現役為替ディーラーが何でも答えます!「みんなのQ&A」第11回 債券市場は為替相場と関係あるの?[井口喜雄]

疑問をぶつける相手はいないし、調べてもよく分からない…。そんな悩みがあったら、この企画にお任せください。トレイダーズ証券の井口さんが、あなたの質問を解決します!

■「みんなのQ&A」質問リスト
Q1. 経済指標の線引き
Q2. ニュースとの付き合い方
Q3. プロトレーダーの取引環境
Q4. スマホやタブレットでも勝てる?
Q5. コツコツドカンの克服方法
Q6. 相場を一瞬のうちに大きく動かしているのは誰?
Q7. FXでお勧めの情報源(ニュースサイトやTwitterなど)
Q8. FXのプロが気にする相場のアノマリーは?
Q9. ヘッジファンドとは何者ですか?
Q10. 経済心理学って市場と関係あるの?
Q11. お小遣い稼ぎに適したトレード手法を知りたい
Q12. 新人ディーラーはどうやって一人前になるの?
Q13. 中国経済の好調不調を判断する方法とは?
Q14. NYオプションカットはFX取引する上で注目すべき?

※この記事は、FX攻略.com2018年2月号の記事を転載・再編集したものです

Q15. 債券市場は為替相場と関係あるの?

Q15. ニュースで「債権利回り低下」などという言葉が出てきますが、債券市場は為替相場とどのような関係があるのでしょうか? (岐阜県/20代/男性)

 A. 債券市場と為替市場には密接な関係があります。その関係を理解することで、より深い相場分析が可能となります

債券市場とは

債券市場というと、国債、地方債、政保債、社債などを取引している市場のことを指しますが、一般的に債券市場では国債を中心に取引が行われており、FXのトレードに活用するという意味でも各国が発行する国債に注目してください。

国債は発行する国にもよりますが、国家がつぶれない限り金額が保障されますので安全性がとても高く、銀行預金と同じような性格を持った金融商品になります。ただし安全性の高い商品ですから大きなリターンは見込めません。

例えば、ある国が好景気で債券利回り(金利)が上昇すると、保有する国債を売って他の利回りの高い金融商品に乗り換える動きが出てきます。そのため、債券の価格は下がります。一方、不景気で債券利回り(金利)が下落すると、利回りの低くなった金融商品を売って安全な国債を買う動きが出てきます。そのため、債券の価格は上がります。このように、債券市場は、利回り(金利)の動向によって動いていくというポイントをまずは押さえておきましょう。

債券市場と為替市場の関連性

ここからは債券市場と為替市場の関係性について米国債を例に挙げて深掘りしていきたいと思います。

・米国債利回り(金利)が上昇した場合ドルはどう動くでしょうか?

米国債利回りが上昇しているということは、米国経済が好景気で投資家は積極的になってリスクを選好していきます。その結果、安全な米国債を売って金利の高いドルが買われていきます。

・米国債利回り(金利)が低下した場合ドルはどう動くでしょうか?

米国債利回りが低下しているということは、米国経済が不景気で投資家は消極的になってリスクを回避していきます。その結果、安全な米国債を買って金利の低いドルが売られていきます。

つまり国債は、為替のファンダメンタルズで重要な利回りや景気動向、リスク許容度までを一目で確認することができる優れものなのです。そして、為替市場にとって最も影響力が高い国債が「米国10年債利回り」です。

↓↓ 【FX攻略.com限定】新規口座開設(無料)&1lot取引で月刊FX攻略.com3か月分もらえる!! ↓↓

米国10年債利回り主導のマーケット

10年債はどこの国でも発行しておりますが、この米国10年債利回りは別格です。全ての金融商品の中で見ても最大級の取引量があり、世界中の資金が集まるため、米国10年債を見れば世界のお金の流れをつかむことができます。

また、米国10年債は米金融政策の先行指標としても使われていることから為替との相関性も高く、モメンタムやリスク許容度を測る上ではとても便利な指標です。実際に今のマーケットを動かしているのは米国10年債利回りだといわれており、その理由は下にある米国10年債とドル円のチャートを見てもらえれば一目瞭然です。

非常に相関性が高いことが分かりますが、このチャートの主導権は米国10年債が握っています。米国10年債が動いた後にドル円がその動きについて行くことが多く、今や為替ディーラーで米国10年債を見ていない人はいないほどです。

