ユーちぇる

  • 詳細へ
    セントラル短資FXの取引アプリが大幅進化!チャート分析からトレード、成績管理までこれ一つでOK!FXダイレクトプラスのスマホアプリを徹底レビュー!
    2020年10月21日
    セントラル短資FXの取引アプリが大幅進化!チャート分析からトレード、成績管理までこれ一つでOK!FXダイレクトプラスのスマホアプリを徹底レビュー!
    FXの取引を、パソコンを一切使わずにスマートフォンだけで行うのは、もはや当たり前のトレードスタイルとして定着しています。そのため高機能のFXアプリをリリースする流れが続く中、ついに大本命と呼べるアプリがセントラル短資FXから登場しました。既にあるパソコン取引ソフトのスマホ版に加えて、スマートフォンのために開発された独自機能が満載の「FXダイレクトプラス」の魅力を、徹底的にお届けします! スマホで使える便利な機能が満載!完成されたFX取引アプリが登場! 複数チャート同時表示+簡単操作によるライン描画で高度な分析 2枚あるいは4枚のチャートをまとめて表示し、相場のさまざまな側面を把握できます。チャートへの描画機能も充実しており、全部で14種類のインジケーターを搭載しています。また、チャートにラインなどを引く際には、指先エリアの拡大表示と、ローソク足にラインが吸着する機能、吸着時にスマホ本体のバイブが作動する機能があり、感覚的な操作が可能。 4枚のチャートをスムーズに表示! 4枚のチャートそれぞれに、テクニカル系とオシレーター系のインジケーターを表示できます。 拡大表示&マグネット機能でライ…
  • 詳細へ
    2020年10月4日
    ユーちぇるのトレードフィットネスジム|第5回 エントリー後にレートが逆行する理由
    コレを理解できなければ一生勝てない三流トレーダー  FX初心者のころ、エントリーするたびに逆行し、損切りを繰り返したんだわ。みんなも経験あるよね? あれって、なぜ起きるのか?って考えたことある人はいると思うけど、答えにたどり着いたって人はそんなに多くないんじゃないかな。  オレは負けず嫌いだから、そこを追求し続けたんだよね。そして導き出した答えは、ズバリ需給!  この相場の“需給”を意識するようになってから不用意なエントリーを避けることができ、逆行に遭う場面は極端に減った(※あ、ちなみに“絶対に逆行しない手法”とか存在しないから、そこ注意ね)。  さて、ここからは具体例を出しながら解説する。まず初心者がエントリーしがちな場面として「節目をブレイクしたとき」がある。  入りたい気持ちは分かる。オレもよくやった(笑)。でも実はコレ、最悪のエントリーなんだわ。   まぁ、理由を順番に説明させてもらうと、まず節目をブレイクするには大きなエネルギーが必要となる。例えば、ドル円の「100円」やユーロドルの「1.1000ドル」なんかはみんなが意識するよね?  そうした場所では、それまでの値動きの流れ…
  • 詳細へ
    ユーちぇるのトレードフィットネスジム|第4回 最もリスクが低いエントリー根拠
    2020年9月1日
    ユーちぇるのトレードフィットネスジム|第4回 最もリスクが低いエントリー根拠
    教科書通りのエントリーが時に命取りになる理由とは?  今回のテーマは「最もリスクが低いエントリー根拠」。  トレードする際は常にリスクがつきまとう。100%勝てるポイントなんてものは存在しない。だからみんなも、なるべく損切りにならないようエントリー位置を精査してると思うんだよね。  ただし、その精査が難しい。それが簡単なら誰でも勝てるからね。今回の話は、そんなエントリーポイントに悩んでいる人に見てもらいたい。  まずは重要な要素である教科書通りのエントリーが逆行してしまうパターンについて解説しよう。  例えば、ダブルトップが出たら「売り」というパターンはよく知られているよね。これは市場心理を考えても、二つの山を作っての下落は利確売りに押されている展開で、上値をチャレンジして失敗したように見える。  実際にここで売るのはロジカルだし、このエントリー自体に問題があるわけではない。でも、損切りに遭うことって結構あるよね? 「チッ、損切りかよ」「は?うまくいかないな…」「FXに向いてないのかな…?」なんて、ユーちぇるも初心者時代すごく悩んでた。  でも、損切りになる瞬間って実はチャンスなんだよ…
  • 詳細へ
    ユーちぇるのトレードフィットネスジム|第3回 FXで稼げない本当の理由
    2020年7月29日
    ユーちぇるのトレードフィットネスジム|第3回 FXで稼げない本当の理由
    FXのトレードで一獲千金は幻想?それでもお金を増やすことは可能  今回のテーマは「FXは稼げない」。FXを始める動機は、みんな同じ。“稼ぎたいから”なんだけど、そう思ってFXを始めたほとんどの人は稼げない。  でも「3万円が300万円になった!」とか「10万円から始めて1000万円にした!」なんて話はよく聞くよね。  これを聞いて「よし、オレも!」って、みんな思うわけだけど、多くの人がここを勘違いしがち。考え方としては逆なんだわ。「10万円を1000万円にする」のではなくて「1000万円で10万円をつくる」のが実情。  考えてみよう。例えば「100万円を倍にするぞ!」ってなったときに、1回のトレードで200万円にしようとしたらリスクが半端ない。だって、100万円→200万円になるってことは100万円→ゼロになる可能性もあるってこと。  リスクを取らなければ、利益を得ることはできない。断られるリスクを承知で、告白しないと付き合えないのと一緒。  でも、お金がゼロになるリスクを取っていたら、いくらあっても足りない。告白して断られたら即死するようなもの。だから、元手が100万円なら1回の利益…
  • 詳細へ
    ユーちぇるのトレードフィットネスジム|第2回 チャートを見る理由とは?
