FXブロードネット

トラッキングトレード入門|第12回 FXで着実に利益を上げるために一番の戦略は資金管理[斉藤学]

※この記事は、FX攻略.com2017年5月号の記事を転載・再編集したものです

【トラッキングトレード入門 連載記事】
第1回 暴落時は相場追尾型のトラッキングトレードで稼ぐ![斉藤学]
第2回 テクニカル分析の組み合わせでトレンド察知![斉藤学]
第3回 ファンダメンタルズ分析で相場を見極めトラッキングトレードで追尾[斉藤学]
第4回 要人発言やイベントに注目し、トレンドをつかむ![斉藤学]
第5回 トラッキングトレードが注目される理由[斉藤学]
第6回 2016年後半の相場もトラッキングトレードでチャンスを逃さない![斉藤学]
第7回 今年残された期間で考えるべきトラッキングトレードの戦略[斉藤学]
第8回 FXの新しい注文方法のひとつ!それがトラッキングトレード[斉藤学]
第9回 トラッキングトレードにできて裁量トレードにできないことを活用してみよう[斉藤学]
第10回 中長期のトレードならトラッキングトレードに勝るものはない①[斉藤学]
第11回 中長期のトレードならトラッキングトレードに勝るものはない②[斉藤学]

損切りの必要性、5%ルールについて考える

長期投資で有名な天才投資家ウォーレン・バフェットは、「投資をした後でその銘柄を売らない」ことで有名です。「理想の保有期間は“永遠”だ」という考えで、「損切りをしない」とまでいわれているバフェットですが、そんな彼もソロモン・ブラザーズ(現シティグループ証券)株やUSエアウェイズ株など過去に何度か損切りを行っています。

これはFXも同様で、どんなに取引がうまい人でも必ず勝ち負けを繰り返して資産を増やしています。FXトレーダーの中で常に勝っていて勝率100%という人は、まずいません。投資では、資金がゼロになってトレードが終了してしまわないよう、上手に資金管理を行う必要があるのです。そのためには、一度に許容できる損失額を事前に決めておく方法が有効です。

この資金管理に関しては、人によってさまざまな方法がありますが、最初は「5%ルール」を利用するのが良いでしょう。5%ルールとは、投資額の5%の損失が発生してしまったら売買を停止する、というルールです。

例えば、50万円でトレードしていた場合ですと、2万5000円の損失が発生したところでいったん仕切り直すことになります。残った47万5000円で、戦略を立て直して冷静に再投資すれば、今度はうまくいくかもしれません。

もう少し損失を許容できるのであれば、「10%ルール」にしてみてください。この場合だと、5万円の損失が許容範囲になり、少なくとも45万円が残ることになります。

トレードを行う前から損失のことを考えると、何だか気が滅入ってしまうかもしれませんが、これはとても大切なことです。なぜなら、FXで勝つ人は全体の5~20%程度、さらに5年続けて収支がプラスとなる投資家はほんの1%程度といわれているからです。しっかり損切りを行い、再度投資を行うための資金を残しておくことが、FXで勝ち続ける秘訣といっても過言ではないのです。

とはいえ、損切りを確実に行うためには経験やメンタル面での訓練が必要なため、一長一短には身に付きません。そこでお勧めなのが、機械的に損切りを行ってくれるトラッキングトレード(FXブロードネット)です。トラッキングトレードのような自動売買であれば、FX初心者でも損切りを意識することなくトレードを続けることが可能だからです。


⇒ 公式サイトでFXブロードネットのトラッキングトレードをチェック!

FX攻略.com公式サイトでFXブロードネットの基本情報を知る
⇒ FXブロードネット [FXブロードネット]

「想定変動幅」でリスク許容度を管理

FXブロードネットのトラッキングトレードでは、設定時に「想定変動幅(レンジ)」の数値を工夫することで、リスク度を管理することができます。

この想定変動幅は、数値が変わると売買回数が増減するのですが、幅が広いと売買回数は減り、逆に狭いと売買回数が増えるようになっています。つまり、想定変動幅が広いと、売買回数は減るものの1回に狙える利益は大きくなるためリスクは小さく、想定変動幅が狭いと小さい利益を多くの売買回数で狙う一方で損切りにかかりやすくなるというものです。

そのため、早く利益を得ようと想定変動幅を狭くしてしまうとすぐに5%ルールに引っかかってしまう可能性があるので、まずは想定変動幅を広めに設定して様子を見るのが無難です。デモ口座も準備されているので、最初はデモトレードで試してみるのも良いでしょう。

もし、この想定変動幅を自分で決めることができなければ、トラッキングトレードの自動計算にお任せすることもできます。その場合は、トラッキングトレードの設定画面の「ボラティリティ参考期間」の部分が、過去の変動幅を計算してくれます。期間は、1か月、2か月、3か月、半年、1年の中から選択でき、自動計算された変動幅をそのまま利用しても良いですし、その数値を参考に自分なりに変更してみることも可能です。

なお、FXブロードネットのトラッキングトレードはいったん動かすと後は自動で発注を続けてくれますが、手動で停止することが可能です。トラッキングトレードの「データ照会」から停止したいトラッキングトレードを選択すれば停止しますが、現在保有中のポジションは決済されないので、任意で決済を行ってください。

※この記事は、FX攻略.com2017年5月号の記事を転載・再編集したものです
※この記事に記載されている情報は原稿執筆時のものであり、現在のものとは異なる場合があります


⇒ 公式サイトでFXブロードネットのトラッキングトレードをチェック!

FX攻略.com公式サイトでFXブロードネットの基本情報を知る
⇒ FXブロードネット [FXブロードネット]

ABOUT ME
FX攻略.com編集部
FX攻略.com編集部
日本で唯一の月刊FX情報誌『月刊FX攻略.com』を2008年から10年以上発行してきた編集部です。
トレイダーズ証券 みんなのFX
あなたに最適なFX会社・取引口座を見つけよう!!
【FX会社比較】10年以上FX専門誌を発行してきたFX攻略.com編集部が調査しました

「これからFXを始めよう」と思ったとき、意外と悩んでしまうのがFX会社、取引口座選びではないでしょうか? でも大丈夫。ご安心ください。先輩トレーダー達も最初は初心者。みんなが同じ悩みを通ってきているんです。

10年以上にわたってFX月刊誌を出版してきた老舗FXメディア「FX攻略.com」編集部が、FX用語を知らない人でもわかるようにFX会社、取引口座のポイントを解説しました!

取り上げているFX会社は、金融商品取引業の登録をしている国内FX業者です。口座開設は基本的に無料ですので、まずは気になったところで2〜3つ口座開設してみて、実際に比べてみてはいかがでしょうか

\FX会社によって違うところをチェック/

スプレッドFX取引における取引コスト。狭いほうが望ましい。
約定力狙った価格で注文が通りやすいかどうか。
スワップポイント高水準かどうか。高金利通貨の取り扱いの数。
取引単位少額取引ができるかどうか。運用資金が少ないなら要チェック。
取引ツール提供されるPC・スマホ取引ツールの使いやすさ。MT4ができるかどうか。オリジナルの分析ツールの有無。
シストレ・自動売買裁量取引とは別に自動売買のサービスがあるかどうか。
サポート体制サポート内容や対応可能時間の違いをチェック。
教育コンテンツ配信されるマーケット情報や投資家向けコンテンツの有無。
キャンペーン新規口座開設時や口座利用者向け各種キャンペーンの内容。

FX会社を比較・検討
したい方はこちら >>
FX会社を一社ごとに
見たい方はこちら >>

あわせて読みたい