債券市場は間違いが少ないからこそ有効なベンチマークに

債券市場の大きな特徴として、銀行や機関投資家などの金融機関が参加するマーケットであることが挙げられます。株やFXと比べると個人投資家の占める割合も低く、取引参加者は金融のプロが多いため、価格にミスリードが発生しにくいともいわれております。つまり、ダマシの少ない信頼できるベンチマークとして為替に利用することができるのです。

また、債券利回りは動き出すときれいなトレンドになりやすい傾向にあり、株や為替でいうポジション調整という値動きがあまりありません。ですから、もし米国10年債利回りが上昇しているにもかかわらずドル円が下落しているのであれば、投機筋の仕掛けやポジション調整が入ったのでは?と為替市場を先に疑った方が良いでしょう。

少し乱暴な言い方をすると、お金の流れは利回り(金利)によって決まります。その利回りによって変動する債券市場を見ることによって、通貨の流れを見通すことができるのです。

※この記事は、FX攻略.com2018年2月号の記事を転載・再編集したものです

■「みんなのQ&A」質問リスト
Q1. 経済指標の線引き
Q2. ニュースとの付き合い方
Q3. プロトレーダーの取引環境
Q4. スマホやタブレットでも勝てる?
Q5. コツコツドカンの克服方法
Q6. 相場を一瞬のうちに大きく動かしているのは誰?
Q7. FXでお勧めの情報源(ニュースサイトやTwitterなど)
Q8. FXのプロが気にする相場のアノマリーは?
Q9. ヘッジファンドとは何者ですか?
Q10. 経済心理学って市場と関係あるの?
Q11. お小遣い稼ぎに適したトレード手法を知りたい
Q12. 新人ディーラーはどうやって一人前になるの?
Q13. 中国経済の好調不調を判断する方法とは?
Q14. NYオプションカットはFX取引する上で注目すべき?

↓↓ 【FX攻略.com限定】新規口座開設(無料)&1lot取引で月刊FX攻略.com3か月分もらえる!! ↓↓

井口喜雄の写真

井口喜雄(いぐち・よしお)

トレイダーズ証券市場部ディーリング課。認定テクニカルアナリスト。1998年より金融機関に従事し、主に貴金属や石油製品のコモディティー市場を中心としたカバーディーリング業務に携わる。2009年からみんなのFXに在籍し、ドル円や欧州主要通貨を主戦場にディーリング業務を行う。ファンダメンタルズから見た為替分析に精通しているほか、テクニカルを利用した短期予測にも定評がある。FX攻略.com公式サイトでもコラムを連載。

公式サイト:トレイダーズ証券

twitter:https://twitter.com/yoshi_igu

FX力を鍛える有名人コラム | トレイダーズ証券 | みんなのQ&A | 井口喜雄の最新記事
テールリスクがくすぶる米為替報告書[井口喜雄]
ディーラーによる今週のドル円「急落!世界同時株安!ドル円は一時111円台へ突入!」[国府勇太]
金利上昇下での株安は成長痛!押し目買いスタンス継続[雨夜恒一郎]
SGFX〜2丁目系トレーダーもってぃーのスーパーがっちりFX初心者講座|第3回 負けないための思考を身につける
米ファンダメンタルは盤石!ドル円は底堅い展開を予想[井口喜雄]
ディーラーによる今週のドル円「とうとう114円!勢いは続くのか?」[国府勇太]
米国金利上昇と株高は共存できるか?[雨夜恒一郎]
ギリシャショックの再来?イタリア財政不安の影響は[井口喜雄]
TradingView(トレーディングビュー)を始めよう|第1回 3つのココがすごい![佐々木徹]
ディーラーによる今週のドル円「いよいよ113円到達!まだまだ伸びるのか?」[国府勇太]
ドット・プロット・チャートが上方シフト!ドル円も新たな上昇局面入りか[雨夜恒一郎]
今夜のFOMCは如何に!ドル円は年初来高値更新なるか[井口喜雄]
ディーラーによる今週のドル円「アメリカ絶好調!113円も見えてきた?」[国府勇太]
FOMC利上げで材料出尽くしの反応に注意[雨夜恒一郎]
ドル円はレンジブレイク!このトレンドは本物?[井口喜雄]