• FXセミナー・プレゼント
  • 注目記事
    勝ち組のFX手法動画
    FXとは
    FXスキャルピングのコツ
    一目均衡表入門
    一人前の投資家になる方法
    2017年4月1日

    実践編6|チャート分析に欠かせないテクニカル指標(トレンド系・オシレーター系)

    さまざまな観点のテクニカルが存在

    FXのトレードにはチャート分析が欠かせません。その分析は、テクニカル指標を用いて行います。 テクニカル指標は、

    ・トレンド系
    ・オシレーター系

    の二つに大別されます。 前者は文字通り、トレンドの分析を得意としたもの。後者は相場の過熱感(買われすぎ、売られすぎ)の分析を得意としたものです。 これらから、自分に合ったものを使い、あるいは組み合わせて、相場を分析するのが王道です。

    代表的なテクニカル指標

    移動平均線

    世界中のトレーダーが使用! トレンドが丸分かり

    一定期間の終値の平均値をつなぎ合わせたのが移動平均線。10日移動平均線の場合は、10日分のローソク足から算出します。使い方としては、右上がりなら上昇、右下がりなら下降と、トレンドの判断に役立てます。世界中のトレーダーに愛用されています。

    【関連記事】
    【移動平均線】誰でも使える王道のテクニカル
    価格ベースのFXテクニカル分析|移動平均線とは?[月光為替]
    ⇒ 平均足、各種移動平均線|外為オンライン 佐藤正和の+α実戦チャート術
    【節目突破+移動平均線】節目のラインをブレイクするかどうか確認するだけのFX手法[マックス岩本]
    【2本の移動平均線(20EMA、75EMA)】エントリー後最長3時間以内に決済するFX手法[齊藤トモラニ]
    【移動平均線(SMA)+MACD2】移動平均線の考え方に基づいたロジックのFX手法[阪谷直人]

    ボリンジャーバンド

    帯(バンド)の拡張、収縮から相場の熱気を見極める

    統計学の標準偏差と正規分布の考え方に基づいた指標です。中央のミドルラインから外側に向かって±1σ、±2σと数え、価格変動が±1σに収まる確率は約68%、±2σに収まる確率は約95%と考えます。

    【関連記事】
    【ボリンジャーバンド】統計学の考えに基づいたテクニカル
    ⇒ 価格ベースのFXテクニカル分析|ボリンジャーバンドとは?[月光為替]
    ボリンジャーバンドの活用方法[マックス岩本]
    【RCI+ボリンジャーバンド】真のチャンスまで待ち、効率良くトレンドに乗るFX手法[鳥居万友美]
    【ボリンジャーバンド+移動平均線】レンジ相場で逆張りスキャルピングFX手法[ケッティー]

    平均足

    トレンドの継続と終了が一目で分かるので、長期のトレンドを余さずフォローできる!

    特殊な算出方法(1本前の始値と終値の平均、現在値の平均)により作られる平均足。トレンド発生時は同じ色が並び、トレンド転換時には色が変わるという特徴があります。

    【関連記事】
    ⇒ 平均足、各種移動平均線|外為オンライン 佐藤正和の+α実戦チャート術
    トレンド系指標の代表格「平均足」の特徴と活用方法[マックス岩本]
    【平均足+移動平均線】1日1回のチェックでトレンドを大きく獲得できるFX手法[平野朋之]
    【ファンダメンタルズ+平均足】色の変化を見極めるだけのシンプルFX手法[阪谷直人]

    MACD

    長短2本の移動平均線の距離感から、トレンドの加速と減速、転換点を判断!

    日本語では移動平均収束拡散手法。トレンド系とオシレーター系、両方の特徴を合わせ持ちます。MACDとシグナルの交差が、売買タイミングを示唆します。

    【関連記事】
    【MACD】トレンドの転換を敏感に察知するテクニカル
    価格ベースのFXテクニカル分析|MACDとは?[月光為替]
    【水平&トレンドライン+MACD】初心者も使いこなせるテクニカルの組み合わせ[不動修太郎]

    RSI

    買われすぎ、売られすぎといった相場の過熱感を判断するのに役立つ

    日本語では相対力指数。一定期間における上昇と下降の勢いを数値化し、相対的な相場の強弱を測ります。オシレーター系の代表的指標です。

    【関連記事】
    【RSI】オシレーター系指標の代表格
    ⇒ 価格ベースのFXテクニカル分析|RSIとは?[月光為替]
    【長短二種類のRSI】RSIだけでエントリーと決済が全部見えるFX手法[平野朋之]
    【エンベロープ+RSI】徹底的な逆張り戦略で1分足の反転を狙うFX手法[為替鬼]

    チャートパターン

    ローソク足がかたどる特定の形から相場の転換点が分かる!

    トレンドの転換、続伸の際には、特定の形がチャートに現れるという考え方。ダブルトップ・ボトム、三尊・逆三尊は転換サイン、フラッグやペナントは続伸サインです。

    【関連記事】
    MT4入門編②|MT4でできること〜チャート分析・自動売買・裁量トレード
    【Wトップ、ボトム+移動平均線+RCI】コツコツ利益を累積する高勝率安全FX手法[鳥居万友美]

    【その他の代表的なテクニカル指標を学ぶ】
    【ストキャスティクス】RSIと人気を二分するオシレーター系指標
    【ウィリアムズ%R】ストキャスティクスの兄弟分のオシレーター系指標

    【FXをもっと勉強したい方はこちらの記事もどうぞ!】
    「テクニカル分析」の基本を学びたい方はこちら
    「ファンダメンタルズ分析」の基本を学びたい方はこちら
    ⇒ 有名プロトレーダーが教える「FX手法」を知りたい方はこちら
    ⇒ 多くのトレーダーが使うチャート分析ツール「MT4」の使い方をマスターしたい方はこちら
    ⇒ 超短期売買「スキャルピングで稼ぐノウハウ」を知りたい方はこちら