    2020年7月4日
    ユーちぇるのトレードフィットネスジム|第2回 チャートを見る理由とは?
    チャートを見るのは何のため?トレーダーに必須の考え方  今回は「チャートの見方」を根本的に解説していくぜ〜。まず始めに、みんなはチャートを見る理由って考えたことある? 当たり前すぎて、改めて聞かれると案外答えられないトレーダーさんも少なくないはず。  昔はチャート(ローソク足)なんかなくて、レートパネルの表示だけで取引されていた時代もあるくらい。チャートはあくまでレートパネルの動きを可視化したものなんだよね。  さ、チャートを見る理由とは? 答えられる人いるかな? 正解は「注文の偏り」を捉えるため。オレはそう考えている。銀行でトレードしているディーラーなんかがレートパネルを凝視しているのも同じ理由。 「売り注文が入り続けているのに、下がらないな」 「さては、大口が買い支えているのか」  まー、彼らの脳内はこんな感じ。プロと違って、われわれ個人トレーダーがレートパネルをずっと見ていても仕方ないので(笑)。  話をチャートに戻すと、ローソク足を見たときに陰線が続いていて下げ相場だったとする。初心者のころは「永遠に下げ続けるんじゃないのか」なんて思いがちだけど、FXの相場では永遠に一方向に値…
  • 詳細へ
    ユーちぇるのトレードフィットネスジム|第1回 損切りを置くから負ける
    2020年5月31日
    ユーちぇるのトレードフィットネスジム|第1回 損切りを置くから負ける
    勝てるようになったきっかけは損切りを置かなくなったこと?  FX初心者の人がトレードを教わる際、必ずいわれるのが「損切り注文(逆指値注文)を入れましょう」っていうルール。オレもそう教えられて、毎回損切り注文を入れてたんだわ。  1番腹が立つのって、価格が自分の損切り注文に触れてから順行していくパターン。「あー、あと数pips損切りをずらしておけば、今ごろ爆益なのに…」なんて経験、みんなもあるよね?  そうならないようにめちゃくちゃ考えて損切り注文を入れるんだけど、まー、触れるよね(笑)。誰かに見られてるんじゃないかってくらい。共感するFX初心者は多いはず。  このままだと、行き着く先は損切りしまくって、いわゆる「損切り貧乏」になって、証拠金がなくなって退場って未来(笑)。あー、ヤダヤダ。  さて、こうならないためにはどうすればいいか? オレから見た勝っているトレーダーの一つの特徴として「損切りを置かない」ってのがある。  オレ自身も「FXで勝てるようになったきっかけは?」と聞かれて、真っ先に頭に浮かぶ答えは「損切りを置かなくなった」ことなんだよね。  ではなぜ、損切りを置かない方が勝て…
  • 詳細へ
    2020年3月5日
    一局集中型のお手本!「ユーロドルの三尊」FXトレーダー トレンド転換するときに必ず現れる三尊・逆三尊[ユーちぇる]
    戦略のポイント チャートパターン:三尊、逆三尊 トレード時間軸:週足、日足で大局を見て、4時間足、1時間足、15分足でトレード 狙い目の通貨ペア:ユーロドル この戦略のメリット:トレンド転換の初動を狙える ※「戦略のポイント」や本文は、上昇局面のロングを想定し解説しています。下降局面のショートでは、その逆のルールとなります。 新規 戻り高値(二つ目の谷の起点)の水準=ネックラインを上抜ける動きがあったら、上昇トレンドに目線を転換 三つ目の谷を作る過程で、段階的に買いを入れていく 決済 大底からネックラインまでの値幅を、ネックラインから上にとったところで利益確定 大底より少し下に損切り注文を入れる 一途にユーロドルを追い続ける男!  通貨ペアはユーロドルだけ、トレードの基準とするのは三尊・逆三尊というユーちぇるさん。「最も取引量が多いユーロドルは、三尊・逆三尊がキマりやすいんです。あれこれ手を出さずに、一つの通貨ペアを追いかければ、値動きの呼吸も分かるようになります」というように、狙いを絞り込んだ一極集中型のトレードを体現しています。  ユーちぇるさんによれば、トレンドが変わるときに必ず…