現役為替ディーラーが何でも答えます!「みんなのQ&A」第1回[井口喜雄]

疑問をぶつける相手はいないし、調べてもよく分からない…。そんな悩みがあったら、この企画にお任せください。トレイダーズ証券の井口さんが、あなたの質問を解決します!

Q1. 経済指標の線引き

Q1.  経済指標はたくさんありますが、どれを気にすべきで、どれを気にしなくても良いか、その線引きを教えてください。(東京都/40代/男性)

A. どれが気にすべき経済指標であるかは一概にはいえません。1980年代に日米で貿易摩擦が起こっていたころは、今ではあまり動かない「米貿易収支」が重要視されていた時代もありました。また、サブプライムローンで住宅ローンの不良債権化が叫ばれたときは「米住宅販売件数」で大きな値動きがありました。時にビックイベントの王様である「米雇用統計」よりも注目度が高くなることがあるのです。その時々によって重視すべき指標は変わり、その線引きも変わってしまうので、常にマーケットが注目している経済指標を考えなくてはなりません。

では今のマーケットで線引きをしてみるとどうでしょう。各国が通貨安戦争を続ける現状のマーケットでは、金利動向がキーになります。そのため金利動向を左右する上で影響の大きい経済指標をウォッチしていきます。具体的に線引きするならば、私が特に注視している「政策金利」「雇用統計」「GDP(国内総生産)」「物価指数」の四つの指標が挙げられます。

欲をいえば、この四つの経済指標は常に把握しておきたいところですが、忙しくて見ることができず、さらに線引きが必要な場合は「政策金利(中央総裁発言を含む)」をチェックしてください。なぜ「政策金利」をチェック必要があるのでしょうか。

「景気上昇→インフレ→金利を上げる→通貨が上がる」といった景気サイクルを思い描いてください。景気の好悪は雇用統計やGDPなどの推移を見れば分かります。インフレ・デフレの判断は物価指数を見ます。これらの経済指標を基に、各国の中央銀行は金利の上げ下げを判断して、最終的に経済を安定させるようコントロールしています。

少し乱暴な言い方ですが、最後のボトルネックとなる金利動向さえしっかり把握していれば、大きな経済のモメンタムをつかむことができるのです。

画像:みんなのFX|経済指標カレンダー

↓↓ 【FX攻略.com限定】新規口座開設(無料)&1lot取引で月刊FX攻略.com3か月分もらえる!! ↓↓

Q2. ニュースとの付き合い方

Q2. FX会社の配信するニュースで、ファンダメンタルズをチェックしていますが、だからどうすれば良いのか、いつトレードすれば良いのかが分かりません。ニュースとはどう付き合えば良いのでしょうか。あるいはニュースは気にせず、テクニカルに集中すべきですか。(大阪府/50代/男性)

A. ファンダメンタルズ要因は為替変動に必ず影響を及ぼしています。最近ではチャートだけを頼りに取引する参加者が多いのですが、やはりテクニカルに集中してしまうのはリスキーだと思います。

しかし、参加者にとってファンダメンタルズといってもその範囲が広く、何を見て良いのか分からないといった意見をよく聞きます。テクニカル分析のような明確なシグナルがないことも、ファンダメンタルズ分析が敬遠される要因かもしれません。

そこで意識していただきたいことは「市場は何をテーマにして変動しているのか」ということです。市場のテーマとは、参加者の関心を最も引き付けている時事であり、そのテーマに関する材料に相場は大きく反応します。また、市場のテーマを意識することで、膨大な情報の中から見るべき情報が取捨選択できることも利点です。

直近のマーケットでいえばトランプ大統領一色で、昨年のトランプラリーでは「米ドル/円」が約18円上昇する大相場になりました。今後のトランプ政権では、「経済政策(米ドル高)VS保護主義(米ドル安)」という明確な二面性があり、どちらがクローズアップされるかで米ドルの方向は変わってきます。

今どちらがクローズアップされているかを取引の根幹としつつ、テクニカルを組み合わせてエントリーポイントを模索していくことが重要と考えます。例えば保護主義(米ドル安)のモメンタムであれば、米ドル売りのテクニカルポイントに限定したトレードに特化していく、などです。

テクニカルに集中することは間違ってはいませんが、テクニカル分析をしてもつかめないモメンタムが市場にはあるのです。ファンダメンタルズ分析は一朝一夕で身に付くものではありませんが、諦めなければ必ず自分のものにすることができます。そのファンダメンタルズは至る所で優位性を利かせることができ、トータルの収支で見れば雲泥の差が出ると確信しています。

画像:みんなのFX|FXレポート

↓↓ 【FX攻略.com限定】新規口座開設(無料)&1lot取引で月刊FX攻略.com3か月分もらえる!! ↓↓

※この記事は、FX攻略.com2017年4月号の記事を転載・再編集したものです

【関連記事】
トレイダーズ証券 [みんなのFX]※当サイト限定の特典あり
買いスワップポイントが何と100円!トルコリラ円の取り扱いでいま熱いのはトレイダーズ証券!!
モバイルトレード最前線【FX TRADER】FXトレーダー for iPhone/FXトレーダー for Android
FX初心者編集スタッフが体験!「みんなの金トレ」会場セミナーに潜入

井口喜雄の写真

井口喜雄(いぐち・よしお)

トレイダーズ証券市場部ディーリング課。認定テクニカルアナリスト。1998年より金融機関に従事し、主に貴金属や石油製品のコモディティー市場を中心としたカバーディーリング業務に携わる。2009年からみんなのFXに在籍し、ドル円や欧州主要通貨を主戦場にディーリング業務を行う。ファンダメンタルズから見た為替分析に精通しているほか、テクニカルを利用した短期予測にも定評がある。FX攻略.com公式サイトでもコラムを連載。

公式サイト:トレイダーズ証券

twitter:https://twitter.com/yoshi_igu

FX力を鍛える有名人コラム | トレイダーズ証券 | みんなのQ&A | 井口喜雄の最新記事
新たな大相場の幕開けか?[雨夜恒一郎]
ディーラーによる今週のドル円「112円に急上昇!ドル円が上がるのおかしくない?」[国府勇太]
天候相場を迎えるトウモロコシ[佐藤りゅうじ]
米中貿易戦争懸念台頭でもFRBは静観を決め込む理由[安田佐和子]
本音はどっち?ドルは強いのがいいのか、それとも弱いのがいいのか[森晃]
テーマは成長率と金利格差からリスク回避の動きへ[太田二郎]
どうなる米中貿易戦争[井口喜雄]
超実践的 本当にお金を稼げるファンダメンタルズ分析|第2回 相場の流れが丸裸になる情報源(後編)[雨夜恒一郎]
フォーメーション分析を理解する その5|リバーサルフォーメーション(スパイク、ソーサー)とは[マックス岩本]
GMMA(複合型移動平均線)&ストキャスティクス、平均足、MACD|外為オンライン 佐藤正和の+α実戦FXチャート術
貿易戦争はドル売り材料にあらず[雨夜恒一郎]
ディーラーによる今週のドル円「上昇の波にのれるか?111円に再チャレンジ!」[国府勇太]
相場で生き残るためのテクニカル特化型戦略|第2回 [田向宏行]
トレンド・イズ・フレンド[水上紀行]
【速報】FXトレードニュース|2018年7月2日〜7月8日[FX攻略.com]