から一時99円台まで20円以上下落している中で、116~118円、110~114円、106~110円、100~106円のレンジ相場が続いていることが分かります。「米ドル/円」が20円以上下落したといっても常に下がっているわけではなく、下がった後しばらくレンジ相場が続き、また下がった後もレンジ相場が続くという流れになっていて、この間にレンジ相場を挟むという流れは上昇トレンドでも同じです(図2)。

トラッキングトレードでレンジ相場を攻略!

もちろん、FXを行う上でトレンドに乗ることは重要なのですが、全体の7割を占めるレンジ相場を有効活用できないかと考え出されたのが、FXブロードネットのトラッキングトレードです。

FXブロードネットのトラッキングトレードは、注文時に指定した想定変動幅でシステムが自動的にIFDO(イフダンOCO)注文を繰り返し、細かく売ったり買ったりしてくれるので、相場の局面ごとに発注タイミングを見極めたり、何度も発注操作をするような煩わしさからトレーダーを解放してくれます。

しかも、仮に買いから入ったとして、想定変動幅を超えて相場が値上がりしてしまった場合には、利益確定の決済をしながら、想定変動幅の下限を切り上げて追いかけていってくれます。反対に、想定変動幅を超えて値下がりしてしまった場合でも、一番不利なポジションを損切りしながら仕掛けるレンジを切り下げていきます。このように、トラッキングトレードは「相場追尾型」になっているので、相場が想定変動幅を超えてしまったときもリピート注文の設定がそれに合わせてくれるようになっているのです。


⇒ 公式サイトでFXブロードネットのトラッキングトレードをチェック!

FX攻略.com公式サイトでFXブロードネットの基本情報を知る
⇒ FXブロードネット [FXブロードネット]

1度の注文で相場を追尾

ところで、もしこれを裁量でトレードを行っていたら、どうなっていたでしょう。1ドル120円から100円の大台を割れるまで、ショートポジションを持ち続けることができたでしょうか?

「米ドル/円」のレートが日々変動する中、安値から5円以上反発する場面もあったので、保有し続けるというのはなかなか難しかったのではないかと思います。一方、FXブロードネットのトラッキングトレードであれば、注文の発注や決済が自動的に行われるため感情に左右されることはありません。

仮に持ち続けることができたとしても、下降トレンドのうちの7割がレンジ相場なので、その期間は時間を無駄にしていることになってしまいますね。今年は、2か月程度のレンジ相場が何度か続いていますが、トラッキングトレードであればその期間も利益を増やすチャンスにすることができました。

裁量トレードでも、リピート注文を繰り返せば似たようなトレードは可能です。しかし、それでは24時間画面に向かってトレードしなければならないため、現実的ではありません。しかし、トラッキングトレードは一度設定を行えばあとは自動で売買を繰り返してくれるため、これまで逃していた利益が確保できることになります。

トレードで勝つためには、エントリーポイントの見極めや損切りなどの「ルールを守る」のが必須ですが、トラッキングトレードは常に同じルールで機械的にトレードしてくれます。デイトレード派も、この方法なら試す価値はあるのではないでしょうか。

※この記事は、FX攻略.com2017年2月号の記事を転載・再編集したものです
※この記事に記載されている情報は原稿執筆時のものであり、現在のものとは異なる場合があります


⇒ 公式サイトでFXブロードネットのトラッキングトレードをチェック!

FX攻略.com公式サイトでFXブロードネットの基本情報を知る
⇒ FXブロードネット [FXブロードネット]

斉藤学の写真

斉藤学(さいとうまなぶ)

サラリーマンをしつつ、独自の手法を開発したFXで短期間に爆発的な利益を獲得。その経験をもとに、書籍やDVD、記事執筆、セミナー講師など、多方面でFX情報を配信中。著書に『マナブ式FXトラッキングトレード入門』(実業之日本社)など。

公式サイト:【FXブログ】よく当たるFX為替レート予想

twitter:https://twitter.com/kamiturejp

FXブロードネット | FX力を鍛える有名人コラム | 斉藤学の最新記事
システムトレードで資産運用!season2|第6回 各社のサービス比較とオススメの利用法[ゆきママ]
トラッキングトレード入門|第18回 ユーロ高継続で、1万1348.3pipsの利益達成!![斉藤学]
トラッキングトレード入門|第17回 為替に影響を与えるイベントを意識して取引しよう![斉藤学]
トラッキングトレード入門|第16回 5244.6pipsの利益!トラッキングトレードでユーロ高を追いかけてみよう[斉藤学]
トラッキングトレード入門|第15回 ボリンジャーバンドでトレンドの継続を見極める[斉藤学]
トラッキングトレード入門|第14回 トラッキングトレードで、ユーロの上昇を狙ってみよう[斉藤学]
トラッキングトレード入門|第13回 複数の指標を組み合わせたマナブ式テクニカル分析[斉藤学]
トラッキングトレード入門|第12回 FXで着実に利益を上げるために一番の戦略は資金管理[斉藤学]
トラッキングトレード入門|第11回 中長期のトレードならトラッキングトレードに勝るものはない②[斉藤学]
トラッキングトレード入門|第10回 中長期のトレードならトラッキングトレードに勝るものはない①[斉藤学]
トラッキングトレード入門|第8回 FXの新しい注文方法のひとつ!それがトラッキングトレード[斉藤学]
トラッキングトレード入門|第7回 今年残された期間で考えるべきトラッキングトレードの戦略[斉藤学]
トラッキングトレード入門|第6回 2016年後半の相場もトラッキングトレードでチャンスを逃さない![斉藤学]
トラッキングトレード入門|第5回 トラッキングトレードが注目される理由[斉藤学]
トラッキングトレード入門|第4回 要人発言やイベントに注目し、トレンドをつかむ![斉藤学]